286件中 31 - 40件表示
  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たタイガー・ウッズ

    同時代のあらゆるアスリートの中でも屈指の高給取りで、最盛期には年間8000万ドルの収入があると言われていた。アメリカの経済誌「フォーブス」が発表するアスリート長者番付では毎年タイガー・ウッズと1位を争った。しかし、多くのF1レーサーの居住地である所得税ゼロのモナコではなく、政府と免税契約をした上で「静かな生活が送れる」スイスに住居を構え、移動に使う自家用ジェット機は弟ラルフ所有機の豪華さに対し、スピードに勝る機能優先の仕様であることでも知られている。生活は至って堅実であるとされ、実際に問題めいた話は一切聞かれない。また、服装にもそれほど頓着せず、イギリスのマスコミなどはしばしばシューマッハのファッションセンスを取り上げて茶化すことがある。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たバーニー・エクレストン

    1991年8月、ベルトラン・ガショーの刑事事件をきっかけにして、メルセデスが用意した持参金をジョーダンに持ち込み、第11戦ベルギーGPで同チームからF1に初参戦した。F1デビュー戦ながら、難コースのスパ・フランコルシャンで予選7位を獲得。決勝は0周リタイアに終わったものの大型ルーキーとして注目され、FOCA会長バーニー・エクレストンの根回しでベネトンとメルセデスが接触した。ジョーダンは訴訟を起こして抵抗したが、結果的にロベルト・モレノとトレードする形でシューマッハのベネトン加入が決定した。この騒動を受け、FIAは契約承認委員会 (Contracts Recognition Board,CRB) を設立することになる。移籍後最初のイタリアグランプリでチームメイトのネルソン・ピケを上回り5位初ポイントを獲得。続く2戦でも6位に入賞した。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たニック・ハイドフェルド

    連続完走:2008年シンガポールGPにてニック・ハイドフェルドが更新。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たルカ・バドエル

    開発能力は、ブリヂストンの浜島裕英によると「(タイヤに関して)他のドライバー(ルーベンス・バリチェロ、ルカ・バドエルら)では決めきれない部分を決めてくれる」一方で「差がないものは差がないと言って、無理にコメントしないところもありがたい。」、「開発の方向性をバシッと出してくれるところがすごい。」等と語っている。浜島曰く、テストドライバーとしてシューマッハに匹敵する能力を持つのは星野一義とデビッド・クルサードくらいであるという。しかし、「セッティングはうまくなかった」とチームメイトであったエディ・アーバインは証言し、「ミハエルはエンジン開発をするのはうまくても、テストはあまりうまくなかった。彼が新しいフロントウィングを試してみて気にいらないと言ったのに、俺が同じウィングを使ったら、コンマ5秒も速くなったんだから」と語っている。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たジャンカルロ・フィジケラ

    次の第16戦中国GPでは雨中のレースを優勝し、ポイントランキングトップのアロンソと同点としたが、第17戦日本GPでは、2回目のピットストップの直後、トップを走りながらエンジントラブルによりリタイアした。最終戦ブラジルGPでは、予選の第2ラウンドではトップタイムを記録したものの、第3ラウンドの開始直後にマシンが故障しタイムを記録することができなかったため、10番グリッドからスタートすることとなった。決勝ではジャンカルロ・フィジケラと接触、左リヤタイヤがパンクし、優勝は絶望的となったが、フィジケラ、ライコネンらとのバトルを制し、ファステストラップも記録した。最終的には4位でゴールし、フェルナンド・アロンソに2年連続のチャンピオン獲得を許すこととなった。同年のフランスGPにおいて68回目のポールポジションを獲得し、決勝では優勝とファステストラップを記録して結果的にハットトリックとなり、雨の中国GPが一時引退前の最後の勝利(91勝目)となった。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見た小林可夢偉

    ただし、この件に関して、小林可夢偉は「ストレートで並んだら、幅寄せされるのが当然」というように、バリチェロの対応に対して他とは違った意見を述べた。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たニコ・ロズベルグ

