418件中 41 - 50件表示
  • 1995年パシフィックグランプリ

    1995年パシフィックグランプリから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    1995年パシフィックグランプリ (1995 Pacific Grand Prix) は、1995年のF1世界選手権第15戦として、1995年10月22日にTIサーキット英田(現岡山国際サーキット)で開催された。決勝は83周で争われ、予選3番手スタートのベネトンのミハエル・シューマッハが優勝した。ポールポジションを獲得したウィリアムズのデビッド・クルサードが2位に入り、チームメイトのデイモン・ヒルが3位に入った。シューマッハが優勝したことで、ヒルがポイントを超える可能性は消滅し、2戦を残してシューマッハのタイトルが確定した。1995年パシフィックグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 後藤治

    後藤治から見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    1994年にはフェラーリへ移籍。当時フェラーリでは伝統のV12エンジンを捨てて新たにV10エンジンを開発する計画が進んでおり、後藤はホンダ時代にV10エンジンの開発を指揮していた経験を買われ、そのV10エンジンプロジェクトの開発責任者となった。後藤らの開発したエンジンは1996年よりフェラーリ・F310に搭載されて実戦に投入され、この年ミハエル・シューマッハのドライブで3勝を挙げる。加入後にエンジンベアリングに日本製の高品質品を推奨し、エンジンオイル開発にロイヤル・ダッチ・シェルとの共同開発を提案した。それまでのアジップはベネトンと契約しなおしている。後藤治 フレッシュアイペディアより)

  • フェラーリ・F2007

    フェラーリ・F2007から見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    2006年、皇帝と呼ばれたミハエル・シューマッハが引退し、チームを支えてきたテクニカル・ディレクターのロス・ブラウンやエンジン開発担当のパオロ・マルティネッリもチームを去るなど、2007年はフェラーリにとって大きな転換期となった。フェラーリ・F2007 フレッシュアイペディアより)

  • リカルド・ゾンタ

    リカルド・ゾンタから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    2000年もBARチームに残留。この年はチームがホンダエンジンを得たこともあって、開幕戦オーストラリアGPでヴィルヌーヴ(4位)とのダブル入賞となる6位でいきなり初のポイント獲得を果たすなど、3回の入賞を記録し、年間ランキング13位でシーズンを終えた。なおこの年、前年に大クラッシュを演じたスパ・フランコルシャンにおいて、トップから周回遅れのゾンタを挟んでミカ・ハッキネンがミハエル・シューマッハを追い抜いた際、「20世紀最高のオーバーテイク」とも謳われるほどの追い越し劇が行われたが、両者に挟まれる形で周回遅れにされたゾンタは、結果的にこのパッシングショーを「世界で最も近い場所で見届けた観客」となった。リカルド・ゾンタ フレッシュアイペディアより)

  • ベネトン・B191

    ベネトン・B191から見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    第12戦イタリアグランプリから、ロベルト・モレノに代わってミハエル・シューマッハがデビューし、いきなりネルソン・ピケの予選順位を上回るなど、活躍を見せた。ベネトン・B191 フレッシュアイペディアより)

  • ベルギーグランプリ

    ベルギーグランプリから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    1991年には、前戦でファステストラップを記録したベルトラン・ガショーが逮捕され、その代役としてミハエル・シューマッハがジョーダンからF1デビューを果たした。シューマッハは初戦ながら予選7位の健闘を見せたが、スタート直後にリタイアした。レースはシューマッハのチームメイトのアンドレア・デ・チェザリスが終盤まで2位走行し、トップ走行していたマクラーレンのアイルトン・セナを追い上げるも、トラブルにより惜しくも自身とチームのF1初優勝を逃してしまった。ベネトンのロベルト・モレノはこのレースでファステストラップを記録したが、次のイタリアGPでシューマッハとトレードされることになった。ベルギーグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • イタリアグランプリ

    イタリアグランプリから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    2006年 - ミハエル・シューマッハ、1度目の引退。イタリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2012年中国グランプリ

    2012年中国グランプリから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    これによりミハエル・シューマッハが2番グリッドからのスタートとなり、メルセデスがフロントローを独占した。2012年中国グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • インターナショナルF3リーグ

    インターナショナルF3リーグから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    初代ウィナーのミハエル・シューマッハを始めとして、のちにF1やCARTなどのトップカテゴリで名を成すドライバーが数多く参戦した。その中でジャック・ヴィルヌーヴ、エディ・アーバイン、ミカ・サロらは日本のチームと契約し、全日本F3や全日本F3000に参戦することになる。インターナショナルF3リーグ フレッシュアイペディアより)

  • 2004年のスポーツ

    2004年のスポーツから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    ドライバーズチャンピオン:ミハエル・シューマッハ(フェラーリ)2004年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

418件中 41 - 50件表示

「ミハエル・シューマッハー」のニューストピックワード