前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
418件中 1 - 10件表示
  • ミカ・ハッキネン

    ミカ・ハッキネンから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    その走りと人柄の良さで多くのファンに愛され、『AS+F』の人気投票では1992年からF1を引退する2001年まで、10年連続で1位を獲得したほどの人気があり、“北欧の貴公子”,“白夜の国の王子様”とも呼ばれていた。7度の世界チャンピオンであるミハエル・シューマッハはハッキネンを「最強の敵であり、最高に尊敬できるライバル」と認めている。ミカ・ハッキネン フレッシュアイペディアより)

  • アイルトン・セナ

    アイルトン・セナから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    時代を代表するドライバーの1人とされ、特に計65度のPP獲得数は、2006年にミハエル・シューマッハに更新されるまで歴代1位だった。アラン・プロスト、ネルソン・ピケ、ナイジェル・マンセルとは、1980年代から1990年代前半のF1を象徴する存在として、「四強」「ビッグ4」「F1四天王」などと纏めて呼ばれることもある。特にプロストとのライバル関係が知られ、日本では2人の争いが「セナ・プロ決戦」「セナ・プロ対決」などと呼ばれた。アイルトン・セナ フレッシュアイペディアより)

  • スクーデリア・フェラーリ

    スクーデリア・フェラーリから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    この危機にモンテゼーモロはチームマネージャー(監督)に、WRCやル・マン24時間レースに参戦していたプジョーで、実績を残してきたジャン・トッドを招聘。トッドは1993年フランスGPから指揮を取り、人材確保と抜本的な体制改革に取り組んだ。1994年ドイツGPでは4シーズンぶりにベルガーが勝利し、復活の第一歩を踏み出す。1995年にはアレジもカナダGPで自身初勝利を上げ、徐々に成果も出始めた。その一方でベルガーとアレジの契約を同年で終了。当時2年連続ドライバーズチャンピオンのミハエル・シューマッハ(ベネトン)とエディ・アーバイン(ジョーダン)との契約を締結し、1996年シーズンからドライバーを一新した。スクーデリア・フェラーリ フレッシュアイペディアより)

  • 2001年スペイングランプリ

    2001年スペイングランプリから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    2001年スペイングランプリ (Gran Premio Marlboro de Espana) は、2001年F1世界選手権の第5戦として、2001年4月29日にカタロニアサーキットで開催された。ポールポジションを獲得したフェラーリのミハエル・シューマッハが65周のレースを制した。ウィリアムズのファン・パブロ・モントーヤが2位に入り、BARのジャック・ヴィルヌーヴが3位となった。2001年スペイングランプリ フレッシュアイペディアより)

  • フェルナンド・アロンソ

    フェルナンド・アロンソから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    ルノー・R25が当初より競争力の高さを示し、開幕戦オーストラリアGPにおいて、チームメイトのジャンカルロ・フィジケラが優勝すると共に、自身も3位表彰台を獲得した。第2戦マレーシアGPではポールポジションを獲得すると、決勝でも圧倒的な速さを見せ、1年7か月ぶりの勝利をあげた。続く第3戦バーレーンGP、第4戦サンマリノGPでも勝利をあげ、自身初の3連勝を達成。特にサンマリノGPでは残り13周で首位走行中に、背後のミハエル・シューマッハからの猛攻に晒されたが、それを凌いで勝利した。第5戦スペインGPでも2位表彰台を獲得し、開幕5戦全てで表彰台を獲得した。フェルナンド・アロンソ フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・ハミルトン

    ルイス・ハミルトンから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    夏休み明け第12戦ベルギーGPでは予選でポールポジションを獲得すると、決勝でもベッテルとのマッチレースを制して5勝目をあげた。続く第13戦イタリアGPでは通算69回目のポールポジションを獲得し、ミハエル・シューマッハの68回を上回る歴代最多記録を更新。決勝でも危なげない走りで優勝を飾り、シーズンで初めてポイントリーダーの座に立った。その後も第14戦シンガポールGPから第17戦アメリカGPの4レースで優勝3回、2位1回と安定した成績を収め、クラッシュやトラブルで失速したベッテルに66ポイントの差をつけた。迎えた第18戦メキシコGPではベッテルと接触し、最後尾まで後退。しかし、9位まで追い上げてポイントを獲得し、2年ぶり4回目のチャンピオンを決めた。ルイス・ハミルトン フレッシュアイペディアより)

  • 2004年フランスグランプリ

    2004年フランスグランプリから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    2004年フランスグランプリ (Mobil 1 Grand Prix de France) は、2004年F1世界選手権の第10戦として、2004年7月4日にマニクール・サーキットで開催された。このレースはフェルナンド・アロンソに対抗するためミハエル・シューマッハが4ストップ戦略をとったことで特筆される。2004年フランスグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2000年オーストラリアグランプリ

    2000年オーストラリアグランプリから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    2000年オーストラリアグランプリ (LXV Qantas Australian Grand Prix) は、2000年F1世界選手権の開幕戦として、2000年3月12日にメルボルン・グランプリ・サーキットで開催された。58周で争われたレースは3番グリッドからスタートしたフェラーリのミハエル・シューマッハが優勝した。今シーズンからシューマッハのチームメイトとなったルーベンス・バリチェロが2位に入り、BMW-ウィリアムズのラルフ・シューマッハが3位に入った。2000年オーストラリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ウィリー・ウェーバー

    ウィリー・ウェーバーから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    ウィルヘルム・"ウィリー"・フリードリッヒ・ウェーバー(Wilhelm "Willi" Friedrich Weber, 1942年3月11日 - )は、ドイツバイエルン州レーゲンスブルク出身の代理人。ドイツ語での正しい名前の発音は「ヴィリー・ヴェーバー」。F1のミハエル・シューマッハ、ラルフ・シューマッハ兄弟などのマネージャーとして知られる。また、スーパーモデルのクラウディア・シファー、ナオミ・キャンベルとも契約している。ウィリー・ウェーバー フレッシュアイペディアより)

  • ハンガリーグランプリ

    ハンガリーグランプリから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    例年、真夏のシーズン中盤戦に実施されているため、タイトル争いの正念場となるレースになることが多いが、チャンピオン争いが独走となった1992年のナイジェル・マンセル、2001年のミハエル・シューマッハはこのレースでチャンピオンを確定させた。2002年のミハエル・シューマッハは2戦前のフランスGPでチャンピオンが決定したため、唯一チャンピオン決定後となっている。ハンガリーグランプリ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
418件中 1 - 10件表示

「ミハエル・シューマッハー」のニューストピックワード