418件中 61 - 70件表示
  • ミカ・サロ

    ミカ・サロから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    サロは1988年にフォーミュラ・フォード1600ヨーロッパチャンピオンを獲得。1989年、アラン・ドッキング・レーシングよりイギリスF3選手権に参戦する。1990年はハッキネンとふたりでイギリスF3を席巻し、サロは6勝を挙げるが、タイトルは9勝したハッキネンのものとなる。マカオGPではハッキネンが優勝目前でクラッシュし、サロは優勝したミハエル・シューマッハに次ぐ総合2位を獲得した。ミカ・サロ フレッシュアイペディアより)

  • レーシングカート

    レーシングカートから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    2001年、当時既に3回のF1ワールドチャンピオンを獲得していたミハエル・シューマッハがドイツで開催されたレーシングカートのワールドカップに参戦した。現役F1チャンピオンがレーシングカートの世界選手権に出場するなど前代未聞の出来事であったが、シューマッハはかねてよりレーシングカートだけがF1ドライビングのトレーニングにもなりうる存在であると公言している。予選までクラッシュなどで苦戦を強いられたが、雨になった決勝レースでは2位でフィニッシュしている。この時、シューマッハがレースに参戦するため、当時トニーカートのワークスドライバーであった杉山貴英のシートを譲り受けての参戦となった。またシューマッハは世界有数のカートメーカーであるTONY KARTに資本参加している。レーシングカート フレッシュアイペディアより)

  • アラン・プロスト

    アラン・プロストから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    F1で通算51勝をあげており、2001年にミハエル・シューマッハが更新するまで最多勝記録であり、現在では歴代3位。通算4度のドライバーズチャンピオン獲得は、シューマッハの7回、ファン・マヌエル・ファンジオの5回に次いで、歴代3位の記録である。現在、フランス人で唯一のF1ドライバーズチャンピオンでもある。アラン・プロスト フレッシュアイペディアより)

  • F1世界選手権の歴史

    F1世界選手権の歴史から見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    この創成期において最も成功を収めたドライバーがファン・マヌエル・ファンジオである。8年間に5度のドライバーズチャンピオンとなり、2003年にミハエル・シューマッハに破られるまで46年間最多チャンピオン獲得記録者であった。F1世界選手権の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • リカルド・パトレーゼ

    リカルド・パトレーゼから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    前年の改良型として投入していたFW14Bが予想以上の強さを見せたウィリアムズは、開幕5連勝など完全にシーズンを支配し16戦で10勝を挙げ、パトレーゼのランキングも自身最高の2位であったが、アクティブカー特有の挙動への順応に手こずったパトレーゼは1勝に留まり、6回の1-2フィニッシュでも全てパトレーゼは2位であった。予選成績でも、マンセルに2勝14敗と完敗であった。また、決勝レースでもマンセルを追撃するどころか、セナやミハエル・シューマッハの追撃を激しく受ける場面も幾度か見られた。リカルド・パトレーゼ フレッシュアイペディアより)

  • 2001年オーストラリアグランプリ

    2001年オーストラリアグランプリから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    2001年オーストラリアグランプリは、2001年F1世界選手権の開幕戦として、2001年3月4日にアルバート・パーク・サーキットで開催された。これは第66回目のオーストラリア・グランプリであった。レースはフェラーリ・F2001を駆るミハエル・シューマッハが制したが、このレースはコースマーシャルのグラハム・ビヴァリッジが死亡したことで知られることとなった。2001年オーストラリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • モナコグランプリ

    モナコグランプリから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    伝統と華やかさに加え、高い技量と集中力を要する難コースであることから、「モナコGPの優勝は3勝分の価値がある」といわれる。ここで際立って強いドライバーは「モナコ・マイスター」と賞賛されることがある。過去3勝以上を挙げたドライバーには、スターリング・モス(3勝)、グラハム・ヒル(5勝)、ジャッキー・スチュワート(3勝)、アラン・プロスト(4勝)、アイルトン・セナ(6勝)、ミハエル・シューマッハ(5勝)、ニコ・ロズベルグ(3勝)といった名手が名を連ねている。モナコグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ジョニー・ハーバート

    ジョニー・ハーバートから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    第2戦ブラジルGPでベネトンのミハエル・シューマッハと3位争いを繰り広げ結果4位、第3戦ヨーロッパGPでも4位に入るなど前半戦には速さを見せていたが、資金難により終盤から成績が下降し始める。ジョニー・ハーバート フレッシュアイペディアより)

  • カナダグランプリ

    カナダグランプリから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    1995年 - トップを独走していたミハエル・シューマッハが電気系トラブルでスローダウン。フェラーリのジャン・アレジが91戦目でF1初優勝を果たす。カナダグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • フェラーリ・F2001

    フェラーリ・F2001から見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    2001年最終戦(ミハエル・シューマッハのみ)から2002年第3戦(ルーベンス・バリチェロのみ)まではF2001Bが実戦投入された。フェラーリ・F2001 フレッシュアイペディアより)

418件中 61 - 70件表示