41件中 11 - 20件表示
  • クリスティアン・レル

    クリスティアン・レルから見たミヒャエル・バラックミヒャエル・バラック

    FCアレマニア・ミュンヘンでサッカーを学んだレルは、1998年にバイエルン・ミュンヘンのジュニアチームでポジションを獲得。3年間プレーした後、2001-02シーズンにバイエルン・ミュンヘンのリザーブチームでデビュー。そのシーズンはレギオナルリーガで10試合に出場した。それから2シーズン後、2003年10月4日のヘルタ・ベルリン戦でミヒャエル・バラックに代わって84分から出場、ブンデスリーガデビューを果たした。2003-04シーズンは、トップチームの一員として3試合に出場した。クリスティアン・レル フレッシュアイペディアより)

  • ディートマー・ハマン

    ディートマー・ハマンから見たミヒャエル・バラックミヒャエル・バラック

    2000年10月、日韓ワールドカップ予選においてイングランドを1-0で下した一戦で、旧ウェンブリー・スタジアム取り壊し前最後となるゴールを決めた。同大会本戦ではミヒャエル・バラックやベルント・シュナイダーらと共に決勝まで勝ち進んだ。1966年のロジャー・ハント、1990年のカール=ハインツ・リードレに続いてワールドカップ決勝でプレーする3人目のリヴァプールFC所属の選手となったが、ブラジルに2-0で敗戦した。ディートマー・ハマン フレッシュアイペディアより)

  • フリオ・ドス・サントス

    フリオ・ドス・サントスから見たミヒャエル・バラックミヒャエル・バラック

    2006年にブンデスリーガの名門、バイエルン・ミュンヘンに移籍。チェルシーFCへと移籍したミヒャエル・バラックの後継者候補の一人と期待されていた。しかし目立った活躍はできず、2006シーズン途中からVfLヴォルフスブルクにレンタル移籍。フリオ・ドス・サントス フレッシュアイペディアより)

  • ドイツ民主共和国のスポーツ

    ドイツ民主共和国のスポーツから見たミヒャエル・バラックミヒャエル・バラック

    なお、現在のサッカードイツ代表の中心選手ミヒャエル・バラックは東ドイツとポーランドとの国境の町で、オーデル・ナイセ線上にあるゲルリッツの出身である。そのため、2006年に行われたW杯ドイツ大会では、ブンデスリーガのチームがないのに旧東ドイツ地域唯一(ベルリンを除く)の開催都市として選ばれたライプツィヒと共に、このバラックが東西ドイツ統合の象徴として目される事になった。ドイツ民主共和国のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ゲルリッツ

    ゲルリッツから見たミヒャエル・バラックミヒャエル・バラック

    ミヒャエル・バラック:サッカー選手ゲルリッツ フレッシュアイペディアより)

  • エイドゥル・グジョンセン

    エイドゥル・グジョンセンから見たミヒャエル・バラックミヒャエル・バラック

    しかし、翌シーズンになるとクラブは更にアンドレイ・シェフチェンコ、ミヒャエル・バラックやサロモン・カルーなどの大型補強を行い出場時間が大幅に減少。2006-07シーズンは移籍の噂が飛び交った。とりわけ、マンチェスター・ユナイテッドFCかレアル・マドリードへの移籍が濃厚と言われていたが、2006年6月14日にバルセロナへ3年+1年契約で加入したことが発表された。チェルシーでは計263試合に出場。これは、外国人の最多出場記録4位だった。("海外選手"だとジャンフランコ・ゾラに次ぐ第2位)エイドゥル・グジョンセン フレッシュアイペディアより)

  • ユルドゥライ・バシュテュルク

    ユルドゥライ・バシュテュルクから見たミヒャエル・バラックミヒャエル・バラック

    レバークーゼンでの1季目は、執拗なドリブルを武器にミヒャエル・バラックと共に攻撃の軸として3冠目前にまで躍進するチームに大きく寄与し、UEFAチャンピオンズリーグ 2001-02においてはUEFAチャンピオンズリーグの決勝戦に初となるトルコ人選手としてレアル・マドリード戦に臨み、4-1-4-1システムの攻撃MFの位置で先発を務めたが、最終的に1-2で試合を落とすと、リーグ戦では勝ち点差僅か1でボルシア・ドルトムントの後塵を拝し、DFBポカールではシャルケ04との決勝戦に敗れて失意の無冠に終わった。同年の代表での活躍も相まって多くのクラブから関心を寄せられつつ、翌2002-03シーズンもレバークーゼンに残留することになったが、UEFAチャンピオンズリーグ 2002-03で2次リーグに進出する一方でリーグ戦では低迷し、降格寸前の15位でシーズンを終了した。2003-04シーズンは、リーグ戦で3位と再び躍進するチームとは違い、自身は開幕前にB型肝炎を患ったことで6週間出遅れており、バイエルン・ミュンヘン戦において復帰及びシーズン初得点こそ挙げたものの、離脱中に頭角を現したロブソン・ポンテの存在や後半戦に定期的なふくらはぎの負傷により、出場機会を確保するのに苦戦していた。ユルドゥライ・バシュテュルク フレッシュアイペディアより)

  • 9月26日

    9月26日から見たミヒャエル・バラックミヒャエル・バラック

    1976年 - ミヒャエル・バラック、サッカー選手9月26日 フレッシュアイペディアより)

  • 13 (忌み数)

    13 (忌み数)から見たミヒャエル・バラックミヒャエル・バラック

    サッカードイツ代表のエースであるミヒャエル・バラックは、忌み数をあくまで迷信とし、クラブチームや代表の背番号をあえて「13」にしている。そのせいか定かではないが、彼を中心とした世代の代表・クラブチームは、なぜか栄冠を直前で逃すことが多い(もっとも、ドイツサッカー界において13は1974年ワールドカップ優勝メンバーであるゲルト・ミュラーがつけていたことから、栄光の背番号でもある)。13 (忌み数) フレッシュアイペディアより)

  • エースナンバー

    エースナンバーから見たミヒャエル・バラックミヒャエル・バラック

    一方でマンチェスター・ユナイテッドにおける7番のように各チームで固有のエースナンバーも存在する。(ジョージ・ベスト、カントナ、ベッカム、クリスティアーノ・ロナウド、マイケル・オーウェンなどが付けている)。他には、オランダ国内においてヨハン・クライフが背負っていた14番、ドイツ国内における、戦時中に戦闘機パイロットの編隊長が自ら不吉な13番を付け空に向かうことから由来した13番(ゲルト・ミュラー、ミヒャエル・バラックなど)が固有のものである。日本ではセレッソ大阪の8番(森島寛晃、香川真司など)が固有のエースナンバーとなっている。エースナンバー フレッシュアイペディアより)

41件中 11 - 20件表示

「ミヒャエル・バラック」のニューストピックワード