367件中 91 - 100件表示
  • ルクセンブルクグランプリ

    ルクセンブルクグランプリから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    ニュルブルクリンクでのグランプリは、ミハエル・シューマッハのワールドチャンピオン獲得によるドイツでのF1人気の高まりを受けて、1995年,1996年にヨーロッパGPとして実施されたが、1997年は既にヘレス・サーキットにおいてヨーロッパGPが実施されることとなっていた為、ドイツの隣国であるルクセンブルクの名が冠せられることとなった。ルクセンブルクグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2006年ブラジルグランプリ

    2006年ブラジルグランプリから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    ルノーのフェルナンド・アロンソとフェラーリのミハエル・シューマッハが同点で迎えた前戦の日本グランプリでは、アロンソが優勝しシューマッハがリタイアしたため、両者のポイント差は10点となった。シューマッハが優勝し、アロンソが無得点に終わった場合は同点となるが、優勝回数の差でシューマッハがチャンピオンとなる。アロンソは8位以内でゴールすればチャンピオンを獲得することができる状況で最終戦ブラジルグランプリを迎えた。2006年ブラジルグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2004年マレーシアグランプリ

    2004年マレーシアグランプリから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    ラップリーダー:ミハエル・シューマッハ 51 (1-9, 12-25, 28-39, 41-56), ファン・パブロ・モントーヤ 2 (10-11), ルーベンス・バリチェロ 3 (26-27, 40)2004年マレーシアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 1991年オーストラリアグランプリ

    1991年オーストラリアグランプリから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    その後も天候は悪化し続け、中嶋と接触したブーツェン、ジャン・アレジ、ニコラ・ラリーニ、ミハエル・シューマッハ等が続々スピン・クラッシュ、リタイアしていった。1991年オーストラリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 1997年ドイツグランプリ

    1997年ドイツグランプリから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    タイトル争いを展開するミハエル・シューマッハとジャック・ヴィルヌーヴのわき目に、3戦の欠場から復帰したベネトンのゲルハルト・ベルガーとデビュー2年目の新鋭、ジョーダンのジャンカルロ・フィジケラによるポールポジション争いが展開され、ベルガーがポールポジション、フィジケラが自身初となるフロントローの2番グリッドを獲得。1997年ドイツグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 1998年ハンガリーグランプリ

    1998年ハンガリーグランプリから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    レースはミハエル・シューマッハが制した。シューマッハはタイトル争いでミカ・ハッキネンに16ポイントの差を付けられており、レースの前半はマクラーレンの2台に先行されていた。シューマッハはロス・ブラウンが3ストップ戦略に切り替えた後、レースに勝利した。ハッキネンはギアボックスの問題で6位に終わった。1998年ハンガリーグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 1997年ハンガリーグランプリ

    1997年ハンガリーグランプリから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    予選はフェラーリのミハエル・シューマッハがポールポジションを獲得し、タイトルを争うジャック・ビルヌーブが2番手に続いた。3位はアロウズのデイモン・ヒルが躍進し今季最高の順位を獲得した。ベネトンのゲルハルト・ベルガーは7番手に入った。1997年ハンガリーグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 1998年オーストリアグランプリ

    1998年オーストリアグランプリから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    予選はセッションを通じて雨に見舞われ、ウェット路面で行われた。フルウェットの混乱の中でベネトンのジャンカルロ・フィジケラが自身初のポールポジションを獲得、2番手にはザウバーのジャン・アレジがつける波乱の展開となり、ランキングトップのミカ・ハッキネンは3番手、タイトルを争うミハエル・シューマッハは4番手につけた。1998年オーストリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 1999年フランスグランプリ

    1999年フランスグランプリから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    タイトル争いの中心とされるミハエル・シューマッハは6番手、ミカ・ハッキネンに至っては14番手に沈んだ。1999年フランスグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 1999年カナダグランプリ

    1999年カナダグランプリから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    決勝レースは大荒れの展開となり、合計4回ものセーフティカー出動に至った。また、最終シケイン後のコンクリートウォールにデイモン・ヒル、ジャック・ヴィルヌーヴ、ミハエル・シューマッハといったチャンピオン経験者が相次いで衝突する事故が起こり、後にこのウォールは'チャンピオンズ・ウォール'と呼ばれるようになった。1999年カナダグランプリ フレッシュアイペディアより)

367件中 91 - 100件表示

「ミハエル・シューマッハー」のニューストピックワード