    開幕戦から第4戦中国GPまで、チームメイトであるニコ・ロズベルグに予選・決勝ともに負けていたが、第5戦スペインGPでシューマッハの要望に応えた改良型のシャシーが投入されると初めて全セッションでチームメイトを上回り、決勝でも今シーズン自己最高となる4位入賞を果たした。しかし、それ以降ロズベルグが改良マシンの特性を掴んでいくとレースでは再びロズベルグの後塵を拝するレースが増えた。第8戦カナダGP以降は、7戦中6戦で予選Q2で脱落しており、速さを取り戻せずに苦戦が続いた。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たマルク・ジェネ

    3度のワールドチャンピオン、ニキ・ラウダはこの行為に対し「あのような方法でライバルを危険にさらす必要性はまったくない。なぜ彼がこういうことをするのか理解できない。」とコメントしている。元チームメイトのアーバインは、「あいつは大馬鹿者。あれは本当に危険で愚かな行為だ。信じられない。何も考えてなかったんだな。相手のドライバーをピットウォールに押し付けてもいいと思った。ただただ傲慢なんだ。罰は下されたが十分だとは思わない。1戦出場停止にするべきだった。僕が見た中でも最悪の部類に入る行為だ。引退すべきだとは思わないが、彼は以前からああいうことを繰り返してきたし、長い間他の人間たちを脅かすようなことをしてきたにも関わらず報いを受けなかった。」と痛烈に批判。ロータスのCEOを勤めるマイク・ガスコインも、「個人的には、1戦の出場停止を与えるべきだと思う」と批判し、元F1ドライバーのデビッド・クルサードは、「大きなアクシデントになっていたかもしれない。あきらめるということを彼は知らないのだろうが、復帰した今こそそれを知るべきなのかもしれない。」とコメントしている。その他にも「彼は7度のワールドチャンピオンであり、自らの行為を正確に知っていた。完全に意図的にやった。衝突してれば致命的だっただろう。」(アレクサンダー・ヴルツ)、「あの動きを見たあとまだ震えが止まらない。あれは不要で非常に危険な行動だった。」(マルク・ジェネ)、「今まで見た中で最も明白な、他のドライバーに対する嫌がらせの一つだ。ワールドチャンピオンを7回獲得した人物にしては酷い手本だ。いじめっこのやり口だ。」(ジャッキー・スチュワート)、など各方面から批判の声が寄せられた。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たルイス・ハミルトン

    マクラーレン勢、特にルイス・ハミルトンとの激戦となったレース。1周目に発生した多重クラッシュによりセーフティカーが導入されたこともありレース再開時に4番手につけると、再開直後にハミルトンをかわし3番手に浮上。ここから20周近くに渡り、互いに何度もポジションを入れ替えあう激しいバトルを展開することとなった(シューマッハ自身も「ルイスとの距離が近くて、僕のミラーが小さく見えるくらいだったよ」とコメントしたほど)。最終的には5位フィニッシュとなったものの、往年の力強さを感じさせるパフォーマンスを見せた。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たジェンソン・バトン

    第16戦日本GPでは、決勝で非凡な走りを見せ徐々にではあるが復活の兆しを見せた。さらに第17戦韓国GPではウェット状態でセーフティカー先導でスタートし、4周目で赤旗中断となる荒れたレースであったがその間にチームが機転を利かせてマシンセットアップを雨用に変更し、レース再開直後、晴れ用セットの状態であったマクラーレンを操るジェンソン・バトンをオーバーテイクし4位でフィニッシュした。しかし最終戦アブダビGPではレーススタート直後にスピンを喫し、後続のリウッツィが避けきれずに接触、1周も走ることができずにリタイアという不本意な結果で最終戦を終えた。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

286件中 31 - 40件表示

「ミハエル・シューマッハー」のニューストピックワード