38件中 21 - 30件表示
  • シュテファン・マイヤーホーファー

    シュテファン・マイヤーホーファーから見たミロスラフ・クローゼミロスラフ・クローゼ

    しかしトップチームではロイ・マカーイやクラウディオ・ピサーロ放出が決定し、同時にミロスラフ・クローゼやルカ・トーニの獲得、他にもルーカス・ポドルスキの残留も決定したため、マイヤーホーファーのスタメン定着は厳しい状況であった。そのため2007年2月からはドイツ2部のチームでプレー。シュテファン・マイヤーホーファー フレッシュアイペディアより)

  • UEFA EURO 2012参加チーム

    UEFA EURO 2012参加チームから見たミロスラフ・クローゼミロスラフ・クローゼ

    114 ? ミロスラフ・クローゼ(ドイツ)UEFA EURO 2012参加チーム フレッシュアイペディアより)

  • マヌエル・ノイアー

    マヌエル・ノイアーから見たミロスラフ・クローゼミロスラフ・クローゼ

    フル代表ではオリバー・カーン、イェンス・レーマンら大ベテランが引退した後の正GK候補の一人と目されていたところに当時正GKを務めていたロベルト・エンケの死去、さらにエンケの代役となったレネー・アードラーの怪我といったアクシデントもあって、ハンス=イェルク・ブット、ティム・ヴィーゼら年長のライバルとのポジション争いに勝ち、正GKとして南アフリカW杯に臨むことになった。南アフリカW杯では3位決定戦以外の全試合にフル出場。出場した6試合を2失点に抑え、4度の完封を記録しドイツの2大会連続となる3位入賞に貢献。決勝トーナメント1回戦のイングランド戦ではミロスラフ・クローゼのゴールをアシストした。W杯後は不動の正GKとして活躍している。マヌエル・ノイアー フレッシュアイペディアより)

  • バイエルン・ミュンヘン

    バイエルン・ミュンヘンから見たミロスラフ・クローゼミロスラフ・クローゼ

    その後、フェリックス・マガトが監督に就任し、2004-05シーズンと2005-06シーズンにブンデスリーガとDFBポカールをそれぞれ2連覇した。しかし、2006-07シーズンはシーズン途中でマガトを解任してオットマー・ヒッツフェルトが監督に就任したものの、3季ぶりの無冠に終わったばかりか11季ぶりにUEFAチャンピオンズリーグの出場権を逃した。これを受け2007年夏の移籍市場ではフランク・リベリー、ルカ・トーニ、ミロスラフ・クローゼらを獲得し、2007-08シーズンはリーグ最少失点記録を更新してのブンデスリーガ優勝とDFBポカール優勝の2冠を達成した。バイエルン・ミュンヘン フレッシュアイペディアより)

  • ミロスラフ

    ミロスラフから見たミロスラフ・クローゼミロスラフ・クローゼ

    ミロスラフ・クローゼ - ポーランド出身のドイツのサッカー選手。ミロスラフ フレッシュアイペディアより)

  • サッカーフランス代表

    サッカーフランス代表から見たミロスラフ・クローゼミロスラフ・クローゼ

    フランス代表が最初にその名を世界に轟かせたのは1958年スウェーデン大会である。「ナポレオン」の異名を取ったレイモン・コパのパスを受けたFWジュスト・フォンテーヌはゴールを量産し、大会中2度のハットトリックを含む13得点という記録を残して大会得点王に輝いた。このフォンテーヌの記録は後に西ドイツのゲルト・ミュラー、ブラジルのロナウド、ドイツのミロスラフ・クローゼによって破られるが、彼らの記録は2?3大会分を通算してのゴール数であるため、1大会で達成した記録としては現在でも誰にも破られていない。なお、フランスは準決勝でブラジルに敗れたものの、西ドイツを破って3位に入る健闘を見せた。サッカーフランス代表 フレッシュアイペディアより)

