418件中 91 - 100件表示
  • M.シューマッハ

    M.シューマッハから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    M.シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • 鉄人

    鉄人から見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    特にスポーツでは、怪我や困難に強く、長年に渡り試合に出続け、連続試合出場記録を打ちたてた選手のことを指す。プロ野球の衣笠祥雄、金本知憲、メジャーリーグのカル・リプケン、NFLのジェフ・フィーグルズ、NBAのA・C・グリーン、競馬の佐々木竹見、F1のルーベンス・バリチェロ、ミハエル・シューマッハ、ハンマー投の室伏重信、サッカーのフランク・ランパード、服部公太、NHLのダン・ジャービス、大相撲の青葉城幸雄。鉄人 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原文太

    藤原文太から見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    無表情で無口だが、内に秘めた情熱は今でも拓海には負けない、拓海の実父だけあり負けず嫌いな性格で、「秋名の下りならシューマッハより速い」「ポルシェが相手でも勝てる」と豪語している。拓海の神業的なドライビングテクニックですら「ヘタクソ」と言い切り(ただし小柏カイとのいろは坂でのバトルの際は、「下手だとは思っていない」と発言している。)インプレッサを試乗した際はしっかり拓海を負かしている。藤原文太 フレッシュアイペディアより)

  • 松井茂樹

    松井茂樹から見たミヒャエル・シューマッハーミハエル・シューマッハ

    1990年英国F3000選手権に参戦。この年、International F3 League世界一決定戦(富士スピードウェイ:勝者ミヒャエル・シューマッハー)を最後にレーシングドライバー終了。松井茂樹 フレッシュアイペディアより)

  • ルクセンブルクグランプリ

    ルクセンブルクグランプリから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    ニュルブルクリンクでのグランプリは、ミハエル・シューマッハのワールドチャンピオン獲得によるドイツでのF1人気の高まりを受けて、1995年,1996年にヨーロッパGPとして実施されたが、1997年は既にヘレス・サーキットにおいてヨーロッパGPが実施されることとなっていた為、ドイツの隣国であるルクセンブルクの名が冠せられることとなった。ルクセンブルクグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • フランツ・トスト

    フランツ・トストから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    1993年にウィリー・ウェーバーのマネージメント会社に加入し、ウェバーが所有し、かつてはミハエル・シューマッハが所属していたことでも知られるWTSレーシングチームを任され、ドイツF3選手権を戦った。フランツ・トスト フレッシュアイペディアより)

  • ルカ・バルディッセリ

    ルカ・バルディッセリから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    1995年からはレースエンジニアとしてゲルハルト・ベルガー、エディ・アーバイン、ミハエル・シューマッハの各ドライバーを担当。その後、チーフ・レースエンジニアを経て、2006年に長期休暇でチームを離れたロス・ブラウンの後任としてスポーティング・ディレクターとレース戦略担当に就任した。ルカ・バルディッセリ フレッシュアイペディアより)

  • 2006年モナコグランプリ

    2006年モナコグランプリから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    2006年モナコグランプリ (LXIV Grand Prix de Monaco) は、2006年F1世界選手権の第7戦として、2006年5月28日にモンテカルロ市街地コースで開催された。開幕から6戦目までルノーのフェルナンド・アロンソが表彰台を獲得し、3勝を挙げていた。ミハエル・シューマッハはアイルトン・セナの持つモナコ最多勝利(6勝)を視野に入れていた。2006年モナコグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2006年イタリアグランプリ

    2006年イタリアグランプリから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    レース後にミハエル・シューマッハは2006年シーズンをもって引退すると発表した。ロバート・クビサはF1デビューから3戦目にして初の表彰台を獲得した。このレースはFIAによるハイスピードバリアーが導入された初のレースであった。システムは第2シケインのランオフエリア後端および「パラボリカ」に設置された。また、クリスチャン・クリエンのレッドブルにおける最後のレースであった。2006年イタリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ルノー・R26

    ルノー・R26から見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    アロンソは第13戦ハンガリーGPはタイヤ装着ミス、第15戦イタリアGPはエンジンブローで無得点に終わり、フェラーリのミハエル・シューマッハにポイントで並ばれた。しかし、シューマッハの猛追を辛くもしのぎ、7勝を挙げて2年連続のワールドチャンピオンを獲得した。ルノー・R26 フレッシュアイペディアより)

418件中 91 - 100件表示