1654件中 61 - 70件表示
  • インド皇帝

    インド皇帝から見たミャンマーミャンマー

    16世紀以降、ムガル王朝がインド亜大陸の大部分を治めた際も、地理的な呼称を使用せず、単純にパーディシャー(西側諸国では「皇帝」に近い意味合いで解釈されている)という称号を使用した。1857年に起きたインド大反乱の際、セポイはデリーを占領し、バハードゥル・シャー2世をインド皇帝として擁立した。反乱が鎮圧された後に、バハードゥル・シャー2世は捕らえられ、1858年にビルマ(現ミャンマー)のラングーンに追放され、ムガル帝国は滅亡した。インド皇帝 フレッシュアイペディアより)

  • 戦場にかける橋

    戦場にかける橋から見たビルマミャンマー

    第二次世界大戦の真っ只中である1943年のタイとビルマの国境付近にある捕虜収容所を舞台に、日本軍の捕虜となったイギリス軍兵士らと、彼らを強制的に泰緬鉄道建設に動員しようとする日本人大佐との対立と交流を通じ極限状態における人間の尊厳と名誉、戦争の惨さを表現した戦争映画。劇中に登場するイギリス軍兵士への数々の懲罰は、原作者のブールが実際に体験したものであるとされる。戦場にかける橋 フレッシュアイペディアより)

  • イギリス領インド帝国

    イギリス領インド帝国から見たミャンマーミャンマー

    インド大反乱(セポイの乱)の後、イギリスはムガル皇帝を廃し、東インド会社を解散させたうえで、イギリス国王(当時はヴィクトリア女王)がインド皇帝を兼ねるイギリス領インド帝国を成立させた。本国イギリスにはインド省が、インドには「インド副王」の称号を持つイギリス人総督が置かれた。1824年からの3次におよぶイギリス・ビルマ戦争によって、1886年から1937年までは現在のミャンマーの版図もその領土としていた。国際連盟、国際連合ともに原加盟国である。イギリス領インド帝国 フレッシュアイペディアより)

  • ロヒンギャ

    ロヒンギャから見たミャンマーミャンマー

    ロヒンギャ(、またはロヒンジャー)とは、ミャンマーのヤカイン州とバングラデシュのチッタゴン管区に跨って暮らすベンガル系ムスリム集団である。ロヒンギャ フレッシュアイペディアより)

  • 高尾光子

    高尾光子から見たミャンマーミャンマー

    1935年(昭和10年)、松竹を退社してP.C.L.映画製作所に移籍、トーキーに出演する。同年、イギリス領ビルマとの合作映画で、「ビルマ映画の父」と呼ばれるウー・ニイプ監督の『にっぽんむすめ』に出演する。1937年(昭和12年)7月1日に公開された、滝沢英輔監督の『東海道は日本晴れ』に出演したのを最後に、満22歳の誕生日を目前に映画界を引退、同年、東京劇団に入団して舞台演劇に進出した。高尾光子 フレッシュアイペディアより)

  • チンプオ族

    チンプオ族から見たミャンマーミャンマー

    チンプオ族、チンポー族(ビルマ語:?????????????、中国語:景?族/景頗族/JǐngPōZú)またはカチン族(Kachin)は主にミャンマーのカチン州、中華人民共和国雲南省に住む民族。チンプオ族 フレッシュアイペディアより)

  • 超大国

    超大国から見たミャンマーミャンマー

    ロシア・モンゴルと大きく北に国境を接しており、西は併合したウイグルを隔ててカザフスタンと接する。南西のインド・パキスタンとはチベットを隔てて面し、南はミャンマー・ベトナム、海を隔てて韓国・日本・台湾・フィリピンとそれぞれ接する。これらのうちミャンマーとパキスタンを除く諸国は仮想敵国であり、実際に国境紛争・戦争が行われた。同じ社会主義陣営であった旧ソ連に対しても中ソ国境紛争に代表されるように例外ではなく、ソ連に対抗するために米国と協調する光景すら見られた。現在は、日米への対抗や国内の少数民族の民族主義への対抗のために、旧ソ連諸国とは基本的に共闘姿勢をとっている。パキスタンとの友好関係は、主にインドを牽制する意図によるものである。ミャンマーをインド洋への出口として利用する意図からミャンマーの軍事政権には多大な援助を行っているほか、朝鮮半島では北朝鮮を緩衝国として利用しており、同盟国としてその政治体制を支えている。超大国 フレッシュアイペディアより)

  • 中華人民共和国の国際関係

    中華人民共和国の国際関係から見たミャンマーミャンマー

    中国はアジアにおける緊張を和らげる努力をし、20世紀の最後の10年の間に中国とアジアの近隣諸国との関係は安定した。中国は朝鮮半島の安定化に貢献し、ASEAN諸国(ブルネイ、ミャンマー、インドネシア、ラオス、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム)と協力関係を築き、ASEAN地域フォーラムに参加した。1997年、ASEAN諸国、中国、韓国、日本は地域間協力の強化について話し合うため、ASEAN+3を毎年開催することを合意した。2005年、ASEAN+3諸国とインド、オーストラリア、ニュージーランドは東アジアサミットを開催した。中越戦争で悪化したベトナムとの関係も現在は改善している。南シナ海における東南アジア諸国との国境紛争は続いており、東シナ海においては日本との領土問題を抱えている。中華人民共和国の国際関係 フレッシュアイペディアより)

  • ナガランド州

    ナガランド州から見たビルマミャンマー

    ナガ族はビルマやアッサムと文化と経済で深い繋がりを持って来た。ナガランドの古代・中世における歴史は明らかではない。アッサムやナガランドのナガ族と比較して、マニプルのナガ族には文化的に大きな違いのあることから"Kaccha Nagas(Fake nagas)"とも呼ばれている。1816年のビルマが侵攻してその支配下に入った。19世紀前半、イギリスがこの地の西側のアッサム州まで勢力を拡大し、アッサムの紅茶産業を隣接するナガ部族の襲撃から守るに苦心した。第二次世界大戦中の1944年、この地まで進出した日本軍をイギリス・インド連合軍が撃退した。また、ナガランド州の南にあるインパールでも、日本軍の攻撃は阻止された(インパール作戦)。日本軍がインパール作戦に入るまではナガランドはイギリスの支配を受けておらず、インドがイギリスから独立する前日の1947年8月14日に独立宣言を行う。1947年8月15日より、イギリスから独立したインドの一部になっているが、インドからの独立運動が続いており、現在でも一部の勢力はインド政府に抵抗している。ナガランド州 フレッシュアイペディアより)

  • 福岡アジア文化賞

    福岡アジア文化賞から見たミャンマーミャンマー

    トー・カウン(ミャンマー、図書館学者) 学術研究賞福岡アジア文化賞 フレッシュアイペディアより)

1654件中 61 - 70件表示

「ミャンマー」のニューストピックワード