前へ 1 2 3 4 5 6
53件中 1 - 10件表示
  • ミラ・ジョヴォヴィッチ

    ミラ・ジョヴォヴィッチから見たリュック・ベッソン

    映画では1988年に『トゥー・ムーン』でヒロインの妹役でスクリーンデビューする。1991年にはブルック・シールズ主演映画『青い珊瑚礁』の続編『ブルーラグーン』に主演。その後女優としての目立った活躍は無かったが、1997年にはリュック・ベッソン監督の『フィフス・エレメント』のヒロイン役で見せた演技力、美しさが大きな話題となる。この映画では全ての衣装をフランスのデザイナー、ジャン=ポール・ゴルチエが担当した。1999年の『ジャンヌ・ダルク』や2002年の『バイオハザード』はシリーズ作品として彼女の代表的な作品となる。ミラ・ジョヴォヴィッチ フレッシュアイペディアより)

  • ミラ・ジョヴォヴィッチ

    ミラ・ジョヴォヴィッチから見た松本梨香

    吹き替えは本田貴子がほぼ専属で担当している。また、本田と比べると数は少ないが岡寛恵、松本梨香なども複数回担当している。ミラ・ジョヴォヴィッチ フレッシュアイペディアより)

  • ミラ・ジョヴォヴィッチ

    ミラ・ジョヴォヴィッチから見た豊ノ島大樹

    好角家であり、特に豊ノ島がお気に入りである。2014年11月2日に放送されたテレビ朝日系の日曜洋画劇場『バイオハザード?:リトリビューション』の中で紹介されたインタビューでは「ダイキ(豊ノ島)が大好き!」と答えた。当の豊ノ島はジョヴォビッチと一切面識が無かったものの、そのインタビューを見た豊ノ島は同月3日にブログで感激報告するに至った。ミラ・ジョヴォヴィッチ フレッシュアイペディアより)

  • ミラ・ジョヴォヴィッチ

    ミラ・ジョヴォヴィッチから見たカルバン・クライン

    1987年、11歳からロシアのモデルとして(elite)モデルエージェンシーに所属し活躍していた。1988年には化粧ブランドレブロンの「Most Unforgettable Women in the World」に選ばれる。以降、多くの雑誌のカバー(表紙)やミラノ、パリ、ニューヨークのファッションデザイナーのコレクションショーに出演している。広告ではカルバン・クライン(Calvin Klein)の香水エスケープ(Escape)や、ロレアル(L'Oréal)のイメージモデルとして有名である。モデルの仕事と同時に映画への出演もしていたが、1991年に女優としての仕事に専念する為に2年の休暇を取りモデルエージェンシーとの所属契約を解除する。ミラ・ジョヴォヴィッチ フレッシュアイペディアより)

  • ミラ・ジョヴォヴィッチ

    ミラ・ジョヴォヴィッチから見たキヤノン

    日本ではオンワード樫山、キヤノン、ホンダ・オデッセイ、パナソニック、カードファイト!! ヴァンガードのCMなどの出演がある。また、トリビアの泉にて「17世紀パリの貴婦人はオナラの音を誤魔化すため子犬を連れていた」というトリビアで、VTRで出演。オナラをごまかして笑顔で「ミラ・ヨヴォヴィッチです」と日本語で答えた。ちなみにその際77へぇだった。ミラ・ジョヴォヴィッチ フレッシュアイペディアより)

  • ミラ・ジョヴォヴィッチ

    ミラ・ジョヴォヴィッチから見たパナソニック

    日本ではオンワード樫山、キヤノン、ホンダ・オデッセイ、パナソニック、カードファイト!! ヴァンガードのCMなどの出演がある。また、トリビアの泉にて「17世紀パリの貴婦人はオナラの音を誤魔化すため子犬を連れていた」というトリビアで、VTRで出演。オナラをごまかして笑顔で「ミラ・ヨヴォヴィッチです」と日本語で答えた。ちなみにその際77へぇだった。ミラ・ジョヴォヴィッチ フレッシュアイペディアより)

  • ミラ・ジョヴォヴィッチ

    ミラ・ジョヴォヴィッチから見た岡寛恵

    吹き替えは本田貴子がほぼ専属で担当している。また、本田と比べると数は少ないが岡寛恵、松本梨香なども複数回担当している。ミラ・ジョヴォヴィッチ フレッシュアイペディアより)

  • ミラ・ジョヴォヴィッチ

    ミラ・ジョヴォヴィッチから見た本田貴子

    吹き替えは本田貴子がほぼ専属で担当している。また、本田と比べると数は少ないが岡寛恵、松本梨香なども複数回担当している。ミラ・ジョヴォヴィッチ フレッシュアイペディアより)

  • ミラ・ジョヴォヴィッチ

    ミラ・ジョヴォヴィッチから見たポール・W・S・アンダーソン

    1992年、16歳の時にショーン・アンドリュースと結婚したが直ぐに離婚。1997年に映画監督リュック・ベッソンと結婚するが1999年に離婚。その後、『バイオハザード』シリーズの監督ポール・W・S・アンダーソンと撮影を通して知り合い、交際を経て婚約。婚約中の2007年11月3日に娘エヴァーを出産。2009年8月22日にアンダーソンと自宅で挙式し、三度目の結婚をした。2014年8月18日、第2子(後に女児と判明)を妊娠していることを自身のFacebookで明かした。ミラ・ジョヴォヴィッチ フレッシュアイペディアより)

  • ミラ・ジョヴォヴィッチ

    ミラ・ジョヴォヴィッチから見たブルック・シールズ

    映画では1988年に『トゥー・ムーン』でヒロインの妹役でスクリーンデビューする。1991年にはブルック・シールズ主演映画『青い珊瑚礁』の続編『ブルーラグーン』に主演。その後女優としての目立った活躍は無かったが、1997年にはリュック・ベッソン監督の『フィフス・エレメント』のヒロイン役で見せた演技力、美しさが大きな話題となる。この映画では全ての衣装をフランスのデザイナー、ジャン=ポール・ゴルチエが担当した。1999年の『ジャンヌ・ダルク』や2002年の『バイオハザード』はシリーズ作品として彼女の代表的な作品となる。ミラ・ジョヴォヴィッチ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
53件中 1 - 10件表示

「ミラ・ジョボビッチ」のニューストピックワード