55件中 11 - 20件表示
  • ミロスラフ・クローゼ

    ミロスラフ・クローゼから見たルーカス・ポドルスキ

    W杯後はクラブ、代表ともに良い活躍を見せられず低迷していたが、2004年7月1日にヴェルダー・ブレーメンへ移籍するとこれが転機となり完全復活。クロアチア代表のイヴァン・クラスニッチと2トップを組み、2005-06シーズンはブンデスリーガ得点王となった。さらに2006年のFIFAワールドカップドイツ大会でも7試合で5得点を決めて得点王となった。また得点以外の面でもスウェーデン戦でルーカス・ポドルスキの得点をアシストするなどの活躍を見せた。ミロスラフ・クローゼ フレッシュアイペディアより)

  • ミロスラフ・クローゼ

    ミロスラフ・クローゼから見たゲルト・ミュラー

    2009年になるとチームでの出場機会及び得点数が減少していたが、代表では不動のエースとして活躍。自身3度目となる2010 FIFAワールドカップにも出場した。若返ったチームの中でも活躍し、グループリーグ初戦のオーストラリア戦で得点を挙げ、3大会連続得点を記録した。第2戦のセルビア戦では2枚のイエローカードを受けて前半で退場し、ドイツも敗れた。出場停止明けの決勝トーナメント1回戦イングランド戦ではマヌエル・ノイアーからのゴールキックをDFに競り勝ち直接決め、先制点を挙げた。代表通算100試合目の出場となった準々決勝のアルゼンチン戦では2得点を挙げ、この時点でゲルト・ミュラーに並びW杯通算得点を歴代2位の14得点とした。その後、準決勝のスペイン戦は無得点、3位決定戦のウルグアイ戦は欠場したため大会通算4得点、W杯歴代通算14得点で大会を終えた。ミロスラフ・クローゼ フレッシュアイペディアより)

  • ミロスラフ・クローゼ

    ミロスラフ・クローゼから見た幼稚園

    父はAJオセールなどでプレーし、ポーランド代表経験も持つ元サッカー選手ユゼフ・クローゼ(Józef Kloze)、母はポーランド代表で82試合出場した元ハンドボール選手バルバラ・イェジュ(Barbara Jeż)。祖父のエルヴィン・クローゼ(Erwin Klose)はシレジア(ドイツ語シュレジェン、ポーランド語シロンスク)地方出身のドイツ人で、第二次大戦後、シレジアがドイツ領からポーランド領となってからもそのまま定住し姓をKlozeと改姓したが、その後息子のユゼフ一家がドイツに移住した折にドイツ語の表記法に則ってKloseとしている。妻はポーランド出身のポーランド人。クローゼの家族はすでに文化がポーランド化していて、家庭では互いにポーランド語を話し、息子たちは幼稚園でドイツ語を習っている。若い頃に大工の資格を取得している。ミロスラフ・クローゼ フレッシュアイペディアより)

  • ミロスラフ・クローゼ

    ミロスラフ・クローゼから見たヴェルダー・ブレーメン

    W杯後はクラブ、代表ともに良い活躍を見せられず低迷していたが、2004年7月1日にヴェルダー・ブレーメンへ移籍するとこれが転機となり完全復活。クロアチア代表のイヴァン・クラスニッチと2トップを組み、2005-06シーズンはブンデスリーガ得点王となった。さらに2006年のFIFAワールドカップドイツ大会でも7試合で5得点を決めて得点王となった。また得点以外の面でもスウェーデン戦でルーカス・ポドルスキの得点をアシストするなどの活躍を見せた。ミロスラフ・クローゼ フレッシュアイペディアより)

  • ミロスラフ・クローゼ

    ミロスラフ・クローゼから見たサッカーイタリア代表

    クローゼは「この大会で代表を引退する」と宣言したが、その後UEFA欧州選手権2012への正式招集が決定。会見で「自分はまだ若いし、2014年まで十分やっていける」と2014 FIFAワールドカップへの参加を示唆する発言をした。2011年2月10日のイタリアとの親善試合に出場し代表出場試合数が106となり、ユルゲン・コーラーを抜き歴代単独3位となった。この試合では通算59得点目となる先制点も挙げた。ミロスラフ・クローゼ フレッシュアイペディアより)

