286件中 61 - 70件表示
  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たエディー・アーバイン

    このレースでシューマッハから0秒4差の3位に入った中谷明彦は「後ろから見ていて、シューマッハは大した奴だと思った。ミスをしないんだよ。とてもF3000が初めてだとは思えないね」と語り、当時エディー・アーバインを擁して全日本F3000を戦っていたセルモの佐藤正幸は「優れたドライバーというのは、あらゆる点で優れてる」とシューマッハの印象を語った。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見た中谷明彦

    このレースでシューマッハから0秒4差の3位に入った中谷明彦は「後ろから見ていて、シューマッハは大した奴だと思った。ミスをしないんだよ。とてもF3000が初めてだとは思えないね」と語り、当時エディー・アーバインを擁して全日本F3000を戦っていたセルモの佐藤正幸は「優れたドライバーというのは、あらゆる点で優れてる」とシューマッハの印象を語った。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たロベルト・モレノ

    1991年8月、ベルトラン・ガショーの刑事事件をきっかけにして、メルセデスが用意した持参金をジョーダンに持ち込み、第11戦ベルギーGPで同チームからF1に初参戦した。F1デビュー戦ながら、難コースのスパ・フランコルシャンで予選7位を獲得。決勝は0周リタイアに終わったものの大型ルーキーとして注目され、FOCA会長バーニー・エクレストンの根回しでベネトンとメルセデスが接触した。ジョーダンは訴訟を起こして抵抗したが、結果的にロベルト・モレノとトレードする形でシューマッハのベネトン加入が決定した。この騒動を受け、FIAは契約承認委員会 (Contracts Recognition Board,CRB) を設立することになる。移籍後最初のイタリアグランプリでチームメイトのネルソン・ピケを上回り5位初ポイントを獲得。続く2戦でも6位に入賞した。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たペドロ・ディニス

    カナダGPやハンガリーGPで作戦を遂行するために果敢な走りを見せた反面、モナコGPではアレクサンダー・ヴルツ(ベネトン)とペドロ・ディニス(アロウズ)への接触とヌーベルシケインでスピン、オーストリアGPではハッキネンと首位争いしていた17周目のヨッヘン・リントコーナーを曲がりきれずにコースアウトと、ミスが目立ったシーズンでもあった。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たハインツ・ハラルド・フレンツェン

    ヒルに対しては一片の敬意も抱いていなかったミハエルではあるが、常に限界でマシンをドライブするジャック・ヴィルヌーヴのことは高く評価すると同時に、自分と共通する精神を感じ取っていた。1996年の第15戦ポルトガルGPで、ミハエルを最終コーナーのアウトからオーバーテイクしたときには「ジャックがすぐ後ろに付いていることは知っていたが、仕掛けてくるとすればホームストレートだろうと思っていた。あんなところで仕掛けるドライバーがいること自体、驚きだったが、それが成功するなんて全く予想外だったよ。でも、あの行為は僕たちの間に互いを尊敬し合う気持ちがあったからこそ、惨事にならなかったのであって、幸運の結果に過ぎないことを忘れてもらっては困る。はっきり言って、危険極まるシチュエーションだったのだから」と語る。ミハエルの勝利への意志やステアリングを握ったときの完璧な献身などに、匹敵するメンタリティを持ったドライバーの一人がヴィルヌーヴであり、決して侮ることができないライバルであることはミハエルも認め、「2000年のライバルは?」という質問に対し、「ミカ・ハッキネン、ハインツ・ハラルド・フレンツェン、ヴィルヌーヴ」の三人を挙げている。また、「ヴィルヌーブはいつも僕を攻撃するけど、僕はお返しをしようとは思わないよ。だから僕らが友達になることはあり得ない。全く別の人種なんだから。だけど、ドライバーとしての彼は素晴らしく速い。予選でもレースでもね」とも語っている。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たエディ・ジョーダン

    シューマッハがF1にデビューした当初のチーム代表エディ・ジョーダンは、再三に渡ってシューマッハは解雇されるべきだと主張してきたが、第15戦シンガポールGP後には成績内容があまりにも悪いため、チーム代表のロス・ブラウンからも「ミハエルでなければ解雇する。」と言われた。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たデレック・ワーウィック

    このレースでスチュワード補佐を勤めた元F1ドライバーのデレック・ワーウィックによると、レース中にシューマッハに黒旗を提示して失格にしたかったが、時間がなく間に合わなかったという。次戦での10グリッドペナルティについては妥当だとしながらも、2戦にわたって出場停止にすることも考えたという。また、レース後の事情聴取の際のシューマッハの対応も、非常に残念なもので落胆したとコメントしている。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たウィリー・ウェーバー

    中学卒業後は自動車販売店に入社し、整備工の資格を取得する。1988年、ジュニアフォーミュラにステップアップし、フォーミュラ・ケーニッヒとフォーミュラ・フォードに参戦。ドイツF3選手権に参戦するWTSレーシングのオーナー、ウィリー・ウェーバーに見初められ、マネージメント契約を結ぶ。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たウォルフガング・フォン・トリップス

    1969年1月3日、ドイツノルトライン・ヴェストファーレン州ケルン近郊のフルト・ヘルムールハイム (Hürth-Hermülheim)で生まれる。4歳の時、煉瓦職人の父から贈られた“原動機付きペダルカー”が車との出会いである。夢中で路上を走らせていたミハエルが電柱に衝突したため、心配した父が近所のカート場に連れて行き“本格的なレーシングカート”と遭遇した。このカート場は1961年に事故死したF1ドライバー、ウォルフガング・フォン・トリップスの家族が所有しており、父はそこの管理を兼業するようになった。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たジェレミー・クラークソン

    以前より、BBCの人気自動車番組『トップ・ギア』に登場する覆面ドライバー、ザ・スティグ(2代目)の正体ではないかと噂されていた。2009年6月に第13シリーズのエピソード1にはその噂に答える形で同番組にシューマッハがスティグの格好で登場し話題を呼んだが、司会のジェレミー・クラークソンも「私はスティグがシューマッハではないと思う」と発言し、エンディングのスタッフロールでも他のゲスト同様「スペシャルゲスト」としてスティグとは別にクレジットされた。。なお、同エピソードにはスティグに代わり、フェラーリ・FXXのパワーラップにドライバーを務めており、パワーラップ最速記録1:10.7を出した(ただし、FXXはイギリスの公道を合法的に走行できない(スリックタイヤを使用)により、次エピソードにはこの記録が除外する)。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

286件中 61 - 70件表示

「ミハエル・シューマッハー」のニューストピックワード