ミャンマー ニュース&Wiki etc.

ミャンマー連邦共和国(ミャンマーれんぽうきょうわこく、、)、通称ミャンマー/ビルマは、東南アジアのインドシナ半島西部に位置する共和制国家。独立した1948年から1989年までの国名はビルマ連邦。ASEAN加盟国、通貨はチャット、人口は 5,142万人(2014年)、首都はネピドー(2006年まではヤンゴン)。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ミャンマー」のつながり調べ

  • シンガポールのアルメニア人

    シンガポールのアルメニア人から見たミャンマー

    18世紀までにインド (特にコルコタ) 、ミャンマー、マレー半島 (特にペナンとマラッカ) 、およびジャワにおいて、アルメニア人はみずからアルメニア人コミュニティーを形成した。アリスタキース・サーキーズ商会 (Aristarkies Sarkies Company、1820年 - 1841年) 、アプカー&ステファンズ商会 (Apcar & Stephens Company、1826年 - 1845年) 、マケッチ・M・モーゼス商会 (Mackertich M. Moses Company、1821年 - 1845年) といったアルメニア人貿易商会は、シンガポール経済にあっては傑出していた。1830年代までには、アルメニア人貿易商は土地への投資を始めた。聖グレゴリーのアルメニア教会は、1835年に建設、1836年3月に奉献されたが、シンガポールで最初の教会となった。(シンガポールのアルメニア人 フレッシュアイペディアより)

  • カニシカ王の舎利容器

    カニシカ王の舎利容器から見たビルマ

    カニシカ王の舎利容器(カニシカおうのしゃりようき)は、銅箔で全面を覆われた仏教遺物で、製造年代はクシャーナ朝のカニシカ王統治元年(西暦127年)にまで遡る。この遺物は7世紀、中国の巡礼によって「インドで最も高い仏塔」と記録された、ペシャーワル郊外のシャージーデリー遺跡の発掘(1908年 - 1909年)中、カニシカ王のストゥーパの地下に埋もれた小部屋から発見された。中には釈迦の3つの骨片が入っていたといわれ、1910年に英国の発掘隊によってビルマへ運び出された。それは現在、マンダレーで目にすることが出来る。舎利容器自体は現在ペシャーワル博物館に保管されている。また複製が大英博物館に所蔵されている。(カニシカ王の舎利容器 フレッシュアイペディアより)

「ミャンマー」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

目次(フレッシュアイペディア)

「ミャンマー」
地図情報

「ミャンマー」のニューストピックワード