418件中 51 - 60件表示
  • 2004年アメリカグランプリ

    2004年アメリカグランプリから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    このセッションはルーベンス・バリチェロが好調でこのセッショントップタイムを記録する。しかし、2番手ファン・パブロ・モントーヤから9番手のミハエル・シューマッハまでの8台が僅か0.305秒差にひしめく拮抗したセッションとなった。2004年アメリカグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2006年アメリカグランプリ

    2006年アメリカグランプリから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    フェラーリのミハエル・シューマッハがシーズン3勝目を挙げ、フェルナンド・アロンソの連勝を4でストップさせた。チャンピオンシップのポイント差も19まで縮める。シューマッハのチームメイト、フェリペ・マッサが2位に入り、フェラーリのルノーに対する差も26に縮小した。2006年アメリカグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ブラジルグランプリ

    ブラジルグランプリから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    多くのグランプリにおいて、最多勝記録は1990年代から2000年代にかけて活躍したミハエル・シューマッハによって塗り替えられたが、ブラジルGPでは1980年代から1990年にかけ6勝を挙げたアラン・プロストが最多勝記録を保持している(シューマッハは4勝を挙げた)。チームとしては、マクラーレンが強く通算で12勝を挙げており、フェラーリ(10勝)、ウィリアムズ(6勝)がそれに続いている(2016年現在)。ブラジルグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • フェリペ・マッサ

    フェリペ・マッサから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    2006年に向けてフェラーリとレースドライバー契約を結び、ミハエル・シューマッハのチームメイトとなることが決まる。フェリペ・マッサ フレッシュアイペディアより)

  • ルカ・バドエル

    ルカ・バドエルから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    ルカ・バドエル(Luca Badoer, 1971年1月25日 - )は、イタリア・トレヴィーゾ県モンテベッルーナ出身のレーシングドライバー。フェラーリのテストドライバーとしてミハエル・シューマッハのワールドチャンピオン黄金期を影から支えた。ルカ・バドエル フレッシュアイペディアより)

  • オッツベルク

    オッツベルクから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    専門家の世界では有名なアドルフ・ノイベルトの企業「ユーロカート」もある。この企業はレーシングカートやそのパーツを供給する会社である。ミハエル・シューマッハ、シュテファン・ベロフ、ベルント・シュナイダー、ティモ・グロックといったモータースポーツのビッグネームがこの会社の製品を用い、モータースポーツにおける最初の経験を積んでいったのである。オッツベルク フレッシュアイペディアより)

  • ニコ・ロズベルグ

    ニコ・ロズベルグから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    開幕戦オーストラリアGPではフリー走行の全てのセッションでトップタイムを記録したが、期待された予選は5位に終わった。決勝はピットストップでトラブルに見舞われ順位を大きく落としながらも、レース終盤には自身2度目となるファステストラップを記録し、6位に入賞した。第2戦マレーシアGPでも入賞し、次の2戦こそ入賞圏外でレースを終えたが、その後の第5戦スペインGPから第12戦ベルギーGPまで、8戦連続で入賞した。しかし第13戦イタリアGPでは今期初の予選Q1敗退。決勝レースでも序盤に接触したのち16位という結果に終わった。このレースで完走したことにより連続完走記録を25戦に伸ばし、ミハエル・シューマッハの24戦を抜いて歴代2位となった。第14戦シンガポールGPでは自身予選最高位タイとなる3位を獲得。決勝では最初のピットアウトの際にオーバースピードから出口付近の白線を横断するミスを犯し、ドライブスルーペナルティが科せられた。セーフティカー導入後にペナルティを消化せざるを得ない事態となったことで下位に沈み、11位でフィニッシュ。2戦連続ノーポイントに終わった。第15戦日本GPでは5位に入賞し3戦振りのポイントを獲得した。ニコ・ロズベルグ フレッシュアイペディアより)

  • デビッド・クルサード

    デビッド・クルサードから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    2000年、クルサードのシーズン序盤の成績次第では、マクラーレンはサードドライバーのオリビエ・パニスと交代させる思惑を持っていたが、中盤迄ポイントランキングのトップを争った。第9戦フランスGPでフェラーリのミハエル・シューマッハを追い抜き優勝。チャンピオンシップ争いを繰り広げたが、それ以後は優勝できず、また第14戦イタリアGPで接触リタイア、アメリカGPではフライングスタートを行ったことなどから、チャンピオンシップ争いから脱落し、最終的にはランキング3位に甘んじた。デビッド・クルサード フレッシュアイペディアより)

  • ヨーロッパグランプリ

    ヨーロッパグランプリから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    当初は他地域で開催するはずのレースがキャンセルされた時、緊急の代価開催としてヨーロッパ内のサーキットを利用して行われるグランプリであり、その開催は不定期であった。しかし、1995年以降はミハエル・シューマッハの活躍と人気を受けて、ドイツのニュルブルクリンクでの開催が定番となっていた。ヨーロッパグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • オーストラリアグランプリ

    オーストラリアグランプリから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    1ポイント差でチャンピオンを争う、ミハエル・シューマッハとデイモン・ヒルに注目が集まる。開始直後からこの2人が他を大きく突き放して接近戦を演じる緊迫の展開となるが、36周目に両者の接触・リタイアにより、シューマッハの初のチャンピオン獲得が決定した。レースはポールポジションからスタートしたナイジェル・マンセルが制したが、これはマンセルの通算31勝目であり、最後のF1優勝となった。オーストラリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

418件中 51 - 60件表示

「ミハエル・シューマッハー」のニューストピックワード