242件中 51 - 60件表示
  • ミャンマー

    ミャンマーから見たティーボー

    1856年から1873年にかけて中国の雲南省・シップソーンパンナーでと呼ばれる雲南回民()によるパンゼーの乱が起こり、雲南貿易が閉ざされた結果、米をイギリスから輸入せざるを得なくなった。1858年から1861年にかけて新首都マンダレーを建設して遷都。イギリス領インドと印僑の反対で雲南問題は遅れていたが、1885年7月にイギリス側も芝罘条約を締結して解決し、雲南・ビルマ間の国境貿易が再び許可された。1885年11月ので王朝は滅亡。1886年6月、でイギリスは清にビルマの宗主権を認めさせると、ビルマはイギリス領インドに併合されてその1州となる。国王ティーボー・ミン(在位:1878年?1885年)と王の家族はインドのゴア州ムンバイの南に近いに配流され、その地で死亡した。ミャンマー フレッシュアイペディアより)

  • ミャンマー

    ミャンマーから見たGDP

    IMFの統計によると、2010年のミャンマーのGDPは356億ドルであり、福井県とほぼ同じ経済規模である。ミャンマー フレッシュアイペディアより)

  • ミャンマー

    ミャンマーから見た東南アジア諸国連合

    ビルマは中立的な立場による等距離外交を基本方針としているが、1983年10月にはラングーン事件を起こした北朝鮮と国交を断絶した(2006年10月国交回復)他、1997年7月には東南アジア諸国連合(ASEAN)に加盟している。また、欧米諸国とは、ビルマ国内の人権問題や政治の民主化をめぐる問題で対立しており、アメリカやEUからは経済制裁を受けている。その一方で、インド洋方面への進出口を求めている中国からは多額の援助を受けている他、インドとは経済的な結びつきを強化しているなど、近隣の大国とは比較的良好な関係を築いている。また、軍事面から北朝鮮との関係が改善している。ミャンマー フレッシュアイペディアより)

  • ミャンマー

    ミャンマーから見たタークシン

    1044年、南詔支配下にあったビルマ族がエーヤーワディー平原へ侵入してパガン王朝を樹立した。パガンは最初小さな城市であった。1057年、パガン王朝によってタトゥン王国が滅亡した。アノーヤター王(在位1044年 - 1077年)の時に王都になった。パガン王朝は13世紀にモンゴルの侵攻を受け、1287年のパガンの戦いで敗北し、1314年に滅びた。下ビルマには、モン族が (1287年 - 1539年)を建国し、上ビルマには、ミャンマー東北部に住むタイ系のシャン族が、ピンヤ朝(1312年 - 1364年)とアヴァ王朝(1364年 - 1555年)を開き、強盛になると絶えずペグー王朝を攻撃した。1385年からが起こり、今日のミャンマー全土で行われた内戦となった。1486年、に流れ込んでいたパガン王朝のビルマ族遺民によるタウングー王朝が建国された。タウングー王朝はポルトガルの傭兵を雇い入れ、タビンシュエーティーの治世にペグーとアヴァ王朝を併合し、次のバインナウンの治世には1559年には西インドのマニプールを併合し、アユタヤ王朝やラーンナー王朝などタイ族小邦や、が住む雲南のシップソーンパーンナーを支配した。17世紀にタウングー王朝が衰亡し、再びモン族・シャン族がを興した。1752年3月、再興ペグー王朝によって復興タウングー王朝が滅亡したが、アラウンパヤーが王に即位してモン族・シャン族の再興ペグー王朝軍に反撃して撃退し、1754年にビルマを再統一した。これがコンバウン王朝である。清に助けを求めたシャン族が乾隆帝と共に興した国土回復戦争が清緬戦争(1765年?1769年)である。この戦いで敗北したシャン族は国土回復に失敗した。タイはアユタヤ王朝以来ビルマの属国だったが、1769年にタークシン率いるトンブリー王朝(1768年-1782年)が独立し、その後に続くチャクリー王朝(1782年-1932年)は、ビルマと異なった親イギリスの外交政策をとって独立を維持することに成功した。ミャンマー フレッシュアイペディアより)

  • ミャンマー

    ミャンマーから見た一院制

    軍政以前の議会は、一院制の国民議会(英語でPeople's Assembly、ビルマ語でPyithu Hluttaw、人民議会とも訳す)。485議席。議員は、民選で任期4年。前回選挙は、1990年5月27日に投票が行われ、アウンサンスーチー率いる国民民主連盟 (NLD) 392(81%)、シャン諸民族民主連盟 (SNLD) 23を獲得、国民統一党 (NUP) 10、その他諸政党が60の議席を獲得した。しかし、軍事政権はこの選挙結果を認めず、政権の移譲を拒絶し続けた。その為、NLDなどの反軍事政権勢力は、1990年にビルマ連邦国民連合政府 (NCGUB) を組織し、軍事政権への対抗勢力として活動していた。1993年には新憲法制定のための国民会議が招集されたが、NLDはボイコットした。ミャンマー フレッシュアイペディアより)

