前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
2393件中 1 - 10件表示
  • ミョウザー

    ミョウザーから見たミャンマーミャンマー

    ミョウザー(Myo-sa)は、中世・近世のミャンマー(ビルマ)で行われていた食邑制度のこと。ミャンマー語では城市を意味する「ミョウ」と食べるを意味する「サー」の合成語である。王が王族や臣下に特定の城市や村(ユワー)を与えてそこから上がる税金を生活の資に充てさせた。ミョウザー フレッシュアイペディアより)

  • 仏教徒による宗教的迫害

    仏教徒による宗教的迫害から見たミャンマーミャンマー

    ミャンマーでは仏教が主流であり、キリスト教やイスラームはマイノリティーとして厳しい差別に苦しんでいる。両宗教の信者が高い社会的地位につこうとした場合、仏教への改宗を促されることもある。仏教徒による宗教的迫害 フレッシュアイペディアより)

  • ネピドー空港

    ネピドー空港から見たミャンマーミャンマー

    ネピドー空港(-くうこう)はミャンマーの首都ネピドーの16km南東にある空港。現在国内線のみが就航している。政府専用機の発着が多い。ネピドー空港 フレッシュアイペディアより)

  • すわじゅんこ

    すわじゅんこから見たミャンマーミャンマー

    すわじゅんこ(1984年12月17日 - )は、日本のシンガーソングライター・歌手。栃木県大田原市出身。音楽を通じたミャンマーとの交流活動が認められ、大田原市国際親善大使を務めているすわじゅんこ フレッシュアイペディアより)

  • オオクワガタ属

    オオクワガタ属から見たミャンマーミャンマー

    インド北東部・ネパール・ブータン・ミャンマー西部に産する個体群。3亜種の中で最も大きくなり、♂の体は他の亜種に比べて体はやや細長く、光沢が強い。 また、大あごの湾曲が弱く、大型個体では内歯はより前方に突出し、斜め前方を向く。オオクワガタ属 フレッシュアイペディアより)

  • スリー・パゴダ・パス

    スリー・パゴダ・パスから見たミャンマーミャンマー

    スリー・パゴダ・パス(、 - RTGS: Dan Chedi Sam Ong、 - パヤトンズー、 三仏峠、三塔峠)はタイのカーンチャナブリー県・サンクラブリー郡とミャンマーのカレン州・の国境地帯となっているテナッセーリム峠にある道のこと。カーンチャナブリー(県庁所在地)から北北西に約230kmにあるサンクラブリーの中心部から更に22キロの地点にある。スリー・パゴダ・パス フレッシュアイペディアより)

  • モン族 (Mon)

    モン族 (Mon)から見たミャンマーミャンマー

    モン族( - ぞく、Mon)は、東南アジアに住む民族の一つ。古くから東南アジアに居住しており、ハリプンチャイ王国を建てたことで有名で、後にミャンマーのペグーに移り住んだのでペグー人とも言う。ラーマンあるいはタラインと呼ばれることもある。その後一部が中国の雲南から南下してきたタイ族やビルマ族などと混血した。現在800万人程度がモン族を自称している。モン族 (Mon) フレッシュアイペディアより)

  • インド

    インドから見たミャンマーミャンマー

    西から時計回りにパキスタン、中華人民共和国、ネパール、ブータン、バングラデシュ、ミャンマー、スリランカ、モルディブ、インドネシアに接しており、アラビア海とベンガル湾の二つの海湾に挟まれて、国内にガンジス川が流れている。首都はニューデリー、最大都市はムンバイ。インド フレッシュアイペディアより)

  • シナ・チベット語族

    シナ・チベット語族から見たミャンマーミャンマー

    クキ・チン諸語 (Kukish-Chin) - ミャンマー西部チン州周辺の・の言語シナ・チベット語族 フレッシュアイペディアより)

  • 上座部仏教

    上座部仏教から見たミャンマーミャンマー

    スリランカ、ミャンマー、タイ、カンボジア、ラオスに広まり、パーリ語仏典を受持する上座部仏教は、南伝仏教とも呼ばれ、パーリ語の三蔵を伝えていることからパーリ仏教ともいう。東アジア、チベット、ベトナムへ伝わった大乗仏教(北伝仏教)とは異なる歴史経過をたどった。小乗仏教と呼ばれることもあるが、南伝仏教側の自称ではなく、そのように呼称するのは不適切とされる。上座部仏教 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
2393件中 1 - 10件表示

「ミャンマー」のニューストピックワード