321件中 51 - 60件表示
  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たナイジェル・マンセル

    序盤は単独クラッシュを喫するなど出遅れたが、第5戦スペインGPの完勝からペースを掴み、第9戦ドイツGPでは母国初優勝を達成。第15戦パシフィックGPにて2年連続ドライバーズチャンピオンを決めた。シーズン17戦中9勝を挙げ、ナイジェル・マンセルが1992年に達成した当時のシーズン最多勝記録に並んだ。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たニキ・ラウダ

    2006年10月、インディペンデント紙のインタビューで、元F1ドライバーのニキ・ラウダ、スターリング・モス、ジャック・ヴィルヌーヴ、ハンス・シュトゥック、マーティン・ブランドルおよびF1ジャーナリストのデイヴィッド・トレメインの6人がシューマッハについて語っている。『英雄か、それとも悪人か?』という問いには、ラウダが「英雄」、シュトゥックも「もちろん、疑いなく英雄だ」と答えているのに対し、ヴィルヌーヴはシューマッハの本性が見えていないのが問題だ(すなわちこの問いには答えるまでもない)として彼の走法や人間性を酷評。そのほか、モスは「両方」、ブランドルは「英雄だが悪人の部分を持つ」、トレメインは「アンチヒーローと呼ぶのがいちばんいいだろう」と回答している。また『最も偉大なドライバーか?』との問いに対しては、ラウダは「YES」、モス、シュトゥックは他者との比較において「NO」、トレメインはライバルの少なさを理由に「NO」、ヴィルヌーヴ、ブランドルははっきり「NO」と回答している。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たネルソン・ピケ

    当初はスポット参戦後も全日本F3000への継続参戦を予定していたが、1991年8月、ベルトラン・ガショーの刑事事件をきっかけにして、メルセデスが用意した持参金をジョーダンに持ち込み、第11戦ベルギーGPでガショーの代役として同チームからF1に初参戦した。F1デビュー戦ながら、難コースのスパ・フランコルシャンで予選7位を獲得。決勝は0周リタイアに終わったものの大型ルーキーとして注目され、FOCA会長バーニー・エクレストンの根回しでベネトンとメルセデスが接触した。ジョーダンは訴訟を起こして抵抗したが、結果的にロベルト・モレノとトレードする形でシューマッハのベネトン加入が決定した。この騒動を受け、FIAは契約承認委員会 (Contracts Recognition Board,CRB) を設立することになる。移籍後最初のイタリアグランプリでチームメイトのネルソン・ピケを上回り5位初ポイントを獲得。続く2戦でも6位に入賞した。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たカール・ヴェンドリンガー

    ドイツF3では1989年に2勝を挙げ、チャンピオンのカール・ヴェンドリンガーに1ポイント差のシリーズ3位。1990年には5勝してチャンピオンとなった。同年のマカオGPでは本命と見られていたイギリスF3王者ミカ・ハッキネンを下して優勝した。その1週間後、日本の富士スピードウェイで初開催されたインターF3リーグにも参戦し、F3の国際レースで2週連続優勝した。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たイギリスグランプリ

    チーム内で徹底的なNo.1体制を敷くことでも知られている。スペアカーの使用権、ピット作戦における優先権のほか、チームメイトに優勝を含めレース中に順位を譲らせたことも数度あり、この点で批判を浴びることも少なくない。特に2001年、2002年のオーストリアGPでは、チームメイトのルーベンス・バリチェロに2年続けて露骨に順位を譲らせたことで物議を醸し、FIAがそれまで黙認状態だったチームオーダーを公式に禁止する異例の声明を出すに至っている。No.1待遇について、契約書に明文化されていると言われるがその詳細は不明であり、2006年にチームメイトとして組んだフェリペ・マッサはその存在を否定している一方で、1995年にベネトンでチームメイトだったジョニー・ハーバートは自身の引退後に待遇差があったことを認める発言をしている(シューマッハはハーバートの全ての走行データを自由に見られるが、ハーバートはシューマッハのデータを見ることはできなかった)。エディ・アーバインによると「チームの指示には常に従わなければならないと契約書に書いてあった。新しいシャーシが届けば、最初に使うのはミハエルだったし、ミハエルのためにタイヤの皮むきをするのが俺の役割だった」と述べている。1995年サンマリノGPでは、シューマッハがリタイアした後、チームメイトのハーバートがレース続行中であったにも関わらず、チーム代表のフラビオ・ブリアトーレはサーキットから去った。1999年のイギリスGPでは事故を起こした際、命に別状はなかったにも関わらず、チームを指揮する立場のトッドが決勝レースを離れて手術に立ち会った。これらの出来事は、チーム内におけるシューマッハの立場を示している。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たタイヤ

