367件中 51 - 60件表示
  • グランプリ天国

    グランプリ天国から見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    1996年モナコGPでヘルメットのトラブルに見舞われたデビッド・クルサードが、ミハエル・シューマッハのヘルメットを借りて走ったことから、「顔の形が違うのに何でもかぶれるクルサード」というキャラクターが誕生した。ちなみに、グラ天でクルサードはデビュー当時から長期にわたって活躍しているキャラクターでもある(引退後もちょくちょく登場している)。グランプリ天国 フレッシュアイペディアより)

  • ベルギーグランプリ

    ベルギーグランプリから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    1991年には、前戦でファステストラップを記録したベルトラン・ガショーが逮捕され、その代役としてミハエル・シューマッハがジョーダンからF1デビューを果たした。シューマッハは初戦ながら予選7位の健闘を見せたが、スタート直後にリタイアした。レースはシューマッハのチームメイトのアンドレア・デ・チェザリスが終盤まで2位走行し、トップ走行していたマクラーレンのアイルトン・セナを追い上げるも、トラブルにより惜しくも自身とチームのF1初優勝を逃してしまった。ベネトンのロベルト・モレノはこのレースでファステストラップを記録したが、次のイタリアGPでシューマッハとトレードすることになった。ベルギーグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2004年カナダグランプリ

    2004年カナダグランプリから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハがレースを制し、ルーベンス・バリチェロが2位とフェラーリが1-2を達成した。レース後の検査でウィリアムズとトヨタが規定外のブレーキダクトを使用していたということでレース結果から除外された。2004年カナダグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ニュルブルクリンク

    ニュルブルクリンクから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハの活躍により1995年から2006年までヨーロッパGP(1997年と1998年はルクセンブルクGP)としてF1グランプリが再び開催されることとなった。F1開催復活と共にサーキット施設の改修も頻繁に行われるようになった。カストロールSの5000席のVIPエリア付きメルセデスグランドスタンドやメディカルセンターが新設。ニュルブルクリンク フレッシュアイペディアより)

  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ

    新世紀GPXサイバーフォーミュラから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    名前の由来はミハエル・シューマッハ。まだ頭角を表す前のシューマッハの名前を採用したものだが、当人のF1デビューは本作スタッフの予想以上に早かったという。TVシリーズ終盤では、放送当時のミハエル・シューマッハの所属チームであるベネトンにいる描写がある。新世紀GPXサイバーフォーミュラ フレッシュアイペディアより)

  • オッツベルク

    オッツベルクから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    専門家の世界では有名なアドルフ・ノイベルトの企業「ユーロカート」もある。この企業はレーシングカートやそのパーツを供給する会社である。ミハエル・シューマッハ、シュテファン・ベロフ、ベルント・シュナイダー、ティモ・グロックといったモータースポーツのビッグネームがこの会社の製品を用い、モータースポーツにおける最初の経験を積んでいったのである。オッツベルク フレッシュアイペディアより)

  • ルマン

    ルマンから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    フォーミュラレースでは、1976年以降に全日本F2000 → 全日本F2 → 全日本F3000 → フォーミュラ・ニッポンと続く国内トップカテゴリーに継続して参戦している。特に2002年以前はレイナードの国内総代理店を務めており、全日本F3000やフォーミュラ・ニッポンにおいてレイナードの事実上のワークスとして強さを誇った。1991年にはF1デビュー前のミハエル・シューマッハが全日本F3000にスポット参戦し、1996年には弟のラルフ・シューマッハがフォーミュラ・ニッポンの初代チャンピオンになっている。ルマン フレッシュアイペディアより)

  • ルノーF1

    ルノーF1から見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    特に1995年はルノー勢がシーズンを圧倒し、ベネトン・ルノーとウィリアムズ・ルノーの2チームで年間全17戦中16勝を収め、長年ルノーの悲願とされたモナコグランプリ制覇もミハエル・シューマッハによって達成された。過去にはフォード・コスワース勢が年間全勝した1969年(全11戦)、1973年(全15戦)の例があるが、年間の勝利数としては、2005年シーズン終了時点においても1995年にルノーが樹立したこの16勝という記録が依然としてエンジンサプライヤーとしての最多勝記録となっている。ルノーF1 フレッシュアイペディアより)

  • ヨッヘン・マス

    ヨッヘン・マスから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    第4戦スペインGPでは、予選11位から優勝した。クラッシュの多発により、大幅に短縮されたレースだったが、打ち切り直前にジャッキー・イクスを抜いての勝利だった。これはマス唯一の優勝で、17年後の1992年ベルギーGP(ミハエル・シューマッハ)まで、ドイツ人がF1で優勝することはなかった。ヨッヘン・マス フレッシュアイペディアより)

  • アラン・プロスト

    アラン・プロストから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    F1で通算51勝をあげており、2001年にミハエル・シューマッハが更新するまで最多勝記録であり、現在では歴代2位。通算4度のドライバーズチャンピオン獲得は、シューマッハの7回、ファン・マヌエル・ファンジオの5回に次いで、歴代3位の記録である。現在、フランス人で唯一のF1ドライバーズチャンピオンでもある。アラン・プロスト フレッシュアイペディアより)

367件中 51 - 60件表示

「ミハエル・シューマッハー」のニューストピックワード