242件中 71 - 80件表示
  • ミャンマー

    ミャンマーから見たベトナム

    このように、ミャンマー経済は政治的要因により、離陸の機会を失っていると考える向きもある。ベトナムやカンボジア、ラオス、バングラデシュなど、周辺国は2000年代になって以降、衣類生産など軽工業の発達で経済成長の緒に就き、一時は東南アジアでもっとも豊かな国で80年代?90年代に経済が低迷していたフィリピンも2000年代からコールセンターなどサービス業の台頭で、また隣国タイもクーデターやリーマンショックで一時低迷したものの、東南アジアでは比較的工業化が進んでおり回復は早く、再び経済に活気を取り戻しつつあるが、ミャンマーは諸事情で取り残されているとされる。しかしながらヤンゴン周辺では工業化も見られ、日本の中古車が非常に人気であり、立ち遅れていたミャンマー経済の成長も期待できる材料もある。ミャンマー フレッシュアイペディアより)

  • ミャンマー

    ミャンマーから見たビルマ国民軍

    1944年のインパール作戦の失敗など日本の敗色が濃厚とみるや、1944年8月に秘密会議で反ファシスト人民自由連盟(AFPFL、1945年-1962年)が結成され、Thakin Soe率いるビルマ共産党、アウンサン率いるビルマ国民軍、ウー・ヌ率いるthe People's Revolutionary Party (PRP)が三派合同した。1945年3月、アウンサンが指揮するビルマ国民軍は日本及びその指導下にあるビルマ国政府に対してクーデターを起こし、イギリス側に寝返った。連合軍がビルマを奪回すると、ビルマ国政府は日本に亡命した。日本軍に勝利したものの、イギリスは独立を許さず、再びイギリス領となった。1946年2月、ビルマ共産党が、内部抗争の末にAFPFLを離脱し、の率いるビルマ共産党(CPB)から、の率いるが分裂した。ミャンマー フレッシュアイペディアより)

  • ミャンマー

    ミャンマーから見たヤンゴン

    ミャンマー連邦共和国(ミャンマーれんぽうきょうわこく)、通称ミャンマーは、東南アジアに位置する共和制国家。1989年までの名称はビルマ。インドシナ半島西部に位置し、北東に中華人民共和国、東にラオス、南東にタイ、西にバングラデシュ、北西にインドと国境を接する。首都はネピドー(旧首都はヤンゴン)。多民族国家でありビルマ族(人口の6割)の他、主なものとして、カレン族、カチン族、カヤー族、ラカイン族、チン族、モン族、ヤカイン族、シャン族の少数民族がある。ミャンマー フレッシュアイペディアより)

  • ミャンマー

    ミャンマーから見た朝鮮民主主義人民共和国

    ビルマは中立的な立場による等距離外交を基本方針としているが、1983年10月にはラングーン事件を起こした北朝鮮と国交を断絶した(2006年10月国交回復)他、1997年7月には東南アジア諸国連合(ASEAN)に加盟している。また、欧米諸国とは、ビルマ国内の人権問題や政治の民主化をめぐる問題で対立しており、アメリカやEUからは経済制裁を受けている。その一方で、インド洋方面への進出口を求めている中国からは多額の援助を受けている他、インドとは経済的な結びつきを強化しているなど、近隣の大国とは比較的良好な関係を築いている。また、軍事面から北朝鮮との関係が改善している。ミャンマー フレッシュアイペディアより)

  • ミャンマー

    ミャンマーから見たラカイン州

    一方、コンバウン朝ビルマは、イギリス領インドに対する武力侵略を発端とする3度に渡る英緬戦争を起こした。国王(在位:1819年?1837年)治下の初期には、英緬間に緩衝国家として(1228年?1826年)が存在していたが、(1817年?1826年)によってビルマに併合され、アッサムの独立が失われると、英緬国境が直接接触するようになっていた。ビルマは、インドを支配するイギリスに対してベンガル地方の割譲を要求し、イギリス側が拒否すると武力に訴えて(1824年-1826年)が勃発した。ビルマが敗れ、1826年2月24日にが締結され、アッサム・マニプール・アラカン・テナセリムをイギリスに割譲した。ミャンマー フレッシュアイペディアより)

