前へ 1 2 3 4 5
41件中 1 - 10件表示
  • ルーカス・ポドルスキ

    ルーカス・ポドルスキから見たミヒャエル・バラックミヒャエル・バラック

    グループリーグでは4-4-2フォーメーションの2トップの一角をゴメスに譲り左サイドハーフとして先発し、初戦のポーランド代表戦では、20分にゴメスからのパスに反応したクローゼがゴール前へ折り返したボールを冷静に流し込み先制すると、72分にはクローゼのキックミスしたボールに反応して強烈なボレーシュートを決め2-0の勝利に貢献した。ドイツ代表は欧州選手権では1996年の優勝以来不振が続いていたが、ポーランド戦の勝利は1996年大会決勝のチェコ代表戦以来のことで、1試合2得点も同決勝でのオリバー・ビアホフ以来のこととなった。第2戦のクロアチア代表戦は1-2と敗れたものの、79分に相手DFがクリアしたボールを第1戦と同様にボレーシュートで決めた。決勝トーナメントでは4-2-3-1フォーメーションに変更されたがポドルスキはグループリーグと同様に左サイドハーフを担当。準々決勝のポルトガル代表戦では22分にミヒャエル・バラックのスルーパスに抜け出し左サイドを突破すると、ゴール前に高速クロスを供給しシュヴァインシュタイガーの先制点をアシスト。準決勝のトルコ代表戦では26分に左サイドの突破からシュヴァインシュタイガーの同点ゴールをアシストした。決勝ではスペイン代表に敗れ優勝を逃したものの、得点ランキングではロシアのロマン・パヴリュチェンコと並んで2位となり大会終了後にはシルバーシューを受賞、欧州サッカー連盟 (UEFA) 技術委員による大会優秀選手に選ばれた。ルーカス・ポドルスキ フレッシュアイペディアより)

  • ロス・バークリー

    ロス・バークリーから見たミヒャエル・バラックミヒャエル・バラック

    2013年にA代表デビューを飾り、2014 FIFAワールドカップのメンバーに選出された。監督やチームメイトはバークリーについて、ミヒャエル・バラックやポール・ガスコイン、ウェイン・ルーニーになぞらえている。ロス・バークリー フレッシュアイペディアより)

  • バスティアン・シュヴァインシュタイガー

    バスティアン・シュヴァインシュタイガーから見たミヒャエル・バラックミヒャエル・バラック

    UEFA U-21欧州選手権2004はグループリーグ敗退となったが、シュヴァインシュタイガーはEURO 2004のメンバーにも選ばれた。ドイツはグループリーグで敗退となったが、シュヴァインシュタイガーのプレイは賞賛を集め、3戦目のチェコ代表戦ではミヒャエル・バラックのゴールをアシストした。バスティアン・シュヴァインシュタイガー フレッシュアイペディアより)

  • サッカードイツ代表

    サッカードイツ代表から見たミヒャエル・バラックミヒャエル・バラック

    しかし、本大会に入るとこれまでの不振を払拭するように快進撃を見せる。初戦のサウジアラビア戦を8-0で圧勝すると、アイルランドには終了間際に引き分けに追いつかれたが、第3戦のカメルーン戦では退場者を出しながらも2-0と勝利し、グループリーグを首位で通過。そして、当初決勝トーナメントでの激突が予想されたポルトガル、イタリア、スペインといった強豪国が先に敗退し、対戦相手に恵まれた決勝トーナメントでは、パラグアイ、アメリカ、韓国をそれぞれ1-0で手堅く降し、決勝戦まで勝ち上がった。しかし、大会を通じて初の強豪国との対戦となった決勝のブラジル戦では、攻撃の柱のミヒャエル・バラックが累積警告で出場停止になったこともあり、ブラジルの分厚い攻撃力を前に0-2と完敗した。なお、この大会ではミロスラフ・クローゼ、トルステン・フリンクス、クリストフ・メツェルダーなど、次代を担う若手選手が台頭している。サッカードイツ代表 フレッシュアイペディアより)

  • チェルシーFC

    チェルシーFCから見たミヒャエル・バラックミヒャエル・バラック

    2006年夏の移籍市場ではミヒャエル・バラック、アンドリー・シェフチェンコ、アシュリー・コールら大物選手を獲得した一方でダミアン・ダフ、エイドゥル・グジョンセン、ウィリアム・ギャラスといったそれまでの主力選手を放出してチーム編成を一新した。2006-07シーズンはカーリングカップとFAカップの2冠を達成し、モウリーニョの監督就任以来3年連続でタイトルを獲得するも、リーグではマンチェスター・ユナイテッドの後塵を拝して2位に終わり、3連覇を逃した。またチャンピオンズリーグでも2年前と同様、決勝トーナメント準決勝でリヴァプールに敗れベスト4の壁を越えることは出来なかった。このシーズンの結果を受けて、高額な給料に反して期待された活躍が出来ずに終わった新加入選手と、その獲得を推したとされるクラブの経営陣に対する批判が起きた。こうした状況は2007-08シーズンも続き、シーズン序盤の9月20日に強いカリスマ性で選手やファンから支持されてきたモウリーニョが辞任すると、動揺を露にする選手の声、経営陣の責任を問うファンの声などが頻繁に聞かれた。チェルシーFC フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・バラック

