56件中 11 - 20件表示
  • ウーゴ・アルメイダ

    ウーゴ・アルメイダから見たミロスラフ・クローゼミロスラフ・クローゼ

    2007-08シーズンにミロスラフ・クローゼがバイエルン・ミュンヘンと契約したことにより出番のチャンスと得点が劇的に増えたアルメイダは、前年王者のVfBシュトゥットガルト相手に2ゴールを決め4-1で勝利した試合を含め、最初のリーグ戦12試合で7ゴールを記録した。最終的にジエゴの17ゴールに次ぐ16ゴールを全公式戦で決め(リーグ戦では11ゴール)、チームはバイエルンに次ぐ2位で終わった。ウーゴ・アルメイダ フレッシュアイペディアより)

  • サッカーシレジア代表

    サッカーシレジア代表から見たミロスラフ・クローゼミロスラフ・クローゼ

    シレジア代表はFIFAに加盟していないが、ドイツ,ポーランド,チェコスロバキアの一流チーム(代表含む)で活躍した有名な選手を数多く輩出してきた。2010年にはシレジア出身の歴代の名選手で組まれた「仮想ドリームチーム」が発表された。ラファエル・シェーファー,マレク・ヤンクロフスキ,カミル・グリク,トマーシュ・ウイファルシ,ウカシュ・ピシュチェク,アダム・マトゥシュチク,リボル・シオンコ,セバスティアン・ティラワ,ルーカス・ポドルスキ,イレネウシュ・イェレン,ミロスラフ・クローゼが選出された。サッカーシレジア代表 フレッシュアイペディアより)

  • テオフィロ・クビジャス

    テオフィロ・クビジャスから見たミロスラフ・クローゼミロスラフ・クローゼ

    3度のFIFAワールドカップに出場し、最初の2大会では5得点ずつを挙げている。5ゴール以上を記録した大会が2度以上ある選手は他にミロスラフ・クローゼとトーマス・ミュラーのみである。1970年代のFIFAワールドカップの歴史を象徴する選手のひとりに数えられている。メキシコで開催された1970 FIFAワールドカップでは4試合すべてで得点し、ペルー代表の上位進出に貢献した。1次リーグではブルガリア戦、モロッコ戦(2得点)、西ドイツ戦で得点し、準々決勝では結果的に優勝するブラジル相手に得点したが、ブラジルに敗れて準々決勝敗退となった。クビジャス自身は5得点で得点ランキング3位となった。大会の最優秀若手選手賞を受賞し、ジャイルジーニョ、ゲルト・ミュラーに次ぐ得点数でブロンズブーツ(得点ランキング3位)を受賞した。クビジャスは大会のオールスターチームに選ばれ、ブラジル代表のペレは自身の後継者とみなした。テオフィロ・クビジャス フレッシュアイペディアより)

  • マシュー・アップソン

    マシュー・アップソンから見たミロスラフ・クローゼミロスラフ・クローゼ

    2010 FIFAワールドカップの一員に選出されたアップソンは、グループリーグ最初の2試合は起用されなかったものの、レドリー・キングとジェイミー・キャラガーがそれぞれ出場停止と負傷となったため、3試合目のスロベニア戦でFIFAワールドカップ初出場を飾った。続く決勝トーナメント1回戦のドイツ戦でコンビを組むテリーと共に再度先発出場するも、開始20分にミロスラフ・クローゼを捕まえきれずにゴールキックからのボールを直接決められるミスを犯すと、12分後にルーカス・ポドルスキを逃してしまい失点した。その後に自身の得点で1点を返すも、後半に2得点許してしまい敗退となり、同試合を最後に代表での出場は訪れずにいる。なお、この1得点によりスティーヴン・ジェラードとジャーメイン・デフォーに並び、同大会のチーム最多得点者となっている。マシュー・アップソン フレッシュアイペディアより)

  • ハミト・アルトゥントップ

    ハミト・アルトゥントップから見たミロスラフ・クローゼミロスラフ・クローゼ

    2007年夏にシャルケ04との契約が満了したため、移籍金なしでバイエルン・ミュンヘンに移籍した。ブラジル王者のサンパウロFCとのプレシーズンマッチ (2-1) でデビューし、素晴らしいフリーキックで移籍後初得点も決めた。DFLリーガポカールのヴェルダー・ブレーメン戦 (4-1) でも先発出場し、30mの距離から左足でミドルシュートを決めた。2008年2月14日にはUEFAカップのアバディーン戦ファーストレグ (2-2) に出場し、ペナルティキックをGKジェイミー・ラングフィールドにセーブされたものの、跳ね返りをゴールに押し込んだ。2009-10シーズンはチャンピオンズリーグで決勝まで勝ち上がり、2010年5月22日の決勝ではマドリードのエスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウでインテルと対戦した。ハミトはこの試合に左サイドハーフとして先発出場したが、63分にミロスラフ・クローゼと交代し、試合には0-2で敗れた。2010年6月2日、バイエルン・ミュンヘンとの1年間の契約延長で合意した。ハミト・アルトゥントップ フレッシュアイペディアより)

