286件中 81 - 90件表示
  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見た川井一仁

    シューマッハとロス・ブラウンのコンビネーションを象徴するレースであった。レース中、フェラーリがマクラーレンに対して、決勝のレースペースで優位に立ったことを見てとったブラウンの発案により、本来2回が定石のピットストップ戦略を突如3回に切り替えられた。シューマッハはこの指示に応え、軽い車で毎周自己ベスト付近のタイムペースを維持し、先行するマクラーレンのハッキネンとクルサードを逆転することに成功した。なお、川井一仁はフジテレビCS721の「1998年F1グランプリを斬る」という番組で、「決勝でブリヂストンタイヤを履くチームが、一律にタイムを落としたことと、また、ハッキネンはメカニカルトラブルに巻き込まれ、クルサードは必要以上に燃料を積んで走行したことにより、共に失速したことが3ストップ作戦を成功させた要因に加えられる」と分析している。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たハラルト・シューマッハー

    サッカーの腕前は趣味の粋を超えプロフェッショナル級であり、38歳の頃に自宅付近のスイス3部のチームに所属していたこともある。また、FIFA公認のチャリティーマッチ「ジダンフレンズ vs ロナウドフレンズ」において、ジダンフレンズの一員としてピッチに立ったこともある。ブンデスリーガの1.FCケルンのファンでも知られ、尊敬する人物としてケルンのスター選手であるハラルト・シューマッハーと答えたことがある。(ミハエル自身はハラルトの愛称である“トニ”を用いて尊敬する人物はトニ・シューマッハと答えた)ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たダニ・ペドロサ

    2007年にはバレンシアサーキットで、ロードレース世界選手権(MotoGP)用のマシンであるドゥカティ・デスモセディチをテストし、同年にダニ・ペドロサが記録したポールポジションタイムの5秒落ちの好タイムを刻んだ。2008年にはドゥカティのテストライダーが負傷したため、急遽代わりに走りレギュラーライダーの0.8秒落ちのタイムを記録した。引退後は2輪レースへ散発的に参戦もしているが、本格的に転向する意志はないとしている。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たリッチー・ギンサー

    年間全レース完走(史上6人目) 2002年に記録。1964年のリッチー・ギンサー以来38年ぶりの達成者となった。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たジョディー・シェクター

    1999年のシーズン途中でF399の風洞開発を止め、マシンの熟成をそれ以上行なわないで、代わりにF1-2000の開発を進めていったことが功を奏し、ミカ・ハッキネンとの激しい戦いを制して、ついに自身3度目、フェラーリ在籍ドライバーでは1979年のジョディー・シェクター以来となるドライバーズタイトルを獲得した。また、イタリアGPでセナの持つ勝利数(41勝)と並んだ。このレースから翌年のマレーシアGPまで6戦連続のポール・トゥ・ウィンを記録している。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たステファン・シャプイサ

    UEFA EURO 2008がスイスで開催された際には(オーストリアとの共催)、ロジャー・フェデラーやペーター・ザウバー、シモーネ・ニグリ=ルーダー、ステファン・シャプイサらとともに親善大使に選ばれた。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たファン・パブロ・モントーヤ

    シーズン開幕当初に躓いたことにより出遅れ、マクラーレンのキミ・ライコネンやウィリアムズのファン・パブロ・モントーヤらとシーズン終盤までタイトル争いを繰り広げた。第4戦サンマリノGPの決勝日に母を亡くした。このレースでポール・トゥ・ウィンを果たしたが、記者会見ではミハエル・シューマッハの代理でインタビューに応じたジャン・トッドはミハエルのことを「ドライバーとしてじゃなく、1人の男としてすごいことを成し遂げてくれたと思う」と答えた。最終戦鈴鹿で、ライコネンを2ポイント差で下し4年連続6度目のチャンピオンを獲得した。また、ヨーロッパグランプリで、F1史上初の通算1,000ポイントを獲得した。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たジャッキー・スチュワート

    3度のワールドチャンピオン、ニキ・ラウダはこの行為に対し「あのような方法でライバルを危険にさらす必要性はまったくない。なぜ彼がこういうことをするのか理解できない。」とコメントしている。元チームメイトのアーバインは、「あいつは大馬鹿者。あれは本当に危険で愚かな行為だ。信じられない。何も考えてなかったんだな。相手のドライバーをピットウォールに押し付けてもいいと思った。ただただ傲慢なんだ。罰は下されたが十分だとは思わない。1戦出場停止にするべきだった。僕が見た中でも最悪の部類に入る行為だ。引退すべきだとは思わないが、彼は以前からああいうことを繰り返してきたし、長い間他の人間たちを脅かすようなことをしてきたにも関わらず報いを受けなかった。」と痛烈に批判。ロータスのCEOを勤めるマイク・ガスコインも、「個人的には、1戦の出場停止を与えるべきだと思う」と批判し、元F1ドライバーのデビッド・クルサードは、「大きなアクシデントになっていたかもしれない。あきらめるということを彼は知らないのだろうが、復帰した今こそそれを知るべきなのかもしれない。」とコメントしている。その他にも「彼は7度のワールドチャンピオンであり、自らの行為を正確に知っていた。完全に意図的にやった。衝突してれば致命的だっただろう。」(アレクサンダー・ヴルツ)、「あの動きを見たあとまだ震えが止まらない。あれは不要で非常に危険な行動だった。」(マルク・ジェネ)、「今まで見た中で最も明白な、他のドライバーに対する嫌がらせの一つだ。ワールドチャンピオンを7回獲得した人物にしては酷い手本だ。いじめっこのやり口だ。」(ジャッキー・スチュワート)、など各方面から批判の声が寄せられた。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たヨッヘン・リント

    カナダGPやハンガリーGPで作戦を遂行するために果敢な走りを見せた反面、モナコGPではアレクサンダー・ヴルツ(ベネトン)とペドロ・ディニス(アロウズ)への接触とヌーベルシケインでスピン、オーストリアGPではハッキネンと首位争いしていた17周目のヨッヘン・リントコーナーを曲がりきれずにコースアウトと、ミスが目立ったシーズンでもあった。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たアルベルト・アスカリ

    年間ハットトリック獲得5回(歴代1位タイ) 2004年に記録。1952年のアルベルト・アスカリの記録に並ぶ。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

286件中 81 - 90件表示

「ミハエル・シューマッハー」のニューストピックワード