  • ミロスラフ・クローゼ

    ミロスラフ・クローゼから見たFIFAワールドカップ

    ドイツ代表での出場は歴代2位、得点数は歴代2位。FIFAワールドカップでの通算得点数14は歴代2位の記録である。ミロスラフ・クローゼ フレッシュアイペディアより)

  • ミロスラフ・クローゼ

    ミロスラフ・クローゼから見たUEFAヨーロッパリーグ

    9歳でドイツに移住し、7部リーグに所属する小さなクラブ、ブラウバッハ=ディーデルコップフやFCホンブルクでアマチュア時代を過ごす。1999年にはブンデスリーガ・1.FCカイザースラウテルンのサテライトチームに移籍し、2000年にプロデビュー。翌シーズンにはUEFAカップ準決勝まで進出し、ポーランドとドイツ両代表から招集を受けるが、クローゼはドイツ代表を選択。2001年3月24日のアルバニア戦で代表デビューを果たした。ミロスラフ・クローゼ フレッシュアイペディアより)

  • ミロスラフ・クローゼ

    ミロスラフ・クローゼから見たバイエルン・ミュンヘン

    2007年6月26日、移籍金1200万ユーロ(約19億8千万円)でバイエルン・ミュンヘンへ移籍した。ミロスラフ・クローゼ フレッシュアイペディアより)

  • ミロスラフ・クローゼ

    ミロスラフ・クローゼから見たサッカーイングランド代表

    2009年になるとチームでの出場機会及び得点数が減少していたが、代表では不動のエースとして活躍。自身3度目となる2010 FIFAワールドカップにも出場した。若返ったチームの中でも活躍し、グループリーグ初戦のオーストラリア戦で得点を挙げ、3大会連続得点を記録した。第2戦のセルビア戦では2枚のイエローカードを受けて前半で退場し、ドイツも敗れた。出場停止明けの決勝トーナメント1回戦イングランド戦ではマヌエル・ノイアーからのゴールキックをDFに競り勝ち直接決め、先制点を挙げた。代表通算100試合目の出場となった準々決勝のアルゼンチン戦では2得点を挙げ、この時点でゲルト・ミュラーに並びW杯通算得点を歴代2位の14得点とした。その後、準決勝のスペイン戦は無得点、3位決定戦のウルグアイ戦は欠場したため大会通算4得点、W杯歴代通算14得点で大会を終えた。ミロスラフ・クローゼ フレッシュアイペディアより)

  • ミロスラフ・クローゼ

    ミロスラフ・クローゼから見たサッカーアルゼンチン代表

    2009年になるとチームでの出場機会及び得点数が減少していたが、代表では不動のエースとして活躍。自身3度目となる2010 FIFAワールドカップにも出場した。若返ったチームの中でも活躍し、グループリーグ初戦のオーストラリア戦で得点を挙げ、3大会連続得点を記録した。第2戦のセルビア戦では2枚のイエローカードを受けて前半で退場し、ドイツも敗れた。出場停止明けの決勝トーナメント1回戦イングランド戦ではマヌエル・ノイアーからのゴールキックをDFに競り勝ち直接決め、先制点を挙げた。代表通算100試合目の出場となった準々決勝のアルゼンチン戦では2得点を挙げ、この時点でゲルト・ミュラーに並びW杯通算得点を歴代2位の14得点とした。その後、準決勝のスペイン戦は無得点、3位決定戦のウルグアイ戦は欠場したため大会通算4得点、W杯歴代通算14得点で大会を終えた。ミロスラフ・クローゼ フレッシュアイペディアより)

55件中 11 - 20件表示

「ミロスラフ・クローゼ」のニューストピックワード