  • ロイ・マカーイ

    ロイ・マカーイから見たミロスラフ・クローゼミロスラフ・クローゼ

    2007年6月、ルカ・トーニとミロスラフ・クローゼがバイエルンに移籍してきたことからフェイエノールトへ3年契約で移籍した。オランダ代表にはマルコ・ファン・バステン監督が就任して以来呼ばれることが少なくなり、EUROには出場したことがあるが、FIFAワールドカップには一度も出場することがなかった。しかし2008年、北京オリンピックにオーバーエイジ枠で出場した。ロイ・マカーイ フレッシュアイペディアより)

  • シュテファン・マイヤーホーファー

    シュテファン・マイヤーホーファーから見たミロスラフ・クローゼミロスラフ・クローゼ

    しかしトップチームではロイ・マカーイやクラウディオ・ピサーロ放出が決定したものの、同時にミロスラフ・クローゼやルカ・トーニの獲得、他にもルーカス・ポドルスキの残留も決定したため、マイヤーホーファーのスタメン定着は厳しい状況になった。シュテファン・マイヤーホーファー フレッシュアイペディアより)

  • ロケ・サンタ・クルス

    ロケ・サンタ・クルスから見たミロスラフ・クローゼミロスラフ・クローゼ

    16歳の時、パラグアイの名門オリンピア・アスンシオンでプロデビュー。1998年のコパ・リベルタドーレスでは、母国パラグアイ代表のゴールキーパー、ホセ・ルイス・チラベルトからハットトリックを達成した。1999年のコパ・アメリカ(南米選手権)で3得点を挙げ、ドイツのバイエルン・ミュンヘンへと移籍。しかし、その後は怪我に悩まされ続け、レギュラー獲得には至らなかった。2007-08シーズンからはルカ・トーニ、ミロスラフ・クローゼらFW陣を補強したバイエルンを離れ、プレミアリーグのブラックバーンへ移籍。ロケ・サンタ・クルス フレッシュアイペディアより)

  • ダニエル・ハルケ

    ダニエル・ハルケから見たミロスラフ・クローゼミロスラフ・クローゼ

    バルセロナに生まれ、RCDエスパニョールの下部組織で育った。2002年10月20日のレクレアティーボ・ウェルバ戦でデビューし、2002-03シーズンと2003-04シーズンには合わせて15試合に出場した。徐々に出場機会を増やし、2004-05シーズンには初得点を決めた。2005-06シーズンは34試合に出場し、このシーズンにはコパ・デル・レイで優勝した。2006-07シーズンには契約を2009年まで延長した。同シーズンのUEFAカップでは、決勝トーナメント1回戦のASリヴォルノ・カルチョ戦ファーストレグでポストを直撃する惜しいヘディングシュートを放った。準々決勝のベンフィカ戦ファーストレグではシモン・サブローサのシュートが足に当たってゴールに吸い込まれる不運な失点があった。準決勝ではヴェルダー・ブレーメンのミロスラフ・クローゼを完璧に抑えるなど、マルク・トレホンとともに守備の要として決勝進出に貢献した。決勝では同じスペインのセビージャFCに敗れた。同シーズンにはリーグ戦で4得点を記録した。2008-09シーズンはフィールドプレーヤーとしてチーム2位の36試合に出場した。先発出場36は最多だった。ダニエル・ハルケ フレッシュアイペディアより)

  • アンドリース・ヨンカー

    アンドリース・ヨンカーから見たミロスラフ・クローゼミロスラフ・クローゼ

    アンドリース・ヨンカー(, 1962年9月22日 - )はオランダ・アムステルダムの出身のサッカー指導者、元サッカー選手。ルイス・ファン・ハールの解任に伴ってバイエルンの暫定監督に就任するとドイツ代表ミロスラフ・クローゼのトップ下起用などでチームを立て直した。若手育成に定評のあるサッカー指導者である。アンドリース・ヨンカー フレッシュアイペディアより)

56件中 11 - 20件表示

「ミロスラフ・クローゼ」のニューストピックワード