367件中 11 - 20件表示
  • 1998年のF1世界選手権

    1998年のF1世界選手権から見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    開幕時の話題はマクラーレン・メルセデスの圧倒的な速さだった。マクラーレン・MP4-13は低重心化のコンセプトを磨き、この年から履くブリヂストンタイヤとのマッチングも良好だった。開幕2戦とも予選でフロントローを独占し、決勝はワンツーフィニッシュ。オーストラリアGPでは3位以下を周回遅れにし、他チームの抗議で「ブレーキステアリングシステム」を撤去したブラジルGPでも3位に1分差をつけた。第2戦までの突出した強さを発揮したマクラーレンであったが、フェラーリはグッドイヤーに第3戦アルゼンチンGPからブリヂストンと同じワイドフロントタイヤを開発、導入させ、ミハエル・シューマッハも初勝利を上げ、反撃してきた。1998年のF1世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • インターナショナルF3リーグ

    インターナショナルF3リーグから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    初代ウィナーのミハエル・シューマッハを始めとして、のちにF1やCARTなどのトップカテゴリで名を成すドライバーが数多く参戦した。その中でジャック・ヴィルヌーヴ、エディ・アーバイン、ミカ・サロらは日本のチームと契約し、全日本F3や全日本F3000に参戦することになる。インターナショナルF3リーグ フレッシュアイペディアより)

  • 2004年フランスグランプリ

    2004年フランスグランプリから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    2004年フランスグランプリ (Mobil 1 Grand Prix de France) は、2004年F1世界選手権の第10戦として、2004年7月4日にマニクール・サーキットで開催された。このレースはフェルナンド・アロンソに対抗するためミハエル・シューマッハが4ストップ戦略をとったことで特筆される。2004年フランスグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ブラジルグランプリ

    ブラジルグランプリから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    多くのグランプリにおいて、最多勝記録は1990年代から2000年代にかけて活躍したミハエル・シューマッハによって塗り替えられたが、ブラジルGPでは1980年代から1990年にかけ6勝を挙げたアラン・プロストが最多勝記録を保持している(シューマッハは4勝を挙げた)。チームとしては、マクラーレンが強く通算で12勝を挙げており、フェラーリ(10勝)、ウィリアムズ(6勝)がそれに続いている(2013年現在)。ブラジルグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木亜久里

    鈴木亜久里から見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    F1引退後からしばらくはしばしばF1解説者としてTV出演や雑誌への講評をしていた。しかし、モナコ在住時からの友人であるミハエル・シューマッハをやたらひいきする言動が多かった。実際、ミハエルがドライビングミスをするたびに、「ミハエルがあんなミスをするところ、僕は見たことがない」と言っていた。また、とある雑誌で、フェラーリの露骨なチームオーダー作戦についても、「当然のこと。フェラーリは、ミハエルを勝たせるためのチームだから」と評した。鈴木亜久里 フレッシュアイペディアより)

  • モナコグランプリ

    モナコグランプリから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    伝統と華やかさに加え、高い技量と集中力を要する難コースであることから、「モナコGPの優勝は3勝分の価値がある」といわれる。ここで際立って強いドライバーは「モナコ・マイスター」と賞賛されることがある。過去3勝以上を挙げたドライバーには、スターリング・モス(3勝)、グラハム・ヒル(5勝)、ジャッキー・スチュワート(3勝)、アラン・プロスト(4勝)、アイルトン・セナ(6勝)、ミハエル・シューマッハ(5勝)といった名手が名を連ねている。モナコグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • マクラーレン

    マクラーレンから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    1月のテストを、ウィリアムズから移籍してきたデビッド・クルサードとアドバイザーであるプロストで進めていた。ミカ・ハッキネンも2月に戻ってきて3ヶ月ぶりにドライブし、いきなりフェラーリのミハエル・シューマッハを凌ぐタイムを叩き出し、速さを示した。ハッキネンが開幕戦から参戦できる目処もつき、ハッキネンとクルサードのドライバーズラインナップになった。このコンビは2001年まで続く。MP4/11は前半戦でハンドリングに悩まされたが、後半戦からサーキットによりショートホイールベース仕様のMP4/11Bを投入した。信頼性の向上で完走&入賞数は増えたものの、速さに課題を残すシーズンとなった。マクラーレン フレッシュアイペディアより)

  • F1グランプリ

    F1グランプリから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    オープニングについては、2006年までは歴代の名車を再現したものなどやアラン・プロスト、ナイジェル・マンセル、ニキ・ラウダ、ジル・ヴィルヌーヴ、中嶋悟、鈴木亜久里、片山右京、アイルトン・セナ、ミハエル・シューマッハの名ドライバーを中心にCGを多用したものが使用され、T-SQUAREの『TRUTH』のテーマ曲と共にF1名物となっていた。F1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • フェリペ・マッサ

    フェリペ・マッサから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    2006年に向けてフェラーリとレースドライバー契約を結び、ミハエル・シューマッハのチームメイトとなることが決まる。フェリペ・マッサ フレッシュアイペディアより)

  • ベネトン・B193

    ベネトン・B193から見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    この年も1992年同様1勝をミハエル・シューマッハが第14戦ポルトガルGPであげた。チームメイトのリカルド・パトレーゼはイギリスGPで3位、ハンガリーGPで2位表彰台を獲得したが、両ドライバーのリタイヤ回数が13回もあったため、1992年のコンストラクターズランキングと順位の変化はなかった。ベネトン・B193 フレッシュアイペディアより)

367件中 11 - 20件表示

「ミハエル・シューマッハー」のニューストピックワード