1654件中 91 - 100件表示
  • タイの歴史

    タイの歴史から見たビルマミャンマー

    アジア地域に拠点を欲していた日本はタイへの接近を図った。1940年に日泰和親友好条約を締結。その後1941年12月8日にイギリスやアメリカなどの連合国との間に開戦した日本軍が、イギリスが支配していたマレー半島やビルマへ向かうためタイ南部シンゴラ(ソンクラー)に上陸すると、タイ軍は小規模な戦闘を行った。その後はタイは日本軍の通過を認めた。こうした日本の圧力や、日本軍の緒戦の勝利を背景として、1941年12月21日には日泰攻守同盟条約を締結し、日本の同盟国となった。タイの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • アジアハイウェイ

    アジアハイウェイから見たミャンマーミャンマー

    ウランウデ(Ulan-ude ロシア連邦・起点)、ウランバートル(Ulan Bator)、北京(Beijing)、天津(Tianjin)、上海(Shanghai)、長沙(Changsha)、昆明(Kunming)、チェンライ(Chiang Rai)・(タイ、ミャンマー・終点)アジアハイウェイ フレッシュアイペディアより)

  • ビルマ暦

    ビルマ暦から見たミャンマーミャンマー

    ビルマ暦(ビルマれき)は、ミャンマーやタイで昔使われていた暦法の一つ。小暦とも言う。太陰太陽暦ビルマ暦 フレッシュアイペディアより)

  • 社会主義国

    社会主義国から見たミャンマーミャンマー

    東南アジアでは、終戦の混乱に乗じて1945年に旧仏領インドシナ地域が独立を宣言し、ベトナム民主共和国(北ベトナム)が成立した。しかし1946年にはフランスが東南アジアの利権を守るべく傀儡政権のコーチシナ共和国を成立させたことで、南北分断国家となり、南北対立と断続的な戦争が行われた。北ベトナムはソ連や中国の(中ソ対立ではソ連側に付いた)、南ベトナムは当初はフランスの、後にはアメリカ合衆国の支援を受けた。しかし1975年、北ベトナム軍は南ベトナムの首都サイゴンを陥落させ、社会主義国としての統一を実現した。周辺国のカンボジア、ラオスも社会主義国となった。これに対し、ミャンマー(ビルマ)では、1962年、ネ・ウィンがそれまでの国内の混乱を背景にクーデターを決行。「社会主義へのビルマの道」と呼ばれる独特の民族主義・国家主義・社会主義体制を確立。アメリカ・ソ連との関係を最低限の範囲にまで縮小させて、国際的には孤立化の道を歩む事となった。社会主義国 フレッシュアイペディアより)

  • チエンセーン郡

    チエンセーン郡から見たミャンマーミャンマー

    [[Image:Golden Triangel at Amphoe Chiang Saen.jpg|left|thumb|170px|チエンセーンから見た黄金の三角地帯、向こう岸の森林はラオスで、中州のように見えるのはミャンマーである。]]タイとラオス、ミャンマーが接する地点にあり、を挟んで北にミャンマー、メコンを挟んで東にラオスと国境を接するいわゆる黄金の三角地帯である。またチエンラーイの水源であるコック川とメコンが合流する地点でもある。チエンセーン郡 フレッシュアイペディアより)

  • セーターティラート

    セーターティラートから見たビルマミャンマー

    セーターティラート王(1534年 - 1572年)はラオスの昔の王朝、ラーンサーン王国もしくは、タイの北部の古代王朝ラーンナータイ王国の16代目の王。本来的にはラオスのラーンサーン王朝の王であったが、母がラーンナータイ王朝の出であったので、後にラーンナータイ王朝の王も兼位するようになった。ビエンチャンを建設し、ラーンナータイ王朝から多くの文化をラオスに輸出した。王は首都に煉瓦壁をめぐらせて防備を施し、エメラルド仏を安置するワット・プラケーオを建立して都城の体裁を整えた。その仏像は、王が即位式を挙げたチェンマイから持ち帰ったものである。また、首都の東北には、仏像を安置してあると伝えられるタート・ルアンを建立した。このビエンチャン建設は、諸外国との貿易の要地としての利用という目的だけでなく、当時インドシナ半島の中央部を脅かそうと狙っていたビルマに対する戦略的要衝の建設という目的もあった。セーターティラート フレッシュアイペディアより)

  • 安倍晋三

    安倍晋三から見たミャンマーミャンマー

    第2次安倍内閣における価値観外交の特色は、中国やインドの間という地政学的優位性が高い上、経済や安全保障での重要性も高まる東南アジアを重視する点である。第2次安倍内閣最初の閣僚外遊は、麻生太郎副総理兼財務相・金融相のミャンマー訪問であった。この点、麻生副総理は、「閣僚の最初の訪問先がミャンマーとなったこと自体、政権としてのメッセージである。」と述べている。安倍晋三首相も、就任後最初の外遊先として、2013年1月16日から18日にかけ、ベトナム、タイ、インドネシアを訪問。アジア太平洋地域の戦略環境が変化する中で、地域の平和と繁栄を確保していくため、自由、民主主義、基本的人権、法の支配など普遍的価値の実現と経済連携ネットワークを通じた繁栄を目指し、日本はASEANの対等なパートナーとして共に歩んでいく旨のメッセージを各国首脳に伝達した上、対ASEAN外交5原則を発表した。安倍晋三 フレッシュアイペディアより)

  • 訃報 2007年

    訃報 2007年から見たミャンマーミャンマー

    10月12日 - ソー・ウィン、ミャンマーの首相(* 1948年)訃報 2007年 フレッシュアイペディアより)

  • 魚醤

    魚醤から見たミャンマーミャンマー

    東南アジアでは、タイのナンプラー (、nam pla) 、ベトナムのヌックマム ( ニョクマムとも) が世界的に有名である。他にも、フィリピンのパティス (patis)、カンボジアのトゥック・トレイ (、tuk trey)、ラオスのナンパー (nam paa)、ミャンマーのンガンピャーイェー (ngan-pya-ye) 、インドネシアのケチャップ・イカン (kecap ikan) などがある。中国の広東省やマカオの魚露(ユーロウ)も地元で広く使われている。これらの言葉はおおむね「魚の水」という意味である。福建省福州では露(キエロウ)といい、厦門のケチャップ(鮭汁)の「鮭」と同じく塩辛を意味する語と、「露」を組み合わせている。魚醤 フレッシュアイペディアより)

  • カーンチャナブリー県

    カーンチャナブリー県から見たミャンマーミャンマー

    カーンチャナブリー県はタイ・中部の県(チャンワット)の一つ。ターク県、ウタイターニー県、スパンブリー県、ナコーンパトム県、ラーチャブリー県と接し、西部にはミャンマーとの国境が広がる。カーンチャナブリー県 フレッシュアイペディアより)

1654件中 91 - 100件表示

「ミャンマー」のニューストピックワード