367件中 21 - 30件表示
  • フェラーリ・F2002

    フェラーリ・F2002から見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    2002年シーズンは昨年以上にフェラーリ一色なシーズンとなった。ヨーロッパを離れた開幕3戦は前年の改修型F2001Bで臨む予定だったが、予定を早めて第3戦ブラジルGPからF2002が投入された(ミハエル・シューマッハのみ)。シューマッハはシーズン全戦完走・全戦表彰台という安定感をみせ、ナイジェル・マンセルの記録を更新する年間11勝を達成(F2002では10勝)。第11戦フランスGPで早々とドライバーズタイトル3連覇を決めた。その後も終盤戦5戦連続ワンツーフィニッシュを決め、17戦15勝とフェラーリ黄金期にふさわしい圧勝で終えた。フェラーリ・F2002 フレッシュアイペディアより)

  • 2004年日本グランプリ (4輪)

    2004年日本グランプリ (4輪)から見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    7度目のタイトル獲得を目指すミハエル・シューマッハであったが、マシンは序盤ほど圧倒的な戦闘力を持たず下降気味であったものの、このレースでは以前の圧倒的な戦闘力を示すこととなり、ポールトゥウィンを達成した。弟のラルフが2位に入賞、アメリカGPでの負傷による欠場から復帰して初の表彰台となった。BARは2003年の鈴鹿で初めて2台が入賞し、ザウバーを逆転してコンストラクターズ5位となったが、2004年シーズンは2台入賞が当たり前のこととなり、このレースでもダブル入賞を果たしている。デビッド・クルサードはルーベンス・バリチェロと接触し、両者ともリタイアした。ウェバーはシートの熱が上昇し、臀部をやけどするという奇妙な理由でリタイアした。2004年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • 2012年モナコグランプリ

    2012年モナコグランプリから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    スタート直後、4番手スタートのグロージャンがシューマッハとの接触をきっかけにスピン。2012年モナコグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ベネトン・B191

    ベネトン・B191から見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    第12戦イタリアグランプリから、ロベルト・モレノに代わってミハエル・シューマッハがデビューし、いきなりネルソン・ピケの予選順位を上回るなど、活躍を見せた。ベネトン・B191 フレッシュアイペディアより)

  • ヨーロッパグランプリ

    ヨーロッパグランプリから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    当初は他地域で開催するはずのレースがキャンセルされた時、緊急の代価開催としてヨーロッパ内のサーキットを利用して行われるグランプリであり、その開催は不定期であった。しかし、1995年以降はミハエル・シューマッハの活躍と人気を受けて、ドイツのニュルブルクリンクでの開催が定番となっていた。ヨーロッパグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ザ・スティグ

    ザ・スティグから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    スティグのトップ・ギア テスト・トラックでの最速公式ラップタイムはアリエル・アトム500で1分15秒1を記録。なおフェラーリ・FXXでは1分10秒7を記録しているが、これはスティグの格好をしたミハエル・シューマッハによる記録であることに加え、翌週の放送で「実はスリックタイヤを使っていた」ことが判明し、最速ラップから抹消されている。ザ・スティグ フレッシュアイペディアより)

  • 2001年オーストラリアグランプリ

    2001年オーストラリアグランプリから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    2001年オーストラリアグランプリは、2001年F1世界選手権の開幕戦として、2001年3月4日にアルバート・パーク・サーキットで開催された。これは第66回目のオーストラリア・グランプリであった。レースはフェラーリ・F2001を駆るミハエル・シューマッハが制したが、このレースはコースマーシャルのグラハム・ビヴァリッジが死亡したことで知られることとなった。2001年オーストラリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2004年スペイングランプリ

    2004年スペイングランプリから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    ラップリーダー:ヤルノ・トゥルーリ 7 (1-7), ミハエル・シューマッハ 51 (8-9, 18-66), ルーベンス・バリチェロ 6 (10-17)2004年スペイングランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2012年中国グランプリ

    2012年中国グランプリから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    これによりミハエル・シューマッハが2番グリッドからのスタートとなり、メルセデスがフロントローを独占した。2012年中国グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 後藤治

    後藤治から見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    1994年には今度はフェラーリに移籍。当時フェラーリでは伝統のV12エンジンを捨てて新たにV10エンジンを開発する計画が進んでおり、後藤はホンダ時代にV10エンジンの開発を指揮していた経験を買われ、そのV10エンジンプロジェクトの開発責任者となった。後藤らの開発したエンジンは1996年よりフェラーリ・F310に搭載されて実戦に投入され、この年ミハエル・シューマッハのドライブで3勝を挙げる。後藤治 フレッシュアイペディアより)

367件中 21 - 30件表示

「ミハエル・シューマッハー」のニューストピックワード