1654件中 51 - 60件表示
  • プエラリア

    プエラリアから見たミャンマーミャンマー

    プエラリア(学名:)は、タイ北部やミャンマーの山岳地帯など、亜熱帯地域の落葉樹林に自生するマメ科クズ属の植物。赤いグワオーデン、黒いグワオーダム、白いグアオークルアの3種類が有る。 塊根に含まれる成分はショ糖 (砂糖)・食物繊維が大部分だが、女性ホルモンに似た作用を持つ植物性エストロゲン・イソフラボンが含まれており、含有量は大豆のほぼ40倍にも達する。プエラリア フレッシュアイペディアより)

  • 近世から近代にかけての世界の一体化

    近世から近代にかけての世界の一体化から見たビルマミャンマー

    康熙帝、雍正帝、乾隆帝の3人の皇帝の時代を三世の春と呼ぶ。この3人の時代に、皇帝はモンゴル、チベット、ウイグル等の民族にハーンとして君臨し、理藩院による間接統治をおこなう形態を採用する一方、李氏朝鮮やヴェトナム、ビルマ、タイなどの東南アジアの諸国には中国の伝統的な外交方針である冊封体制のもと、周辺諸国とのあいだで朝貢貿易がおこなわれ、緩やかに周辺を支配する形態を採用する形式が完全に確立した時代だった。そのため、ヨーロッパ諸国も中国の伝統的秩序のなかで貿易を行わざるを得なかった。上述のように茶、陶磁器などの物品はヨーロッパで人気のある商品だったため、ヨーロッパの商人は代価として銀を支払うという片貿易の状態が続いた。これは、対日貿易も同じで、明朝の時代よりアメリカ大陸や日本からの銀の輸入が続いたことにより、康熙帝は1711年、地丁銀制を採用した。近世から近代にかけての世界の一体化 フレッシュアイペディアより)

  • 学校制服

    学校制服から見たミャンマーミャンマー

    ミャンマーの公的学校では、幼稚園から10学年までの間は制服を着用しなければならない。幼稚園から4年生までは、男子は白シャツと緑のズボン(長短が可能)が義務である。女子も同様に白シャツとスカートまたはズボンで構成される。5年生から入学までは、伝統的なビルマ衣装が適切な学校制服とみなされている。男子は白シャツ(マンダリン襟または襟なし)、pasoと呼ばれる緑のサロン、ビルマサンダルである。女子は伝統的なビルマブラウス(yinziは前開き, yin-phonは横開き)と、htameinと呼ばれる緑のサロン、ビルマサンダルである。学校制服 フレッシュアイペディアより)

  • メダル・オブ・オナー ライジングサン

    メダル・オブ・オナー ライジングサンから見たビルマミャンマー

    主人公。通称ジョー。ペンシルベニア州マザー出身。階級は伍長だが、作中で軍曹に昇格する。学生時代はトップアスリートとして活躍し、高校卒業後に海兵隊に入隊する。配属先のホノルルでは人気者。1歳下の弟にドニー・グリフィンが、妹にメアリー・グリフィンがいる。ハワイ・真珠湾で日本海軍による真珠湾攻撃に遭遇後、フィリピンでの戦闘やガダルカナルの戦いに参加。後にアメリカ軍戦略情報機関OSSに所属しシンガポール、ビルマ(ミャンマー)に潜入、「マレーの虎」と呼ばれ恐れられた日本軍将校「山下奉文将軍」の隠し黄金(山下財宝)について調査指令を受ける……。メダル・オブ・オナー ライジングサン フレッシュアイペディアより)

  • クレア・リー・シェンノート

    クレア・リー・シェンノートから見たビルマミャンマー

    1941年11月に友好国のイギリスの植民地であったビルマにむけ5?6週間かけて渡航し、現地にて正式に中華民国軍として兵籍に入った。そしてイギリス空軍からラングーンの北にあるキェダウ航空基地を借り受け、ここをAVGの本拠地とした。その翌月の1941年12月には昆明で日本軍と初の航空戦を行い、護衛機無で飛来してきた川崎製九九式双発軽爆撃機10機と遭遇し戦闘状態に入った。報告はさまざまであったが、この内AVGは5?9機の爆撃機を撃墜(日本側記録では3機被撃墜)を主張し、AVG側は損失1機(燃料切れで不時着)だった。クレア・リー・シェンノート フレッシュアイペディアより)

  • 南機関

    南機関から見たミャンマーミャンマー

    機関長は鈴木敬司陸軍大佐。ビルマ(現在のミャンマー)の独立運動の支援を任務とし、ビルマ独立義勇軍の誕生に貢献した。今日の日本とミャンマーとの友好関係の基礎を築いたとも評価される。南機関 フレッシュアイペディアより)

  • ミヤマクワガタ属

    ミヤマクワガタ属から見たミャンマーミャンマー

    L. l. lucidulus - ミャンマーミヤマクワガタ属 フレッシュアイペディアより)

  • ミャンマーの国旗

    ミャンマーの国旗から見たミャンマーミャンマー

    ミャンマーの国旗は、2010年10月21日に軍事政権により変更された。ミャンマーの国旗 フレッシュアイペディアより)

  • ジョセフ・スティルウェル

    ジョセフ・スティルウェルから見たビルマミャンマー

    1942.2 中国・ビルマ・インド戦域米陸軍司令官ジョセフ・スティルウェル フレッシュアイペディアより)

  • サッカースコットランド代表

    サッカースコットランド代表から見たミャンマーミャンマー

    1863年イングランドで近代サッカー(現代のサッカー)が誕生した時からイングランドはロングボール戦法だった。イングランド代表に勝てなかったスコットランド代表は1867年にショートパス戦法を考案。スコットランドはショートパス戦法確立後、1872年?1882年の10年間で、イングランドに対し、7勝2敗2分け得点39失点31試合平均得点3.55平均失点1.91と大きく勝ち越した。この2つの戦法が、近代サッカー(現代のサッカー)伝来と同時か、もしくは時を経て各国に伝播されていき、各国のサッカー戦術の源流となった。なお、日本で現在主流のショートパスも、スコットランド人からサッカーを学んだビルマ(現ミャンマー)人留学生チョウ・ディンの1923(大正12)年からの全国巡回指導及び指導書出版によりもたらされたものである。サッカースコットランド代表 フレッシュアイペディアより)

1654件中 51 - 60件表示

「ミャンマー」のニューストピックワード