前へ 1 2 3 4 5 6 7
69件中 1 - 10件表示
  • ミロスラフ・クローゼ

    ミロスラフ・クローゼから見たFIFAワールドカップ

    ドイツ代表での出場は歴代2位、得点数は歴代最多。FIFAワールドカップでの通算得点数16は歴代最多の記録である。ミロスラフ・クローゼ フレッシュアイペディアより)

  • ミロスラフ・クローゼ

    ミロスラフ・クローゼから見たイヴァン・クラスニッチ

    W杯後はクラブ、代表ともに良い活躍を見せられず低迷していたが、2004年7月1日にヴェルダー・ブレーメンへ移籍するとこれが転機となり完全復活。クロアチア代表のイヴァン・クラスニッチと2トップを組み、2005-06シーズンはブンデスリーガ得点王となった。さらに2006年のFIFAワールドカップドイツ大会でも7試合で5得点を決めて得点王となった。また得点以外の面でもスウェーデン戦でルーカス・ポドルスキの得点をアシストするなどの活躍を見せた。ミロスラフ・クローゼ フレッシュアイペディアより)

  • ミロスラフ・クローゼ

    ミロスラフ・クローゼから見たマヌエル・ノイアー

    2009年になるとチームでの出場機会及び得点数が減少していたが、代表では不動のエースとして活躍。自身3度目となる2010 FIFAワールドカップにも出場した。若返ったチームの中でも活躍し、グループリーグ初戦のオーストラリア戦で得点を挙げ、3大会連続得点を記録した。第2戦のセルビア戦では2枚のイエローカードを受けて前半で退場し、ドイツも敗れた。出場停止明けの決勝トーナメント1回戦イングランド戦ではマヌエル・ノイアーからのゴールキックをDFに競り勝って直接決め、先制点を挙げた。代表通算100試合目の出場となった準々決勝のアルゼンチン戦では2得点を挙げ、この時点でゲルト・ミュラーに並び、W杯通算得点を歴代2位の14得点とした。その後、準決勝のスペイン戦は無得点、3位決定戦のウルグアイ戦は欠場したため大会通算4得点、W杯歴代通算14得点で大会を終えた。ミロスラフ・クローゼ フレッシュアイペディアより)

  • ミロスラフ・クローゼ

    ミロスラフ・クローゼから見たロナウド

    2013年9月6日の2014 FIFAワールドカップ予選、オーストリア戦で代表通算68得点目を挙げ、ゲルト・ミュラーのドイツ代表歴代最多得点記録に並んだ。そして2014年6月6日、マインツで行われたアルメニアとの試合で途中出場からゴールを決めて、ゲルト・ミュラーの記録を40年ぶりに塗り替えた。本大会では2014年6月22日に行われたグループリーグ第2戦のガーナ戦で元ブラジル代表のロナウドと並ぶFIFAワールドカップ歴代通算最多タイのゴールを決めた。さらに7月9日の準決勝では、ブラジル戦で前半23分に右足でシュートを決め、以降6分間でドイツ代表が立て続けに3ゴールを奪うというドイツ圧勝への道筋をつけた。またこのゴールにより、ワールドカップ通算得点を16点とし、記録を更新した。この記録はギネスに認定された。ミロスラフ・クローゼ フレッシュアイペディアより)

  • ミロスラフ・クローゼ

    ミロスラフ・クローゼから見たフランツ・ベッケンバウアー

    フランツ・ベッケンバウアーはクローゼを「クロージーニョ」とあだ名している。ミロスラフ・クローゼ フレッシュアイペディアより)

