286件中 41 - 50件表示
  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たフォーミュラ1

    ミハエル・シューマッハ(', 1969年1月3日 - )は、ドイツのF1ドライバーである。愛称はシューミー () 、マイケル' (Michael) 。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たモナコグランプリ

    過熱するハイテク競争の中でB193Bの信頼性不足により、表彰台かリタイヤという極端な成績に終わる。マクラーレンがフォードエンジンにスイッチしたため、セナとの対決はフォードワークスの主導権争いという側面もあった。開幕戦南アフリカGPではセナを追撃中に単独スピン。モナコGPではトップ独走中にマシンが炎上してリタイア(セナが優勝)。中々勝利に手が届かなかったが、第14戦ポルトガルGPでは予選6位からピット戦略でトップに立ち、アラン・プロストの追撃をしのいで2勝目を獲得した。ランキングは前年より1つ下げて4位。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たメルセデス・ベンツ

    1990年、メルセデス・ベンツが立ち上げた若手育成プロジェクトにカール・ヴェンドリンガー、ハインツ=ハラルド・フレンツェンとともに選出された。3名は世界スポーツプロトタイプカー選手権 (WSPC) のザウバー・メルセデスチームに加わり、ベテランのヨッヘン・マスのパートナーとして交代で参戦した。シューマッハは4戦出場してドライバーズ選手権5位、最終戦のメキシコで初優勝した。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たミシュラン

    新レギュレーションに対応したマシンとタイヤがうまく機能せず、前年とは一転して苦戦した。ミシュラン勢14台が安全上の問題からフォーメーションラップ終了後にボイコットし、わずか6台のみで争われた第9戦アメリカGPで、ようやく勝利をあげることができた。しかし、その後も苦戦が続き、結果的にはその1勝のみに終わり、21世紀になってから初めてチャンピオンの座を、フェルナンド・アロンソに明け渡した。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見た英国放送協会

    以前より、BBCの人気自動車番組『トップ・ギア』に登場する覆面ドライバー、ザ・スティグ(2代目)の正体ではないかと噂されていた。2009年6月に第13シリーズのエピソード1にはその噂に答える形で同番組にシューマッハがスティグの格好で登場し話題を呼んだが、司会のジェレミー・クラークソンも「私はスティグがシューマッハではないと思う」と発言し、エンディングのスタッフロールでも他のゲスト同様「スペシャルゲスト」としてスティグとは別にクレジットされた。。なお、同エピソードにはスティグに代わり、フェラーリ・FXXのパワーラップにドライバーを務めており、パワーラップ最速記録1:10.7を出した(ただし、FXXはイギリスの公道を合法的に走行できない(スリックタイヤを使用)により、次エピソードにはこの記録が除外する)。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たフォード・モーター

    過熱するハイテク競争の中でB193Bの信頼性不足により、表彰台かリタイヤという極端な成績に終わる。マクラーレンがフォードエンジンにスイッチしたため、セナとの対決はフォードワークスの主導権争いという側面もあった。開幕戦南アフリカGPではセナを追撃中に単独スピン。モナコGPではトップ独走中にマシンが炎上してリタイア(セナが優勝)。中々勝利に手が届かなかったが、第14戦ポルトガルGPでは予選6位からピット戦略でトップに立ち、アラン・プロストの追撃をしのいで2勝目を獲得した。ランキングは前年より1つ下げて4位。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見た富士スピードウェイ

    ドイツF3では1989年に2勝を挙げ、チャンピオンのカール・ヴェンドリンガーに1ポイント差のシリーズ3位。1990年には5勝してチャンピオンとなった。同年のマカオGPでは本命と見られていたイギリスF3王者ミカ・ハッキネンを下して優勝した。その1週間後、日本の富士スピードウェイで初開催されたインターF3リーグにも参戦し、F3の国際レースで2週連続優勝した。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見た浜島裕英

    開発能力は、ブリヂストンの浜島裕英によると「(タイヤに関して)他のドライバー(ルーベンス・バリチェロ、ルカ・バドエルら)では決めきれない部分を決めてくれる」一方で「差がないものは差がないと言って、無理にコメントしないところもありがたい。」、「開発の方向性をバシッと出してくれるところがすごい。」等と語っている。浜島曰く、テストドライバーとしてシューマッハに匹敵する能力を持つのは星野一義とデビッド・クルサードくらいであるという。しかし、「セッティングはうまくなかった」とチームメイトであったエディ・アーバインは証言し、「ミハエルはエンジン開発をするのはうまくても、テストはあまりうまくなかった。彼が新しいフロントウィングを試してみて気にいらないと言ったのに、俺が同じウィングを使ったら、コンマ5秒も速くなったんだから」と語っている。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たナイジェル・マンセル

    序盤は単独クラッシュを喫するなど出遅れたが、第5戦スペインGPの完勝からペースを掴み、17戦中9勝を上げてナイジェル・マンセルが1992年に達成した当時のシーズン最多勝記録に並び、2年連続でドライバーズチャンピオンを獲得した。ドイツGPでは母国初優勝を果たした。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たカール・ヴェンドリンガー

    ドイツF3では1989年に2勝を挙げ、チャンピオンのカール・ヴェンドリンガーに1ポイント差のシリーズ3位。1990年には5勝してチャンピオンとなった。同年のマカオGPでは本命と見られていたイギリスF3王者ミカ・ハッキネンを下して優勝した。その1週間後、日本の富士スピードウェイで初開催されたインターF3リーグにも参戦し、F3の国際レースで2週連続優勝した。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

286件中 41 - 50件表示

「ミハエル・シューマッハー」のニューストピックワード