41件中 21 - 30件表示
  • クリストフ・ダウム

    クリストフ・ダウムから見たミヒャエル・バラックミヒャエル・バラック

    1996年7月にドイツ・ブンデスリーガ1部に属するバイエル・レバークーゼンの監督に就任。前シーズンには最終節に残留を決めるなど低迷していたチームを立て直し、ドイツ・ブンデスリーガ1部準優勝を果たした。その後も3位、2位、2位と同クラブの黄金期を築き上げた。当時の主力にはイェンス・ノヴォトニー、ロベルト・コヴァチ、ニコ・コヴァチ、カルステン・ラメロウ、ウルフ・キルステン、ミヒャエル・バラック、ゼ・ロベルト 等がいた。クリストフ・ダウム フレッシュアイペディアより)

  • ベルント・シュナイダー (サッカー選手)

    ベルント・シュナイダー (サッカー選手)から見たミヒャエル・バラックミヒャエル・バラック

    翌1999年にはバイエル・レバークーゼンへ移籍。レギュラーを不動のものとすると、ミヒャエル・バラックやイェンス・ノヴォトニーらと共にチームに欠かすことの出来ない選手となり、1999-00シーズンと2001-02シーズンのブンデスリーガ準優勝、2001-02シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ準優勝に貢献。2003-04シーズンのブンデスリーガでは自身最多となる10得点を記録した。ベルント・シュナイダー (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • フレディ・ボビッチ

    フレディ・ボビッチから見たミヒャエル・バラックミヒャエル・バラック

    イングランドから帰国後は、ボルシア・メンヒェングラートバッハと交渉するも、自身が望む金銭面での開きあったため失敗に終わり、最終的に2002年9月2日に昇格組のハノーファー96と契約した。27試合14得点を挙げて自身の地位を再確立することに成功し、キッカー紙の投票による年間最優秀サッカー選手賞では、ミヒャエル・バラックに次ぐ2位に選ばれた。しかし、2003年5月20日に2年契約したヘルタ・ベルリンでは、ルパート・ショルツ会長から公に不満を言われるほどに精彩を欠き、また、冬の中断期間ではハンス・マイヤー(en)監督から親善試合への帯同の不参加を言い渡されるなど、厳しい状態に置かれ、2季の在籍で54試合中わずか8得点となった。フレディ・ボビッチ フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアム・ギャラス

    ウィリアム・ギャラスから見たミヒャエル・バラックミヒャエル・バラック

    2006年にはアメリカ遠征を無断欠席した事でクラブの怒りを買い、移籍してきたミヒャエル・バラックに自身の背番号13を勝手にクラブによって奪われ、8月31日に自身+金銭(500万ポンド)の条件でアーセナルFCのアシュリー・コールとのトレードが成立。アーセナルへと移籍している。アーセナルではディフェンダーとしては珍しい背番号10(ギャラスが来る前はデニス・ベルカンプがつけていた)を背負い、ディフェンスリーダーとしてセンターバックで活躍した。ウィリアム・ギャラス フレッシュアイペディアより)

  • リカルド・カルヴァーリョ

    リカルド・カルヴァーリョから見たミヒャエル・バラックミヒャエル・バラック

    2007-08シーズンは、モウリーニョが去ったことによりレアル・マドリードから興味が伝えられるも残留。チェルシーでの150試合目となるミドルズブラ戦では決勝ゴールも挙げた。また、4月26日のマンチェスター・ユナイテッド戦でプレミアリーグ100試合出場も達成した。そして、5月にはジョー・コール、ミヒャエル・バラックらと共にチェルシーのプレイヤー・オブ・ザ・イヤーに選ばれた。一方でカルヴァーリョは、再びモウリーニョの下でプレーしたいと希望を語った。翌2008-09シーズンでは怪我が増え数週間以上の離脱も多くなっており、18試合の出場に止まった。リカルド・カルヴァーリョ フレッシュアイペディアより)

  • アレクサンドル・フレブ

    アレクサンドル・フレブから見たミヒャエル・バラックミヒャエル・バラック

    フレブがシュトゥットガルトに所属していた時に、当時バイエルン・ミュンヘンに所属していたミヒャエル・バラックが「フレブが加入すればチャンピオンズリーグも優勝できる」と発言した。アレクサンドル・フレブ フレッシュアイペディアより)

  • 1976年のスポーツ

    1976年のスポーツから見たミヒャエル・バラックミヒャエル・バラック

    9月26日 - ミヒャエル・バラック(ドイツ、サッカー)1976年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ジョゼ・ロベルト・ダ・シウヴァ・ジュニオル

    ジョゼ・ロベルト・ダ・シウヴァ・ジュニオルから見たミヒャエル・バラックミヒャエル・バラック

    1998年、レアル・マドリードからブンデスリーガバイエル・レヴァークーゼンに移籍し、2001-02シーズンの国内リーグ2位、チャンピオンズリーグ準優勝、DFBポカール準優勝の好成績に貢献した。2002年5月には同僚のミヒャエル・バラックとともに強豪バイエルン・ミュンヘンに移籍した。ジョゼ・ロベルト・ダ・シウヴァ・ジュニオル フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ・ラーム

    フィリップ・ラームから見たミヒャエル・バラックミヒャエル・バラック

    2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選でもラームは皆勤したが、全試合にフル出場したのはドイツ代表で彼しかいない。2010 FIFAワールドカップ本大会前にはキャプテンのミヒャエル・バラックが負傷離脱し、ラームがその代役に選ばれた。グループリーグ初戦のオーストラリア戦で初めて腕章を着けてプレーし、FIFAワールドカップに臨むドイツ代表の歴代最年少キャプテンとなった。フィリップ・ラーム フレッシュアイペディアより)

  • セバスティアン・ケール

    セバスティアン・ケールから見たミヒャエル・バラックミヒャエル・バラック

    ルディ・フェラー元ドイツ代表監督が「ダイヤモンドの原石」と評した選手。基本ポジションはボランチで、センターバックや代表では時にミヒャエル・バラックの代わりにトップ下に入ることもあった。セバスティアン・ケール フレッシュアイペディアより)

41件中 21 - 30件表示

「ミヒャエル・バラック」のニューストピックワード