41件中 21 - 30件表示
  • 帝京大学福岡短期大学

    帝京大学福岡短期大学から見た月星化成ムーンスター

    国文科&日本文化学科:一般企業への就職者が多く、西日本銀行・岩田屋・山口放送・西日本銀行・肥後銀行・九州銀行・ディーシーカード・楽天KC・ダイエー・福岡日産自動車・ 福岡ダイハツ販売・日本水産・三菱化成・東芝・オムロン・月星化成・ヤンマー・フジタ・ミサワホームなどに就職している。ほか、中学校教員に就いた人もいる。帝京大学福岡短期大学 フレッシュアイペディアより)

  • 春日 (熊本市)

    春日 (熊本市)から見たムーンスタームーンスター

    春日の名の由来は屯倉のひとつである春日屯倉に由来する。隣接する二本木には平安時代から肥後の国府(飽田国府)がおかれていたほか、近世の城下町とも坪井川を挟んで接していたが、民謡「おてもやん」に謡われたようにかつてはぼうぶら畑(かぼちゃ畑)が広がる農村だった。1874年に春日村、久末村、阿弥陀寺村が合併し新たに春日村となる。1889年(明治22年)以降は飽田郡春日村として、熊本市内に含まれず郊外然とした状況だったが、1891年(明治24年)に熊本駅が地内に開設された後は熊本市の玄関口として急速に都市化が進み、1906年(明治39年)に町制施行して春日町となり、1921年(大正10年)に熊本市と合併した。21世紀に入るころまでは都市整備や区画整理の遅れも目立ち、やや取り残された感もあったが、九州新幹線開業を機に熊本駅周辺部の大規模再開発がおこなわれ、熊本駅南側に置かれていたかつての月星化成(現・ムーンスター)の工場跡地に国の合同庁舎が移転したほか、駅前には高層マンションを核とした再開発ビル「くまもと森都心」が2012年春のフルオープンを目指して建設中である。春日 (熊本市) フレッシュアイペディアより)

  • 井上文太

    井上文太から見たムーンスタームーンスター

    「bunta version:K-SWISS(ムーンスター)」日本・香港・台湾でコラボレーションスニーカー発売(2004年)井上文太 フレッシュアイペディアより)

  • 選手強化キャンペーン

    選手強化キャンペーンから見たムーンスタームーンスター

    月星化成/月星シューズ(現ムーンスター) - 学童用運動靴「コンドル」シリーズが協賛商品。少なくとも昭和後期の間は協賛していたとみられる。選手強化キャンペーン フレッシュアイペディアより)

  • 高橋名人

    高橋名人から見たムーンスタームーンスター

    月星シューズ-同社から発売されていた子供用シューズのCM。高橋名人の顔がポイントとして印刷されていた。高橋名人 フレッシュアイペディアより)

  • 大都会 闘いの日々

    大都会 闘いの日々から見た月星化成ムーンスター

    撮影協力:富士工、国際産業、インテリア井門、月星化成大都会 闘いの日々 フレッシュアイペディアより)

  • 熊本市

    熊本市から見たムーンスタームーンスター

    従来より、熊本市内には(熊本駅南側のムーンスターの工場(現合同庁舎の地)は除き)大規模工場の立地は進まず、現在もNECの半導体工場やフードパルでの食品工業を除けば、大規模な企業・工場は少ない。熊本市 フレッシュアイペディアより)

  • 筑後川

    筑後川から見た月星化成ムーンスター

    従来農地の灌漑にのみ利用されていた筑後川の利水であるが、日本各地の河川と同様に明治時代の富国強兵政策などで次第に上水道や工業用水道、水力発電に利用されるようになった。水道に関しては上水道が久留米市によって1923年7月9日に筑後川流域としては初めて計画され、1925年(大正14年)3月31日に内務省の許可を得て事業を開始。1930年(昭和5年)1月に最大で毎秒1万5,000立方メートルの給水を開始した。その後日田市などが続いたが何れも上水道事業は第二次世界大戦後に行われた。工業用水道についてもやはり久留米市を中心に取水が開始され、1931年(昭和6年)に日本ゴムとブリヂストンが筑後川からの取水を開始して以降、月星化成が1943年(昭和18年)に取水を行うなど久留米市の産業の中心を担うゴム製造業が筑後川を利用している。戦後は味の素が1961年(昭和36年)に筑後川の取水を開始しており、キリンビールやコカコーラの工場なども筑後川水系より取水しており、両社が九州で生産しているビールや清涼飲料水については筑後川の水が利用されている。筑後川 フレッシュアイペディアより)

  • 熊本駅

    熊本駅から見たムーンスタームーンスター

    駅南側の春日2丁目(月星化成工場跡)では、国土交通省九州地方整備局により、現在熊本城敷地内にある国の合同庁舎の移転建替が進められている。うち、1棟目となるA棟は2008年7月に起工式が執り行われた。A棟は2010年3月完成、鉄骨造・地上12階地下1階建て、延べ床面積26,000m²、九州財務局、九州農政局、九州総合通信局、熊本労働局、九州地方整備局営繕事務所、熊本地方気象台が入居し職員数は約1600人程度となる。熊本駅 フレッシュアイペディアより)

  • 久留米駅

    久留米駅から見たムーンスタームーンスター

    かつては日本貨物鉄道(JR貨物)の施設があったが、九州新幹線の駅設置に伴い用地を明け渡すため鳥栖貨物ターミナル駅(田代駅前)に移転した。駅舎の北側に1面1線のコンテナホームが、構内西側に1面2線で上屋付きのコンテナホームが設置されていた。また、1980年代ごろまでは、駅の周囲にあるブリヂストン久留米工場やアサヒコーポレーション久留米工場、日本製粉久留米工場、ムーンスター久留米工場への専用線もあった。久留米駅 フレッシュアイペディアより)

41件中 21 - 30件表示