37件中 21 - 30件表示
  • トニ・クロース

    トニ・クロースから見たミヒャエル・バラックミヒャエル・バラック

    ミヒャエル・バラック、セバスティアン・ダイスラーが去ったバイエルンの中盤に現れたドイツ期待の若手選手。トニ・クロース フレッシュアイペディアより)

  • ジェローム・ボアテング

    ジェローム・ボアテングから見たミヒャエル・バラックミヒャエル・バラック

    次兄はジェローム同様ヘルタの下部組織出身で、現在はACミランに所属しているケヴィン=プリンス・ボアテング。2010 FIFAワールドカップを前に、ガーナサッカー協会から代表入りを求められ、それまでドイツ国内でU-21代表はあったがA代表に選ばれたことのなかったケヴィンはガーナ代表としての資格を有していたため、そのまま国籍をガーナに変更し、ガーナ代表となった。その後大会直前に、ドイツ代表の有力候補であったミヒャエル・バラックと所属クラブの対戦中に交錯し、バラックが負傷しワールドカップへの参加が事実上不可能となったため、ドイツ国内から厳しい批判を浴びることとなった。さらに奇しくもガーナとドイツはグループリーグで同組となり、両国の対戦時にジェロームとケヴィンはそれぞれメンバーに選ばれ、ワールドカップでも珍しい「兄弟での対戦」が実現した。当日、ケヴィンはドイツサポーターからは大ブーイングを浴びた。ジェローム・ボアテング フレッシュアイペディアより)

  • ケヴィン=プリンス・ボアテング

    ケヴィン=プリンス・ボアテングから見たミヒャエル・バラックミヒャエル・バラック

    2001年、U-15ドイツ代表に招集され、以降U-16、U-17、U-19、U-20、U-21代表に選出経験がある。しかし、A代表はガーナ代表を選択した。弟のジェローム・ボアテングがドイツを選択していたため批判もあった。ガーナ代表を選択した事に関しては、FAカップ決勝において、ボアテングのファウルによる負傷で2010 FIFAワールドカップへの出場が絶望となったミヒャエル・バラックがボアテングを批判した際、ボアテングはバラックのファウルにも問題があるとし、加えてドイツ代表への不満を述べた 。このため、ジェロームとの関係は険悪なものとなった。ケヴィン=プリンス・ボアテング フレッシュアイペディアより)

  • フリオ・ドス・サントス

    フリオ・ドス・サントスから見たミヒャエル・バラックミヒャエル・バラック

    2006年にブンデスリーガの名門、バイエルン・ミュンヘンに移籍。チェルシーFCへと移籍したミヒャエル・バラックの後継者候補の一人と期待されていた。しかし目立った活躍はできず、2006シーズン途中からVfLヴォルフスブルクにレンタル移籍。フリオ・ドス・サントス フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト・アクーニャ

    ロベルト・アクーニャから見たミヒャエル・バラックミヒャエル・バラック

    プロデビューから5年後には、パラグアイ市民権を取得してパラグアイ代表でプレーすることを決意した。ディフェンダーのカルロス・ガマーラと同じように、3度のFIFAワールドカップに出場した。パラグアイ代表としては1998年から3大会連続でFIFAワールドカップ出場し、通算で97試合の代表戦に出場した。これはカルロス・ガマーラに次ぐ歴代2位の記録である。2002年の日韓ワールドカップベスト16のドイツ戦ではロスタイムにミヒャエル・バラックに肘打ちした。ロベルト・アクーニャ フレッシュアイペディアより)

  • トーマス・ミュラー

    トーマス・ミュラーから見たミヒャエル・バラックミヒャエル・バラック

    2010年5月6日には2010 FIFAワールドカップに向けた代表候補27人に選ばれ、代表合宿中に自転車から落車するアクシデントなどもあったが、6月1日に発表された本大会登録メンバー23人に名を連ねた。怪我により代表を離脱したキャプテンミヒャエル・バラックや、同姓のゲルト・ミュラーが好んで着けていた背番号13を身にまとった。大会前までのA代表出場数はわずか5試合だったが、グループリーグ初戦のオーストラリア戦で代表初得点を決め、決勝トーナメント1回戦のイングランド戦では2ゴール1アシストの活躍で、大会選定のマン・オブ・ザ・マッチに選出された。準々決勝のアルゼンチン戦では開始3分で先制点を挙げた。準決勝は警告累積で出場停止となり、このミュラー不在が響いてドイツは敗れたものの、3位決定戦でも先制点を挙げ、大会を通じて攻撃陣の核としてドイツを牽引した。大会通算5得点は、スペイン代表のダビド・ビジャ、オランダ代表のヴェスレイ・スナイデル、ウルグアイ代表のディエゴ・フォルランの3人と並びトップタイだったが、アシスト数が評価されて大会得点王にあたるゴールデンブーツ賞を受賞した。20歳での得点王は、ワールドカップ史上最年少の快挙だった。また最も活躍した若手選手に贈るベストヤングプレーヤー賞も受賞した。トーマス・ミュラー フレッシュアイペディアより)

  • 13 (忌み数)

    13 (忌み数)から見たミヒャエル・バラックミヒャエル・バラック

    サッカードイツ代表のエースであるミヒャエル・バラックは、忌み数をあくまで迷信とし、クラブチームや代表の背番号をあえて「13」にしている。そのせいか定かではないが、彼を中心とした世代の代表・クラブチームは、なぜか栄冠を直前で逃すことが多い(もっとも、ドイツサッカー界において13は1974年ワールドカップ優勝メンバーであるゲルト・ミュラーがつけていたことから、栄光の背番号でもある)。13 (忌み数) フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアム・ギャラス

    ウィリアム・ギャラスから見たミヒャエル・バラックミヒャエル・バラック

    2006年にはアメリカ遠征無断欠席した事でクラブの怒りを買い、移籍してきたミヒャエル・バラックに自身の背番号13を勝手にクラブによって奪われ、8月31日に自身+金銭(500万ポンド)の条件でアーセナルのアシュリー・コールとのトレードが成立。アーセナルへと移籍している。アーセナルではディフェンダーとしては珍しい背番号10(ギャラスが来る前はデニス・ベルカンプがつけていた)を背負い、ディフェンスリーダーとしてセンターバックで活躍した。ウィリアム・ギャラス フレッシュアイペディアより)

  • 9月26日

    9月26日から見たミヒャエル・バラックミヒャエル・バラック

    1976年 - ミヒャエル・バラック、サッカー選手9月26日 フレッシュアイペディアより)

  • 皇帝

    皇帝から見たミヒャエル・バラックミヒャエル・バラック

    ミヒャエル・バラック(ドイツ出身、サッカー選手 ※ 小皇帝とも)皇帝 フレッシュアイペディアより)

37件中 21 - 30件表示

「ミヒャエル・バラック」のニューストピックワード