40件中 21 - 30件表示
  • ミーガン・フォックス

    ミーガン・フォックスから見たトランスフォーマー/ダークサイド・ムーン

    『トランスフォーマー』シリーズ第3作『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』では、ヒロインを降板した。第2作『トランスフォーマー/リベンジ』公開時のインタビューで、マイケル・ベイ監督について「ナポレオンみたい。撮影中クレイジーでひどいの。まるでヒトラーよ。っていうかヒトラーそのものね!」とコメントしたことが、ユダヤ系アメリカ人であるスティーヴン・スピルバーグ(製作総指揮)の逆鱗に触れ、キャスト変更を命じたためといわれている。なお、ベイ監督自身は「ミーガンの言うことだから」とコメントについて気にしていないと話し、「映画の現場は彼女が考えるほど甘いものではない」という趣旨の諭すようなコメントを出していた。ミーガン・フォックス フレッシュアイペディアより)

  • ミーガン・フォックス

    ミーガン・フォックスから見た新機動戦記ガンダムW

    漫画雑誌、アニメ、テレビゲームのファンである。12歳のときに見たテレビアニメがきっかけでM・ターナーが大好きになり、最も好きな漫画はフォックスが「長年の強迫観念のうちの1つ」と語る『Fathom』。日本の漫画、アニメにも関心を示しており、『トランスフォーマー』の日本公開時に受けたインタビューで「『カウボーイ・ビバップ』が大好き。『とっとこハム太郎』や『セーラームーン』は今でも観ているし、漫画も描けます」と発言している。また、『ミュータント・タートルズ』の日本公開時に受けたインタビューでは「『新機動戦記ガンダムW』を見て育った」、「日本に来ると本屋を巡ってマンガ漁りをする」「『美少女戦士セーラームーン』を実写化した場合、自分は年齢的に出演は厳しいだろう」と発言した。ミーガン・フォックス フレッシュアイペディアより)

  • ミーガン・フォックス

    ミーガン・フォックスから見たレズビアン

    男性誌『GQ』のインタビューで、10代のときにストリッパーの女性と恋仲になったことがあると告白した。だがレズビアンであることは否定しており、「人間は男性・女性両方に惹かれる生き物なんだと思う」と語っている。後に雑誌『エスクワイア』の特集記事のインタビューでバイセクシャルであることを告白した。ミーガン・フォックス フレッシュアイペディアより)

  • ミーガン・フォックス

    ミーガン・フォックスから見たホリデイ・イン・ザ・サン

    2001年、16歳の時に映画『ホリデイ・イン・ザ・サン』で映画初出演。2002年、テレビシリーズ『Ocean Ave.』で主要人物を演じた。テレビシリーズ『ホープ&フェイス』や『トランスフォーマー』で注目を集める。ミーガン・フォックス フレッシュアイペディアより)

  • ミーガン・フォックス

    ミーガン・フォックスから見た三日月

    タトゥーマニアであり、計8つのタトゥーを入れている。右側付近に夫ブライアンの名前、右腕にマリリン・モンローの顔、背中の右側にウィリアム・シェークスピアの『リア王』の一節「We will all laugh at gilded butterflies」「there once was a little girl who never knew love until a boy broke her HEART」と漢字で「力」、右手首の内側に太極図、足首より上の下脚の内側に5つの尖った星が重なっている三日月(彼女のタトゥーの中で唯一の色つき)などがある。太極図のタトゥーは消すつもりだと述べていたが、現在も残されている。ミーガン・フォックス フレッシュアイペディアより)

  • ミーガン・フォックス

    ミーガン・フォックスから見た太極図

    タトゥーマニアであり、計8つのタトゥーを入れている。右側付近に夫ブライアンの名前、右腕にマリリン・モンローの顔、背中の右側にウィリアム・シェークスピアの『リア王』の一節「We will all laugh at gilded butterflies」「there once was a little girl who never knew love until a boy broke her HEART」と漢字で「力」、右手首の内側に太極図、足首より上の下脚の内側に5つの尖った星が重なっている三日月(彼女のタトゥーの中で唯一の色つき)などがある。太極図のタトゥーは消すつもりだと述べていたが、現在も残されている。ミーガン・フォックス フレッシュアイペディアより)

  • ミーガン・フォックス

    ミーガン・フォックスから見たセントピーターズバーグ (フロリダ州)

    5歳の時からテネシー州のキングストンでダンスや演劇のトレーニングを始めた。キングストン小学校の合唱団にも参加した。10歳でフロリダ州セントピーターズバーグに移り住んだ後もトレーニングは続けた。ミーガン・フォックス フレッシュアイペディアより)

  • ミーガン・フォックス

    ミーガン・フォックスから見たカウボーイ・ビバップ

    漫画雑誌、アニメ、テレビゲームのファンである。12歳のときに見たテレビアニメがきっかけでM・ターナーが大好きになり、最も好きな漫画はフォックスが「長年の強迫観念のうちの1つ」と語る『Fathom』。日本の漫画、アニメにも関心を示しており、『トランスフォーマー』の日本公開時に受けたインタビューで「『カウボーイ・ビバップ』が大好き。『とっとこハム太郎』や『セーラームーン』は今でも観ているし、漫画も描けます」と発言している。また、『ミュータント・タートルズ』の日本公開時に受けたインタビューでは「『新機動戦記ガンダムW』を見て育った」、「日本に来ると本屋を巡ってマンガ漁りをする」「『美少女戦士セーラームーン』を実写化した場合、自分は年齢的に出演は厳しいだろう」と発言した。ミーガン・フォックス フレッシュアイペディアより)

  • ミーガン・フォックス

    ミーガン・フォックスから見たフランス

    米国テネシー州ロックウッドにて、アメリカインディアン・フランス・アイルランドの血を引く両親の間に生まれた。姉、妹、弟がいる。両親は離婚しており、実母と継父によって育てられた。ミーガン・フォックス フレッシュアイペディアより)

  • ミーガン・フォックス

    ミーガン・フォックスから見たエンターテインメント・ウィークリー

    出世作となった『トランスフォーマー』について米雑誌『エンターテインメント・ウィークリー』のインタビューで「あの映画は演技で勝負する映画でない、これは皆さん百も承知よね」と発言し、マイケル・ベイ監督が演技よりも特殊効果撮影ばかりに力を入れていたと批判した。この発言に対して監督は「いえ、全然気にしていませんよ。それがミーガン・フォックスという人物ですから」と述べ、時々馬鹿げた発言をするミーガンは23歳(発言当時)の割には人間として未熟であると手厳しいコメントを寄せた。ミーガン・フォックス フレッシュアイペディアより)

40件中 21 - 30件表示

「ミーガン・フォックス」のニューストピックワード