56件中 21 - 30件表示
  • 2014年のサッカー

    2014年のサッカーから見たミロスラフ・クローゼミロスラフ・クローゼ

    【FIFA】FIFAワールドカップブラジル大会の準決勝でドイツが開催国のブラジルに7対1で勝利し、決勝進出。準決勝での7得点はワールドカップ史上最多で、6点差がついたのは同史上初。ドイツのミロスラフ・クローゼが大会史上最多の通算16得点。2014年のサッカー フレッシュアイペディアより)

  • サッカーアルゼンチン代表の歴史

    サッカーアルゼンチン代表の歴史から見たミロスラフ・クローゼミロスラフ・クローゼ

    コパ・アメリカ2007では、グループリーグのアメリカ戦、コロンビア戦、パラグアイ戦に3連勝した。準々決勝と準決勝ではコロンビアとメキシコを圧倒したが、決勝ではブラジルに0-3で敗れて準優勝に終わった。2008年の北京オリンピックにはリオネル・メッシやフアン・ロマン・リケルメ(オーバーエイジ)などが出場し、グループリーグから6連勝を記録して再び金メダルを獲得した。2010 FIFAワールドカップに先立ち、マラドーナが監督に就任した。南アフリカで開催されたFIFAワールドカップ本大会でアルゼンチンはグループBに組み込まれ、グループリーグを3戦全勝で通過した。初戦のナイジェリア戦では6分に先制点を決めたが、その後は追加点を挙げられずに1-0で勝利した。2戦目の韓国戦ではゴンサロ・イグアインのハットトリックや相手のオウンゴールなどで易々と得点を重ね、4-1で勝利した。3戦目のギリシャ戦には2-0で勝利した。決勝トーナメント1回戦ではメキシコと対戦。メッシからのボールにヘディングで合わせたカルロス・テベスが先制点を決めたが、リプレイ映像ではテベスがオフサイドポジションにいることが明らかだった。結局アルゼンチンはメキシコに3-1で勝利したが、準々決勝のドイツ戦には0-4で大敗して大会から敗退した。ドイツのトーマス・ミュラーが3分に先制点を挙げると、ミロスラフ・クローゼが2点を重ね、アルネ・フリードリヒもまた得点した。サッカーアルゼンチン代表の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ジュスト・フォンテーヌ

    ジュスト・フォンテーヌから見たミロスラフ・クローゼミロスラフ・クローゼ

    後に西ドイツのゲルト・ミュラーが2大会通算14得点、ブラジルのロナウドが3大会通算15得点、ドイツのミロスラフ・クローゼが4大会通算16得点を記録したことにより、彼の得点記録は通算ゴール数でこそ彼らに抜かれたものの、1大会最多得点のワールドカップレコードである13得点は現在も破られていない。ジュスト・フォンテーヌ フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト・アボンダンシェリ

    ロベルト・アボンダンシェリから見たミロスラフ・クローゼミロスラフ・クローゼ

    代表デビューは2004年6月6日に行われたパラグアイ戦。クラブ、そして代表での実績が認められ、2006 FIFAワールドカップではアルゼンチン代表の正GKとして全5試合に出場した。準々決勝のドイツ戦ではミロスラフ・クローゼと接触して負傷し、控えGKのレオ・フランコと交代した。チームはPK戦の末敗れた。ロベルト・アボンダンシェリ フレッシュアイペディアより)

  • ルイ・サハ

    ルイ・サハから見たミロスラフ・クローゼミロスラフ・クローゼ

    しかし、スティーヴン・フレッチャーの控えに甘んじて2013年1月31日にサンダーランドとの契約を解除し、2月6日にミロスラフ・クローゼが故障離脱したSSラツィオに移籍。しかし、6試合の出場にとどまりノーゴールに終わった。ルイ・サハ フレッシュアイペディアより)

  • ヴワディスワフ・ジュムダ

    ヴワディスワフ・ジュムダから見たミロスラフ・クローゼミロスラフ・クローゼ

    ポーランド代表として国際Aマッチ91試合に出場した。また4度のワールドカップ(1974 FIFAワールドカップ、1978 FIFAワールドカップ、1982 FIFAワールドカップ、1986 FIFAワールドカップ)に参加し、21試合に出場した。この記録はポーランド史上最多記録であり、ワールドカップ史上においても、ドイツのローター・マテウス、ミロスラフ・クローゼ、イタリアのパオロ・マルディーニ、に次ぐ第4位の記録(ペレ、ディエゴ・マラドーナ、ジャンニ・リベラらの名手と並ぶ)である。ヴワディスワフ・ジュムダ フレッシュアイペディアより)

  • カルステン・ヤンカー

    カルステン・ヤンカーから見たミロスラフ・クローゼミロスラフ・クローゼ

    1998年10月14日のモルドバ戦でドイツ代表デビューを飾り、エーリッヒ・リベック監督の下でUEFA EURO 2000の一員にも選出された。その後は不振に陥ったことでリーグ戦で無得点の日々が続き、DFBポカールとイングランドとの親善試合での僅か2得点と点取り屋として厳しいシーズンを過ごしていたものの、ルディ・フェラー監督の構想に入っていたことで定期的に招集され、最終的に2002 FIFAワールドカップの一員に選出された。このリーグ戦無得点のヤンカーが選出されたことに大きな波紋を呼び、その一方でリーグ得点王のマルティン・マックスが落選したことがさらに拍車をかけた。そのような状況下で迎えた同大会では、初戦のサウジアラビア戦で1得点を挙げこそしたものの、続くアイルランド戦とカメルーン戦では、コンビを組むミロスラフ・クローゼとは対照的に印象付けることに失敗したため、以降の出番は訪れなかった。カルステン・ヤンカー フレッシュアイペディアより)

  • 1978年のスポーツ

    1978年のスポーツから見たミロスラフ・クローゼミロスラフ・クローゼ

    6月9日 - ミロスラフ・クローゼ(ドイツ、サッカー)1978年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ヘディング

    ヘディングから見たミロスラフ・クローゼミロスラフ・クローゼ

    クロスやセットプレーからヘディングによるゴールが生まれることも多いため、ゴール前の攻防に関わるFWやDFはヘディングや競り合いに強い選手が多い。オリバー・ビアホフやヤン・コレルなど高い身長をいかして空中戦を制する選手がいる一方で、ウーヴェ・ゼーラーやミロスラフ・クローゼなど跳躍力を武器にヘディングを得意とする選手もいる。ヘディング フレッシュアイペディアより)

  • モハメド・ジダン

    モハメド・ジダンから見たミロスラフ・クローゼミロスラフ・クローゼ

    2004-05シーズンに入っても快調に得点を重ね続けたジダンにはその冬、ヴェルダー・ブレーメンからのオファーが届く。しかしミロスラフ・クローゼやイバン・クラスニッチらブンデスリーガを代表するストライカーたちの間に割って入るまでには至らなかった。2005-06シーズンの冬、ジダンは出場機会を求めて残留争いの直中で喘ぐブンデスリーガの小クラブ、1.FSVマインツ05にレンタルで加入する道を選んだ。モハメド・ジダン フレッシュアイペディアより)

56件中 21 - 30件表示

「ミロスラフ・クローゼ」のニューストピックワード