2393件中 31 - 40件表示
  • 池田勇人内閣の政策

    池田勇人内閣の政策から見たミャンマーミャンマー

    池田のアジア外交は、共産主義が中国からその周辺に拡大しないこと、資本主義・民主主義システムがアジアにおいて確固たる地位を確立することを外交目標に置いた。特に中国の影響が強く、西側諸国との関係が好ましくないビルマとインドネシアが、日本の責任地域であると池田は考えていた。池田は賠償の再検討などの手段、つまり経済的援助によって、中国に依存しないで済むようにして両国を中国から引き離し、自由世界に引き込みたいと考えた。池田勇人内閣の政策 フレッシュアイペディアより)

  • 革命

    革命から見たミャンマーミャンマー

    8888民主化運動(1988年 - 1990年、ビルマ - ミャンマー) - 1988年8月8日のゼネスト・デモが民主化運動の象徴となった。1990年の総選挙で国民民主連盟が勝利するも、軍事政権国家法秩序回復評議会は選挙結果を無視して居座った。革命 フレッシュアイペディアより)

  • 福岡アジア文化賞

    福岡アジア文化賞から見たミャンマーミャンマー

    タン・ミン・ウー(ミャンマー、歴史学) 大賞福岡アジア文化賞 フレッシュアイペディアより)

  • 東南アジア諸国連合

    東南アジア諸国連合から見たミャンマーミャンマー

    ミャンマーの民主化問題については、懸念を表明すると共に、アウンサンスーチーの早期解放を要求することで一致した。東南アジア諸国連合 フレッシュアイペディアより)

  • ジョセフ・スティルウェル

    ジョセフ・スティルウェルから見たビルマミャンマー

    1942.2 中国・ビルマ・インド戦域米陸軍司令官ジョセフ・スティルウェル フレッシュアイペディアより)

  • フタマタクワガタ属

    フタマタクワガタ属から見たミャンマーミャンマー

    バングラデシュ、ミャンマー。ヒメフタマタクワガタとも呼ばれる。前翅は赤く、大アゴは直線的に伸ばす。フタマタクワガタ属 フレッシュアイペディアより)

  • イギリス領インド帝国

    イギリス領インド帝国から見たミャンマーミャンマー

    その領域はインド・パキスタン(後のバングラデシュを含む)のみならず、現在のミャンマー、ネパール、スリランカも版図とした。イギリス領インド帝国 フレッシュアイペディアより)

  • バンコク

    バンコクから見たミャンマーミャンマー

    バンコクの歴史は1782年、ラーマ1世がタークシンを処刑しそれまでのトンブリーからチャオプラヤー川の対岸に首都を移したことに始まる。ラーマ1世が遷都した理由として、トンブリーがチャオプラヤー川西岸にあり、当時チャオプラヤー川周辺に勢力を広げようとしていたビルマのコンバウン王朝(現、ミャンマー)の進入が容易だったからである。バンコク フレッシュアイペディアより)

  • 太平洋戦争

    太平洋戦争から見たミャンマーミャンマー

    日本は重慶中華民国政府への軍事物資の補給ルートを遮断するため、6月19日にフランス領インドシナ(仏印)政府に圧力をかけ、「援蒋仏印ルート」の遮断を要求した。本国で成立したヴィシー政権との間で9月に協定が結ばれ、紅河以北のインドシナに進駐、中華民国支配地域への攻撃に利用した。これにより日本の対米英関係は緊張した。その後新たにビルマを経由する「援蒋ビルマルート」が作られた。1940年(昭和15年)7月19日の荻窪会談では、盟主である英国が不在の東南アジア植民地に向かう南進論の方針が確認され、戦争相手は英国のみに局限するが、対米戦も準備する必要があるとされた。7月26日には基本国策要綱が閣議決定された。太平洋戦争 フレッシュアイペディアより)

  • ブッダガヤ爆弾テロ事件

    ブッダガヤ爆弾テロ事件から見たミャンマーミャンマー

    ダライ・ラマ14世およびロブサン・センゲガンデンポタン首相、スリランカ首相マヒンダ・ラージャパクサ、ミャンマーのアウンサンスーチーはテロを非難した。カルマパ17世はこの無分別な暴力に対してこれ以上の暴力がエスカレートしないように信徒には冷静に対処するよう述べた。また、も悲しい事件であると発表した。ブッダガヤ爆弾テロ事件 フレッシュアイペディアより)

2393件中 31 - 40件表示

「ミャンマー」のニューストピックワード