41件中 31 - 40件表示
  • ティム・ボロウスキ

    ティム・ボロウスキから見たミヒャエル・バラックミヒャエル・バラック

    代表としては2002年のブルガリア戦で初招集を受けた。2006 FIFAワールドカップにもベンチメンバーながらメンバー入りし、病み上がりのミヒャエル・バラックの貴重な代役として出場している。準々決勝の対アルゼンチン戦では、ミロスラフ・クローゼの同点ゴールを絶妙なヘディングでアシストした。ティム・ボロウスキ フレッシュアイペディアより)

  • 皇帝

    皇帝から見たミヒャエル・バラックミヒャエル・バラック

    ミヒャエル・バラック(ドイツ出身、サッカー選手 ※ 小皇帝とも)皇帝 フレッシュアイペディアより)

  • バイエル・レバークーゼン

    バイエル・レバークーゼンから見たミヒャエル・バラックミヒャエル・バラック

    ミヒャエル・バラック 1999-2002、2010-2012バイエル・レバークーゼン フレッシュアイペディアより)

  • 1976年

    1976年から見たミヒャエル・バラックミヒャエル・バラック

    9月26日 - ミヒャエル・バラック、元サッカー選手1976年 フレッシュアイペディアより)

  • ケヴィン=プリンス・ボアテング

    ケヴィン=プリンス・ボアテングから見たミヒャエル・バラックミヒャエル・バラック

    2001年、U-15ドイツ代表に招集され、以降U-16、U-17、U-19、U-20、U-21代表に選出された経験がある。しかし、2009年にA代表招集を巡ってドイツサッカー連盟と対立、結局A代表は父のガーナ国籍を行使してガーナ代表を選択した。弟のジェローム・ボアテングがドイツ代表を選択していたため批判もあった。ガーナ代表を選択した事に関しては、2010年のFAカップ決勝において、ボアテングのファウルによる負傷で2010 FIFAワールドカップへの出場が絶望となったミヒャエル・バラックがボアテングを批判した際、ボアテングはバラックのフィールド上での態度とファウルにも問題があったと反論。加えてドイツ代表への不満を述べ、ドイツサッカー連盟とヨアヒム・レーヴドイツ代表監督を批判した 。ケヴィン=プリンス・ボアテング フレッシュアイペディアより)

  • トーマス・ミュラー

    トーマス・ミュラーから見たミヒャエル・バラックミヒャエル・バラック

    2010年5月6日には2010 FIFAワールドカップに向けた代表候補27人に選ばれ、代表合宿中に自転車から落車するアクシデントなどもあったが、6月1日に発表された本大会登録メンバー23人に名を連ねた。怪我により代表を離脱したキャプテンミヒャエル・バラックや、同姓のゲルト・ミュラーが好んで着けていた背番号13を身にまとった。大会前までのA代表出場数はわずか5試合だったが、グループリーグ初戦のオーストラリア戦で代表初得点を決め、決勝トーナメント1回戦のイングランド戦では2ゴール1アシストの活躍で、大会選定のマン・オブ・ザ・マッチに選出された。準々決勝のアルゼンチン戦では開始3分で先制点を挙げた。準決勝は警告累積で出場停止となり、このミュラー不在が響いてドイツは敗れたものの、3位決定戦でも先制点を挙げ、大会を通じて攻撃陣の核としてドイツを牽引した。大会通算5得点は、スペイン代表のダビド・ビジャ、オランダ代表のヴェスレイ・スナイデル、ウルグアイ代表のディエゴ・フォルランの3人と並びトップタイだったが、アシスト数が評価されて大会得点王にあたるゴールデンブーツ賞を受賞した。さらに大会通算3アシストは同じくドイツ代表のメスト・エジル、バスティアン・シュヴァインシュタイガー、ブラジル代表のカカに並びトップタイだった。つまり得点王と最多アシストの2冠を達成したということになる。また20歳での得点王は、ワールドカップ史上最年少の快挙だった。また最も活躍した若手選手に贈るベストヤングプレーヤー賞も受賞した。トーマス・ミュラー フレッシュアイペディアより)

