37件中 11 - 20件表示
  • セバスティアン・ケール

    セバスティアン・ケールから見たミヒャエル・バラックミヒャエル・バラック

    ルディ・フェラー元ドイツ代表監督が「ダイヤモンドの原石」と評した選手。基本ポジションはボランチで、センターバックや代表では時にミヒャエル・バラックの代わりにトップ下に入ったりもする。セバスティアン・ケール フレッシュアイペディアより)

  • 1976年のスポーツ

    1976年のスポーツから見たミヒャエル・バラックミヒャエル・バラック

    9月26日 - ミヒャエル・バラック(ドイツ、サッカー)1976年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • クリスティアン・レル

    クリスティアン・レルから見たミヒャエル・バラックミヒャエル・バラック

    FCアレマニア・ミュンヘンでサッカーを学んだレルは、1998年にバイエルン・ミュンヘンのジュニアチームでポジションを獲得。3年間プレーした後、2001-02シーズンにバイエルン・ミュンヘンのリザーブチームでデビュー。そのシーズンはレギオナルリーガで10試合に出場した。それから2シーズン後、2003年10月4日のヘルタ・ベルリン戦でミヒャエル・バラックに代わって84分から出場、ブンデスリーガデビューを果たした。2003-04シーズンは、トップチームの一員として3試合に出場した。クリスティアン・レル フレッシュアイペディアより)

  • リカルド・カルヴァーリョ

    リカルド・カルヴァーリョから見たミヒャエル・バラックミヒャエル・バラック

    2007-08シーズンは、モウリーニョが去ったことによりレアル・マドリードから興味が伝えられるも残留。チェルシーでの150試合目となるミドルスブラ戦では決勝ゴールも挙げた。また、4月26日のマンチェスター・ユナイテッド戦でプレミアリーグ100試合出場も達成した。そして、5月にはジョー・コール、ミヒャエル・バラックらと共にチェルシーのプレイヤー・オブ・ザ・イヤーに選ばれた。一方でカルヴァーリョは、再びモウリーニョの下でプレーしたいと希望を語った。翌2008-09シーズンでは怪我が増え数週間以上の離脱も多くなっており、18試合の出場に止まった。リカルド・カルヴァーリョ フレッシュアイペディアより)

  • サミ・ケディラ

    サミ・ケディラから見たミヒャエル・バラックミヒャエル・バラック

    2010年5月29日に行われたハンガリーとの親善試合には、ポーツマス戦で右足首を負傷したミヒャエル・バラックに代わって途中出場。バラックの代役を務め上げたケディラにヨアヒム・レーヴ監督は満足感を示し、2010 FIFAワールドカップではバラックに代わって全7試合に先発出場。ウルグアイとの3位決定戦で代表初ゴールとなる決勝点を挙げ、ドイツの3位に貢献した。サミ・ケディラ フレッシュアイペディアより)

  • ベルント・シュナイダー (サッカー選手)

    ベルント・シュナイダー (サッカー選手)から見たミヒャエル・バラックミヒャエル・バラック

    翌1999年にはバイエル・レバークーゼンへ移籍。レギュラーを不動のものとすると、ミヒャエル・バラックやイェンス・ノヴォトニーらと共にチームに欠かすことの出来ない選手となり、1999-00シーズンと2001-02シーズンのブンデスリーガ準優勝、2001-02シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ準優勝に貢献。2003-04シーズンのブンデスリーガでは自身最多となる10得点を記録した。ベルント・シュナイダー (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • アレクサンドル・フレブ

    アレクサンドル・フレブから見たミヒャエル・バラックミヒャエル・バラック

    フレブがシュツットガルトに所属していた時に、当時バイエルン・ミュンヘンに所属していたミヒャエル・バラックが「フレブが加入すればチャンピオンズリーグも優勝できる」と発言した。アレクサンドル・フレブ フレッシュアイペディアより)

  • ドイツ人

    ドイツ人から見たミヒャエル・バラックミヒャエル・バラック

    このようにドイツの国籍保持者には西スラヴ語群のソルブ語を話す少数民族であるソルブ人(例:サッカー選手のミヒャエル・バラック)や、ポーランド系(代表的なのは、現在のサッカードイツ代表のエースであるミロスラフ・クローゼ、ルーカス・ポドルスキ、かつてのドイツ代表ピエール・リトバルスキーなど)、デンマーク系、オランダ系、フランス系のユグノーの子孫(東ドイツ最後の首相ロタール・デメジエールやドイツ連邦軍総監ウルリッヒ・デメジエールら輩出したデメジエール家など)、ナチスによるホロコーストの影響で数は減ったがユダヤ人(例:フェリックス・メンデルスゾーン、ハインリヒ・ハイネなど。数千年の混血を経たユダヤ教徒を人種的にドイツ人と区別する考え方は否定されているが、ドイツ人と異なる民族集団として独自のアイデンティティを築いてきた)などがおり、国籍は有していない者が多いがトルコ人(例:サッカー選手のイルハン・マンシズ)など様々な民族が居住している。ドイツ人 フレッシュアイペディアより)

  • エイドゥル・グジョンセン

    エイドゥル・グジョンセンから見たミヒャエル・バラックミヒャエル・バラック

    しかし、翌シーズンになるとクラブは更にアンドレイ・シェフチェンコ、ミヒャエル・バラックやサロモン・カルーなどの大型補強を行い出場時間が大幅に減少。2006-07シーズンは移籍の噂が飛び交った。とりわけ、マンチェスター・ユナイテッドFCかレアル・マドリードへの移籍が濃厚と言われていたが、2006年6月14日にバルセロナへ3年+1年契約で加入したことが発表された。チェルシーでは計263試合に出場。これは、外国人の最多出場記録4位だった。("海外選手"だとジャンフランコ・ゾラに次ぐ第2位)エイドゥル・グジョンセン フレッシュアイペディアより)

  • ミヒャエル

    ミヒャエルから見たミヒャエル・バラックミヒャエル・バラック

    ミヒャエル・バラック - ドイツのサッカー選手。サッカードイツ代表の中心選手。ミヒャエル フレッシュアイペディアより)

37件中 11 - 20件表示

「ミヒャエル・バラック」のニューストピックワード