367件中 71 - 80件表示
  • 小林可夢偉

    小林可夢偉から見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    開幕戦オーストラリアGPでは入賞圏内である8位でゴールしたが、レース後の検査でリアウイングに違反があったとして失格処分となった。第2戦マレーシアGPでは、マーク・ウェバーやミハエル・シューマッハらとの接戦を繰り広げ見事7位入賞。前戦の雪辱を晴らし、第3戦中国GP、第4戦トルコGP、第5戦スペインGPまで3戦連続で10位入賞を記録し、日本人F1ドライバーの中で最もポイント獲得している佐藤琢磨の記録「44ポイント」と並んだ。又、同じく佐藤が記録した日本人による連続入賞記録(2004年イタリアグランプリから2004年ブラジルグランプリまで)である「4戦」も並んだ。翌第6戦モナコGPでは同僚のセルジオ・ペレスがシケインで大クラッシュを演じ同グランプリの決勝レースを欠場。小林可夢偉 フレッシュアイペディアより)

  • オメガ

    オメガから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    「プロフェッショナル」・「オートマチック」ともに非常に限定モデルが多い。「プロフェッショナル」の場合、誕生した年より何十周年か経過すると「○○周年記念モデル」、各ロケット、スペースシャトルの打ち上げた年より何十周年か経過すると「○○(シャトル名)号○○周年記念」、変わったところでは「スヌーピー」「銀河鉄道999」等とコラボレートしたモデルも存在する。「オートマチック」の場合、下記の「M・シューマッハモデル」や「マルイ限定モデル」等が存在する。オメガ フレッシュアイペディアより)

  • デビッド・クルサード

    デビッド・クルサードから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    2000年、クルサードのシーズン序盤の成績次第では、マクラーレンはサードドライバーのオリビエ・パニスと交代させる思惑を持っていたが、中盤迄ポイントランキングのトップを争った。第9戦フランスGPでフェラーリのミハエル・シューマッハを追い抜き優勝。チャンピオンシップ争いを繰り広げたが、それ以後は優勝できず、また第14戦イタリアGPで接触リタイア、アメリカGPではフライングスタートを行ったことなどから、チャンピオンシップ争いから脱落し、最終的にはランキング3位に甘んじた。デビッド・クルサード フレッシュアイペディアより)

  • ニコ・ロズベルグ

    ニコ・ロズベルグから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    2009年、開幕戦オーストラリアGPではフリー走行の全てのセッションでトップタイムを記録したが、期待された予選は5位に終わった。決勝はピットストップでトラブルに見舞われ順位を大きく落としながらも、レース終盤には自身2度目となるファステストラップを記録し、6位に入賞した。第2戦マレーシアGPでも入賞し、次の2戦こそ入賞圏外でレースを終えたが、その後の第5戦スペインGPから第12戦ベルギーGPまで、8戦連続で入賞した。しかし第13戦イタリアGPでは今期初の予選Q1敗退。決勝レースでも序盤に接触したのち16位という結果に終わった。このレースで完走したことにより連続完走記録を25戦に伸ばし、ミハエル・シューマッハの24戦を抜いて歴代2位となった。第14戦シンガポールGPでは自身予選最高位タイとなる3位を獲得。決勝では最初のピットアウトの際にオーバースピードから出口付近の白線を横断するミスを犯し、ドライブスルーペナルティが科せられた。セーフティカー導入後にペナルティを消化せざるを得ない事態となったことで下位に沈み、11位でフィニッシュ。2戦連続ノーポイントに終わった。第15戦日本GPでは5位に入賞し3戦振りのポイントを獲得した。ニコ・ロズベルグ フレッシュアイペディアより)

  • 2004年のスポーツ

    2004年のスポーツから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    ドライバーズチャンピオン:ミハエル・シューマッハ(フェラーリ)2004年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 1991年日本グランプリ (4輪)

    1991年日本グランプリ (4輪)から見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    ホンダは母国グランプリに向けて「鈴鹿スペシャル」エンジンを投入。セナの同僚ゲルハルト・ベルガーが1分34秒700のコースレコードを記録してポールポジションを獲得した。このレコードは2001年にミハエル・シューマッハによって破られるまで10年あまり鈴鹿サーキットのコースレコードだった。2位にセナが並び、マクラーレン・ホンダにとっては最高の予選結果となった。なお、マンセルはセナに次ぐ3位となり、優勝とドライバーズタイトルへ向けてかすかな希望をつないだ。1991年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • 2004年バーレーングランプリ

    2004年バーレーングランプリから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    ラップリーダー:ミハエル・シューマッハ 50 (1-9, 12-24, 28-41, 44-57), ルーベンス・バリチェロ 6 (10, 25-27, 42-43), ジェンソン・バトン 1 (11)2004年バーレーングランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2005年トルコグランプリ

    2005年トルコグランプリから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    佐藤琢磨はマーク・ウェバーをブロックしたことでグリッド降格(佐藤はチームからの無線連絡が無かったためウェバーが接近していたことに気づいていなかった。)、ターン9でスピンし予選後にエンジンを交換したミハエル・シューマッハの後ろからのスタートとなった。2005年トルコグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ミヒャエル・シューマッハー

    ミヒャエル・シューマッハーから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    ミヒャエル・シューマッハー フレッシュアイペディアより)

  • ミヒャエル・シューマッハ

    ミヒャエル・シューマッハから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    ミヒャエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

367件中 71 - 80件表示

「ミハエル・シューマッハー」のニューストピックワード