286件中 21 - 30件表示
  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たジョニー・ハーバート

    チーム内で徹底的なNo.1体制を敷くことでも知られている。スペアカーの使用権、ピット作戦における優先権のほか、チームメイトに優勝を含めレース中に順位を譲らせたことも数度あり、この点で批判を浴びることも少なくない。特に2001年、2002年のオーストリアGPでは、チームメイトのルーベンス・バリチェロに2年続けて露骨に順位を譲らせたことで物議を醸し、FIAがそれまで黙認状態だったチームオーダーを公式に禁止する異例の声明を出すに至っている。No.1待遇について、契約書に明文化されていると言われるがその詳細は不明であり、当時同じフェラーリに在籍していたマッサはその存在を否定している一方で、元チームメイトのジョニー・ハーバートは引退後に待遇差があったことを認める発言をしている。また、エディ・アーバインによると「チームの指示には常に従わなければならないと契約書に書いてあった。新しいシャーシが届けば、最初に使うのはミハエルだったし、ミハエルのためにタイヤの皮むきをするのが俺の役割だった」と述べている。1995年サンマリノGPでは、シューマッハがリタイアした後、チームメイトのハーバートがレース続行中であったにも関わらず、チーム代表のフラビオ・ブリアトーレはサーキットから去った。また、1999年のイギリスGPでは事故を起こした際、命に別状はなかったにも関わらず、チームを指揮する立場のトッドが決勝レースを離れて手術に立ち会った。これらの出来事は、チーム内におけるシューマッハの立場を示している。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たジャン・トッド

    フェラーリに移籍。フェラーリでは、ルカ・コルデーロ・ディ・モンテゼーモロ社長とジャン・トッド監督の下、長く低迷していたチームの再建が始まっていたものの、ウィリアムズ勢に劣勢を強いられていた。しかし大雨のスペインGPでの優勝など、早くも3勝をマークして見せた。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たハインツ=ハラルド・フレンツェン

    1990年、メルセデス・ベンツが立ち上げた若手育成プロジェクトにカール・ヴェンドリンガー、ハインツ=ハラルド・フレンツェンとともに選出された。3名は世界スポーツプロトタイプカー選手権 (WSPC) のザウバー・メルセデスチームに加わり、ベテランのヨッヘン・マスのパートナーとして交代で参戦した。シューマッハは4戦出場してドライバーズ選手権5位、最終戦のメキシコで初優勝した。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たマーティン・ブランドル

    他方、明確に批判と非難の対象となったものもある。F1においては過去に1994年と1997年の2度、ドライバーズチャンピオンがかかった最終戦でタイトルを争うドライバーとの接触を起こしている。1994年のケースについては故意か否か見解が分かれるが、1997年にヴィルヌーヴと接触したケースについては公式に故意とみなされペナルティを受けたばかりでなく、チャンピオンに相応しくない卑劣な行為とみなされ、その後も彼の評価と名声に汚点を残した。引退後には、シューマッハ自身も「F1キャリアにおいて取り消すことができる場面があるとすれば、それはヘレスでしょう」と、ドイツの新聞‘スュドドイチェ・ツァイトゥング(Suddeutsche Zeitung)’のインタビューの中で語っている。これらの出来事に関しては、後にフェルナンド・アロンソが『F1史上最もスポーツ精神に反するドライバー』だと痛烈に酷評しており、デビッド・クルサードなどもこれに同調している。2006年10月、インディペンデント紙のインタビューで、ニキ・ラウダ、スターリング・モス、ジャック・ヴィルヌーヴ、ハンス・シュトゥック、マーティン・ブランドルといった元F1ドライバーと、F1ジャーナリストのデイヴィッド・トレメインの6人がシューマッハについて語っている。『最も偉大なドライバーか?』の問いに、ラウダ以外の5人は「NO」と回答しており、数々の記録を打ち立てた業績とは相反する評価が多い。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たロリー・バーン