    当時の国際F3000以下の下級フォーミュラがバイアスタイヤを使用していたのに対し、全日本F3000はF1と同じラジアルタイヤを使っており、来日した外国人ドライバーは今までの経験と異なる感覚に、タイヤの使い方の習得に苦労を強いられていた。後にF1でともに仕事をすることになるブリヂストンの浜島裕英は、タイヤの特性を詳細に質問する彼の姿勢と、それを元に実際に短時間の練習走行でタイヤを使いこなしてしまったその才能に強い印象を受けたという。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たベルギーグランプリ

    F1へのフル参戦初年度となった1992年は、ピケに代わるベネトンのエースとして期待され、第2戦メキシコGPで3位初表彰台を獲得。ドライからウェットへ移行する難しいコンディションとなった第12戦ベルギーGPで、この年のチャンピオンチームとなるウィリアムズ勢を見事な戦略で破り、デビュー18戦目でF1初勝利を達成した(これはマニュアル・シフト車の最後の勝利でもある)。シーズンを通じてコンスタントに上位を走行し、前年のチャンピオン、アイルトン・セナを上回るランキング3位を獲得した。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たチームオーダー

    チーム内で徹底的なNo.1体制を敷くことでも知られている。スペアカーの使用権、ピット作戦における優先権のほか、チームメイトに優勝を含めレース中に順位を譲らせたことも数度あり、この点で批判を浴びることも少なくない。特に2001年、2002年のオーストリアGPでは、チームメイトのルーベンス・バリチェロに2年続けて露骨に順位を譲らせたことで物議を醸し、FIAがそれまで黙認状態だったチームオーダーを公式に禁止する異例の声明を出すに至っている。No.1待遇について、契約書に明文化されていると言われるがその詳細は不明であり、2006年にチームメイトとして組んだフェリペ・マッサはその存在を否定している一方で、1995年にベネトンでチームメイトだったジョニー・ハーバートは自身の引退後に待遇差があったことを認める発言をしている(シューマッハはハーバートの全ての走行データを自由に見られるが、ハーバートはシューマッハのデータを見ることはできなかった)。エディ・アーバインによると「チームの指示には常に従わなければならないと契約書に書いてあった。新しいシャーシが届けば、最初に使うのはミハエルだったし、ミハエルのためにタイヤの皮むきをするのが俺の役割だった」と述べている。1995年サンマリノGPでは、シューマッハがリタイアした後、チームメイトのハーバートがレース続行中であったにも関わらず、チーム代表のフラビオ・ブリアトーレはサーキットから去った。1999年のイギリスGPでは事故を起こした際、命に別状はなかったにも関わらず、チームを指揮する立場のトッドが決勝レースを離れて手術に立ち会った。これらの出来事は、チーム内におけるシューマッハの立場を示している。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見た2009年

    その後、2009年用のスリックタイヤテストの際に、テストドライバーとして度々F2008を走らせている。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見た後藤久美子

    ジャン・アレジ、後藤久美子夫妻とは家族ぐるみで仲が良く、互いの家族と一緒にパリのデパートでショッピングをしているところをパパラッチされている。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

321件中 51 - 60件表示

「ミハエル・シューマッハー」のニューストピックワード