1654件中 81 - 90件表示
  • 9月18日

    9月18日から見たミャンマーミャンマー

    1988年 - 8888民主化運動: ミャンマーでソウ・マウン国防相がクーデターを起こして全権を掌握し、民主化運動を鎮圧。9月18日 フレッシュアイペディアより)

  • ビルマの竪琴

    ビルマの竪琴から見たミャンマーミャンマー

    雑誌「赤とんぼ」に1947年3月から1948年2月まで掲載された。ビルマ(現在のミャンマー)を舞台としている。市川崑の監督によって、1956年と1985年に2回映画化された。各国語にも訳されている。ビルマの竪琴 フレッシュアイペディアより)

  • 植民地

    植民地から見たミャンマーミャンマー

    19世紀始めのナポレオン戦争に勝利したイギリスは世界の海の覇権を握り大英帝国を建設することとなり、東南アジアのビルマと海峡植民地(後のマレーシア)、中国の香港、流刑植民地として出発したオーストラリアとニュージーランド、アフリカではナイジェリア、南アフリカ、南アメリカ大陸のフォークランド諸島などを植民地とした。イギリスはまたスペイン・ポルトガルから独立後の南米諸国やオスマン帝国から独立した中近東諸国にも大きな影響力を持っていたが、これらの植民地は第二次世界大戦後民族独立の波に乗って次々に独立していった。また1997年には香港を中華人民共和国に返還している。植民地 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄C56形蒸気機関車

    国鉄C56形蒸気機関車から見たミャンマーミャンマー

    C56形は軽量小型でありながら長距離の運用に適する設計であるために軍部より注目され、太平洋戦争開戦直前の1941年11月および12月に、製造された160両のうち半数以上の90両 (C56 1 - 90) が供出され、タイ・ビルマ(現・ミャンマー)へと送られた。国鉄C56形蒸気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • ヒラタクワガタ

    ヒラタクワガタから見たミャンマーミャンマー

    インド北東部、雲南省南部、ミャンマー南部、タイ、ラオス西部 - 南部、カンボジア、ベトナム南部、バングラデシュ東部、ネパール東部。オス36 - 89mm、メス30.8 - 39.8mm。ヒラタクワガタ フレッシュアイペディアより)

  • フライング・タイガース

    フライング・タイガースから見たビルマミャンマー

    国民党政府は中国内陸部の 重慶に首都を移動させ抵抗を続けていたが、海上補給路を断たれた後の補給はフランス領インドシナ(=「仏印」、現ベトナム、ラオス、カンボジア)、やイギリス領ビルマ、タイ王国などから陸路と空路で細々と得ることしか出来なくなってしまった。(この蒋介石政権を支援する「援蒋ルート(仏印ルート)」を切断するため、日本軍はのちに北部仏印進駐を実施した)フライング・タイガース フレッシュアイペディアより)

  • 豆腐

    豆腐から見たミャンマーミャンマー

    東アジアと東南アジアの広範な地域で古くから食され続けている大豆加工食品であり、とりわけ中国本土(奥地を含む)、朝鮮半島、日本、台湾、ベトナム、カンボジア、タイ、ミャンマー、インドネシアなどでは日常的に食べられている。加工法や調理法は各国ごとに異なるが、このうち日本の豆腐は白く柔らかい食感を持つ「日本独特の食品」として発達した。豆腐 フレッシュアイペディアより)

  • ビーフン

    ビーフンから見たミャンマーミャンマー

    台湾や中国南部(福建語: ビーフン、北京語: ミーフェン、広東語: マイファン)、ベトナム(ベトナム語: ブン、bún)、タイ(タイ語: センミー、 )、インドネシア(インドネシア語: bihun, mihun)、マレーシア(マレー語: mee hoon, mihun, bihun)、シンガポール、フィリピン(タガログ語: pansit)、ミャンマーなどで盛んに食用とされる。ビーフン フレッシュアイペディアより)

  • アジア競技大会

    アジア競技大会から見たビルマミャンマー

    第二次世界大戦の終結後、1947年にロンドンでアジア13カ国の会合がありアジアの総合競技会の開催で一致、さらに1948年7月のロンドンオリンピックにおいてインド、フィリピン、朝鮮(分裂前)、中華民国、セイロン、ビルマが再度、アジアの総合競技大会をインドのニューデリーで開催することを決議。1949年2月にアジア競技連盟(AGF)が創立された。この開催決議はインド選出のIOC委員であったソンディ(Guru Dutt Sondhi)が主導したと言われる。アジア競技大会 フレッシュアイペディアより)

  • 乾隆帝

    乾隆帝から見たビルマミャンマー

    乾隆帝の功績としてまず挙げられるのが「」(じゅうぜんぶこう)と呼ばれる10回の外征である。ジュンガル、金川、グルカに2回ずつ、回部、台湾、ビルマ、安南に1回ずつ計10回の遠征を十全武功と言って誇り、自分を十全老人と呼んだ。これにより清の版図は最大規模に広がり、また、ビルマ、ベトナム、ラオス、タイまで朝貢するようになった。乾隆帝 フレッシュアイペディアより)

1654件中 81 - 90件表示

「ミャンマー」のニューストピックワード