1 2 3 4 次へ
38件中 31 - 38件表示
  • バイオハザード (映画)

    バイオハザード (映画)から見たミラ・ジョヴォヴィッチミラ・ジョヴォヴィッチ

    監督・脚本のポール・W・S・アンダーソンと主演のミラ・ジョヴォヴィッチは共に原作のファンで、自ら望んで本作に携わった。バイオハザード (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 本田貴子

    本田貴子から見たミラ・ジョヴォヴィッチミラ・ジョヴォヴィッチ

    勝田声優学院10期卒。同期に遠近孝一、橘U子らがいる。落ち着いた女性や大人の女性役が多いが、『とっとこハム太郎』(のっぽくん役)、『BLEACH』(花刈ジン太役)、『天元突破グレンラガン』(ギミー役)など、少年役も担当する。海外女優の吹き替えでは、ハル・ベリーやミラ・ジョヴォヴィッチなど、活発で行動的な女性を担当。CMナレーションの仕事も多くこなしている。本田貴子 フレッシュアイペディアより)

  • リュック・ベッソン

    リュック・ベッソンから見たミラ・ジョヴォヴィッチミラ・ジョヴォヴィッチ

    1993年に、女優マイウェン・ル・ベスコとの間に1女をもうける。彼は1997年11月14日、女優のミラ・ジョヴォヴィッチと結婚したが、後に離婚。その前にも『ニキータ』の主演女優アンヌ・パリローと結婚していたが、作品完成後には離婚していた。現在は2004年8月18日に結婚したヴィルジニー・シラと共に暮らしている。リュック・ベッソン フレッシュアイペディアより)

  • 沢木 ルカ

    沢木ルカから見たミラ・ジョヴォヴィッチミラ・ジョヴォヴィッチ

    将来の目標は、『バイオハザード』のミラ・ジョヴォヴィッチみたいにアクションも出来る女優。身体を動かすのが好き。「でも、体育は、あまり得意じゃなくて。跳び箱も4段くらいまでしか飛べない(笑)」。沢木ルカ フレッシュアイペディアより)

  • ピカルの定理

    ピカルの定理から見たミラ・ジョボビッチミラ・ジョヴォヴィッチ

    さらに東京国際映画祭にもピカルメンバーが出席することになったが、実行委員会から黒吉村Pがグリーンカーペットを歩くことに対しNGを出され、吉村は記者席で待ち伏せをすることに(その代わりに吉村以外のピカリ隊でグリーンカーペットを歩いた)。ジャッキー・チェンやミラ・ジョボビッチ、ローガン・ラーマン、野田佳彦総理・枝野幸男経産相に突撃取材を敢行し、野田総理から「よく見てますよ。」と握手と激励をもらうことに成功した。その他に、生瀬勝久、山田孝之、役所広司、小栗旬、小池徹平、榮倉奈々、岡田将生、芦田愛菜、伊勢谷友介、森山未來も登場し、生瀬や伊勢谷が番組のファンだと発言した。ピカルの定理 フレッシュアイペディアより)

  • 朴ロ美

    朴ロ美から見たミラ・ジョヴォヴィッチミラ・ジョヴォヴィッチ

    ジャンヌ・ダルク(ジャンヌ・ダルク(ミラ・ジョヴォヴィッチ))※DVD版朴ロ美 フレッシュアイペディアより)

  • デンゼル・ワシントン

    デンゼル・ワシントンから見たミラ・ジョヴォヴィッチミラ・ジョヴォヴィッチ

    こうした白人女優とのキスを断る姿勢は1989年の映画『刑事クイン/妖術師の島』から始まっている。この映画では唯一、共演のミミ・ロジャースとキスをしたが、試写で黒人女性からのブーイングを浴びたため編集に頼んでカットしてもらっている。後にデンゼルは「ニューズウィーク」誌でのインタビューで、「映画の中で黒人女性とカップルを演じる事は少ない、けれど彼女たちは大切なファンだ」、と答えている。しかしながら1998年、スパイク・リー監督作『ラストゲーム』ではミラ・ジョヴォヴィッチとのセックスシーンに挑戦している。デンゼル・ワシントン フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の映画/3月

    2007年の映画/3月から見たミラ・ジョヴォヴィッチミラ・ジョヴォヴィッチ

    ポイント45(アメリカ、ミラ・ジョヴォヴィッチ主演)2007年の映画/3月 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 次へ
38件中 31 - 38件表示

「ミラ・ジョボビッチ」のニューストピックワード