367件中 61 - 70件表示
  • ジャン・アレジ

    ジャン・アレジから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    1995年は、カナダGPでベネトンのミハエル・シューマッハのマシントラブルでトップに立ち、F1通算92戦目で初優勝を果たした。憧れのジル・ヴィルヌーヴの名前を冠するサーキットで、ジルと同じカーナンバー27のフェラーリでの勝利であった。また、決勝が行なわれた6月11日はアレジ自身の誕生日でもある。当時としてはティエリー・ブーツェンの96戦に次ぐ2番目に遅い初優勝。F1における現時点でのV12エンジン最後の優勝でもある。「国際F3000(後のGP2にあたる)チャンピオンはF1では優勝できない」という当時のF1界のジンクスを打ち破る勝利でもあった。ジャン・アレジ フレッシュアイペディアより)

  • 全日本F3000選手権

    全日本F3000選手権から見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    また、鈴木亜久里や片山右京、鈴木利男、中野信治、野田英樹、高木虎之介、服部尚貴、エディ・アーバイン、ジョニー・ハーバート、ハインツ=ハラルド・フレンツェン、ミカ・サロ、マーク・ブランデル、フォルカー・ヴァイドラー、ローランド・ラッツェンバーガー、ジャン・アレジ、ミハエル・シューマッハ(ブランデルとアレジ、シューマッハはスポット参戦)など後にF1にステップアップしたドライバーや、ヤン・ラマースなどの元F1ドライバーも参戦していた。全日本F3000選手権 フレッシュアイペディアより)

  • ジャック・ヴィルヌーヴ

    ジャック・ヴィルヌーヴから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    バーニー・エクレストンの後押しもあり、からF1に転向。当時屈指の強豪であったウィリアムズ・ルノーから参戦を開始し、初年度からその才能を遺憾なく発揮する。デビュー戦となった開幕戦オーストラリアGPでは、史上3人目となるデビュー戦でのポールポジション獲得という偉業を達成。決勝でも残り5周までトップを快走し、史上初のデビュー戦ポール・トゥ・ウィンを達成するかと思われたが、マシントラブルにより2位に終わった。第4戦ヨーロッパGPでは、前年王者のミハエル・シューマッハを抑えてF1初優勝を達成。その後も3勝を加え、チームメイトであるデイモン・ヒルと最終戦日本GPまでチャンピオン争いを繰り広げ、最終的にはヒルに次ぐランキング2位となった。ジャック・ヴィルヌーヴ フレッシュアイペディアより)

  • 片山右京

    片山右京から見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    後年のインタビューでこの時のことを語っている。それによると、フラビオから紙とペンを突きつけられ、「ここに今すぐサインをしろ。これで来年からは我々の仲間だ」と迫られたという。右京は逡巡したが、応援してくれている人々やメインスポンサーである日本たばこ産業の意向を確認しなければと思い、「ちょっと待ってくれ。」と即答を拒んだ。直後に会ったミハエル・シューマッハに「よう!来年からよろしく!」(すでにチーム関係者にはフラビオの意向は周知されていた模様)と肩を叩かれた右京が、「それが、まだサインしていないんだ」と答えると、「なぜだ!?こんなチャンス悩む必要があるのか?」と驚かれたという。「今から考えれば、あの時迷わずにサインをしていたら、運命は違っていただろうね。まぐれで1、2度くらいは優勝できていたかもしれない」と悔しさをにじませている。片山右京 フレッシュアイペディアより)

  • ネルソン・ピケ

    ネルソン・ピケから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    第11戦ベルギーGPで3位入賞、これがF1最後の表彰台となる。続く第12戦イタリアGPでは、F1通算200戦目を記録、決勝では6位に入賞し自ら記録に華を添えた。たが、チームはレース直前にモレノとの契約を一方的に解除し、メルセデスのバックアップを持つ新人ミハエル・シューマッハを、ジョーダンから引き抜き加入させていた。このことでチームに不信感を抱いたピケは移籍を決意し、リジェなどと交渉したが契約には至らず、そのままF1を引退することとなった。最後となった、最終戦オーストラリアGPの成績は4位(豪雨の為、14周で打ち切られた)。この年は全16戦中入賞8回・うち表彰台3回の成績で、ランキングは6位だった。ネルソン・ピケ フレッシュアイペディアより)

  • キミ・ライコネン

    キミ・ライコネンから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    この年、特筆されるレースは第11戦フランスGPで、残り6周首位走行中に、前を走る周回遅れのアラン・マクニッシュの車から出たオイルによりスリップした隙にミハエル・シューマッハにオーバーテイクされ2位に終わったが、初優勝が期待されたレースとなった。キミ・ライコネン フレッシュアイペディアより)

  • ジョーダン・グランプリ

    ジョーダン・グランプリから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    ハンガリーGP後にはガショーが傷害事件で投獄されるという不祥事が発生し、代役としてメルセデス・ベンツの秘蔵っ子ミハエル・シューマッハを起用する。シューマッハはデビュー戦のベルギーGPで当時チーム最高の予選7位を記録(決勝ではクラッチを壊し0周リタイア)。このレースの後半にはチェザリスがトップを追い上げる場面もあったが、オイル不足によるエンジンブローでリタイヤした(記録上は完走扱いの13位)。ジョーダン・グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ジョニー・ハーバート

    ジョニー・ハーバートから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    第2戦ブラジルGPでベネトンのミハエル・シューマッハと3位争いを繰り広げ結果4位、第3戦ヨーロッパGPでも4位に入るなど前半戦には速さを見せていたが、資金難により終盤から成績が下降し始める。ジョニー・ハーバート フレッシュアイペディアより)

  • ルーベンス・バリチェロ

    ルーベンス・バリチェロから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    2000年には安定感を買われ、ミハエル・シューマッハのチームメイトとしてフェラーリに加入し、ブラジル人としては初のフェラーリドライバーとなった。この際、当初バリチェロは自身の契約がシューマッハとの「ジョイント・ナンバー1」で対等なものであると主張したが、開幕直前にはその発言を改め、自身は「ナンバー1b」だと語り、実質的には「ナンバー2」であることを認める、という一幕があった。この年からは表彰台の常連となり、同年第11戦ドイツGP、雨によりレース後半にはコースが半分フルウェット半分ドライという難しい状況となったがドライタイヤで走りきる決断を下し、2位でレインタイヤを履くハッキネンの猛烈な追い上げから逃げ切り決勝出走123戦目(参戦125戦目)にして予選18位から初優勝を飾った。表彰式ではポケットに忍ばせていたブラジル国旗を広げ、人目も憚らず男泣きする姿に惜しみない祝福が送られた。。ルーベンス・バリチェロ フレッシュアイペディアより)

  • スパ・フランコルシャン

    スパ・フランコルシャンから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    1992年には、ベネトン・フォードのミハエル・シューマッハがこの雨による混乱の中、絶妙のタイミングでタイヤ交換戦略を成功させ、当時最強のウィリアムズ勢を逆転してのF1初優勝を果たしている。さらに、1995年には、雨により予選16位に沈んだシューマッハが、同じく雨により混乱したレースを大逆転で制している。スパ・フランコルシャン フレッシュアイペディアより)

367件中 61 - 70件表示

「ミハエル・シューマッハー」のニューストピックワード