  • ミャンマー

    ミャンマーから見た

    1044年、南詔支配下にあったビルマ族がエーヤーワディー平原へ侵入してパガン王朝を樹立した。パガンは最初小さな城市であった。1057年、パガン王朝によってタトゥン王国が滅亡した。アノーヤター王(在位1044年 - 1077年)の時に王都になった。パガン王朝は13世紀にモンゴルの侵攻を受け、1287年のパガンの戦いで敗北し、1314年に滅びた。下ビルマには、モン族が (1287年 - 1539年)を建国し、上ビルマには、ミャンマー東北部に住むタイ系のシャン族が、ピンヤ朝(1312年 - 1364年)とアヴァ王朝(1364年 - 1555年)を開き、強盛になると絶えずペグー王朝を攻撃した。1385年からが起こり、今日のミャンマー全土で行われた内戦となった。1486年、に流れ込んでいたパガン王朝のビルマ族遺民によるタウングー王朝が建国された。タウングー王朝はポルトガルの傭兵を雇い入れ、タビンシュエーティーの治世にペグーとアヴァ王朝を併合し、次のバインナウンの治世には1559年には西インドのマニプールを併合し、アユタヤ王朝やラーンナー王朝などタイ族小邦や、が住む雲南のシップソーンパーンナーを支配した。17世紀にタウングー王朝が衰亡し、再びモン族・シャン族がを興した。1752年3月、再興ペグー王朝によって復興タウングー王朝が滅亡したが、アラウンパヤーが王に即位してモン族・シャン族の再興ペグー王朝軍に反撃して撃退し、1754年にビルマを再統一した。これがコンバウン王朝である。に助けを求めたシャン族が乾隆帝と共に興した国土回復戦争が清緬戦争(1765年?1769年)である。この戦いで敗北したシャン族は国土回復に失敗した。タイはアユタヤ王朝以来ビルマの属国だったが、1769年にタークシン率いるトンブリー王朝(1768年-1782年)が独立し、その後に続くチャクリー王朝(1782年-1932年)は、ビルマと異なった親イギリスの外交政策をとって独立を維持することに成功した。ミャンマー フレッシュアイペディアより)

  • ミャンマー

    ミャンマーから見た2010年ミャンマー総選挙

    2007年10月12日にソー・ウィン首相が死去したことに伴い、軍出身のテイン・セインが2007年10月首相に就任すると、軍政主導の政治体制の改革が開始される。2008年新憲法案についての国民投票が実施・可決され民主化が計られるようになる。2008年5月2日、サイクロン・ナルギスがエーヤワディー川デルタ地帯に上陸し甚大な被害をもたらした。2010年10月国旗の新しいデザインを発表。11月には新憲法に基づく総選挙が実施される。また同月政府はアウンサンスーチーは軟禁期限を迎えると発表し、その後軟禁が解除された。ミャンマー フレッシュアイペディアより)

  • ミャンマー

    ミャンマーから見たイギリス連邦

    ビルマ人の対英独立運動は第一次世界大戦中に始まり、1929年の世界恐慌以後若い知識層の間に広まった。1930年には、が結成された。また、タヤワディ地方では農民が武装蜂起を行い、下ミャンマー全域に広がったが、1931年半ばに鎮圧された。1937年、インドから独立してイギリス連邦内の自治領となり、アラカンは返還されたが、アッサム・マニプールはインド領(インド独立後に分割され、と呼ばれる)となった。1939年、がビルマ共産党 (CPB)を結成。1942年、アウンサンがビルマ独立義勇軍を率い、日本軍と共に戦いイギリス軍を駆逐し(ビルマ戦役の始まり)、1943年に日本の後押しでバー・モウを元首とするビルマ国が建国された。ミャンマー フレッシュアイペディアより)

  • ミャンマー

    ミャンマーから見た憲法

    2007年10月12日にソー・ウィン首相が死去したことに伴い、軍出身のテイン・セインが2007年10月首相に就任すると、軍政主導の政治体制の改革が開始される。2008年新憲法案についての国民投票が実施・可決され民主化が計られるようになる。2008年5月2日、サイクロン・ナルギスがエーヤワディー川デルタ地帯に上陸し甚大な被害をもたらした。2010年10月国旗の新しいデザインを発表。11月には新憲法に基づく総選挙が実施される。また同月政府はアウンサンスーチーは軟禁期限を迎えると発表し、その後軟禁が解除された。ミャンマー フレッシュアイペディアより)

  • ミャンマー

    ミャンマーから見たビルマ語

    正式名称のビルマ語表記は、x20px|。国際音声記号では、(ピダウンズ・サンマダ・ミャンマー・ナインガンドー)。通称は、Myanma Naingngan(ミャンマー・ナインガン)。ビルマ語では、口語的な呼称としてBama(x10px|、バマー)、文語的な呼称としてMyanma(x20px|、ミャンマー)があり、ミャンマーでは古くからこの2つの呼称を使い分けている。ミャンマー フレッシュアイペディアより)

242件中 71 - 80件表示

「ミャンマー」のニューストピックワード