286件中 91 - 100件表示
  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たヨッヘン・マス

    1990年、メルセデス・ベンツが立ち上げた若手育成プロジェクトにカール・ヴェンドリンガー、ハインツ=ハラルド・フレンツェンとともに選出された。3名は世界スポーツプロトタイプカー選手権 (WSPC) のザウバー・メルセデスチームに加わり、ベテランのヨッヘン・マスのパートナーとして交代で参戦した。シューマッハは4戦出場してドライバーズ選手権5位、最終戦のメキシコで初優勝した。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たジム・クラーク (レーサー)

    通算ハットトリック獲得22回(歴代1位) 2002年第17戦日本GPでジム・クラークの通算11回を更新。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たケケ・ロズベルグ

    台頭する前年度覇者、ルノーのアロンソとの新旧王者対決シリーズとして注目されたが、予選の最終局面で先にトップ・タイムを出したシューマッハは「ドライビングのミス」によりラスカスコーナー出口にマシンを止め、結果としてアロンソらのアタックを妨害する形となった(通称「ラスカスゲート」)。これによりポールポジションを獲得するも審議対象とされる。スチュワードからは故意と裁定され、予選タイム剥奪のペナルティが課せられた。「言い訳にもならない言い訳をするとは、彼の頭の中の葛藤が理解できない」(ニキ・ラウダ)、「あんな露骨で無礼なやり方をしたことに驚いた。あんなバレバレのことをするなんて、全く許されないことだ」(スターリング・モス)、「最低の行為」(マーティン・ブランドル)、「自分ならば、恥ずかしくてすぐに引退する。もし自分の息子(ニコ・ロズベルグ)が同じミスをしたとしたら、蹴飛ばしてF1から降ろさせる」(ケケ・ロズベルグ)、「ライセンス剥奪すべき」(ジャック・ヴィルヌーヴ)など、厳しい批判を浴びた一方、「無実でもペナルティを受けることはあるからね」(ファン・パブロ・モントーヤ)と彼を皮肉する意見もあった。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たペーター・ザウバー

    UEFA EURO 2008がスイスで開催された際には(オーストリアとの共催)、ロジャー・フェデラーやペーター・ザウバー、シモーネ・ニグリ=ルーダー、ステファン・シャプイサらとともに親善大使に選ばれた。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たトム・ウォーキンショー

    1991年はスポーツカー世界選手権 (SWC) に8戦出場し、ル・マン24時間レースでは5位入賞。ワークス最後のレースとなった日本(オートポリス)ではヴェンドリンガーと組んで優勝した。ドライバーズ選手権は9位。これらの好走がTWR・ジャガーチームのトム・ウォーキンショーとロス・ブラウンの目に留まり、同年のベネトン移籍に繋がることになる。また、この2年間にはドイツツーリングカー選手権 (DTM) にも数戦出場したほか、1991年には全日本F3000第6戦・菅生にスポット参戦し2位を獲得した。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たベルトラン・ガショー

    1991年8月、ベルトラン・ガショーの刑事事件をきっかけにして、メルセデスが用意した持参金をジョーダンに持ち込み、第11戦ベルギーGPで同チームからF1に初参戦した。F1デビュー戦ながら、難コースのスパ・フランコルシャンで予選7位を獲得。決勝は0周リタイアに終わったものの大型ルーキーとして注目され、FOCA会長バーニー・エクレストンの根回しでベネトンとメルセデスが接触した。ジョーダンは訴訟を起こして抵抗したが、結果的にロベルト・モレノとトレードする形でシューマッハのベネトン加入が決定した。この騒動を受け、FIAは契約承認委員会 (Contracts Recognition Board,CRB) を設立することになる。移籍後最初のイタリアグランプリでチームメイトのネルソン・ピケを上回り5位初ポイントを獲得。続く2戦でも6位に入賞した。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たフォーミュラ・ニッポン

    シューマッハは全日本F3000への参戦理由について「フォーミュラでの経験が欲しかったからなんだ。特に日本を選んだ理由は、予選用タイヤの存在だ。そのフィーリングを自分の身体で覚えておきたかったからなんだ。将来への経験としてね。」と語っている。弟のラルフも1996年に日本でレースを行っていたとき、フォーミュラ・ニッポンでは同じチーム・ルマンに所属していた。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たドイツグランプリ

    序盤は単独クラッシュを喫するなど出遅れたが、第5戦スペインGPの完勝からペースを掴み、17戦中9勝を上げてナイジェル・マンセルが1992年に達成した当時のシーズン最多勝記録に並び、2年連続でドライバーズチャンピオンを獲得した。ドイツGPでは母国初優勝を果たした。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見た国際サッカー連盟

    サッカーの腕前は趣味の粋を超えプロフェッショナル級であり、38歳の頃に自宅付近のスイス3部のチームに所属していたこともある。また、FIFA公認のチャリティーマッチ「ジダンフレンズ vs ロナウドフレンズ」において、ジダンフレンズの一員としてピッチに立ったこともある。ブンデスリーガの1.FCケルンのファンでも知られ、尊敬する人物としてケルンのスター選手であるハラルト・シューマッハーと答えたことがある。(ミハエル自身はハラルトの愛称である“トニ”を用いて尊敬する人物はトニ・シューマッハと答えた)ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たターミネーター (映画)

    その冷徹で正確なドライビングから、日本では「ターミネーター」、日本国外では「サイボーグ」と呼ばれる時期があった。フェラーリ在籍期には、フジテレビのF1中継で「赤い皇帝」の愛称が使われた。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

286件中 91 - 100件表示

「ミハエル・シューマッハー」のニューストピックワード