418件中 71 - 80件表示
  • ジャン・アレジ

    ジャン・アレジから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    1995年は、カナダGPでベネトンのミハエル・シューマッハのマシントラブルでトップに立ち、F1参戦92戦目(出走は91戦目)で初優勝を果たした。憧れのジル・ヴィルヌーヴの名前を冠するサーキットで、ジルと同じカーナンバー27のフェラーリでの勝利であった。また、決勝が行なわれた6月11日はアレジ自身の誕生日でもあった。当時としてはティエリー・ブーツェンの96戦に次ぐ2番目に遅い初優勝。F1におけるV12エンジン最後の優勝でもある。「国際F3000(後のGP2にあたる)チャンピオンはF1では優勝できない」という当時のF1界のジンクスを打ち破る勝利でもあった。ジャン・アレジ フレッシュアイペディアより)

  • エイドリアン・ニューウェイ

    エイドリアン・ニューウェイから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    1994年、FW16は前年まで最大の武器であったアクティブサスがレギュレーションで禁止された上に、リアサスペンションの設計が裏目に出て、再び空力的な不安定さを抱えるようになった。この頃、ドライバーのアイルトン・セナは、友人のゲルハルト・ベルガーに「ゲルハルト、マシンをドライブするなんてことはできないよ。マシンには空力的にドライブが難しい部分があったようだ。パフォーマンスは最悪で、まだ乗りこなせていない。」と語っている。セナは第3戦サンマリノGPで事故死し、事故を知ったニューウェイはピットで号泣した。ウィリアムズは3年連続のコンストラクターズタイトルを獲得したが、ドライバーズタイトルはベネトンのミハエル・シューマッハにさらわれた。エイドリアン・ニューウェイ フレッシュアイペディアより)

  • ファン・パブロ・モントーヤ

    ファン・パブロ・モントーヤから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    F1においてもモントーヤは最初から大胆さを発揮し、2001年シーズンの第3戦ブラジルGPでは王者ミハエル・シューマッハを追い抜いた。フェラーリの総合力には及ばぬものの、強力なBMWエンジンを利して、ドイツGPで初ポールポジションを記録。敵地イタリアGPではポール・トゥ・ウィンで初勝利を達成した。ファン・パブロ・モントーヤ フレッシュアイペディアより)

  • ネルソン・ピケ

    ネルソン・ピケから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    第11戦ベルギーグランプリで3位入賞、これがF1最後の表彰台となる。続く第12戦イタリアグランプリでは、F1通算200戦目を記録、決勝では6位に入賞し自ら記録に華を添えた。だが、チームはレース直前にモレノとの契約を一方的に解除し、メルセデスのバックアップを持つ新人ミハエル・シューマッハを、ジョーダンから引き抜き加入させていた。このことでチームに不信感を抱いたピケは移籍を決意し、リジェなどと交渉したが契約には至らず、そのままF1を引退することとなった。最後となった、最終戦オーストラリアグランプリの成績は4位(豪雨のため14周で打ち切られた)。この年は全16戦中入賞8回・うち表彰台3回の成績で、ランキングは6位だった。ネルソン・ピケ フレッシュアイペディアより)

  • 1992年のF1世界選手権

    1992年のF1世界選手権から見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    ベネトン・フォードは「バナナノーズ」と呼ばれるB192をヨーロッパラウンドから投入。ハイテクデバイスこそ全く搭載されなかったものの、抜群の空力性能にコーナリング性能で度々マクラーレン勢を脅かし、ベルギーGPでミハエル・シューマッハがF1初優勝を飾った。1992年のF1世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • ルノーF1

    ルノーF1から見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    特に1995年はルノー勢がシーズンを圧倒し、ベネトン・ルノーとウィリアムズ・ルノーの2チームで年間全17戦中16勝を収めた。ルノーが樹立した16勝という記録は、2016年にメルセデスに塗り替えられるまで、20年に渡ってエンジンサプライヤーとしての年間最多勝記録だった。加えて、長年ルノーの悲願とされてきたモナコグランプリ制覇もミハエル・シューマッハ(ベネトン)によってこの1995年に初めて達成されている。ルノーF1 フレッシュアイペディアより)

