前へ 1 2 3
24件中 1 - 10件表示
  • メトロバス (メキシコシティ)

    メトロバス (メキシコシティ)から見たメキシコ・ペソメキシコ・ペソ

    このメトロバスの導入初期のころには、このカードを使うことのできる人が限られていたため、一時的な利用方法として、片道1回切符(4.50メキシコ・ペソ≒約0.38ドル(2011年3月現在))を使用することができた。2005年10月から、利用者の求めに応じてスマートカードを交付することが可能になったために、乗車は、カードを使った利用のみとすることになった。現在は、1回分の乗車賃が5.00メキシコ・ペソ(約0.42ドル(2011年3月現在))に値上がりしている。メトロバス (メキシコシティ) フレッシュアイペディアより)

  • メキシコドル

    メキシコドルから見たメキシコ・ペソメキシコ・ペソ

    スペインの植民地時代発行のものはピラードル(スペインドル)と呼ばれる、ヘラクレスの柱を描いた大型銀貨であったが、1821年のメキシコの独立後は鷹洋(狭義のメキシコドル)と呼ばれる鷲をデザインしたものとなった。ピラードルの鋳造は1535年に始まりメキシコの独立前後まで発行され続け、独立後は1824年から1897年までは8レアル銀貨、1898年から1905年までは1ペソ銀貨として発行された。この間に量目、品位共に殆ど変化が見られず、最初に発行されたもの(27.468グラム、品位93.05%)より数%の銀含有量の低下が見られたのみで、1824年以降に発行されたものは規定量目27.073グラム、規定品位90.28%と一定していた。直径は約38ミリメートル。総鋳造量は1903年までに約35.5億ドルに達した。メキシコドル フレッシュアイペディアより)

  • 北米通貨連合

    北米通貨連合から見たメキシコ・ペソメキシコ・ペソ

    この構想が実現した場合、3国の通貨(USドル、カナダドル、メキシコ・ペソ)は統合され、新しい単一通貨が導入されるだろうと考えられている。その通貨の名前は仮の名称ではあるものの、amero(アメロ)という名称がしばしば用いられてきている。北米通貨連合 フレッシュアイペディアより)

  • 兌換ペソ

    兌換ペソから見たメキシコ・ペソメキシコ・ペソ

    以前は米ドルと兌換ペソが主に流通していたが、2004年11月8日から米ドルの流通を禁止して兌換ペソに置き換えられた。レートは米ドルと等価だが、米ドルと両替する場合に限り10%の手数料が請求される。日本円は一部の銀行などを除き両替できないため、ユーロかメキシコ・ペソから両替するのが一般的である。兌換ペソ フレッシュアイペディアより)

  • グアダラハラ地下鉄

    グアダラハラ地下鉄から見たメキシコ・ペソメキシコ・ペソ

    グアダラハラ地下鉄はSITEUR (Sistema de Tren Eléctrico Urbano) によって運営されている。グアダラハラを南北に横切る1号線と、グアダラハラの繁華街から東に延びる2号線の2つの路線から構成される。運賃は全区間均一である(2012年6月現在、6.0 メキシコ・ペソ)。グアダラハラ地下鉄 フレッシュアイペディアより)

  • アンヘル・アルビノ・コルソ国際空港

    アンヘル・アルビノ・コルソ国際空港から見たメキシコ・ペソメキシコ・ペソ

    アンヘル・アルビノ・コルソ国際空港ができる以前、トゥストラ・グティエレス地方にはリャノ・サン・フアン空港とフランシスコ・サラビア国内空港という既存の空港が存在していた。しかし、これら2つの空港では商業航空交通の需要をすべて賄うことができなかったため、1990年代には第3の空港を建設する必要性が高まっていた。21世紀初めを目指して新たな空港の建設プロジェクトがスタートし、2006年6月27日にアンヘル・アルビノ・コルソ国際空港が開港した。建設工事には8億2500万ペソ(ドル換算で約7220万ドル)の投資が行われ、その資金の49%をメキシコ政府が拠出し、残りの51%をチアパス州が負担した。新空港の運用が開始されたことによって、フランシスコ・サラビア国内空港はテラン第6航空基地としてメキシコ空軍の軍用航空基地としての機能を取り戻し、リャノ・サン・ファン空港も商業及び民間飛行での利用が完全に停止された。アンヘル・アルビノ・コルソ国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • エルチチョン

    エルチチョンから見たメキシコ・ペソメキシコ・ペソ

    この噴火による被害総額は55,000,000メキシコ・ペソ、破壊された耕地面積は24,000平方キロに達した。エルチチョン フレッシュアイペディアより)

  • マタモロス

    マタモロスから見たメキシコ・ペソメキシコ・ペソ

    アメリカ合衆国のテキサス州からリオグランデ川を渡った、に位置する。メキシコシティからは約 1,000 キロメートル、テキサス州ヒューストンからは 571 キロメートルに位置する。市街地は19世紀のメキシコ独立戦争の英雄のマリアーノ・マタモーロスから名付けられた。マタモーロスは重要な地理的位置にあり、テキサス州ブラウンズヴィルとリオグランデ川対岸のアメリカ=メキシコ国境の町として機能している。リオグランデ川を渡ってアメリカ合衆国に入るいくつかの国際的な橋があるが、それぞれの橋にはおよそ 2 USドルか 20 MXN の料金がかかる。マタモロス フレッシュアイペディアより)

  • Zeebo

    Zeeboから見たメキシコ・ペソメキシコ・ペソ

    メキシコでも2009年11月に2,499メキシコ・ペソで全国販売がなされており、2010年4月に2249メキシコペソに値下げされた。Zeebo フレッシュアイペディアより)

  • オートトレーディングルフトジャパン

    オートトレーディングルフトジャパンから見たメキシコ・ペソメキシコ・ペソ

    メキシコの通貨ペソ暴落を期に、メキシコ産ビートルを輸入開始オートトレーディングルフトジャパン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
24件中 1 - 10件表示

「メキシコペソ相場」のニューストピックワード