2393件中 51 - 60件表示
  • ヤマゲラ

    ヤマゲラから見たミャンマーミャンマー

    アルバニア、イタリア、インド、インドネシア(スマトラ島)、ウクライナ、エストニア、オーストリア、オランダ、カザフスタン、韓国、カンボジア、北朝鮮、ギリシャ、クロアチア、スイス、スペイン、スロバキア、スロベニア、台湾、チェコ、中国、ドイツ、トルコ、日本、ネパール、ノルウェー、パキスタン、ハンガリー、バングラデシュ、フィンランド、ブータン、フランス、ブルガリア、ベトナム、ベラルーシ、ベルギー、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ポーランド、マケドニア、マレーシア、ミャンマー、モンゴル、モンテネグロ、ラトビア、リヒテンシュタイン、ルクセンブルク、ルーマニア、ロシア。ヤマゲラ フレッシュアイペディアより)

  • ノーラ B-52

    ノーラ B-52から見たミャンマーミャンマー

    セルビアはノーラB-52戦場火砲システム(K1、KE、KIを含むB-52ファミリー、BOV M11偵察車、BOV M10指揮車、およびに部隊砲制御および気象用車輌、弾薬運搬車など様々な車輌に搭載され、小隊用戦場火砲ソフト、部隊および分隊レベルが含まれる)をミャンマー、ケニヤ、バングラディッシュに輸出している。ノーラ B-52 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の気象・地象・天象

    2011年の気象・地象・天象から見たミャンマーミャンマー

    10月20日 - ミャンマーで洪水発生、23日までに106人死亡(2011年ミャンマー洪水を参照)。2011年の気象・地象・天象 フレッシュアイペディアより)

  • 訃報 2007年10月

    訃報 2007年10月から見たミャンマーミャンマー

    10月12日 - ソー・ウィン、ミャンマーの首相(* 1948年)訃報 2007年10月 フレッシュアイペディアより)

  • 西村琢磨

    西村琢磨から見たビルマミャンマー

    西村 琢磨(にしむら たくま)は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍中将。陸大(32期)卒で、砲兵科を専門とした。軍務局勤務が長く、1933年に五・一五事件の軍法会議判士長を務める。1940年に印度支那派遣軍司令官として仏印に進駐、1941年には近衛師団長としてマレー作戦に参加。1942年の予備役編入後も陸軍司政長官としてビルマ・シャン州政庁長官などを務めた。1947年に英軍裁判でシンガポール華僑粛清事件、1950年に濠軍裁判でパリットスロン事件の責任を問われ、1951年濠軍裁判で死刑判決を受け、マヌス島で刑死。西村琢磨 フレッシュアイペディアより)

  • ハネオレホソバエ

    ハネオレホソバエから見たミャンマーミャンマー

    ロシア・本州・台湾・ミャンマー。タイプ産地は 「Formosa, Kosempo」(台湾・甲仙埔)。ハネオレホソバエ フレッシュアイペディアより)

  • タガヤサン

    タガヤサンから見たミャンマーミャンマー

    タガヤサン(鉄刀木、学名:Senna siamea、シノニム:Cassia siamea)は、マメ科ジャケツイバラ亜科の広葉樹。タイ、インド、ミャンマー、インドネシアなどの東南アジア原産。タガヤサン フレッシュアイペディアより)

  • シップソーンパンナー

    シップソーンパンナーから見たビルマミャンマー

    16世紀にビルマタウングー王朝が成立すると、バインナウンの治世に東方への攻勢をつよめ、ラーンナー、ラーンサーン王朝とともにシップソーンパンナーもその支配下に入った。シップソーンパンナーでは、行政単位である「パンナー」がメコン河の東岸に6、西岸に6、あわせて12設定され、これ以後、「シップソーンパンナー(12のパンナー)」がこの国の呼称となった。以後、シップソーンパンナーは、中国に加え、ビルマにも臣属することとなった。シップソーンパンナー フレッシュアイペディアより)

  • ミャンマーの茶

    ミャンマーの茶から見たミャンマーミャンマー

    ミャンマーの茶(ミャンマーのちゃ)では、ミャンマーにおける茶について解説する。茶の発祥地である中国雲南省とミャンマーは国境を接しており、古くから茶の栽培と利用が行なわれてきた。また、ラペソーなど独特の後発酵茶が現在でも広く親しまれている。ミャンマーの茶 フレッシュアイペディアより)

  • インド皇帝

    インド皇帝から見たミャンマーミャンマー

    16世紀以降、ムガル王朝がインド亜大陸の大部分を治めた際も、地理的な呼称を使用せず、単純にパーディシャー(西側諸国では「皇帝」に近い意味合いで解釈されている)という称号を使用した。1857年に起きたインド大反乱の際、セポイはデリーを占領し、バハードゥル・シャー2世をインド皇帝として擁立した。反乱が鎮圧された後に、バハードゥル・シャー2世は捕らえられ、1858年にビルマ(現ミャンマー)のラングーンに追放され、ムガル帝国は滅亡した。インド皇帝 フレッシュアイペディアより)

2393件中 51 - 60件表示

「ミャンマー」のニューストピックワード