418件中 21 - 30件表示
  • 2004年バーレーングランプリ

    2004年バーレーングランプリから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    ラップリーダー:ミハエル・シューマッハ 50 (1-9, 12-24, 28-41, 44-57), ルーベンス・バリチェロ 6 (10, 25-27, 42-43), ジェンソン・バトン 1 (11)2004年バーレーングランプリ フレッシュアイペディアより)

  • フェラーリ・248F1

    フェラーリ・248F1から見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    レギュレーション変更を受けて開発されたTipo056エンジンは、2005年から2006年のオフにかけてF2004に搭載してテストされた。シーズン開幕後すぐの第1,2戦で新型V8エンジンTipo056にピストンにクラックが入る問題が生じた。これはヨーロッパラウンドに入る直前に解消された。タイトル争いも終盤になった第16戦中国GPに大幅な改良を加えたTipo056のCスペックエンジンを投入。中国GPはシューマッハが制したが、次の第17戦日本GPでエンジンブローに見舞われた。シーズン終盤に再びエンジンの信頼性に苦しむこととなった。フェラーリ・248F1 フレッシュアイペディアより)

  • 2004年日本グランプリ (4輪)

    2004年日本グランプリ (4輪)から見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    日曜朝のプレクオリファイ (PQ) 開始時、雨は止んだものの路面はまだ濡れており、浅溝のレインタイヤを履いてタイムアタックが行われた。アタック順が後になるほど路面が乾いていくため、前戦中国GPで成績が悪かった者が有利になった。今回復帰したため最終出走となったトゥルーリがトップタイムを記録。2位は12番出走のミハエル・シューマッハ(フェラーリ)、3位は18番出走のラルフ・シューマッハ(ウィリアムズ)、4位は10番出走のマーク・ウェバー(ジャガー)。2004年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のF1世界選手権

    2009年のF1世界選手権から見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    フェラーリは以来のシーズン1勝に終わり、ハンガリーGPではフェリペ・マッサが頭部に重傷を負って残りレースを欠場した。チームは2006年に引退したミハエル・シューマッハに現役復帰を打診したが首の負傷のため実現せず、テストドライバーのルカ・バドエルも成績不振で代役を務められず、急遽フォース・インディアからフィジケラを獲得した。2009年のF1世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年マレーシアグランプリ

    2012年マレーシアグランプリから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    マクラーレンのルイス・ハミルトンが前戦オーストラリアグランプリに続きポールポジションを獲得した。チームメイトのジェンソン・バトンが続き、2戦連続マクラーレンのフロントロー独占となった。3位にはメルセデスのミハエル・シューマッハが入り、2010年の復帰以来最高位を獲得した。2012年マレーシアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2012年モナコグランプリ

    2012年モナコグランプリから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    スタート直後、4番手スタートのグロージャンがシューマッハとの接触をきっかけにスピン。2012年モナコグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 1991年日本グランプリ (4輪)

    1991年日本グランプリ (4輪)から見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    ホンダは母国グランプリに向けて「鈴鹿スペシャル」エンジンを投入。セナの同僚ゲルハルト・ベルガーが1分34秒700のコースレコードを記録してポールポジションを獲得した。このレコードは2001年にミハエル・シューマッハによって破られるまで10年あまり鈴鹿サーキットのコースレコードだった。2位にセナが並び、マクラーレン・ホンダにとっては最高の予選結果となった。なお、マンセルはセナに次ぐ3位となり、優勝とドライバーズタイトルへ向けてかすかな希望をつないだ。1991年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • グランプリ天国

    グランプリ天国から見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    1996年モナコGPでヘルメットのトラブルに見舞われたデビッド・クルサードが、ミハエル・シューマッハのヘルメットを借りて走ったことから、「顔の形が違うのに何でもかぶれるクルサード」というキャラクターが誕生した。ちなみに、グラ天でクルサードはデビュー当時から長期にわたって活躍しているキャラクターでもある(引退後もちょくちょく登場している)。グランプリ天国 フレッシュアイペディアより)

  • ベネトン・B193

    ベネトン・B193から見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    この年も1992年同様1勝をミハエル・シューマッハが第14戦ポルトガルGPであげた。チームメイトのリカルド・パトレーゼはイギリスGPで3位、ハンガリーGPで2位表彰台を獲得したが、両ドライバーのリタイヤ回数が13回もあったため、1992年のコンストラクターズランキングと順位の変化はなかった。ベネトン・B193 フレッシュアイペディアより)

  • ザ・スティグ

    ザ・スティグから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    スティグのトップ・ギア テスト・トラックでの最速公式ラップタイムはアリエル・アトム500で1分15秒1を記録。なおフェラーリ・FXXでは1分10秒7を記録しているが、これはスティグの格好をしたミハエル・シューマッハによる記録であることに加え、翌週の放送で「実はスリックタイヤを使っていた」ことが判明し、最速ラップから抹消されている。ザ・スティグ フレッシュアイペディアより)

418件中 21 - 30件表示