メキシコペソ相場 ニュース&Wiki etc.

メキシコ・ペソ(Mexican peso)はメキシコ合衆国で利用される通貨単位。ISO_4217コードはMXN。通貨記号としては$が用いられるが、隣国の米ドルと混同されやすいため、Mex$と表記されることもある。日本での略称は墨ペソ(ぼくペソ、メキシコの漢字表記「墨西哥」に由来)。 (出典:Wikipedia)

「メキシコペソ相場」最新ニュース

「メキシコペソ相場」Q&A

  • Q&A

    ブラジルレアル トルコリラ メキシコペソ 豪ドル ニュージーランドドル の、為…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2014年9月23日 20:29

  • Q&A

    メキシコ・カンクンへ行かれた事のある方へ質問です。 現地ではUSドルが普通に使えるよ…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2013年11月30日 23:12

  • Q&A

    休む相場はピムコハイインカムトルコリラ通貨選択型(買いたし)とメキシコペソも、そうと…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2013年3月17日 11:31

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「メキシコ・ペソ」のつながり調べ

  • ホセ・ロペス・ポルティーヨ

    ホセ・ロペス・ポルティーヨから見たメキシコ・ペソ

    ポルティーヨ政権は前エチェベリア政権の政策を基本的に踏襲したものの、1976年の財政危機後にモンテレー・グループと呼ばれる企業家層との関係を改善した。しかし歴代政権のつづけた国営企業重視の姿勢は変更せず、さらにメキシコの国営企業の中核であるペメックスの経営はオイルショックによって好転したため、当座の危機を免れることができた。石油価格の上昇はメキシコ経済を成長させ、さらにタバスコ州とチアパス州において新油田が発見されたこともあり、メキシコ経済は成長を続けた。この石油収益を基本に、ロペス・ポルティーヨ政権は野心的な経済開発を進めたが、これにより政府借款が急速に増大していった。1981年に石油価格が暴落するとメキシコの財政はたちまち行き詰まり、通貨メキシコ・ペソの暴落によって借款の主な引き受け先であった外国銀行は融資を拒否するようになった。これに対し、ロペス・ポルティーヨは1982年9月1日に銀行の国有化を発表したが、根本的な解決とはならなかった。ロペス・ポルティーヨは後任に同政権の企画予算大臣だったミゲル・デ・ラ・マドリを指名し、デ・ラ・マドリが当選すると退任した。(ホセ・ロペス・ポルティーヨ フレッシュアイペディアより)

  • ベニート・フアレス

    ベニート・フアレスから見たメキシコ・ペソ

    フアレスは最も偉大で敬愛されるメキシコの指導者であり、「建国の父」とたたえられており、20ペソ紙幣に肖像が使用されている。(ベニート・フアレス フレッシュアイペディアより)

「メキシコ・ペソ」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「メキシコペソ相場」のニューストピックワード