451件中 11 - 20件表示
  • ミャンマー

    ミャンマーから見たミャンマー国際航空

    2014年2月から、ミャンマー国際航空がチャーター便で、マンダレー線/ヤンゴン線と茨城線を運行する。ミャンマー フレッシュアイペディアより)

  • ミャンマー

    ミャンマーから見たソー・ウィン

    後任の首相には、保守派のソー・ウィンが就任。同年、の協議が中国との間で開始され、翌2005年に中国石油天然気(PetroChina)との間で契約が成立し、中国のミャンマー進出が加速した。この緬中関係では、キン・ニュンの庇護の下でホテル経営を行っていた(羅星漢)率いる社が独占的な契約を結んでいった。2005年11月、政府機関がヤンゴンから中部ピンマナ近郊に建設中の行政首都への移転を開始し、2006年10月に行政首都ネピドーへの遷都を公表。2007年9月27日、APF通信社の長井健司が反政府デモ(サフラン革命)の取材中に射殺された。ミャンマー フレッシュアイペディアより)

  • ミャンマー

    ミャンマーから見たウー・ヌ

    1944年のインパール作戦の失敗など日本の敗色が濃厚とみるや、1944年8月に秘密会議で反ファシスト人民自由連盟(AFPFL、1945年-1962年)が結成され、Thakin Soe率いるビルマ共産党、アウンサン率いるビルマ国民軍、ウー・ヌ率いるthe People's Revolutionary Party (PRP)が三派合同した。1945年3月27日、アウンサンが指揮するビルマ国民軍は日本及びその指導下にあるビルマ国政府に対してクーデターを起こし、イギリス側に寝返った。連合軍がビルマを奪回すると、ビルマ国政府は日本に亡命した。日本軍に勝利したものの、イギリスは独立を許さず、再びイギリス領となった。1946年2月、ビルマ共産党が、内部抗争の末にAFPFLを離脱し、の率いるビルマ共産党(CPB)から、の率いるが分裂した。ミャンマー フレッシュアイペディアより)

  • ミャンマー

    ミャンマーから見たタクシン・チナワット

    歴代のタイ政府は、タイ・ビルマ国境に展開する反軍政民族武装勢力の存在を基本的に黙認し、ビルマ国軍とのバッファーゾーンとして利用してきた。また90年代のタイ民主党政権(チュワン、アナン両政権)はビルマ軍政の政策に批判的な立場を取り、軍政との関係も決して良好ではなかった。しかし90年代後半には保守政治家チャワリットらが提唱する「建設的関与」論が力を持った。政府はビルマとの距離を縮める方向に傾き、97年のビルマのASEAN加盟にも賛成した。これは軍事政権の長期化を踏まえた上で、政治改革に向けた努力を後景に退かせ、国境地域の天然資源確保や国境貿易の拡大による経済効果を優先した結果である。ASEAN加盟後のチュワン政権やマレーシア政府の取り組みの積極性は、少なくとも主観的には、ビルマを地域政治の枠組みに入れた上で、民主化を促す点にある。ビルマへの「建設的関与」策が成功すればASEANの国際的地位を飛躍的に高めるはずだったが、ビルマ軍政は自らの支配を危うくするあらゆる改革に反対する姿勢を貫き、この舞台に乗ることは決してなかった。アウンサンスーチー襲撃事件と同氏の自宅軟禁の継続、キンニュン元首相の更迭劇、首都移転、ASEAN側が派遣した特使への丁重とはいえない処遇といった一連の政治的動きは、ASEANの「建設的関与」策が完全に破綻したことを示している。チャワリットに代表される経済優先路線を拡大したのがタクシン政権である。同政権は国境の反政府武装勢力への圧力を強め、タイ国内の反政府活動家や難民への取締を強化している。ミャンマー フレッシュアイペディアより)

  • ミャンマー

    ミャンマーから見たヒラリー・クリントン

    旧来は北朝鮮や中国といった独裁国家と親密であったミャンマーであったが、2011年以降急速に進んだ民主化により、それまで冷え切っていた欧米との関係が改善した。アメリカのヒラリー・クリントン国務長官はネピドーを訪れた際、北朝鮮と縁を切るよう公式にテイン・セインミャンマー大統領との会談で要請しているが、2012年2月現在結論は出ていない。また、北朝鮮の友好国である中国の援助に依存していた状態を脱却できるかどうかも試されている。2012年現在は、ミャンマーが国際社会の一員に復帰できるかどうかのちょうど境目にあたる時期といえる。ミャンマー フレッシュアイペディアより)

  • ミャンマー

    ミャンマーから見た東南アジア諸国連合

    ミャンマー連邦共和国(ミャンマーれんぽうきょうわこく、、)、通称ミャンマー/ビルマは、東南アジアのインドシナ半島西部に位置する共和制国家。独立した1948年から1989年までの国名はビルマ連邦。ASEAN加盟国、通貨はチャット、人口は 5,142万人(2014年)、首都はネピドー(2006年まではヤンゴン)。ミャンマー フレッシュアイペディアより)

  • ミャンマー

    ミャンマーから見たボーイング737

    2012年10月15日から、ANAが週3便で、東京/成田線 - ヤンゴン線の直行便を12年ぶりに再開。2013年9月30日から、機材をボーイング737型機からボーイング767型機へ大型化、ビジネスクラスを新設して週5便となった。ミャンマー フレッシュアイペディアより)

  • ミャンマー

    ミャンマーから見たカタール航空

    ヤンゴン/バンコク線はミャンマー・ナショナル航空が1便/日+月水金土日、ノックエアが3便/日(ドンムアン空港)、エアアジアが4便/日(ドンムアン空港)、タイ・スマイルが2便/日、バンコク・エアウェイズが3便/日+月、タイ国際航空が2便/日、カタール航空が運休、ミャンマー国際航空が1便/日+月火水金土日、タイ・ライオン・エアが2便/日で運行。(2017/10更新)ミャンマー フレッシュアイペディアより)

  • ミャンマー

    ミャンマーから見たマレーシア航空

    ヤンゴン国際空港/クアラルンプール線はエアアジアが2便/日、マレーシア航空が1便/日+木土日、ミャンマー国際航空が火、ライオンエアが月水金日で運行。(2017/10更新)ミャンマー フレッシュアイペディアより)

  • ミャンマー

    ミャンマーから見たバンコク・エアウェイズ

    2016年8月31日からミャンマー・ナショナル航空が3便/週+月水金でマンダレー/バンコク線をボーイング737にて運航していましたが運休。同路線にはすでにバンコク・エアウェイズが1便/日、エアアジアがドンムアン空港で1便/日+月火木土日、ミャンマー国際航空が月水土で運行、タイ国際航空(タイ・スマイル運行)は運休。(2017/10更新)ミャンマー フレッシュアイペディアより)

451件中 11 - 20件表示

「ミャンマー」のニューストピックワード