前へ 1 2 3 4 5 6
55件中 1 - 10件表示
  • ミロスラフ・クローゼ

    ミロスラフ・クローゼから見たイヴァン・クラスニッチ

    W杯後はクラブ、代表ともに良い活躍を見せられず低迷していたが、2004年7月1日にヴェルダー・ブレーメンへ移籍するとこれが転機となり完全復活。クロアチア代表のイヴァン・クラスニッチと2トップを組み、2005-06シーズンはブンデスリーガ得点王となった。さらに2006年のFIFAワールドカップドイツ大会でも7試合で5得点を決めて得点王となった。また得点以外の面でもスウェーデン戦でルーカス・ポドルスキの得点をアシストするなどの活躍を見せた。ミロスラフ・クローゼ フレッシュアイペディアより)

  • ミロスラフ・クローゼ

    ミロスラフ・クローゼから見たマヌエル・ノイアー

    2009年になるとチームでの出場機会及び得点数が減少していたが、代表では不動のエースとして活躍。自身3度目となる2010 FIFAワールドカップにも出場した。若返ったチームの中でも活躍し、グループリーグ初戦のオーストラリア戦で得点を挙げ、3大会連続得点を記録した。第2戦のセルビア戦では2枚のイエローカードを受けて前半で退場し、ドイツも敗れた。出場停止明けの決勝トーナメント1回戦イングランド戦ではマヌエル・ノイアーからのゴールキックをDFに競り勝ち直接決め、先制点を挙げた。代表通算100試合目の出場となった準々決勝のアルゼンチン戦では2得点を挙げ、この時点でゲルト・ミュラーに並びW杯通算得点を歴代2位の14得点とした。その後、準決勝のスペイン戦は無得点、3位決定戦のウルグアイ戦は欠場したため大会通算4得点、W杯歴代通算14得点で大会を終えた。ミロスラフ・クローゼ フレッシュアイペディアより)

  • ミロスラフ・クローゼ

    ミロスラフ・クローゼから見たフランツ・ベッケンバウアー

    フランツ・ベッケンバウアーはクローゼを「クロージーニョ」とあだ名している。ミロスラフ・クローゼ フレッシュアイペディアより)

  • ミロスラフ・クローゼ

    ミロスラフ・クローゼから見たサッカードイツ代表

    ミロスラフ・クローゼ(Miroslav Klose, 1978年6月9日 - )は、ポーランド・オポーレ出身のドイツ代表サッカー選手。ポジションはFW。セリエA・ラツィオ所属。ミロスラフ・クローゼ フレッシュアイペディアより)

  • ミロスラフ・クローゼ

    ミロスラフ・クローゼから見たSSラツィオ

    ミロスラフ・クローゼ(Miroslav Klose, 1978年6月9日 - )は、ポーランド・オポーレ出身のドイツ代表サッカー選手。ポジションはFW。セリエA・ラツィオ所属。ミロスラフ・クローゼ フレッシュアイペディアより)

  • ミロスラフ・クローゼ

    ミロスラフ・クローゼから見た1.FCカイザースラウテルン

    9歳でドイツに移住し、7部リーグに所属する小さなクラブ、ブラウバッハ=ディーデルコップフやFCホンブルクでアマチュア時代を過ごす。1999年にはブンデスリーガ・1\.FCカイザースラウテルンのサテライトチームに移籍し、2000年にプロデビュー。翌シーズンにはUEFAカップ準決勝まで進出し、ポーランドとドイツ両代表から招集を受けるが、クローゼはドイツ代表を選択。2001年3月24日のアルバニア戦で代表デビューを果たした。ミロスラフ・クローゼ フレッシュアイペディアより)

  • ミロスラフ・クローゼ

    ミロスラフ・クローゼから見たパオロ・カンナヴァーロ

    2012年9月26日のラツィオ対ナポリ戦では、0-0の前半3分にCKからネットを揺らしたが、ナポリの選手がハンドをアピールして猛抗議すると自らハンドを認め、主審はゴールを取り消した。試合後、ナポリの主将であるパオロ・カンナヴァーロは、「クローゼの行動は、賞が与えられるべきものだ」とそフェアプレー精神を称賛した。ミロスラフ・クローゼ フレッシュアイペディアより)

  • ミロスラフ・クローゼ

    ミロスラフ・クローゼから見たユルゲン・クリンスマン

    2002年、FIFAワールドカップ日韓大会を控えた親善試合でハットトリックを2度達成して好調を維持。大会本番でも7試合5得点(全ての得点がヘッド)で得点ランク2位になり、ユルゲン・クリンスマン、オリバー・ビアホフを継ぐドイツ代表のエースストライカーとしてドイツの準優勝に貢献した。ミロスラフ・クローゼ フレッシュアイペディアより)

  • ミロスラフ・クローゼ

    ミロスラフ・クローゼから見たユルゲン・コーラー

    クローゼは「この大会で代表を引退する」と宣言したが、その後UEFA欧州選手権2012への正式招集が決定。会見で「自分はまだ若いし、2014年まで十分やっていける」と2014 FIFAワールドカップへの参加を示唆する発言をした。2011年2月10日のイタリアとの親善試合に出場し代表出場試合数が106となり、ユルゲン・コーラーを抜き歴代単独3位となった。この試合では通算59得点目となる先制点も挙げた。ミロスラフ・クローゼ フレッシュアイペディアより)

  • ミロスラフ・クローゼ

    ミロスラフ・クローゼから見たオリバー・ビアホフ

    2002年、FIFAワールドカップ日韓大会を控えた親善試合でハットトリックを2度達成して好調を維持。大会本番でも7試合5得点(全ての得点がヘッド)で得点ランク2位になり、ユルゲン・クリンスマン、オリバー・ビアホフを継ぐドイツ代表のエースストライカーとしてドイツの準優勝に貢献した。ミロスラフ・クローゼ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
55件中 1 - 10件表示

「ミロスラフ・クローゼ」のニューストピックワード