1654件中 31 - 40件表示
  • 2011年ミャンマー洪水

    2011年ミャンマー洪水から見たミャンマーミャンマー

    2011年ミャンマー洪水は、2011年10月19-20日にかけてミャンマーで発生した洪水。2011年ミャンマー洪水 フレッシュアイペディアより)

  • サティア・ナラヤン・ゴエンカ

    サティア・ナラヤン・ゴエンカから見たミャンマーミャンマー

    S.N.ゴエンカ(1924年生まれ)は、ミャンマー出身のヴィパッサナー瞑想の在家指導者。レディ・サヤドを祖とする瞑想法の伝統を、その孫弟子にあたるサヤジ・ウ・バ・キンから受け継ぎ、欧米・世界に普及させた。1サティア・ナラヤン・ゴエンカ フレッシュアイペディアより)

  • 脱植民地化

    脱植民地化から見たミャンマーミャンマー

    もちろん、これ以外に、農業技術の発展や災害(フランス領インドシナの場合)、宗教の発展や変化(ミャンマーにおける仏教、オランダ領東インドにおけるイスラム、ニヤサランドにおけるジョン・チレンベ主導の抵抗など)、また1930年代の世界恐慌の影響などの要因も見逃せない。脱植民地化 フレッシュアイペディアより)

  • ビルマ連邦国民連合政府

    ビルマ連邦国民連合政府から見たミャンマーミャンマー

    ビルマ連邦国民連合政府(ビルマれんぽうこくみんれんごうせいふ)は、アメリカ・メリーランド州のロックヴィル(Rockvill)を本拠地とするビルマの亡命政府。現在の政府元首は、アウンサンスーチーの従兄弟たるセイン・ウィン(:en:Sein Win)であり、1990年の政府成立時に秘密裏に召集された国民議会(英語で People's Assembly、ビルマ語で Pyithu Hluttaw、人民議会とも訳す)の議員によって選出された。ビルマ連邦国民連合政府 フレッシュアイペディアより)

  • 近代から現代にかけての世界の一体化

    近代から現代にかけての世界の一体化から見たミャンマーミャンマー

    ミャンマーでは1920年代から民族運動がはじまり、僧侶による啓蒙運動や1930年結成のタキン党とよばれる急進的民族主義者の台頭がみられた。イギリスはこうした動きを弾圧したが、一方では議会制を導入し、部分的な自治を認めるなどの妥協も講じた。近代から現代にかけての世界の一体化 フレッシュアイペディアより)

  • モン州

    モン州から見たミャンマーミャンマー

    モン州(モンしゅう)はミャンマーの行政区画の一。ミャンマー南東部に位置し、面積12,155平方キロ。西はアンダマン海に面しており、海岸線は566キロあり、海岸沿いに位置する島嶼群もモン州の一部である。日本では小説や映画で有名な「ビルマの竪琴」は、ムドン収容所が舞台である。モン州 フレッシュアイペディアより)

  • ミンガラドン工業団地

    ミンガラドン工業団地から見たミャンマーミャンマー

    ミンガラドン工業団地 (英語:Mingaladon Industrial Park:MIP )は、ミャンマーのミンガラドン工業団地社が管理する工業団地。1998年に開設されたミャンマー初の国際水準の工業団地。ヤンゴン市ミンガラドン郡区に位置する。日本企業が多く入居する。ミンガラドン工業団地 フレッシュアイペディアより)

  • プラチナ (漫画)

    プラチナ (漫画)から見たミャンマーミャンマー

    真理子の学生時代の友人。推定年齢26歳。フリーライターで、現在は同業で婚約者の坂口と同棲している。ところが坂口は仕事でミャンマーに出張し、彼女は坂口に不満を持っている。また彼女は大学を留年の繰り返しで、真理子のおかげで卒業できたと感謝している。真理子の勧めでマリコ・マリッジに依頼をする。それは上司のデスクから念願の仕事が舞い降りてきたために、フリーライターとしてのステップアップを目指し、そのネタ記事として結婚式節約を書くためでもあった。さらに挙式・披露宴の経費を削り、翔太とこぶし達を困惑させた「究極の倹約お姉さん」。コストを減らした挙句に惨めな披露宴を迎えるが、翔太達の支えで無事に終わらせた。プラチナ (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木敬司

    鈴木敬司から見たビルマミャンマー

    1940年(昭和15年)6月から10月まで、「南益世」名でビルマに出張した。1941年(昭和16年)2月、南機関長となりバンコクに駐在し、同年11月、南方軍総司令部付としてビルマ工作に従事。1942年(昭和17年)6月、留守近衛師団司令部付に発令され、翌月、ラングーンを離れた。同年8月、第7師団参謀長に就任。鈴木敬司 フレッシュアイペディアより)

  • 千野皓司

    千野皓司から見たミャンマーミャンマー

    千野 皓司(ちの こうじ、1930年12月17日 - )は、日本の映画監督、脚本家、日本映画監督協会元専務理事、現理事、日本映像職能連合前幹事長、社団法人・日本ミャンマー友好協会会長ミャンマー関連団体連絡会代表委員、東京町田ペンの会々長。竹橋事件の会副会長千野皓司 フレッシュアイペディアより)

1654件中 31 - 40件表示

「ミャンマー」のニューストピックワード