前へ 1 2 3 4
38件中 1 - 10件表示
  • ルーカス・ポドルスキ

    ルーカス・ポドルスキから見たミロスラフ・クローゼミロスラフ・クローゼ

    地元で開催された2006 FIFAワールドカップにおいても、同じポーランド系のミロスラフ・クローゼと2トップを組むと3得点を挙げ、期待の若手選手としてFIFAが選ぶ「ベストヤング・プレーヤー賞」を受賞した。ルーカス・ポドルスキ フレッシュアイペディアより)

  • FIFA 08

    FIFA 08から見たミロスラフ・クローゼミロスラフ・クローゼ

    本作ではロナウジーニョ、ルーニー、クローゼ、セルヒオ・ラモスなどの世界的にも有名なプロ選手からモーションキャプチャーを行っており、選手の動きが非常にリアルと言える。FIFA 08 フレッシュアイペディアより)

  • ヘディング

    ヘディングから見たミロスラフ・クローゼミロスラフ・クローゼ

    GKやスローインの際などを除き、手を使ってボールを扱ってはならないサッカーにおいて、ヘディングは高くあがったボールの処理方法の一つとして認知されている。同じジャンプ力であれば背の高い選手の方が有利であるため、ゴール前の攻防に関わるFWやDFは背が高く競り合いに強い選手が行う場合が多いが、ドイツ代表のクローゼなど驚異的な跳躍力を武器にヘディングを得意としている選手もいる。また、ヘディングは身長や跳躍力の高さだけではなくて空中にあるボールに上手く合わせる技術やボールの軌道を予測する力も必要であり、セットプレーやクロスのパスの対応等でヘディングが上手いと得点のチャンスが増える。日本のサッカー指導現場においては軽視されがちな技術の一つであり、今後の課題の一つである。ヘディング フレッシュアイペディアより)

  • トム・ヘニンク・エブレベ

    トム・ヘニンク・エブレベから見たミロスラフ・クローゼミロスラフ・クローゼ

    翌年のUEFAチャンピオンズリーグ 2009-10では決勝トーナメント1回戦のバイエルン対フィオレンティーナ戦で主審を担当したが、本来流すべき前半終了間際のマリオ・ゴメスのゴールを取り消しその前のプレーでのファールを取りPKを与えゴメスのゴールを取り消した。更にマッシモ・ゴッビの肘打ちによるプレーでレッドカードを提示した事にフィオレンティーナは不服を示している。そして試合終了間際にミロスラフ・クローゼが挙げた得点が完全にオフサイドであったに関わらずゴールを認めてしまった事により再び物議を醸してしまっている。トム・ヘニンク・エブレベ フレッシュアイペディアより)

  • カルステン・ヤンカー

    カルステン・ヤンカーから見たミロスラフ・クローゼミロスラフ・クローゼ

    1993年、ブンデスリーガ・1.FCケルンでキャリアをスタート。1995年、オーストリアのラピード・ウィーンへ移籍したが、1996年にバイエルン・ミュンヘンへ移籍して以降、ドイツを代表するストライカーとして成長し、1998年10月14日のモルドバ戦で代表デビューを飾る。2002年の日韓W杯ではミロスラフ・クローゼの活躍や自身の体調不良もありグループリーグのみの出場となったがドイツの準優勝に貢献した。カルステン・ヤンカー フレッシュアイペディアより)

  • マルセル・ヤンセン

    マルセル・ヤンセンから見たミロスラフ・クローゼミロスラフ・クローゼ

    2007-08シーズン、昨年の低迷からの復活を目指すクラブにおいて、イタリア代表FWルカ・トーニ、ドイツ代表FWミロスラフ・クローゼ、フランス代表MFフランク・リベリーらワールドクラスの新加入選手の1人としてリーグ優勝とUEFAカップベスト4に貢献した。マルセル・ヤンセン フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ・ラーム

    フィリップ・ラームから見たミロスラフ・クローゼミロスラフ・クローゼ

    2006年にはFIFA最優秀選手賞の候補に初めてノミネートされ、2007年も連続でノミネートされた。2006 FIFAワールドカップに出場したドイツ代表からは2006年の候補にバラック、ミロスラフ・クローゼ、レーマンなどもノミネートされたが、結局はイタリアのファビオ・カンナバーロが表彰された。同年のUEFAチーム・オブ・ザ・イヤーには左サイドバックとして選出され、2007年にはわずかの得票率の差でエリック・アビダルに受賞を譲ったが、2008年には左サイドバックとして再びUEFAチーム・オブ・ザ・イヤーに選出された。2008年にはFIFAチーム・オブ・ザ・イヤーに選出されたが、その際のパトリス・エヴラ(マンチェスター・ユナイテッドFC)との得票率の差はわずか2%だった。フィリップ・ラーム フレッシュアイペディアより)

  • ティム・ボロウスキ

    ティム・ボロウスキから見たミロスラフ・クローゼミロスラフ・クローゼ

    代表としては2002年のブルガリア戦で初招集を受けた。2006 FIFAワールドカップにもベンチメンバーながらメンバー入りし、病み上がりのミヒャエル・バラックの貴重な代役として出場している。準々決勝の対アルゼンチン戦では、ミロスラフ・クローゼの同点ゴールを絶妙なヘディングでアシストした。ティム・ボロウスキ フレッシュアイペディアより)

  • 2002 FIFAワールドカップ・決勝

    2002 FIFAワールドカップ・決勝から見たミロスラフ・クローゼミロスラフ・クローゼ

    ドイツはグループリーグではグループE(日本)に入り、初戦のサウジアラビア戦(札幌ドーム)でFWミロスラフ・クローゼのハットトリックを含む大量8得点を挙げて勝利(8-0のスコアは2002年大会の最多得失点差となった)、続くアイルランド戦(カシマスタジアム)はクローゼのゴールで先制するも後半ロスタイムにロビー・キーンに同点ゴールを決められ1-1のドロー、最終戦のカメルーン戦(横浜国際総合競技場)ではクローゼとMFマルコ・ボーデのゴールで2-0で勝利し、勝ち点7(2勝1分け)の1位で決勝トーナメント進出を決めた。予選3試合全てにゴールを挙げたクローゼの好調が光った。2002 FIFAワールドカップ・決勝 フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド系ドイツ人

    ポーランド系ドイツ人から見たミロスラフ・クローゼミロスラフ・クローゼ

    ミロスラフ・クローゼ(サッカー選手):ポーランド生まれ、ポーランド人とドイツ人が数世紀かけて混血したシレジア人という民族集団ポーランド系ドイツ人 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
38件中 1 - 10件表示

「ミロスラフ・クローゼ」のニューストピックワード