367件中 31 - 40件表示
  • 2006年アメリカグランプリ

    2006年アメリカグランプリから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    フェラーリのミハエル・シューマッハがシーズン3勝目を挙げ、フェルナンド・アロンソの連勝を4でストップさせた。チャンピオンシップのポイント差も19まで縮める。シューマッハのチームメイト、フェリペ・マッサが2位に入り、フェラーリのルノーに対する差も26に縮小した。2006年アメリカグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ラルフ・シューマッハ

    ラルフ・シューマッハから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    ラルフ・シューマッハ('', 1975年6月30日 - )は、ドイツ出身の自動車レーサー。元F1ドライバーで現在はDTMに出場している。フォーミュラ・ニッポンの初代チャンピオン。F1ワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハの実弟。ノルトライン・ヴェストファーレン州・ケルンの近郊フルト出身。ラルフ・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ミカ・サロ

    ミカ・サロから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    サロは1988年にフォーミュラ・フォード1600ヨーロッパチャンピオンを獲得。1989年、アラン・ドッキング・レーシングよりイギリスF3選手権に参戦する。1990年はハッキネンとふたりでイギリスF3を席巻し、サロは6勝を挙げるが、タイトルは9勝したハッキネンのものとなる。マカオGPではハッキネンが優勝目前でクラッシュし、サロは優勝したミハエル・シューマッハに次ぐ総合2位を獲得した。ミカ・サロ フレッシュアイペディアより)

  • フェラーリ・F2004

    フェラーリ・F2004から見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    2004年1月26日に、チームの本拠地であるイタリア・マラネロで発表された。その後、1月31日にミハエル・シューマッハによってフィオラノサーキットでシェイクダウンが行われた。フェラーリ・F2004 フレッシュアイペディアより)

  • フェラーリ・F2007

    フェラーリ・F2007から見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    2006年、皇帝と呼ばれたミハエル・シューマッハが引退し、チームを支えてきたテクニカル・ディレクターのロス・ブラウンやエンジン開発担当のパオロ・マルティネッリもチームを去るなど、2007年はフェラーリにとって大きな転換期となった。フェラーリ・F2007 フレッシュアイペディアより)

  • フェラーリ・F2001

    フェラーリ・F2001から見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    2001年最終戦(ミハエル・シューマッハのみ)から2002年第3戦(ルーベンス・バリチェロのみ)まではF2001Bが実戦投入された。フェラーリ・F2001 フレッシュアイペディアより)

  • フェラーリ・F1-2000

    フェラーリ・F1-2000から見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    2000年2月7日にイタリア・マラネロで発表された。新車発表会以前には、マシン名がF320と報道された時もあった。2月10日に、フィオラノサーキットでミハエル・シューマッハによってシェイクダウンされた。フェラーリ・F1-2000 フレッシュアイペディアより)

  • フェラーリ・F399

    フェラーリ・F399から見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    開幕戦はエディー・アーバインが制した。第3,4戦はミハエル・シューマッハが連勝。第6戦カナダGPではポールポジションからスタートするも、トップ走行中に最終シケイン(ワールドチャンピオン経験者のデイモン・ヒルとジャック・ヴィルヌーヴもここにクラッシュしたことから後にチャンピオンズウォールと名づけられた)にクラッシュしてリタイヤ。この時点でシューマッハはミカ・ハッキネンの先行を許し、4点差で選手権2位だった。フェラーリ・F399 フレッシュアイペディアより)

  • フェラーリ・248F1

    フェラーリ・248F1から見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    レギュレーション変更を受けて開発されたTipo056エンジンは、2005年から2006年のオフにかけてF2004に搭載してテストされた。シーズン開幕後すぐの第1,2戦で新型V8エンジンTipo056にピストンにクラックが入る問題が生じた。これはヨーロッパラウンドに入る直前に解消された。タイトル争いも終盤になった第16戦中国GPに大幅な改良を加えたTipo056のCスペックエンジンを投入。中国GPはシューマッハが制したが、次の第17戦日本GPでエンジンブローに見舞われた。シーズン終盤に再びエンジンの信頼性に苦しむこととなった。フェラーリ・248F1 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年マレーシアグランプリ

    2012年マレーシアグランプリから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    マクラーレンのルイス・ハミルトンが前戦オーストラリアグランプリに続きポールポジションを獲得した。チームメイトのジェンソン・バトンが続き、2戦連続マクラーレンのフロントロー独占となった。3位にはメルセデスのミハエル・シューマッハが入り、2010年の復帰以来最高位を獲得した。2012年マレーシアグランプリ フレッシュアイペディアより)

367件中 31 - 40件表示

「ミハエル・シューマッハー」のニューストピックワード