  • クラリネット

    クラリネットから見たクローゼミロスラフ・クローゼ

    もっとも一般的なのが、ベーム式(フランス式)のキイ・システムである。1843年にフランスのルイ=オーギュスト・ビュッフェ(L. A. Buffet1885年没)とイアサント・エレオノール・クローゼ(H. E. Klose1808年-1880年)によって、ベーム式フルートのキイ・システムを応用して1844年に特許申請し開発された。管弦楽、吹奏楽、ジャズなどで広く用いられている。キイ・システムの機構は複雑になってしまうが、比較的単純な運指が実現でき、機動性が高い。初心者にも向いている。日本では一部を除きほとんどの奏者はベーム式の楽器を使用している。クラリネット フレッシュアイペディアより)

  • ロケ・サンタ・クルス

    ロケ・サンタ・クルスから見たミロスラフ・クローゼミロスラフ・クローゼ

    16歳の時、パラグアイの名門オリンピア・アスンシオンでプロデビュー。1998年のコパ・リベルタドーレスでは、母国パラグアイ代表のゴールキーパー、ホセ・ルイス・チラベルトからハットトリックを達成し、一躍脚光を浴びる。1999年のコパ・アメリカ(南米選手権)で3得点を挙げ、ドイツの名門バイエルン・ミュンヘンへと移籍。しかし、その後は怪我に悩まされ続け、レギュラー獲得には至らなかった。2007-08シーズンからはルカ・トーニ、ミロスラフ・クローゼらFW陣を補強したバイエルンを離れ、プレミアリーグのブラックバーンへ移籍。ロケ・サンタ・クルス フレッシュアイペディアより)

  • リサンドロ・ロペス

    リサンドロ・ロペスから見たミロスラフ・クローゼミロスラフ・クローゼ

    2006年夏、ポルトガルのFCポルトに移籍した。ポルトはラシン・クラブに移籍金235万ユーロを支払い、権利の50%はグローバル・サッカー・エージェンシー社が保有し続けた。1年目からレギュラーをつかみ、2006-07シーズンはリーグ戦26試合に出場して7得点したほか、UEFAチャンピオンズリーグのレンジャーズFC戦など重要な試合で得点した。チームのキープレーヤーとなったことで2007年夏には背番号9を与えられ、2007-08シーズンもUEFAチャンピオンズリーグのハンブルガーSV戦(ホーム)で2得点するなど活躍し、リーグ戦では3連覇を果たすとともに27試合に出場して24得点を挙げてスーペル・リーガ得点王とリーグ最優秀選手に輝いた。2008年冬にはロシア・プレミアリーグのゼニト・サンクトペテルブルクからのオファーを拒否し、FCポルトは残りの50%の保有権をグローバル・サッカー・エージェンシー社から442万9000ユーロで買い取った。得点感覚は衰えず、2008-09シーズンのUEFAチャンピオンズリーグでは6得点を挙げ、FCバルセロナのFWリオネル・メッシ、リヴァプールFCのMFスティーヴン・ジェラード、バイエルン・ミュンヘンのFWミロスラフ・クローゼに次ぐ得点ランキング4位に位置した。リーグ戦での得点数は激減したが、UEFAチャンピオンズリーグではベスト8入りに貢献した。3シーズン在籍したFCポルトではリーグ戦106試合に出場して49得点を挙げた。リサンドロ・ロペス フレッシュアイペディアより)

  • ジュスト・フォンテーヌ

    ジュスト・フォンテーヌから見たミロスラフ・クローゼミロスラフ・クローゼ

    後に西ドイツのゲルト・ミュラーが2大会通算14得点、ブラジルのロナウドが3大会通算15得点、ドイツのミロスラフ・クローゼが3大会通算14得点を記録したことにより、彼の得点記録は通算ゴール数でこそ彼らに抜かれたものの、1大会最多得点のワールドカップレコードである13得点は現在も破られていない。ジュスト・フォンテーヌ フレッシュアイペディアより)

38件中 21 - 30件表示

「ミロスラフ・クローゼ」のニューストピックワード