  • ミロスラフ・クローゼ

    ミロスラフ・クローゼから見たゲルト・ミュラー

    2009年になるとチームでの出場機会及び得点数が減少していたが、代表では不動のエースとして活躍。自身3度目となる2010 FIFAワールドカップにも出場した。若返ったチームの中でも活躍し、グループリーグ初戦のオーストラリア戦で得点を挙げ、3大会連続得点を記録した。第2戦のセルビア戦では2枚のイエローカードを受けて前半で退場し、ドイツも敗れた。出場停止明けの決勝トーナメント1回戦イングランド戦ではマヌエル・ノイアーからのゴールキックをDFに競り勝って直接決め、先制点を挙げた。代表通算100試合目の出場となった準々決勝のアルゼンチン戦では2得点を挙げ、この時点でゲルト・ミュラーに並び、W杯通算得点を歴代2位の14得点とした。その後、準決勝のスペイン戦は無得点、3位決定戦のウルグアイ戦は欠場したため大会通算4得点、W杯歴代通算14得点で大会を終えた。ミロスラフ・クローゼ フレッシュアイペディアより)

  • ミロスラフ・クローゼ

    ミロスラフ・クローゼから見たサッカーブラジル代表

    2013年9月6日の2014 FIFAワールドカップ予選、オーストリア戦で代表通算68得点目を挙げ、ゲルト・ミュラーのドイツ代表歴代最多得点記録に並んだ。そして2014年6月6日、マインツで行われたアルメニアとの試合で途中出場からゴールを決めて、ゲルト・ミュラーの記録を40年ぶりに塗り替えた。本大会では2014年6月22日に行われたグループリーグ第2戦のガーナ戦で元ブラジル代表のロナウドと並ぶFIFAワールドカップ歴代通算最多タイのゴールを決めた。さらに7月9日の準決勝では、ブラジル戦で前半23分に右足でシュートを決め、以降6分間でドイツ代表が立て続けに3ゴールを奪うというドイツ圧勝への道筋をつけた。またこのゴールにより、ワールドカップ通算得点を16点とし、記録を更新した。この記録はギネスに認定された。ミロスラフ・クローゼ フレッシュアイペディアより)

  • ミロスラフ・クローゼ

    ミロスラフ・クローゼから見たサッカーアルゼンチン代表

    2009年になるとチームでの出場機会及び得点数が減少していたが、代表では不動のエースとして活躍。自身3度目となる2010 FIFAワールドカップにも出場した。若返ったチームの中でも活躍し、グループリーグ初戦のオーストラリア戦で得点を挙げ、3大会連続得点を記録した。第2戦のセルビア戦では2枚のイエローカードを受けて前半で退場し、ドイツも敗れた。出場停止明けの決勝トーナメント1回戦イングランド戦ではマヌエル・ノイアーからのゴールキックをDFに競り勝って直接決め、先制点を挙げた。代表通算100試合目の出場となった準々決勝のアルゼンチン戦では2得点を挙げ、この時点でゲルト・ミュラーに並び、W杯通算得点を歴代2位の14得点とした。その後、準決勝のスペイン戦は無得点、3位決定戦のウルグアイ戦は欠場したため大会通算4得点、W杯歴代通算14得点で大会を終えた。ミロスラフ・クローゼ フレッシュアイペディアより)

  • ミロスラフ・クローゼ

    ミロスラフ・クローゼから見たサッカードイツ代表

    ドイツ代表での出場は歴代2位、得点数は歴代最多。FIFAワールドカップでの通算得点数16は歴代最多の記録である。ミロスラフ・クローゼ フレッシュアイペディアより)

  • ミロスラフ・クローゼ

    ミロスラフ・クローゼから見たパオロ・カンナヴァーロ

    2012年9月26日のラツィオ対ナポリ戦では、0-0の前半3分にCKからネットを揺らしたが、ナポリの選手がハンドをアピールして猛抗議すると自らハンドを認め、主審はゴールを取り消した。試合後、ナポリの主将であるパオロ・カンナヴァーロは、「クローゼの行動は、賞が与えられるべきものだ」とそのフェアプレー精神を称賛した。ミロスラフ・クローゼ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
69件中 1 - 10件表示

「ミロスラフ・クローゼ」のニューストピックワード