    ミハエル・バラックから見たミヒャエル・バラック ミヒャエル・バラック

    ミハエル・バラック フレッシュアイペディアより)

  • トム・ヘニンク・エブレベ

    トム・ヘニンク・エブレベから見たミヒャエル・バラックミヒャエル・バラック

    エブレベは2008?09年シーズンのUEFAチャンピオンズリーグでも主審を務めることになった。2009年5月6日に開催された大会の準決勝、チェルシー対バルセロナ戦における彼のレフェリングに対して、試合後に強い批判が巻き起こった。試合中彼はバルセロナのDFエリック・アビダルに対してレッドカードで退場を命じたこと、さらにチェルシーの主張によれば合計4回のペナルティー・キックに相当するファールが見逃されたことが強く批判された。バルセロナに同点に追いつかれた後、試合終了間際のチェルシーのMFミヒャエル・バラックがシュートしたボールがバルセロナのサミュエル・エトオの上腕にあたったもののハンドの判定とならなかった際にはバラックがエブレベを追いかけまわし両手を振り回して抗議した。試合が終了した後には数名のチェルシーの選手がエブレベに激しく抗議を行なった。中でも途中交代したFWディディエ・ドログバはロッカールームに引き上げる際にTVカメラに向かいエブレベのレフェリングに関して「クソッタレな恥辱だぞ」"a fucking disgrace"と叫んでいる。中継中の英国TV局のアナウンサーは不適切な言葉が放送されたとして直ちに謝罪を行った。チェルシーの監督フース・ヒディンクは「いままで経験した中で最悪のパフォーマンスだ」と述べた。チェルシーのDFジョゼ・ボシングワはエブレベについて「審判なのか盗人なのかわからない」と述べている。後に不適切な言葉遣いだったと撤回している。エブレベは彼に対する暴行の危険があるとして警察の庇護下でイギリスを出国したと報道されている。彼のノルウェーにおける家の住所が特定されネット上に晒されており、さらにチェルシーファンと思われる人物から複数の殺害予告も行われた。ノルウェーの警察当局はしばらくの間エブレベの自宅の警護を行うと発表している。トム・ヘニンク・エブレベ フレッシュアイペディアより)

  • ミヒャエル

    ミヒャエルから見たミヒャエル・バラックミヒャエル・バラック

    ミヒャエル・バラック - ドイツのサッカー選手。サッカードイツ代表の中心選手。ミヒャエル フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト・アクーニャ

    ロベルト・アクーニャから見たミヒャエル・バラックミヒャエル・バラック

    プロデビューから5年後には、パラグアイ市民権を取得してパラグアイ代表でプレーすることを決意した。ディフェンダーのカルロス・ガマーラと同じように、3度のFIFAワールドカップに出場した。パラグアイ代表としては1998年から3大会連続でFIFAワールドカップ出場し、通算で97試合の代表戦に出場した。これはカルロス・ガマーラに次ぐ歴代2位の記録である。2002年の日韓ワールドカップベスト16のドイツ戦ではロスタイムにミヒャエル・バラックに肘打ちした。ロベルト・アクーニャ フレッシュアイペディアより)

  • ウルフ・キルステン

    ウルフ・キルステンから見たミヒャエル・バラックミヒャエル・バラック

    1990年7月、ブンデスリーガ1部のバイエル・レバークーゼンに移籍。1990-91シーズン開幕戦のバイエルン・ミュンヘン戦でデビューすると、この試合で初得点を決めレバークーゼンのサポーターに認められた。レバークーゼンでは2003年までにリーグ戦350試合に出場し182得点、ヨーロッパのカップ戦においても54試合に出場し32得点を記録した。また、1992-93シーズンのDFBポカール決勝のヘルタ・ベルリン・アマチュア戦では決勝点を決めてタイトル獲得に貢献。UEFAチャンピオンズリーグ 2001-02ではミヒャエル・バラックらと共に準優勝に貢献した。個人では1992-93シーズンにリーグ戦で20得点、1996-97シーズンと1997-98シーズンにはそれぞれ22得点をあげリーグ得点王となった。ウルフ・キルステン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
41件中 1 - 10件表示

「ミヒャエル・バラック」のニューストピックワード