367件中 41 - 50件表示
  • 2002年フランスグランプリ

    2002年フランスグランプリから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    2002年フランスグランプリ (Mobil 1 Grand Prix de France) は、2002年F1世界選手権の第11戦として、2002年7月21日にマニクール・サーキットで開催された。このレースでミハエル・シューマッハは史上最速で5度目のワールドチャンピオンを確実なものとし、40年以上前にファン・マヌエル・ファンジオの達成した記録と並んだ。2002年フランスグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • リカルド・ゾンタ

    リカルド・ゾンタから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    2000年もBARチームに残留。この年はチームがホンダエンジンを得たこともあって、開幕戦オーストラリアGPでヴィルヌーヴ(4位)とのダブル入賞となる6位でいきなり初のポイント獲得を果たすなど、3回の入賞を記録し、年間ランキング13位でシーズンを終えた。なおこの年、前年に大クラッシュを演じたスパ・フランコルシャンにおいて、トップから周回遅れのゾンタを挟んでミカ・ハッキネンがミハエル・シューマッハを追い抜いた際、「20世紀最高のオーバーテイク」とも謳われるほどの追い越し劇が行われたが、両者に挟まれる形で周回遅れにされたゾンタは、結果的にこのパッシングショーを「世界で最も近い場所で見届けた観客」となった。リカルド・ゾンタ フレッシュアイペディアより)

  • J.J.レート

    J.J.レートから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    1994年は、ベネトンのセカンド・ドライバーに抜擢されたが、開幕前のテストにおいて大クラッシュを起こし頚骨を骨折した。腰部の骨の一部を頚部に移植するという大掛かりな手術を受け、開幕直前にテストに復帰する驚異の回復振りを見せたものの、結果としては縦方向の振動に対して首が痛むことが分かり、開幕2戦を欠場した。復帰初戦となった第3戦サンマリノGPでは、スタート時にエンストし、ペドロ・ラミーに追突され0周リタイヤ。この際に壊れたマシンの破片が観客席まで飛び、観客が負傷するという事態も発生した。その後もモナコの予選でチームメイトのミハエル・シューマッハに4秒差をつけられるなど精彩を欠く走りに終始。「怪我をしっかりと治さぬまま、無理にレース復帰した影響があったのでは」との指摘もある。第6戦カナダGPで6位に入賞するも、結局このレースをもって、レートの代役として開幕2戦に出場したヨス・フェルスタッペンに正規シートを奪われる結果となった。J.J.レート フレッシュアイペディアより)

  • エイドリアン・ニューウェイ

    エイドリアン・ニューウェイから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    1994年、FW16は前年まで最大の武器であったアクティブサスがレギュレーションで禁止された上に、リアサスペンションの設計が裏目に出て、再び空力的な不安定さを抱えるようになった。この頃、ドライバーのアイルトン・セナは、友人のゲルハルト・ベルガーに「ゲルハルト、マシンをドライブするなんてことはできないよ。マシンには空力的にドライブが難しい部分があったようだ。パフォーマンスは最悪で、まだ乗りこなせていない。」と語っている。セナは第3戦サンマリノGPで事故死し、事故を知ったニューウェイはピットで号泣した。ウィリアムズは3年連続のコンストラクターズタイトルを獲得したが、ドライバーズタイトルはベネトンのミハエル・シューマッハにさらわれた。エイドリアン・ニューウェイ フレッシュアイペディアより)

  • 2004年アメリカグランプリ

    2004年アメリカグランプリから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    このセッションはルーベンス・バリチェロが好調でこのセッショントップタイムを記録する。しかし、2番手ファン・パブロ・モントーヤから9番手のミハエル・シューマッハまでの8台が僅か0.305秒差にひしめく拮抗したセッションとなった。2004年アメリカグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • デイモン・ヒル

    デイモン・ヒルから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    翌1994年、アラン・プロストと入れ替わりにエース・ドライバーとなったアイルトン・セナとともにウィリアムズから継続参戦。しかし、サンマリノGPでのセナの事故死により、ヒルは唐突にエース・ドライバーになってしまった。ミハエル・シューマッハの出場停止もあって6勝をもぎ取り、最終戦直前では1点差まで追いつく。最終戦オーストラリアGP、レース中にシューマッハがコースアウト。戻ってきたシューマッハとヒルがサイドバイサイドになる。次の右コーナーでヒルがシューマッハのインを突くが、シューマッハはアウトから被せる。両者激突し、シューマッハは車体の右半分が浮き上がりコントロールを失い、そのままコース脇のタイヤバリアに直行し、激突。ヒルも左フロントサスペンションを破損、スローペースでピットへ戻るがそこでストップ。この結果2人ともリタイアし、初のワールドチャンピオンをシューマッハに奪われた。デイモン・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • ファン・パブロ・モントーヤ

    ファン・パブロ・モントーヤから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    F1においてもモントーヤは最初から大胆さを発揮し、第3戦ブラジルGPでは王者ミハエル・シューマッハを果敢に追い抜いた。フェラーリの総合力には及ばぬものの、強力なBMWエンジンを利して、敵地イタリアGPで初勝利を達成。翌2002年は優勝こそ無かったが、フェラーリがシーズンを席巻する中で、シューマッハと並ぶ7ポールポジションを獲得して気を吐いた。2003年には、同僚ラルフ・シューマッハと共に快走し、混戦のチャンピオン争いに加わった。ファン・パブロ・モントーヤ フレッシュアイペディアより)

  • ナイジェル・ステップニー

    ナイジェル・ステップニーから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    一時、フォーミュラ3000のネルソン・ピケが運営するチームで働き、1993年にはスクーデリア・フェラーリへ移籍する。その後、1996年にベネトン時代に共に仕事をしていたミハエル・シューマッハ、ロリー・バーン、ロス・ブラウンがチームに加入してくると、チーフメカニックやレース・テストテクニカルマネージャーなどの役割りを与えられ、特に2000-2004年にミハエル・シューマッハがチャンピオン獲得のために働いた重要な一人となる。2007年2月23日 ステップニーはレースには参加せず、ファクトリー内でのパフォーマンス開発者の長として昇進した。ナイジェル・ステップニー フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のF1世界選手権

    2009年のF1世界選手権から見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    フェラーリは以来のシーズン1勝に終わり、ハンガリーGPではフェリペ・マッサが頭部に重傷を負って残りレースを欠場した。チームは2006年に引退したミハエル・シューマッハに現役復帰を打診したが首の負傷のため実現せず、テストドライバーのルカ・バドエルも成績不振で代役を務められず、急遽フォース・インディアからフィジケラを獲得した。2009年のF1世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • F1世界選手権の歴史

    F1世界選手権の歴史から見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    この創成期において最も成功を収めたドライバーがファン・マヌエル・ファンジオである。8年間に5度のドライバーズチャンピオンとなり、2003年にミハエル・シューマッハに破られるまで46年間最多チャンピオン獲得記録者であった。F1世界選手権の歴史 フレッシュアイペディアより)

367件中 41 - 50件表示

「ミハエル・シューマッハー」のニューストピックワード