前へ 1 2 3 4
36件中 1 - 10件表示
  • ミヒャエル・バラック

    ミヒャエル・バラックから見たフランツ・ベッケンバウアー

    その活躍ぶりから同クラブのかつての名選手・フランツ・ベッケンバウアーの後継者との評価も高く、ベッケンバウアーのニックネーム「皇帝」に準え、バラックは「小皇帝 (kleiner Kaiser) 」と呼ばれていた。ミヒャエル・バラック フレッシュアイペディアより)

  • ミヒャエル・バラック

    ミヒャエル・バラックから見たケヴィン=プリンス・ボアテング

    2009-10シーズンは32試合に出場し、チェルシーの4シーズンぶりのプレミアリーグ優勝に貢献。しかし、シーズン最終戦であるFAカップ決勝のポーツマスFC戦で、ブンデスリーガ時代から因縁があったケヴィン=プリンス・ボアテングに右足首を踏みつけられた際に靭帯を痛め、2010 FIFAワールドカップ出場が絶望となった。チェルシーでは4シーズンでリーグ戦105試合に出場した。2010年夏、契約満了によりチェルシーを退団、同年6月25日にブンデスリーガの古巣バイエル・レバークーゼンへ復帰した。ミヒャエル・バラック フレッシュアイペディアより)

  • ミヒャエル・バラック

    ミヒャエル・バラックから見たポーツマスFC

    2009-10シーズンは32試合に出場し、チェルシーの4シーズンぶりのプレミアリーグ優勝に貢献。しかし、シーズン最終戦であるFAカップ決勝のポーツマスFC戦で、ブンデスリーガ時代から因縁があったケヴィン=プリンス・ボアテングに右足首を踏みつけられた際に靭帯を痛め、2010 FIFAワールドカップ出場が絶望となった。チェルシーでは4シーズンでリーグ戦105試合に出場した。2010年夏、契約満了によりチェルシーを退団、同年6月25日にブンデスリーガの古巣バイエル・レバークーゼンへ復帰した。ミヒャエル・バラック フレッシュアイペディアより)

  • ミヒャエル・バラック

    ミヒャエル・バラックから見たサッカードイツ代表

    ミヒャエル・バラック(Michael Ballack, 1976年9月26日 - )は、ドイツ・ザクセン州ゲルリッツ(旧東ドイツ)出身の元サッカー選手。現役時代のポジションはミッドフィールダーで、ドイツ代表であった。ミヒャエル・バラック フレッシュアイペディアより)

  • ミヒャエル・バラック

    ミヒャエル・バラックから見たユルゲン・クリンスマン

    ユルゲン・クリンスマンが2004年に代表監督に就任すると東ドイツ出身の選手として初めてキャプテンに指名された。自国開催となる2006 FIFAワールドカップでは得点こそできなかったが、その構成力とキャプテンシーで自国を3位に導く活躍を見せた。ミヒャエル・バラック フレッシュアイペディアより)

  • ミヒャエル・バラック

    ミヒャエル・バラックから見たバイエル・レバークーゼン

    1997年、ブンデスリーガ・1.FCカイザースラウテルンに入団。2年目よりレギュラーとして定着し、能力の高さを発揮する。1999年にバイエル・レバークーゼンへ移籍するとドイツ代表にも招集された。2001-02シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグ・国内リーグ・国内カップ戦でそれぞれ準優勝に貢献した。ミヒャエル・バラック フレッシュアイペディアより)

  • ミヒャエル・バラック

    ミヒャエル・バラックから見た1.FCカイザースラウテルン

    1997年、ブンデスリーガ・1\.FCカイザースラウテルンに入団。2年目よりレギュラーとして定着し、能力の高さを発揮する。1999年にバイエル・レバークーゼンへ移籍するとドイツ代表にも招集された。2001-02シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグ・国内リーグ・国内カップ戦でそれぞれ準優勝に貢献した。ミヒャエル・バラック フレッシュアイペディアより)

  • ミヒャエル・バラック

    ミヒャエル・バラックから見たUEFAチャンピオンズリーグ

    1997年、ブンデスリーガ・1.FCカイザースラウテルンに入団。2年目よりレギュラーとして定着し、能力の高さを発揮する。1999年にバイエル・レバークーゼンへ移籍するとドイツ代表にも招集された。2001-02シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグ・国内リーグ・国内カップ戦でそれぞれ準優勝に貢献した。ミヒャエル・バラック フレッシュアイペディアより)

  • ミヒャエル・バラック

    ミヒャエル・バラックから見たサッカー大韓民国代表

    1999年4月28日のスコットランド戦で代表デビューを果たす。2002 FIFAワールドカップ準決勝の韓国戦では、イエローカードをもらうと累積警告で決勝に出場できなくなることを知りながら、味方のミスをカバーするために戦術的ファウルを犯し、イエローカードをもらう。直後にチームを決勝へと導くゴールを挙げた。欠場した決勝には敗れて準優勝に終わった。バラックは大会最多となる4アシストをマークした。ミヒャエル・バラック フレッシュアイペディアより)

  • ミヒャエル・バラック

    ミヒャエル・バラックから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    ブンデスリーガ優勝 1回(1997-98)ミヒャエル・バラック フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
36件中 1 - 10件表示