1654件中 41 - 50件表示
  • With You 〜みつめていたい〜

    With You 〜みつめていたい〜から見たミャンマーミャンマー

    ヒロインの一人真奈美が住んでいたミャンマーに関する説明も細かく、民族衣装ロンジーなどが出てくる。With You 〜みつめていたい〜 フレッシュアイペディアより)

  • シカクマメ

    シカクマメから見たミャンマーミャンマー

    ビルマやインド、インドネシア、パプアニューギニア、日本の沖縄県や小笠原諸島などで商業栽培されており、日本本土でも家庭菜園や緑のカーテン向けに栽培が広まっている。シカクマメ フレッシュアイペディアより)

  • 徳宏タイ族チンポー族自治州

    徳宏タイ族チンポー族自治州から見たミャンマーミャンマー

    徳宏タイ族チンプオ族自治州(とっこう-タイぞく-チンプオぞく-じちしゅう)は中華人民共和国雲南省に位置する自治州。名称に含まれているタイ族はタイ族(泰)ではなく、?族(雲南省に住むタイ族系ルー族)である。チンプオ族はミャンマーのカチン州でカチン族と呼ばれる人々である。徳宏タイ族チンポー族自治州 フレッシュアイペディアより)

  • アジア・アフリカ諸国の独立年表

    アジア・アフリカ諸国の独立年表から見たミャンマーミャンマー

    1948年 - ビルマ連邦がイギリスから独立。アジア・アフリカ諸国の独立年表 フレッシュアイペディアより)

  • パゴダ平和記念塔

    パゴダ平和記念塔から見たビルマミャンマー

    ミャンマー(旧ビルマ)の首都ヤンゴン(旧ラングーン)にあるシュエダゴン・パゴダの形を参考に建設され、ビルマ(当時)から贈られた仏舎利が納められている。市内各所からその姿を眺めることができる。パゴダ平和記念塔 フレッシュアイペディアより)

  • ミャンマーの茶

    ミャンマーの茶から見たミャンマーミャンマー

    ミャンマーの茶(ミャンマーのちゃ)では、ミャンマーにおける茶について解説する。茶の発祥地である中国雲南省とミャンマーは国境を接しており、古くから茶の栽培と利用が行なわれてきた。また、ラペソーなど独特の後発酵茶が現在でも広く親しまれている。ミャンマーの茶 フレッシュアイペディアより)

  • シップソーンパンナー

    シップソーンパンナーから見たビルマミャンマー

    16世紀にビルマタウングー王朝が成立すると、バインナウンの治世に東方への攻勢をつよめ、ラーンナー、ラーンサーン王朝とともにシップソーンパンナーもその支配下に入った。シップソーンパンナーでは、行政単位である「パンナー」がメコン河の東岸に6、西岸に6、あわせて12設定され、これ以後、「シップソーンパンナー(12のパンナー)」がこの国の呼称となった。以後、シップソーンパンナーは、中国に加え、ビルマにも臣属することとなった。シップソーンパンナー フレッシュアイペディアより)

  • ビルマ式社会主義

    ビルマ式社会主義から見たミャンマーミャンマー

    ビルマ式社会主義とは、正確には「社会主義へのビルマの道」((; )と呼ばれ、1960年代から1980年代にかけてビルマ(ミャンマー)で提唱された、社会主義の一潮流である。ビルマ式社会主義 フレッシュアイペディアより)

  • AFCプレジデンツカップ

    AFCプレジデンツカップから見たミャンマーミャンマー

    2008年度以降、バングラデシュ、ミャンマー、トルクメニスタンが加わり、現在は11カ国が参加して行われている。2011年度よりパレスチナの参加が決定したため、12カ国が参加しての大会となる。2012年度よりミャンマーはAFCカップに参加することになったためAFCプレジデンツカップには参加しない。また、新たにモンゴルが参加することとなった。2013年度よりタジキスタンはAFCカップに参加することになったためAFCプレジデンツカップには参加しない。AFCプレジデンツカップ フレッシュアイペディアより)

  • 斉藤隆志

    斉藤隆志から見たミャンマーミャンマー

    齋藤 隆志(さいとう たかし、1949年4月12日 - )は、日本の外交官。駐ミャンマー特命全権大使。斉藤隆志 フレッシュアイペディアより)

1654件中 41 - 50件表示

「ミャンマー」のニューストピックワード