  • ミャンマー

    ミャンマーから見たバインナウン

    1044年、南詔支配下にあったビルマ族がエーヤーワディー平原へ侵入してパガン王朝を樹立した。パガンは最初小さな城市であった。1057年、パガン王朝によってタトゥン王国が滅亡した。アノーヤター王(在位1044年 - 1077年)の時に王都になった。パガン王朝は13世紀にモンゴルの侵攻を受け、1287年のパガンの戦いで敗北し、1314年に滅びた。下ビルマには、モン族が (1287年 - 1539年)を建国し、上ビルマには、ミャンマー東北部に住むタイ系のシャン族が、ピンヤ朝(1312年 - 1364年)とアヴァ王朝(1364年 - 1555年)を開き、強盛になると絶えずペグー王朝を攻撃した。1385年からが起こり、今日のミャンマー全土で行われた内戦となった。1486年、に流れ込んでいたパガン王朝のビルマ族遺民によるタウングー王朝が建国された。タウングー王朝はポルトガルの傭兵を雇い入れ、タビンシュエーティーの治世にペグーとアヴァ王朝を併合し、次のバインナウンの治世には1559年には西インドのマニプールを併合し、アユタヤ王朝やラーンナー王朝などタイ族小邦や、が住む雲南のシップソーンパーンナーを支配した。17世紀にタウングー王朝が衰亡し、再びモン族・シャン族がを興した。1752年3月、再興ペグー王朝によって復興タウングー王朝が滅亡したが、アラウンパヤーが王に即位してモン族・シャン族の再興ペグー王朝軍に反撃して撃退し、1754年にビルマを再統一した。これがコンバウン王朝である。清に助けを求めたシャン族が乾隆帝と共に興した国土回復戦争が清緬戦争(1765年?1769年)である。この戦いで敗北したシャン族は国土回復に失敗した。タイはアユタヤ王朝以来ビルマの属国だったが、1769年にタークシン率いるトンブリー王朝(1768年-1782年)が独立し、その後に続くチャクリー王朝(1782年-1932年)は、ビルマと異なった親イギリスの外交政策をとって独立を維持することに成功した。ミャンマー フレッシュアイペディアより)

  • ミャンマー

    ミャンマーから見た経済制裁

    ビルマは中立的な立場による等距離外交を基本方針としているが、1983年10月にはラングーン事件を起こした北朝鮮と国交を断絶した(2006年10月国交回復)他、1997年7月には東南アジア諸国連合(ASEAN)に加盟している。また、欧米諸国とは、ビルマ国内の人権問題や政治の民主化をめぐる問題で対立しており、アメリカやEUからは経済制裁を受けている。その一方で、インド洋方面への進出口を求めている中国からは多額の援助を受けている他、インドとは経済的な結びつきを強化しているなど、近隣の大国とは比較的良好な関係を築いている。また、軍事面から北朝鮮との関係が改善している。ミャンマー フレッシュアイペディアより)

  • ミャンマー

    ミャンマーから見た中華人民共和国

    ミャンマー連邦共和国(ミャンマーれんぽうきょうわこく)、通称ミャンマーは、東南アジアに位置する共和制国家。1989年までの名称はビルマ。インドシナ半島西部に位置し、北東に中華人民共和国、東にラオス、南東にタイ、西にバングラデシュ、北西にインドと国境を接する。首都はネピドー(旧首都はヤンゴン)。多民族国家でありビルマ族(人口の6割)の他、主なものとして、カレン族、カチン族、カヤー族、ラカイン族、チン族、モン族、ヤカイン族、シャン族の少数民族がある。ミャンマー フレッシュアイペディアより)

  • ミャンマー

    ミャンマーから見た中国石油天然気

    後任の首相には、保守派のソー・ウィンが就任。同年、の協議が中国との間で開始され、翌2005年に中国石油天然気(PetroChina)との間で契約が成立し、中国のミャンマー進出が加速した。この緬中関係では、キン・ニュンの庇護の下でホテル経営を行なっていた(羅星漢)率いる社が独占的な契約を結んでいった。2005年11月、政府機関がヤンゴンから中部ピンマナ近郊に建設中の行政首都への移転を開始し、2006年10月に行政首都ネピドーへの遷都を公表。2007年9月27日、APF通信社の長井健司が反政府デモの取材中に射殺された。ミャンマー フレッシュアイペディアより)

  • ミャンマー

    ミャンマーから見たAPF通信社

    後任の首相には、保守派のソー・ウィンが就任。同年、の協議が中国との間で開始され、翌2005年に中国石油天然気(PetroChina)との間で契約が成立し、中国のミャンマー進出が加速した。この緬中関係では、キン・ニュンの庇護の下でホテル経営を行なっていた(羅星漢)率いる社が独占的な契約を結んでいった。2005年11月、政府機関がヤンゴンから中部ピンマナ近郊に建設中の行政首都への移転を開始し、2006年10月に行政首都ネピドーへの遷都を公表。2007年9月27日、APF通信社の長井健司が反政府デモの取材中に射殺された。ミャンマー フレッシュアイペディアより)

242件中 51 - 60件表示

「ミャンマー」のニューストピックワード