前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
367件中 1 - 10件表示
  • ミカ・ハッキネン

    ミカ・ハッキネンから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    その走りと人柄の良さで多くのファンに愛され、『AS+F』の人気投票では1992年からF1を引退する2001年まで、10年連続で1位を獲得したほどの人気があり、“北欧の貴公子”,“白夜の国の王子様”とも呼ばれていた。7度の世界チャンピオンであるミハエル・シューマッハはハッキネンを「最強の敵であり、最高に尊敬できるライバル」と認めている。ミカ・ハッキネン フレッシュアイペディアより)

  • チームオーダー

    チームオーダーから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    チームオーダー禁止がルール上で明確に規制されるきっかけになったのは2002年のオーストリアGPである。このレースは公式予選の結果ポールポジションをフェラーリのルーベンス・バリチェロが獲得し、決勝レースもバリチェロが最終ラップまで首位を独走していた。しかし、スタート/フィニッシュライン直前で同チームメイトのミハエル・シューマッハが追い越して優勝をした。このレースは最終ラップでバリチェロは明らかに不自然な減速をしており、さらには表彰台の中央にバリチェロを立たせ、優勝トロフィーもバリチェロに受け取らせていた。このような事からチームが露骨なチームオーダーによってシューマッハに優勝を譲ったのは明白だった為、フェラーリはチームの運営やレース競技の在り方に対して世界中から大きな非難を浴びた。また、当時チーム監督であったジャン・トッド、同じく当時のテクニカルディレクターであったロス・ブラウン、そして優勝者のミハエル・シューマッハ自身もチームオーダーを正当化する発言をしたために物議を醸した。尚、2002年のフェラーリは17戦中15勝で221pts、2位のウィリアムズが1勝の92ptsと明らかなフェラーリの圧勝であった。10月28日、イギリスのロンドンにて会議が開かれ、先述のような事態を重大視したFIAはよりレースを活性化させることを狙い、個人競技としてのレースと見立てて 2003年のレギュレーションよりチームオーダーを正式に禁止した。チームオーダー フレッシュアイペディアより)

  • アイルトン・セナ

    アイルトン・セナから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    時代を代表するドライバーの1人とされ、特に計65度のPP獲得数は、2006年にミハエル・シューマッハに更新されるまで歴代1位だった。アラン・プロスト、ネルソン・ピケ、ナイジェル・マンセルとは、1980年代から1990年代前半のF1を象徴する存在として、「四強」「ビッグ4」「F1四天王」等と纏めて呼ばれることもある。特にプロストとのライバル関係が知られ、日本では2人の争いが「セナ・プロ決戦」「セナ・プロ対決」等と呼ばれた。アイルトン・セナ フレッシュアイペディアより)

  • スクーデリア・フェラーリ

    スクーデリア・フェラーリから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    この危機にモンテゼーモロはチームマネージャー(監督)に、WRCやル・マン24時間レースに参戦していたプジョーで、実績を残してきたジャン・トッドを招聘。トッドは1993年フランスGPから指揮を取り、人材確保と抜本的な体制改革に取り組んだ。1994年ドイツGPでは4シーズンぶりにベルガーが勝利し、復活の第一歩を踏み出す。1995年にはアレジもカナダGPで自身初勝利を上げ、徐々に成果も出始めた。その一方でベルガーとアレジの契約を同年で終了。当時2年連続ドライバーズチャンピオンのミハエル・シューマッハ(ベネトン)とエディ・アーバイン(ジョーダン)との契約を締結し、1996年シーズンからドライバーを一新した。スクーデリア・フェラーリ フレッシュアイペディアより)

  • フェルナンド・アロンソ

    フェルナンド・アロンソから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    このシーズンに投入されたルノー・R25は、開幕戦オーストラリアGPにおいて、チームメイトのジャンカルロ・フィジケラが優勝すると共に、自身も3位表彰台を獲得し、その競争力の高さを示した。第2戦マレーシアGPではポールポジションを獲得すると、決勝でも圧倒的な速さを見せ、1年7か月ぶりの勝利をあげた。続く第3戦バーレーンGP、第4戦サンマリノGPでも勝利をあげ、自身初の3連勝を達成。特にサンマリノGPでは残り13周で首位走行中に、背後のミハエル・シューマッハからの猛攻に晒されたが、それを凌いで勝利した。第5戦スペインGPでも2位表彰台を獲得し、開幕5戦全てで表彰台を獲得した。フェルナンド・アロンソ フレッシュアイペディアより)

  • イタリアグランプリ

    イタリアグランプリから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    2006年 ミハエル・シューマッハ、1度目の引退を表明。イタリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ロス・ブラウン

    ロス・ブラウンから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    F1でテクニカルディレクターとして所属したベネトンで1回、フェラーリで6回のコンストラクターズタイトルをもたらした。また、ミハエル・シューマッハのワールドチャンピオン7回獲得にも貢献した。さらに2009年には自らがオーナーのチームとして新たにブラウンGPを興し、参戦初年度の新チームながらドライバーズチャンピオン(ジェンソン・バトン)及びコンストラクターズチャンピオンの二冠を達成する快挙を成し遂げた。ロス・ブラウン フレッシュアイペディアより)

  • ウィリー・ウェーバー

    ウィリー・ウェーバーから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    ウィルヘルム・"ウィリー"・フリードリッヒ・ウェーバー(Wilhelm "Willi" Friedrich Weber, 1942年3月11日 - )は、ドイツバイエルン州レーゲンスブルク出身の代理人。F1のミハエル・シューマッハ、ラルフ・シューマッハ兄弟などのマネージャーとして知られる。また、スーパーモデルのクラウディア・シファー、ナオミ・キャンベルとも契約している。ウィリー・ウェーバー フレッシュアイペディアより)

  • 1992年のF1世界選手権

    1992年のF1世界選手権から見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    ドライバーズポイントでは、1991年途中からデビューしたミハエル・シューマッハがフルシーズン参戦最初の年となったこの年に53ポイントで3位に入り、マクラーレンのセナやベルガーを上回ったことが注目された。1992年のF1世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 1997年のF1世界選手権

    1997年のF1世界選手権から見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    前年の成績から、この年もウィリアムズ・ルノーの優位が予想されたが、フェラーリが対抗馬として浮上した。チャンピオン争いはウィリアムズのジャック・ヴィルヌーヴとフェラーリのミハエル・シューマッハが最後まで拮抗した戦いを繰り広げた。1997年のF1世界選手権 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
367件中 1 - 10件表示

「ミハエル・シューマッハー」のニューストピックワード