  • 1996年のF1世界選手権

    1996年のF1世界選手権から見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    一方のヒルは開幕3連勝を決め、得意の先行逃げ切りパターンで勝利を積み重ね、片やヴィルヌーヴはコースによる得意不得意の差が激しい事も露呈。しかし、7勝目を挙げたドイツGP以降ヒルはやや精彩を欠き、ヴィルヌーヴの追い上げを許した。ポルトガルGPではヴィルヌーヴがミハエル・シューマッハを大胆にアウトからオーバーテイクした後、ピットストップでヒルを逆転して優勝、チャンピオン争いは最終戦までもつれ込む。1996年のF1世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • ジャック・ヴィルヌーヴ

    ジャック・ヴィルヌーヴから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    バーニー・エクレストンの後押しもあり、からF1に転向。当時屈指の強豪であったウィリアムズ・ルノーから参戦を開始し、初年度からその才能を遺憾なく発揮する。デビュー戦となった開幕戦オーストラリアGPでは、史上3人目となるデビュー戦でのポールポジション獲得という偉業を達成。決勝でもファステストラップを記録しながら残り5周までトップを快走し、史上初のデビュー戦ポール・トゥ・ウィンおよびハットトリックを達成するかと思われたが、終盤のマシントラブルにより惜しくも2位に終わる。第4戦ヨーロッパGPでは、前年王者のミハエル・シューマッハとの接近戦を制してF1初優勝を達成。その後はコースによる得意不得意の差が出る事もあったが、後半戦で3勝を加えるなど、チームメイトであるデイモン・ヒルを猛追。最終戦日本GPまでチャンピオン争いを繰り広げるが、前半戦での結果の差が響いて最終的にはヒルに次ぐランキング2位に終わった。ジャック・ヴィルヌーヴ フレッシュアイペディアより)

  • ルーカス・ポドルスキ

    ルーカス・ポドルスキから見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    ケルンがポドルスキの獲得のために支払った移籍金は1000万ユーロ(約11億8400万円)と推定されているが、サッカーファンとしても知られるF1ドライバーのミハエル・シューマッハはケルンの公式ホームページ上の広告スペース(875ユーロ、約10万8000円)分を購入する形で資金援助を行ったという。契約期間は2013年までの4年間となっているが、契約内容には「ケルンがブンデスリーガ2部へ降格しない」との条件が含まれている。ルーカス・ポドルスキ フレッシュアイペディアより)

  • メルセデスAMG F1

    メルセデスAMG F1から見たミハエル・シューマッハミハエル・シューマッハ

    1980年代に入ってようやくメルセデスはモータースポーツへの復帰を表明し、スポーツカーレースへの参加を始めた。ザウバーと共同でWSPC(世界プロトタイプカー選手権)に出場するなど、徐々にモータースポーツとの関係を取り戻し始めた。またこの頃、ミハエル・シューマッハ、ハインツ=ハラルド・フレンツェン、カール・ヴェンドリンガー、3人の若手ドイツ系ドライバーの育成プログラムを開始し、本格的なレースへの復帰を模索し始めた。この頃にル・マンに復帰し、1989年に総合優勝を遂げるが、1999年の予選、フリー走行、決勝レースでメルセデス・ベンツ・CLRが宙を飛ぶ事故を三度も起こし、犠牲者は出なかったが、やはりこのときも直後に全車をリタイアさせている。その後のル・マンには参戦していない。(復帰初年度の1985年にザウバー・C8がミュルサンヌで宙を舞うアクシデントを起こしている。)メルセデスAMG F1 フレッシュアイペディアより)

418件中 71 - 80件表示

「ミハエル・シューマッハー」のニューストピックワード