  • ジェローム・ボアテング

    ジェローム・ボアテングから見たミヒャエル・バラックミヒャエル・バラック

    次兄はジェローム同様ヘルタの下部組織出身のケヴィン=プリンス・ボアテング。2010 FIFAワールドカップを前に、ガーナサッカー協会から代表入りを求められ、それまでドイツ国内でU-21代表はあったがA代表に選ばれたことのなかったケヴィンはガーナ代表としての資格を有していたため、そのまま国籍をガーナに変更し、ガーナ代表となった。その後大会直前に、ドイツ代表の有力候補であったミヒャエル・バラックと所属クラブの対戦中に交錯し、バラックが負傷しワールドカップへの参加が事実上不可能となったため、ドイツ国内から厳しい批判を浴びることとなった。さらに奇しくもガーナとドイツはグループリーグで同組となり、両国の対戦時にジェロームとケヴィンはそれぞれメンバーに選ばれ、ワールドカップでは珍しい「兄弟での対戦」が実現した。当日、ケヴィンはドイツサポーターからは大ブーイングを浴びた。ジェローム・ボアテング フレッシュアイペディアより)

  • ドイツ人

    ドイツ人から見たミヒャエル・バラックミヒャエル・バラック

    このようにドイツの国籍保持者には、西スラヴ語群のソルブ語を話す少数民族であるソルブ人(例:サッカー選手のミヒャエル・バラック)や、ポーランド系(代表的なのは、現在のサッカードイツ代表のエースであるミロスラフ・クローゼ、ルーカス・ポドルスキ、かつてのドイツ代表ピエール・リトバルスキーなど)、デンマーク系、オランダ系(ベートーヴェンなど)、フランス系のユグノーの子孫(東ドイツ最後の首相ロタール・デメジエールやドイツ連邦軍総監ウルリッヒ・デメジエールらを輩出したデメジエール家など)、ナチスによるホロコーストの影響で数は減ったがユダヤ人(例:フェリックス・メンデルスゾーン、ハインリヒ・ハイネなど。数千年の混血を経たユダヤ教徒を人種的にドイツ人と区別する考え方は否定されているが、ドイツ人と異なる民族集団として独自のアイデンティティを築いてきた)などがおり、国籍は有していない者が多いがトルコ人(例:サッカー選手のイルハン・マンシズ)など様々な民族が居住している。ドイツ人 フレッシュアイペディアより)

  • 2002 FIFAワールドカップ・決勝

    2002 FIFAワールドカップ・決勝から見たミヒャエル・バラックミヒャエル・バラック

    決勝トーナメントは韓国ゾーンに入り、1回戦でグループB2位のパラグアイと対戦(済州ワールドカップ競技場)、攻めきれない時間が続くものの後半終了間際にFWオリバー・ノイビルのゴールで1-0でパラグアイを振り切った。準々決勝はアメリカと対戦(蔚山文殊サッカー競技場)、前半39分のMFミヒャエル・バラックのゴールを守りきって再び1-0での辛勝。準決勝は地元の応援で勢いに乗る韓国と対戦(ソウルワールドカップ競技場)、圧倒的アウェーの状況の中、後半30分のバラックのゴールで1-0で勝利。決勝へと駒を進めた。2002 FIFAワールドカップ・決勝 フレッシュアイペディアより)

  • フランツ・ベッケンバウアー

    フランツ・ベッケンバウアーから見たミヒャエル・バラックミヒャエル・バラック

    ベッケンバウアーと同様にバイエルン・ミュンヘンに在籍(2002-2006)した経験があるミヒャエル・バラックは、ベッケンバウアー後継者との評価もあり、彼のニックネームに準え、「kleiner Kaiser」(小さな皇帝)と呼ばれることがある。フランツ・ベッケンバウアー フレッシュアイペディアより)

41件中 31 - 40件表示

「ミヒャエル・バラック」のニューストピックワード