242件中 31 - 40件表示
  • ミャンマー

    ミャンマーから見たウィキリークス

    2010年6月4日、中東の衛星テレビ局「アル・ジャジーラ」がミャンマー軍政が核兵器開発に着手した証拠があると報道した。また、オーストラリアの新聞「シドニー・モーニング・ヘラルド」によると、ミャンマーは北朝鮮の協力を得て、2014年までに原子爆弾を保有することを目指しているという。2010年12月9日には英紙「ガーディアン」が、軍政がミャンマー丘陵地帯で秘密地下核施設の建設をしているとの目撃情報がアメリカに伝えられ、また、北朝鮮の技術者を見たという目撃情報も寄せられていたことが内部告発サイト「ウィキリークス」に掲載された米外交公電により明らかになったと報道した。ミャンマー フレッシュアイペディアより)

  • ミャンマー

    ミャンマーから見たタビンシュエーティー

    1044年、南詔支配下にあったビルマ族がエーヤーワディー平原へ侵入してパガン王朝を樹立した。パガンは最初小さな城市であった。1057年、パガン王朝によってタトゥン王国が滅亡した。アノーヤター王(在位1044年 - 1077年)の時に王都になった。パガン王朝は13世紀にモンゴルの侵攻を受け、1287年のパガンの戦いで敗北し、1314年に滅びた。下ビルマには、モン族が (1287年 - 1539年)を建国し、上ビルマには、ミャンマー東北部に住むタイ系のシャン族が、ピンヤ朝(1312年 - 1364年)とアヴァ王朝(1364年 - 1555年)を開き、強盛になると絶えずペグー王朝を攻撃した。1385年からが起こり、今日のミャンマー全土で行われた内戦となった。1486年、に流れ込んでいたパガン王朝のビルマ族遺民によるタウングー王朝が建国された。タウングー王朝はポルトガルの傭兵を雇い入れ、タビンシュエーティーの治世にペグーとアヴァ王朝を併合し、次のバインナウンの治世には1559年には西インドのマニプールを併合し、アユタヤ王朝やラーンナー王朝などタイ族小邦や、が住む雲南のシップソーンパーンナーを支配した。17世紀にタウングー王朝が衰亡し、再びモン族・シャン族がを興した。1752年3月、再興ペグー王朝によって復興タウングー王朝が滅亡したが、アラウンパヤーが王に即位してモン族・シャン族の再興ペグー王朝軍に反撃して撃退し、1754年にビルマを再統一した。これがコンバウン王朝である。清に助けを求めたシャン族が乾隆帝と共に興した国土回復戦争が清緬戦争(1765年?1769年)である。この戦いで敗北したシャン族は国土回復に失敗した。タイはアユタヤ王朝以来ビルマの属国だったが、1769年にタークシン率いるトンブリー王朝(1768年-1782年)が独立し、その後に続くチャクリー王朝(1782年-1932年)は、ビルマと異なった親イギリスの外交政策をとって独立を維持することに成功した。ミャンマー フレッシュアイペディアより)

  • ミャンマー

    ミャンマーから見たアノーヤター

    1044年、南詔支配下にあったビルマ族がエーヤーワディー平原へ侵入してパガン王朝を樹立した。パガンは最初小さな城市であった。1057年、パガン王朝によってタトゥン王国が滅亡した。アノーヤター王(在位1044年 - 1077年)の時に王都になった。パガン王朝は13世紀にモンゴルの侵攻を受け、1287年のパガンの戦いで敗北し、1314年に滅びた。下ビルマには、モン族が (1287年 - 1539年)を建国し、上ビルマには、ミャンマー東北部に住むタイ系のシャン族が、ピンヤ朝(1312年 - 1364年)とアヴァ王朝(1364年 - 1555年)を開き、強盛になると絶えずペグー王朝を攻撃した。1385年からが起こり、今日のミャンマー全土で行われた内戦となった。1486年、に流れ込んでいたパガン王朝のビルマ族遺民によるタウングー王朝が建国された。タウングー王朝はポルトガルの傭兵を雇い入れ、タビンシュエーティーの治世にペグーとアヴァ王朝を併合し、次のバインナウンの治世には1559年には西インドのマニプールを併合し、アユタヤ王朝やラーンナー王朝などタイ族小邦や、が住む雲南のシップソーンパーンナーを支配した。17世紀にタウングー王朝が衰亡し、再びモン族・シャン族がを興した。1752年3月、再興ペグー王朝によって復興タウングー王朝が滅亡したが、アラウンパヤーが王に即位してモン族・シャン族の再興ペグー王朝軍に反撃して撃退し、1754年にビルマを再統一した。これがコンバウン王朝である。清に助けを求めたシャン族が乾隆帝と共に興した国土回復戦争が清緬戦争(1765年?1769年)である。この戦いで敗北したシャン族は国土回復に失敗した。タイはアユタヤ王朝以来ビルマの属国だったが、1769年にタークシン率いるトンブリー王朝(1768年-1782年)が独立し、その後に続くチャクリー王朝(1782年-1932年)は、ビルマと異なった親イギリスの外交政策をとって独立を維持することに成功した。ミャンマー フレッシュアイペディアより)