    ウィリアムズのジャック・ヴィルヌーヴが、優勝かリタイアという不安定なレースを中盤まで続けていたのに対し、信頼性の高いF310Bで着実にポイントを稼ぎ、第16戦日本GPでシーズン5勝目を上げると、1ポイントリードでランキング首位にたった。ベネトンからロス・ブラウン(テクニカルディレクター)とロリー・バーン(チーフデザイナー)が移籍してきたことで、戦略のレベルアップとマシン開発に拍車がかかったことも、シューマッハの走りをサポートしていた。そしてヘレスで行われた最終戦ヨーロッパGP、予選でシューマッハはヴィルヌーブと同タイムを叩き出したものの、タイムを先に記録したヴィルヌーブがポールポジションとなり予選2位。決勝レース、スタートで首位にたったシューマッハがレースをリードするが、タイヤ交換後にペースの上がらないシューマッハにヴィルヌーブが追いついた48周目、ヘアピンでインをついたヴィルヌーブの左サイドポンツーンに、シューマッハの右フロントタイヤが接触しシューマッハはリタイア。その後3位で入賞したヴィルヌーヴに逆転されてタイトルを逃した。FIAはシーズン終了後の11月11日にシューマッハを召喚。この接触をシューマッハの故意によるものと断定し、ペナルティを科した。このレースとペナルティの詳細は別項(1997年第17戦ヨーロッパGP)に後述。なお、チャンピオン争いをしたヴィルヌーヴとはこの年に一度も同じ表彰台に立つことはなかった。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たニキ・ラウダ

    他方、明確に批判と非難の対象となったものもある。F1においては過去に1994年と1997年の2度、ドライバーズチャンピオンがかかった最終戦でタイトルを争うドライバーとの接触を起こしている。1994年のケースについては故意か否か見解が分かれるが、1997年にヴィルヌーヴと接触したケースについては公式に故意とみなされペナルティを受けたばかりでなく、チャンピオンに相応しくない卑劣な行為とみなされ、その後も彼の評価と名声に汚点を残した。引退後には、シューマッハ自身も「F1キャリアにおいて取り消すことができる場面があるとすれば、それはヘレスでしょう」と、ドイツの新聞‘スュドドイチェ・ツァイトゥング(Suddeutsche Zeitung)’のインタビューの中で語っている。これらの出来事に関しては、後にフェルナンド・アロンソが『F1史上最もスポーツ精神に反するドライバー』だと痛烈に酷評しており、デビッド・クルサードなどもこれに同調している。2006年10月、インディペンデント紙のインタビューで、ニキ・ラウダ、スターリング・モス、ジャック・ヴィルヌーヴ、ハンス・シュトゥック、マーティン・ブランドルといった元F1ドライバーと、F1ジャーナリストのデイヴィッド・トレメインの6人がシューマッハについて語っている。『最も偉大なドライバーか?』の問いに、ラウダ以外の5人は「NO」と回答しており、数々の記録を打ち立てた業績とは相反する評価が多い。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たティアゴ・モンテイロ

    年間決勝完走数:2005年日本GPにてティアゴ・モンテイロが更新。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たビル・クリントン

    ビル・クリントン元合衆国大統領が運営する人道支援基金寄付者リストの上位に、名を連ねている。これまでに寄付した金額は500万-1,000万ドルであると推測されている。寄付金は、エイズ対策や温暖化対策などに利用されている。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たロジャー・フェデラー

    UEFA EURO 2008がスイスで開催された際には(オーストリアとの共催)、ロジャー・フェデラーやペーター・ザウバー、シモーネ・ニグリ=ルーダー、ステファン・シャプイサらとともに親善大使に選ばれた。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たジネディーヌ・ジダン

    サッカーの腕前は趣味の粋を超えプロフェッショナル級であり、38歳の頃に自宅付近のスイス3部のチームに所属していたこともある。また、FIFA公認のチャリティーマッチ「ジダンフレンズ vs ロナウドフレンズ」において、ジダンフレンズの一員としてピッチに立ったこともある。ブンデスリーガの1.FCケルンのファンでも知られ、尊敬する人物としてケルンのスター選手であるハラルト・シューマッハーと答えたことがある。(ミハエル自身はハラルトの愛称である“トニ”を用いて尊敬する人物はトニ・シューマッハと答えた)ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

286件中 21 - 30件表示

「ミハエル・シューマッハー」のニューストピックワード