前へ 1 2 3 4
39件中 1 - 10件表示
  • ミヒャエル・バラック

    ミヒャエル・バラックから見たフランツ・ベッケンバウアー

    その活躍ぶりから同クラブのかつての名選手・フランツ・ベッケンバウアーの後継者との評価も高く、ベッケンバウアーのニックネーム「皇帝」に準え、バラックは「小皇帝(kleiner Kaiser)」と呼ばれていた。ミヒャエル・バラック フレッシュアイペディアより)

  • ミヒャエル・バラック

    ミヒャエル・バラックから見たポーツマスFC

    2009-10シーズンは32試合に出場し、チェルシーの4シーズンぶりのプレミアリーグ優勝に貢献。しかし、シーズン最終戦であるFAカップ決勝のポーツマスFC戦で靭帯を痛め、W杯出場が絶望的となった。チェルシーでは4シーズンでリーグ戦105試合に出場した。2010年夏、契約満了によりチェルシーを退団し、2010年6月25日にブンデスリーガのバイヤー・レバークーゼンへ復帰した。ミヒャエル・バラック フレッシュアイペディアより)

  • ミヒャエル・バラック

    ミヒャエル・バラックから見たUEFAチャンピオンズリーグ

    1997年、ブンデスリーガ・1.FCカイザースラウテルンに入団。2年目よりレギュラーとして定着し、能力の高さを発揮する。1999年にバイヤー・レバークーゼンへ移籍するとドイツ代表にも招集された。2001-02シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグ・国内リーグ・国内カップ戦でそれぞれ準優勝に貢献した。ミヒャエル・バラック フレッシュアイペディアより)

  • ミヒャエル・バラック

    ミヒャエル・バラックから見たマルシオ・アモローゾ

    現代サッカー最高峰の選手の一人だが、国際タイトルには全く縁がなく、チャンピオンズリーグ、ワールドカップ、欧州選手権ともに最高成績が準優勝ということからシルバーコレクターという不名誉な通称を持つ。「シルバー四冠」を2度達成した。しかしUEFAチャンピオンズリーグにおいては、2つのクラブで、それぞれのクラブ史上初の決勝進出へと導く大きな原動力となっている。ちなみに2001-02シーズンのブンデスリーガでは得点ランクもマルシオ・アモローゾ、マルティン・マックスの18得点に次ぐ17得点で2位だった。ミヒャエル・バラック フレッシュアイペディアより)

  • ミヒャエル・バラック

    ミヒャエル・バラックから見たマルティン・マックス

    現代サッカー最高峰の選手の一人だが、国際タイトルには全く縁がなく、チャンピオンズリーグ、ワールドカップ、欧州選手権ともに最高成績が準優勝ということからシルバーコレクターという不名誉な通称を持つ。「シルバー四冠」を2度達成した。しかしUEFAチャンピオンズリーグにおいては、2つのクラブで、それぞれのクラブ史上初の決勝進出へと導く大きな原動力となっている。ちなみに2001-02シーズンのブンデスリーガでは得点ランクもマルシオ・アモローゾ、マルティン・マックスの18得点に次ぐ17得点で2位だった。ミヒャエル・バラック フレッシュアイペディアより)

  • ミヒャエル・バラック

    ミヒャエル・バラックから見たユルゲン・クリンスマン

    ユルゲン・クリンスマンが2004年に代表監督に就任すると東ドイツ出身の選手として初めてキャプテンに指名された。自国開催となる2006 FIFAワールドカップでは得点こそできなかったが、その構成力とキャプテンシーで自国を3位に導く活躍を見せた。ミヒャエル・バラック フレッシュアイペディアより)

  • ミヒャエル・バラック

    ミヒャエル・バラックから見たケヴィン=プリンス・ボアテング

    2010 FIFAワールドカップは、前述5月の負傷により欠場となった。ポーツマスMFのケヴィン=プリンス・ボアテングによるタックルによるもので、右足首靭帯断裂と診断された。ミヒャエル・バラック フレッシュアイペディアより)

  • ミヒャエル・バラック

    ミヒャエル・バラックから見た1.FCカイザースラウテルン

    1997年、ブンデスリーガ・1\.FCカイザースラウテルンに入団。2年目よりレギュラーとして定着し、能力の高さを発揮する。1999年にバイヤー・レバークーゼンへ移籍するとドイツ代表にも招集された。2001-02シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグ・国内リーグ・国内カップ戦でそれぞれ準優勝に貢献した。ミヒャエル・バラック フレッシュアイペディアより)

  • ミヒャエル・バラック

    ミヒャエル・バラックから見たバイエルン・ミュンヘン

    2002年にはブンデスリーガの強豪クラブであるバイエルン・ミュンヘンに加入し、中盤の核として活躍。ミヒャエル・バラック フレッシュアイペディアより)

  • ミヒャエル・バラック

    ミヒャエル・バラックから見たサッカードイツ代表

    1997年、ブンデスリーガ・1.FCカイザースラウテルンに入団。2年目よりレギュラーとして定着し、能力の高さを発揮する。1999年にバイヤー・レバークーゼンへ移籍するとドイツ代表にも招集された。2001-02シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグ・国内リーグ・国内カップ戦でそれぞれ準優勝に貢献した。ミヒャエル・バラック フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
39件中 1 - 10件表示

「ミヒャエル・バラック」のニューストピックワード