418件中 11 - 20件表示
  • フェラーリ・F399

    フェラーリ・F399から見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    しかしエースドライバーのミハエル・シューマッハが第8戦イギリスグランプリで大クラッシュし足を骨折、暫く欠場を余儀なくされたため、チームは1999年のタイトルを早々に諦めてF399の風洞開発を停止、翌年のF1-2000の開発に注力する事を決断する。フェラーリ・F399 フレッシュアイペディアより)

  • 1998年カナダグランプリ

    1998年カナダグランプリから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    1998年カナダグランプリ(Grand Prix du Canada)は、1998年のF1世界選手権第7戦として6月7日にサーキット・ジル・ヴィルヌーヴで開催された。このレースはミハエル・シューマッハが制したが、第1ラップのアレクサンダー・ヴルツとジャン・アレジのクラッシュで記憶されるであろう。このクラッシュの結果、赤旗が振られ再スタートとなった。1998年カナダグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • F1グランプリ

    F1グランプリから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    オープニングについては、2006年までは歴代の名車を再現したものなどやアラン・プロスト、ナイジェル・マンセル、ニキ・ラウダ、ジル・ヴィルヌーヴ、中嶋悟、鈴木亜久里、片山右京、アイルトン・セナ、ミハエル・シューマッハの名ドライバーを中心にCGを多用したものが使用され、THE SQUAREの『TRUTH』のテーマ曲と共にF1名物となっていた。F1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 1997年のF1世界選手権

    1997年のF1世界選手権から見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    この年もウィリアムズ・ルノーの優位が予想されたが、フェラーリが対抗馬として浮上した。チャンピオン争いはウィリアムズのジャック・ヴィルヌーヴとフェラーリのミハエル・シューマッハが最後まで拮抗した戦いを繰り広げた。1997年のF1世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 1998年のF1世界選手権

    1998年のF1世界選手権から見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    開幕時の話題はマクラーレン・メルセデスの圧倒的な速さだった。マクラーレン・MP4-13は低重心化のコンセプトを磨き、この年から履くブリヂストンタイヤとのマッチングも良好だった。開幕2戦とも予選でフロントローを独占し、決勝はワンツーフィニッシュ。オーストラリアGPでは3位以下を周回遅れにし、他チームの抗議で「ブレーキステアリングシステム」を撤去したブラジルGPでも3位に1分差をつけた。第2戦までの突出した強さを発揮したマクラーレンであったが、フェラーリはグッドイヤーに第3戦アルゼンチンGPからブリヂストンと同じワイドフロントタイヤを開発、導入させ、ミハエル・シューマッハも初勝利を上げ、反撃してきた。1998年のF1世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 全日本F3000選手権

    全日本F3000選手権から見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    また、鈴木亜久里や片山右京、鈴木利男、中野信治、野田英樹、高木虎之介、服部尚貴、エディ・アーバイン、ジョニー・ハーバート、ハインツ=ハラルド・フレンツェン、ミカ・サロ、エマニュエル・ピロ、パオロ・バリッラ、マーク・ブランデル、エンリコ・ベルタッジア、ローランド・ラッツェンバーガー、ジャン・アレジ、ミハエル・シューマッハ(ブランデルとアレジ、シューマッハはスポット参戦)など後にF1にステップアップしたドライバーや、ジェフ・リース、ヤン・ラマース、クリスチャン・ダナー、フォルカー・ヴァイドラー、ケネス・アチソンなどの元F1ドライバー、芸能界からは岩城滉一、近藤真彦が参戦していた。全日本F3000選手権 フレッシュアイペディアより)

  • チームオーダー

    チームオーダーから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    ウィリアムズのジャック・ヴィルヌーヴとフェラーリのミハエル・シューマッハのタイトル決定戦は、両者の接触によりシューマッハがリタイア。ヴィルヌーヴはダメージを受けたマシンで首位を堅持したが、最終ラップにマクラーレンの2台に抜かれ、ミカ・ハッキネンが初優勝した。ヴィルヌーヴは6位以内でゴールすればタイトル獲得となるため、マシンのダメージも考慮してウィリアムズのピットから、ヴィルヌーヴに対して順位を譲るよう指示が出された。チームオーダー フレッシュアイペディアより)

  • キミ・ライコネン

    キミ・ライコネンから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    この年、特筆されるレースは第11戦フランスグランプリで、残り6周首位走行中に、前を走る周回遅れのアラン・マクニッシュの車から出たオイルによりスリップした隙にミハエル・シューマッハにオーバーテイクされ2位に終わったが、初優勝が期待されたレースとなった。キミ・ライコネン フレッシュアイペディアより)

  • 小林可夢偉

    小林可夢偉から見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    開幕戦オーストラリアGPでは入賞圏内である8位でゴールしたが、レース後の検査でリアウイングに違反があったとして失格処分となった。第2戦マレーシアGPでは、マーク・ウェバーやミハエル・シューマッハらとの接戦を繰り広げ見事7位入賞。前戦の雪辱を果たし、第3戦中国GP、第4戦トルコGP、第5戦スペインGPまで3戦連続で10位入賞を記録し、日本人F1ドライバーの中で最もポイント獲得している佐藤琢磨の記録「44ポイント」と並んだ。又、同じく佐藤が記録した日本人による連続入賞記録(2004年イタリアグランプリから2004年ブラジルグランプリまで)である「4戦」も並んだ。翌第6戦モナコGPでは同僚のセルジオ・ペレスがシケインでクラッシュし、同グランプリの決勝レースを欠場。小林可夢偉 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年トルコグランプリ

    2005年トルコグランプリから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    佐藤琢磨はマーク・ウェバーをブロックしたことでグリッド降格(佐藤はチームからの無線連絡が無かったためウェバーが接近していたことに気づいていなかった。)、ターン9でスピンし予選後にエンジンを交換したミハエル・シューマッハの後ろからのスタートとなった。2005年トルコグランプリ フレッシュアイペディアより)

418件中 11 - 20件表示

「ミハエル・シューマッハー」のニューストピックワード