451件中 21 - 30件表示
  • ミャンマー

    ミャンマーから見たベトナム航空

    ヤンゴン国際空港/ハノイ路線はエミレーツ航空が運休、ベトナム航空が1便/日、ベトジェットエアが1便/日で運行。(2017/10更新)ミャンマー フレッシュアイペディアより)

  • ミャンマー

    ミャンマーから見た日本取引所グループ

    2015年の総選挙結果を受け民政移管後の経済発展を見越したヤンゴン証券取引所が金融庁や大和総研、日本取引所グループの支援で設立、2016年3月25日、取引を開始した。ミャンマー フレッシュアイペディアより)

  • ミャンマー

    ミャンマーから見た英国放送協会

    名称変更を認めていないアウンサンスーチーやビルマ連邦国民連合政府 (NCGUB) のほか、アメリカ合衆国、イギリス、オーストラリア政府などは「ビルマ」とし、EUは両表記を併記している。ASEAN諸国、日本、インド、中国、ドイツ政府などは「ミャンマー」表記を採用している。マスコミも対応が分かれている。タイの英字紙、BBC、「ワシントン・ポスト」、「VOA」、「タイム」、主要な人権団体は「ビルマ」を用い、「ニューヨーク・タイムズ」、「ウォール・ストリート・ジャーナル」、「CNN」、「AP」、「ロイター」は「ミャンマー」を採用している。ミャンマー フレッシュアイペディアより)

  • ミャンマー

    ミャンマーから見たエミレーツ航空

    ヤンゴン国際空港/ハノイ路線はエミレーツ航空が運休、ベトナム航空が1便/日、ベトジェットエアが1便/日で運行。(2017/10更新)ミャンマー フレッシュアイペディアより)

  • ミャンマー

    ミャンマーから見たエアアジア

    2016年8月31日からミャンマー・ナショナル航空が3便/週+月水金でマンダレー/バンコク線をボーイング737にて運航していましたが運休。同路線にはすでにバンコク・エアウェイズが1便/日、エアアジアがドンムアン空港で1便/日+月火木土日、ミャンマー国際航空が月水土で運行、タイ国際航空(タイ・スマイル運行)は運休。(2017/10更新)ミャンマー フレッシュアイペディアより)

  • ミャンマー

    ミャンマーから見たタイ国際航空

    ヤンゴン/バンコク線はミャンマー・ナショナル航空が1便/日+月水金土日、ノックエアが3便/日(ドンムアン空港)、エアアジアが4便/日(ドンムアン空港)、タイ・スマイルが2便/日、バンコク・エアウェイズが3便/日+月、タイ国際航空が2便/日、カタール航空が運休、ミャンマー国際航空が1便/日+月火水金土日、タイ・ライオン・エアが2便/日で運行。(2017/10更新)ミャンマー フレッシュアイペディアより)

  • ミャンマー

    ミャンマーから見たミャンマー・ナショナル航空

    2016年8月31日からミャンマー・ナショナル航空が3便/週+月水金でマンダレー/バンコク線をボーイング737にて運航していましたが運休。同路線にはすでにバンコク・エアウェイズが1便/日、エアアジアがドンムアン空港で1便/日+月火木土日、ミャンマー国際航空が月水土で運行、タイ国際航空(タイ・スマイル運行)は運休。(2017/10更新)ミャンマー フレッシュアイペディアより)

  • ミャンマー

    ミャンマーから見た全日本空輸

    2012年10月15日から、ANAが週3便で、東京/成田線 - ヤンゴン線の直行便を12年ぶりに再開。2013年9月30日から、機材をボーイング737型機からボーイング767型機へ大型化、ビジネスクラスを新設して週5便となった。ミャンマー フレッシュアイペディアより)

  • ミャンマー

    ミャンマーから見たジェットスター

    ヤンゴン/シンガポール線はミャンマー・ナショナル航空が2便/日、ジェットスターが1便/日+月火木金土日、タイガー・エアウェイズに代わりスクートが火木金土日、シンガポール航空が1便/日、シルク・エアが1便/日+月水木金土で運行、ミャンマー国際航空は運休。(2017/10更新)ミャンマー フレッシュアイペディアより)

  • ミャンマー

    ミャンマーから見たシンガポール航空

    ヤンゴン/シンガポール線はミャンマー・ナショナル航空が2便/日、ジェットスターが1便/日+月火木金土日、タイガー・エアウェイズに代わりスクートが火木金土日、シンガポール航空が1便/日、シルク・エアが1便/日+月水木金土で運行、ミャンマー国際航空は運休。(2017/10更新)ミャンマー フレッシュアイペディアより)

451件中 21 - 30件表示

「ミャンマー」のニューストピックワード