前へ 1 2 3 4
37件中 1 - 10件表示
  • サッカードイツ代表

    サッカードイツ代表から見たミヒャエル・バラックミヒャエル・バラック

    しかし、本大会に入るとこれまでの不振を払拭するように快進撃を見せる。初戦のサウジアラビア戦で8-0と圧勝を収めると、アイルランドには終了間際に引き分けに追いつかれたが、第3戦のカメルーン戦では退場者を出しながらも2-0と勝利し、グループリーグを首位で通過。決勝トーナメントで対戦が予想されたポルトガル、イタリア、スペインが先に敗退した結果、大会を通じて一度も強豪国と当たらないという強運も味方し、パラグアイ、アメリカ、韓国をそれぞれ1-0で下し、決勝戦まで勝ち上がった。しかし決勝のブラジル戦では、攻撃の柱のミヒャエル・バラックが累積警告で出場停止になったこともあり、ブラジルの分厚い攻撃力に耐えるのが精一杯で、0-2と敗退した。この大会ではミロスラフ・クローゼ、トルステン・フリンクス、クリストフ・メツェルダーなど、次代を担う若手選手が台頭した。サッカードイツ代表 フレッシュアイペディアより)

  • チェルシーFC

    チェルシーFCから見たミヒャエル・バラックミヒャエル・バラック

    2006年夏の移籍市場ではミヒャエル・バラック、アンドリー・シェフチェンコ、アシュリー・コールら大物選手を獲得し、一方でダミアン・ダフ、エイドゥル・グジョンセン、ウィリアム・ギャラスといったこれまでの主力選手を放出してチーム編成を一新した。2006-07シーズンはカーリングカップとFAカップの2冠を達成し、モウリーニョの監督就任以来3年連続でタイトルを獲得するも、リーグではマンチェスター・ユナイテッドの後塵を拝して2位に終わり、3連覇を逃す。またチャンピオンズリーグでも2年前と同様、決勝トーナメント準決勝でリヴァプールに敗れベスト4の壁を越えることは出来なかった。このシーズンの結果については、高額な給料を受け取りながら期待された活躍が出来ずに終わった新加入選手と、その獲得を推進したとされるクラブの経営陣に対する批判的な論調が起こっていた。こうした状況は2007-08シーズンも続き、シーズン序盤の9月20日、就任以来強いカリスマ性を発揮して選手やファンから支持されてきたモウリーニョが辞任する事態に至ると、その衝撃はチーム内外に渡り、動揺を露にする選手の声、経営陣の責任を問うファンの声などが頻繁に聞かれた。チェルシーFC フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・バラック

    ミハエル・バラックから見たミヒャエル・バラック ミヒャエル・バラック

    ミハエル・バラック フレッシュアイペディアより)

  • トム・ヘニンク・エブレベ

    トム・ヘニンク・エブレベから見たミヒャエル・バラックミヒャエル・バラック

    エブレベは2008?09年シーズンのUEFAチャンピオンズリーグでも主審を務めることになった。2009年5月6日に開催された大会の準決勝、チェルシー対バルセロナ戦における彼のレフェリングに対して、試合後に強い批判が巻き起こった。試合中彼はバルセロナのDFエリック・アビダルに対してレッドカードで退場を命じたこと、さらにチェルシーの主張によれば合計4回のペナルティー・キックに相当するファールが見逃されたことが強く批判された。バルセロナに同点に追いつかれた後、試合終了間際のチェルシーのMFミヒャエル・バラックがシュートしたボールがバルセロナのサミュエル・エトオの上腕にあたったもののハンドの判定とならなかった際にはバラックがエブレベを追いかけまわし両手を振り回して抗議した。試合が終了した後には数名のチェルシーの選手がエブレベに激しく抗議を行なった。中でも途中交代したFWディディエ・ドログバはロッカールームに引き上げる際にTVカメラに向かいエブレベのレフェリングに関して「クソッタレな恥辱だぞ」"a fucking disgrace"と叫んでいる。中継中の英国TV局のアナウンサーは不適切な言葉が放送されたとして直ちに謝罪を行った。チェルシーの監督フース・ヒディンクは「いままで経験した中で最悪のパフォーマンスだ」と述べた。チェルシーのDFジョゼ・ボシングワはエブレベについて「審判なのか盗人なのかわからない」と述べている。後に不適切な言葉遣いだったと撤回している。エブレベは彼に対する暴行の危険があるとして警察の庇護下でイギリスを出国したと報道されている。彼のノルウェーにおける家の住所が特定されネット上に晒されており、さらにチェルシーファンと思われる人物から複数の殺害予告も行われた。ノルウェーの警察当局はしばらくの間エブレベの自宅の警護を行うと発表している。トム・ヘニンク・エブレベ フレッシュアイペディアより)