  • ミャンマー

    ミャンマーから見た核兵器

    2010年6月4日、中東の衛星テレビ局「アル・ジャジーラ」がミャンマー軍政が核兵器開発に着手した証拠があると報道した。また、オーストラリアの新聞「シドニー・モーニング・ヘラルド」によると、ミャンマーは北朝鮮の協力を得て、2014年までに原子爆弾を保有することを目指しているという。2010年12月9日には英紙「ガーディアン」が、軍政がミャンマー丘陵地帯で秘密地下核施設の建設をしているとの目撃情報がアメリカに伝えられ、また、北朝鮮の技術者を見たという目撃情報も寄せられていたことが内部告発サイト「ウィキリークス」に掲載された米外交公電により明らかになったと報道した。ミャンマー フレッシュアイペディアより)

  • ミャンマー

    ミャンマーから見たロケット砲

    1990年代までは「反共」を標榜する独自の社会主義であるビルマ式社会主義を取っていたため、旧東側からの支援はほとんど行われず、西側諸国にしても南ベトナムのようなケースと異なり限定的に装備の提供を行ってきた。このため、80年代までは「黄金の三角地帯」対策として供与されたアメリカの装備(UH-1汎用ヘリコプター、AT-33COIN機、ターボスラッシュ農業機―ケシ畑への除草剤散布に使用―など)を中心にしていた(この装備供与に、CIAは当時から反発していたともされる)。90年代以降はアメリカからの支援は断絶状態となった。代わって台頭しつつあるのが中国やロシア、インドであり、J-7やQ-5、MiG-29等の導入はその表れである。さらにラングーン事件以降冷え切っていた北朝鮮との関係が1996年頃から軍事・政治面で改善した結果、野砲・ロケット砲などの武器購入や基地建設の技術支援交流や軍人交流訪問等が行われている。その一方で、中国はワ州連合軍などのミャンマー・中国国境に展開する反政府勢力への支援も継続しているといわれている。ミャンマー フレッシュアイペディアより)

  • ミャンマー

    ミャンマーから見たパガン

    1044年、南詔支配下にあったビルマ族がエーヤーワディー平原へ侵入してパガン王朝を樹立した。パガンは最初小さな城市であった。1057年、パガン王朝によってタトゥン王国が滅亡した。アノーヤター王(在位1044年 - 1077年)の時に王都になった。パガン王朝は13世紀にモンゴルの侵攻を受け、1287年のパガンの戦いで敗北し、1314年に滅びた。下ビルマには、モン族が (1287年 - 1539年)を建国し、上ビルマには、ミャンマー東北部に住むタイ系のシャン族が、ピンヤ朝(1312年 - 1364年)とアヴァ王朝(1364年 - 1555年)を開き、強盛になると絶えずペグー王朝を攻撃した。1385年からが起こり、今日のミャンマー全土で行われた内戦となった。1486年、に流れ込んでいたパガン王朝のビルマ族遺民によるタウングー王朝が建国された。タウングー王朝はポルトガルの傭兵を雇い入れ、タビンシュエーティーの治世にペグーとアヴァ王朝を併合し、次のバインナウンの治世には1559年には西インドのマニプールを併合し、アユタヤ王朝やラーンナー王朝などタイ族小邦や、が住む雲南のシップソーンパーンナーを支配した。17世紀にタウングー王朝が衰亡し、再びモン族・シャン族がを興した。1752年3月、再興ペグー王朝によって復興タウングー王朝が滅亡したが、アラウンパヤーが王に即位してモン族・シャン族の再興ペグー王朝軍に反撃して撃退し、1754年にビルマを再統一した。これがコンバウン王朝である。清に助けを求めたシャン族が乾隆帝と共に興した国土回復戦争が清緬戦争(1765年?1769年)である。この戦いで敗北したシャン族は国土回復に失敗した。タイはアユタヤ王朝以来ビルマの属国だったが、1769年にタークシン率いるトンブリー王朝(1768年-1782年)が独立し、その後に続くチャクリー王朝(1782年-1932年)は、ビルマと異なった親イギリスの外交政策をとって独立を維持することに成功した。ミャンマー フレッシュアイペディアより)

