38件中 11 - 20件表示
  • ミロスワフ・クローゼ

    ミロスワフ・クローゼから見たミロスラフ・クローゼミロスラフ・クローゼ

    ミロスワフ・クローゼ フレッシュアイペディアより)

  • ミロスワフ

    ミロスワフから見たミロスラフ・クローゼミロスラフ・クローゼ

    ミロスワフ・クローゼ(ミロスラフ・クローゼ) - ポーランド出身のドイツのサッカー選手。ミロスワフ フレッシュアイペディアより)

  • クローゼ

    クローゼから見たミロスラフ・クローゼミロスラフ・クローゼ

    クローゼ フレッシュアイペディアより)

  • メスト・エジル

    メスト・エジルから見たミロスラフ・クローゼミロスラフ・クローゼ

    決勝トーナメント1回戦のイングランド戦ではトーマス・ミュラーの2点目をアシストし、ベスト8進出に大きく貢献。準々決勝のアルゼンチン戦ではミロスラフ・クローゼの2点目をアシストしベスト4進出に貢献、同大会最多アシストを記録した。その活躍により、FIFAバロンドールの候補者10人にノミネートされた他、ドイツ国内ではバンビを受賞した。メスト・エジル フレッシュアイペディアより)

  • ダニエル・ハルケ

    ダニエル・ハルケから見たミロスラフ・クローゼミロスラフ・クローゼ

    バルセロナに生まれ、RCDエスパニョールの下部組織で育った。2002年10月20日のレクレアティーボ・ウェルバ戦でデビューし、2002-03シーズンと2003-04シーズンには合わせて15試合に出場した。徐々に出場機会を増やし、2004-05シーズンには初得点を決めた。2005-06シーズンは34試合に出場し、このシーズンにはコパ・デル・レイで優勝した。2006-07シーズンには契約を2009年まで延長した。同シーズンのUEFAカップでは、決勝トーナメント1回戦のASリヴォルノ・カルチョ戦ファーストレグでポストを直撃する惜しいヘディングシュートを放った。準々決勝のベンフィカ戦ファーストレグではシモン・サブローサのシュートが足に当たってゴールに吸い込まれる不運な失点があった。準決勝ではヴェルダー・ブレーメンのミロスラフ・クローゼを完璧に抑えるなど、マルク・トレホンとともに守備の要として決勝進出に貢献した。決勝では同じスペインのセビージャFCに敗れた。同シーズンにはリーグ戦で4得点を記録した。2008-09シーズンはフィールドプレーヤーとしてチーム2位の36試合に出場した。先発出場36は最多だった。ダニエル・ハルケ フレッシュアイペディアより)

  • 1978年のスポーツ

    1978年のスポーツから見たミロスラフ・クローゼミロスラフ・クローゼ

    6月9日 - ミロスラフ・クローゼ(ドイツ、サッカー)1978年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ウーゴ・アルメイダ

    ウーゴ・アルメイダから見たミロスラフ・クローゼミロスラフ・クローゼ

    2007-08シーズンにミロスラフ・クローゼがバイエルン・ミュンヘンと契約したことにより出番のチャンスと得点が劇的に増えたアルメイダは、前年王者のVfBシュトゥットガルト相手に2ゴールを決め4-1で勝利した試合を含め、最初のリーグ戦12試合で7ゴールを記録した。最終的にジエゴの17ゴールに次ぐ16ゴールを全公式戦で決め(リーグ戦では11ゴール)、チームはバイエルンに次ぐ2位で終わった。ウーゴ・アルメイダ フレッシュアイペディアより)

  • サッカードイツ代表

    サッカードイツ代表から見たミロスラフ・クローゼミロスラフ・クローゼ

    しかし、本大会に入るとこれまでの不振を払拭するように快進撃を見せる。初戦のサウジアラビア戦で8-0と圧勝を収めると、アイルランドには終了間際に引き分けに追いつかれたが、第3戦のカメルーン戦では退場者を出しながらも2-0と勝利し、グループリーグを首位で通過。決勝トーナメントで対戦が予想されたポルトガル、イタリア、スペインが先に敗退した結果、大会を通じて一度も強豪国と当たらないという強運も味方し、パラグアイ、アメリカ、韓国をそれぞれ1-0で下し、決勝戦まで勝ち上がった。しかし決勝のブラジル戦では、攻撃の柱のミヒャエル・バラックが累積警告で出場停止になったこともあり、ブラジルの分厚い攻撃力に耐えるのが精一杯で、0-2と敗退した。この大会ではミロスラフ・クローゼ、トルステン・フリンクス、クリストフ・メツェルダーなど、次代を担う若手選手が台頭した。サッカードイツ代表 フレッシュアイペディアより)

  • ドイツ人

    ドイツ人から見たミロスラフ・クローゼミロスラフ・クローゼ

    このようにドイツの国籍保持者には西スラヴ語群のソルブ語を話す少数民族であるソルブ人(例:サッカー選手のミヒャエル・バラック)や、ポーランド系(代表的なのは、現在のサッカードイツ代表のエースであるミロスラフ・クローゼ、ルーカス・ポドルスキ、かつてのドイツ代表ピエール・リトバルスキーなど)、デンマーク系、オランダ系、フランス系のユグノーの子孫(東ドイツ最後の首相ロタール・デメジエールやドイツ連邦軍総監ウルリッヒ・デメジエールら輩出したデメジエール家など)、ナチスによるホロコーストの影響で数は減ったがユダヤ人(例:フェリックス・メンデルスゾーン、ハインリヒ・ハイネなど。数千年の混血を経たユダヤ教徒を人種的にドイツ人と区別する考え方は否定されているが、ドイツ人と異なる民族集団として独自のアイデンティティを築いてきた)などがおり、国籍は有していない者が多いがトルコ人(例:サッカー選手のイルハン・マンシズ)など様々な民族が居住している。ドイツ人 フレッシュアイペディアより)

  • モハメド・ジダン

    モハメド・ジダンから見たミロスラフ・クローゼミロスラフ・クローゼ

    2004-2005シーズンに入っても快調に得点を重ね続けたジダンにはその冬、ヴェルダー・ブレーメンからのオファーが届く。しかしミロスラフ・クローゼやイバン・クラスニッチと言ったブンデスリーガを代表するストライカーたちの間に割って入るまでには至らなかった。2005-2006シーズンの冬、ジダンは出場機会を求めて残留争いの直中で喘ぐブンデスリーガの小クラブ、1.FSVマインツ05にレンタルで加入する道を選ぶ。モハメド・ジダン フレッシュアイペディアより)

38件中 11 - 20件表示

「ミロスラフ・クローゼ」のニューストピックワード