418件中 31 - 40件表示
  • 2002年フランスグランプリ

    2002年フランスグランプリから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    2002年フランスグランプリ (Mobil 1 Grand Prix de France) は、2002年F1世界選手権の第11戦として、2002年7月21日にマニクール・サーキットで開催された。このレースでミハエル・シューマッハは史上最速で5度目のワールドチャンピオンを確実なものとし、40年以上前にファン・マヌエル・ファンジオの達成した記録と並んだ。2002年フランスグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • フェラーリ・F2002

    フェラーリ・F2002から見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    2002年シーズンは昨年以上にフェラーリ一色なシーズンとなった。ヨーロッパを離れた開幕3戦は前年の改修型F2001Bで臨む予定だったが、予定を早めて第3戦ブラジルGPからF2002が投入された(ミハエル・シューマッハのみ)。シューマッハはシーズン全戦完走・全戦表彰台という安定感をみせ、ナイジェル・マンセルの記録を更新する年間11勝を達成(F2002では10勝)。第11戦フランスGPで早々とドライバーズタイトル3連覇を決めた。その後も終盤戦5戦連続ワンツーフィニッシュを決め、17戦15勝とフェラーリ黄金期にふさわしい圧勝で終えた。フェラーリ・F2002 フレッシュアイペディアより)

  • フォーメーションラップ

    フォーメーションラップから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    1994年のF1イギリスグランプリでは2位のミハエル・シューマッハがPPのデイモン・ヒルの前後をフォーメーションラップ中に「抜いたり後退したり」する行為を見せた為、規則により最後尾スタートとなる所をシューマッハはそれを無視して2位の位置からスタート、オフィシャル側は5秒のペナルティストップを課すもそれも無視し続け、更にそれに対する黒旗(失格通知)もしばらく無視し続けると言う、重ね重ねの違反行為が大きく問題視され、結果的にシューマッハは2レース失格、2レース出場停止処分を受け、その年のチャンピオンシップ争いに大きな影響を与える事になった。フォーメーションラップ フレッシュアイペディアより)

  • 1995年モナコグランプリ

    1995年モナコグランプリから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    1995年モナコグランプリ(LIII Grand Prix de Monaco)は、1995年のF1世界選手権第5戦として5月28日にモンテカルロ市街地コースで開催された。レースは78周で争われ、2番手スタートのベネトン、ミハエル・シューマッハが優勝した。ポールポジションからスタートしたウィリアムズのデイモン・ヒルは23周をリードし、2位でフィニッシュした。フェラーリのゲルハルト・ベルガーが3位に入り、4位はジョニー・ハーバート、5位がマーク・ブランデル、6位がハインツ=ハラルド・フレンツェンであった。シューマッハはシーズン3勝目を挙げ、ヒルに対して5ポイントまで差を広げた。この勝利はルノーにとって初のモナコにおける勝利であった。1995年モナコグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • フェラーリ・F1-2000

    フェラーリ・F1-2000から見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    2000年2月7日にイタリア・マラネロで発表された。新車発表会以前には、マシン名がF320と報道された時もあった。2月10日に、フィオラノサーキットでミハエル・シューマッハによってシェイクダウンされた。フェラーリ・F1-2000 フレッシュアイペディアより)

  • ロス・ブラウン

    ロス・ブラウンから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    F1でテクニカルディレクターとして所属したベネトンで1回、フェラーリで6回のコンストラクターズタイトルをもたらした。また、ミハエル・シューマッハのワールドチャンピオン7回獲得にも貢献した。さらに2009年には自らがオーナーのチームとして新たにブラウンGPを興し、参戦初年度の新チームながらドライバーズチャンピオン(ジェンソン・バトン)及びコンストラクターズチャンピオンの二冠を達成する快挙を成し遂げている。ロス・ブラウン フレッシュアイペディアより)

  • 2004年スペイングランプリ

    2004年スペイングランプリから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    ラップリーダー:ヤルノ・トゥルーリ 7 (1-7), ミハエル・シューマッハ 51 (8-9, 18-66), ルーベンス・バリチェロ 6 (10-17)2004年スペイングランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ラルフ・シューマッハ

    ラルフ・シューマッハから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    ラルフ・シューマッハ('', 1975年6月30日 - )は、ドイツ出身の自動車レーサー。元F1ドライバーでドライバーとしての晩年はDTMに出場していた。フォーミュラ・ニッポンの初代チャンピオン。F1ワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハの実弟。ノルトライン・ヴェストファーレン州・ケルンの近郊フルト出身。ラルフ・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • 2004年カナダグランプリ

    2004年カナダグランプリから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハがレースを制し、ルーベンス・バリチェロが2位とフェラーリが1-2を達成した。レース後の検査でウィリアムズとトヨタが規定外のブレーキダクトを使用していたということでレース結果から除外された。2004年カナダグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • パット・シモンズ

    パット・シモンズから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    1980年代から2000年代にかけてトールマン、ベネトン、ルノーと変遷していったチームでレースエンジニアとして、最終的には同チームのエンジニアリング部門のトップとなり、長く務めた。その間に在籍したアイルトン・セナ、ミハエル・シューマッハ、フェルナンド・アロンソ、デレック・ワーウィック、ブルーノ・ジャコメリ、テオ・ファビ、ゲルハルト・ベルガー、ジョニー・ハーバート、アレッサンドロ・ナニーニなど、当時の多くの一流選手たちのデビューあるいは新人時代にエンジニアリングの面で関わりがあったことでも特に知られる。パット・シモンズ フレッシュアイペディアより)

418件中 31 - 40件表示

「ミハエル・シューマッハー」のニューストピックワード