321件中 71 - 80件表示
  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たジョディー・シェクター

    しかし、第9戦以降3連続リタイアを喫し、ハッキネンとの熾烈な戦いにもつれ込む。第13戦ベルギーGPではハッキネンに「世紀のオーバーテイク」を決められて敗れたが、続くイタリアGPから連勝し、第16戦日本GPでのマッチレースを制して自身3度目、フェラーリ在籍ドライバーではのジョディー・シェクター以来となるドライバーズタイトルを獲得した。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たペドロ・ディニス

    カナダGPやハンガリーGPで作戦を遂行するために果敢な走りを見せた反面、モナコGPではアレクサンダー・ヴルツ(ベネトン)とペドロ・ディニス(アロウズ)への接触とヌーベルシケインでスピン、オーストリアGPではハッキネンと首位争いしていた17周目のヨッヘン・リントコーナーを曲がりきれずにコースアウトと、ミスが目立ったシーズンでもあった。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たハインツ・ハラルド・フレンツェン

    ヒルに対しては一片の敬意も抱いていなかったミハエルではあるが、常に限界でマシンをドライブするジャック・ヴィルヌーヴのことは高く評価すると同時に、自分と共通する精神を感じ取っていた。1996年の第15戦ポルトガルGPで、ミハエルを最終コーナーのアウトからオーバーテイクしたときには「ジャックがすぐ後ろに付いていることは知っていたが、仕掛けてくるとすればホームストレートだろうと思っていた。あんなところで仕掛けるドライバーがいること自体、驚きだったが、それが成功するなんて全く予想外だったよ。でも、あの行為は僕たちの間に互いを尊敬し合う気持ちがあったからこそ、惨事にならなかったのであって、幸運の結果に過ぎないことを忘れてもらっては困る。はっきり言って、危険極まるシチュエーションだったのだから」と語る。ミハエルの勝利への意志やステアリングを握ったときの完璧な献身などに、匹敵するメンタリティを持ったドライバーの一人がヴィルヌーヴであり、決して侮ることができないライバルであることはミハエルも認め、「2000年のライバルは?」という質問に対し、「ミカ・ハッキネン、ハインツ・ハラルド・フレンツェン、ヴィルヌーヴ」の三人を挙げている。また、「ヴィルヌーブはいつも僕を攻撃するけど、僕はお返しをしようとは思わないよ。だから僕らが友達になることはあり得ない。全く別の人種なんだから。だけど、ドライバーとしての彼は素晴らしく速い。予選でもレースでもね」とも語っている。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たエディ・ジョーダン

    シューマッハがF1にデビューした当初のチーム代表エディ・ジョーダンは、再三に渡ってシューマッハは解雇されるべきだと主張してきたが、第15戦シンガポールGP後には成績内容があまりにも悪いため、チーム代表のロス・ブラウンからも「ミハエルでなければ解雇する」と言われた。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たデレック・ワーウィック

    このレースでスチュワード補佐を務めた元F1ドライバーのデレック・ワーウィックによると、レース中にシューマッハに黒旗を提示して失格にしたかったが、時間がなく間に合わなかったという。次戦での10グリッドペナルティについては妥当だとしながらも、2戦にわたって出場停止にすることも考えたという。また、レース後の事情聴取の際のシューマッハの対応も、非常に残念なもので落胆したとコメントしている。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たステファン・シャプイサ

    UEFA EURO 2008がスイスで開催された際には(オーストリアとの共催)、ロジャー・フェデラーやペーター・ザウバー、シモーネ・ニグリ=ルーダー、ステファン・シャプイサらとともに親善大使に選ばれた。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たファン・パブロ・モントーヤ

    シーズン開幕当初に躓いたことにより出遅れ、マクラーレンのキミ・ライコネンやウィリアムズのファン・パブロ・モントーヤらとシーズン終盤までタイトル争いを繰り広げた。第4戦サンマリノGPの決勝日に母を亡くした。このレースでポール・トゥ・ウィンを果たしたが、記者会見ではミハエル・シューマッハの代理でインタビューに応じたジャン・トッドはミハエルのことを「ドライバーとしてじゃなく、1人の男としてすごいことを成し遂げてくれたと思う」と答えた。最終戦鈴鹿で、ライコネンを2ポイント差で下し4年連続6度目のチャンピオンを獲得した。また、ヨーロッパグランプリで、F1史上初の通算1,000ポイントを獲得した。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たジャッキー・スチュワート

    3度のワールドチャンピオン、ニキ・ラウダはこの行為に対し「あのような方法でライバルを危険にさらす必要性はまったくない。なぜ彼がこういうことをするのか理解できない」とコメントした。その他にも元チームメイトのアーバインや、ロータスのマイク・ガスコイン、デビッド・クルサード、アレクサンダー・ヴルツ、マルク・ジェネ、ジャッキー・スチュワート、ジョン・ワトソンなど各方面から批判の声が寄せられた。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たウィリー・ウェーバー

    中学卒業後は自動車販売店に入社し、整備士の資格を取得する。1988年、ジュニアフォーミュラにステップアップし、フォーミュラ・ケーニッヒとフォーミュラ・フォードに参戦。ドイツF3選手権に参戦するWTSレーシングのオーナー、ウィリー・ウェーバーに見初められ、マネージメント契約を結ぶ。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たヨッヘン・リント

    カナダGPやハンガリーGPで作戦を遂行するために果敢な走りを見せた反面、モナコGPではアレクサンダー・ヴルツ(ベネトン)とペドロ・ディニス(アロウズ)への接触とヌーベルシケインでスピン、オーストリアGPではハッキネンと首位争いしていた17周目のヨッヘン・リントコーナーを曲がりきれずにコースアウトと、ミスが目立ったシーズンでもあった。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

321件中 71 - 80件表示

「ミハエル・シューマッハー」のニューストピックワード