  • ミャンマー

    ミャンマーから見た国際通貨基金

    IMFの統計によると、2010年のミャンマーのGDPは356億ドルであり、福井県とほぼ同じ経済規模である。ミャンマー フレッシュアイペディアより)

  • ミャンマー

    ミャンマーから見た国内総生産

    1962年から1988年まで、ネ・ウィン軍事政権はビルマ式社会主義という国家基本要綱に基づき、国有企業主導の統制経済による開発を行なった。この間、主要産業の企業・貿易は国家の管理下に置かれ、土地も国有化された。また、工業化政策によって1960 - 1970年代において、工業は一応の発展を遂げた。しかし、1980年代に至ってもGDPで工業が占める割合は10%程度で、依然農業が主産業の座を占めていた。また、鎖国的な経済体制によって、最貧国と認定される程にビルマ経済は著しく停滞し、他のアジア諸国と大きな差をつけられる結果となった。ミャンマー フレッシュアイペディアより)

  • ミャンマー

    ミャンマーから見た世界遺産

    ユネスコの世界遺産への登録はないが、世界三大仏教遺跡の1つであるバガン(旧称パガン)の寺院群が、登録申請中である。ミャンマー フレッシュアイペディアより)

  • ミャンマー

    ミャンマーから見た乾隆帝

    1044年、南詔支配下にあったビルマ族がエーヤーワディー平原へ侵入してパガン王朝を樹立した。パガンは最初小さな城市であった。1057年、パガン王朝によってタトゥン王国が滅亡した。アノーヤター王(在位1044年 - 1077年)の時に王都になった。パガン王朝は13世紀にモンゴルの侵攻を受け、1287年のパガンの戦いで敗北し、1314年に滅びた。下ビルマには、モン族が (1287年 - 1539年)を建国し、上ビルマには、ミャンマー東北部に住むタイ系のシャン族が、ピンヤ朝(1312年 - 1364年)とアヴァ王朝(1364年 - 1555年)を開き、強盛になると絶えずペグー王朝を攻撃した。1385年からが起こり、今日のミャンマー全土で行われた内戦となった。1486年、に流れ込んでいたパガン王朝のビルマ族遺民によるタウングー王朝が建国された。タウングー王朝はポルトガルの傭兵を雇い入れ、タビンシュエーティーの治世にペグーとアヴァ王朝を併合し、次のバインナウンの治世には1559年には西インドのマニプールを併合し、アユタヤ王朝やラーンナー王朝などタイ族小邦や、が住む雲南のシップソーンパーンナーを支配した。17世紀にタウングー王朝が衰亡し、再びモン族・シャン族がを興した。1752年3月、再興ペグー王朝によって復興タウングー王朝が滅亡したが、アラウンパヤーが王に即位してモン族・シャン族の再興ペグー王朝軍に反撃して撃退し、1754年にビルマを再統一した。これがコンバウン王朝である。清に助けを求めたシャン族が乾隆帝と共に興した国土回復戦争が清緬戦争(1765年?1769年)である。この戦いで敗北したシャン族は国土回復に失敗した。タイはアユタヤ王朝以来ビルマの属国だったが、1769年にタークシン率いるトンブリー王朝(1768年-1782年)が独立し、その後に続くチャクリー王朝(1782年-1932年)は、ビルマと異なった親イギリスの外交政策をとって独立を維持することに成功した。ミャンマー フレッシュアイペディアより)

242件中 31 - 40件表示

「ミャンマー」のニューストピックワード