  • ドイツ民主共和国のスポーツ

    ドイツ民主共和国のスポーツから見たミヒャエル・バラックミヒャエル・バラック

    なお、現在のサッカードイツ代表の中心選手ミヒャエル・バラックは東ドイツとポーランドとの国境の町で、オーデル・ナイセ線上にあるゲルリッツの出身である。そのため、2006年に行われたW杯ドイツ大会では、ブンデスリーガのチームがないのに旧東ドイツ地域唯一(ベルリンを除く)の開催都市として選ばれたライプツィヒと共に、このバラックが東西ドイツ統合の象徴として目される事になった。ドイツ民主共和国のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ジモン・ロルフェス

    ジモン・ロルフェスから見たミヒャエル・バラックミヒャエル・バラック

    ミヒャエル・バラック二世」と呼ばれるセンターハーフ。2部のアレマニア・アーヘン所属時に才能を開花させ、2005年にレバークーゼンに移籍すると、シーズン中頃からはレギュラーを確保した。2005-06シーズンから4シーズン連続して30試合以上に出場し、毎シーズン3-8得点をコンスタントに決めている。2008-09シーズンは33試合に出場した。2009-10シーズンは膝を負傷し、2010年2月には軟骨の除去手術を受けるなど試合からは遠ざかり、5月には南アフリカW杯を欠場することを発表した。ジモン・ロルフェス フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ・ラーム

    フィリップ・ラームから見たミヒャエル・バラックミヒャエル・バラック

    2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選でもラームは皆勤したが、全試合にフル出場したのはドイツ代表で彼しかいない。2010 FIFAワールドカップ本大会前にはキャプテンのミヒャエル・バラックが負傷離脱し、ラームがその代役に選ばれた。グループリーグ初戦のオーストラリア戦で初めて腕章を着けてプレーし、FIFAワールドカップに臨むドイツ代表の歴代最年少キャプテンとなった。フィリップ・ラーム フレッシュアイペディアより)

  • ティム・ボロウスキ

    ティム・ボロウスキから見たミヒャエル・バラックミヒャエル・バラック

    代表としては2002年のブルガリア戦で初招集を受けた。2006 FIFAワールドカップにもベンチメンバーながらメンバー入りし、病み上がりのミヒャエル・バラックの貴重な代役として出場している。準々決勝の対アルゼンチン戦では、ミロスラフ・クローゼの同点ゴールを絶妙なヘディングでアシストした。ティム・ボロウスキ フレッシュアイペディアより)

  • 2002 FIFAワールドカップ・決勝

    2002 FIFAワールドカップ・決勝から見たミヒャエル・バラックミヒャエル・バラック

    決勝トーナメントは韓国ゾーンに入り、1回戦でグループB2位のパラグアイと対戦(済州ワールドカップ競技場)、攻めきれない時間が続くものの後半終了間際にFWオリバー・ノイビルのゴールで1-0でパラグアイを振り切った。準々決勝はアメリカと対戦(蔚山文殊サッカー競技場)、前半39分のMFミヒャエル・バラックのゴールを守りきって再び1-0での辛勝。準決勝は地元の応援で勢いに乗る韓国と対戦(ソウルワールドカップ競技場)、圧倒的アウェーの状況の中、後半30分のバラックのゴールで1-0で勝利。決勝へと駒を進めた。2002 FIFAワールドカップ・決勝 フレッシュアイペディアより)

  • ジョゼ・ロベルト・ダ・シウヴァ・ジュニオル

    ジョゼ・ロベルト・ダ・シウヴァ・ジュニオルから見たミヒャエル・バラックミヒャエル・バラック

    1998年、レアル・マドリードからブンデスリーガバイエル・レバークーゼンに移籍し、2001-02シーズンの国内リーグ2位、チャンピオンズリーグ準優勝、DFBポカール準優勝の好成績に貢献した。2002年5月には同僚のミヒャエル・バラックとともに強豪バイエルン・ミュンヘンに移籍した。ジョゼ・ロベルト・ダ・シウヴァ・ジュニオル フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
37件中 1 - 10件表示

「ミヒャエル・バラック」のニューストピックワード