35件中 11 - 20件表示
  • ミゲル・イダルゴ

    ミゲル・イダルゴから見たメキシコ・ペソメキシコ・ペソ

    メキシコの1000ペソ紙幣に肖像が採用されている。ミゲル・イダルゴ フレッシュアイペディアより)

  • アンヘル・アルビノ・コルソ国際空港

    アンヘル・アルビノ・コルソ国際空港から見たメキシコ・ペソメキシコ・ペソ

    アンヘル・アルビノ・コルソ国際空港ができる以前、トゥストラ・グティエレス地方にはリャノ・サン・フアン空港とフランシスコ・サラビア国内空港という既存の空港が存在していた。しかし、これら2つの空港では商業航空交通の需要をすべて賄うことができなかったため、1990年代には第3の空港を建設する必要性が高まっていた。21世紀初めを目指して新たな空港の建設プロジェクトがスタートし、2006年6月27日にアンヘル・アルビノ・コルソ国際空港が開港した。建設工事には8億2500万ペソ(ドル換算で約7220万ドル)の投資が行われ、その資金の49%をメキシコ政府が拠出し、残りの51%をチアパス州が負担した。新空港の運用が開始されたことによって、フランシスコ・サラビア国内空港はテラン第6航空基地としてメキシコ空軍の軍用航空基地としての機能を取り戻し、リャノ・サン・ファン空港も商業及び民間飛行での利用が完全に停止された。アンヘル・アルビノ・コルソ国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • 兌換ペソ

    兌換ペソから見たメキシコ・ペソメキシコ・ペソ

    交換レートは米ドルと等価だが、米ドルと両替する場合に限り10%の手数料(税金)が請求されていた。経済制裁緩和を受けて、10%の手数料は廃止された。日本円は一部の銀行などを除き両替できないため、ユーロかメキシコ・ペソから両替するのが一般的である。兌換ペソ フレッシュアイペディアより)

  • オートトレーディングルフトジャパン

    オートトレーディングルフトジャパンから見たメキシコ・ペソメキシコ・ペソ

    メキシコの通貨ペソ暴落を期に、メキシコ産ビートルを輸入開始オートトレーディングルフトジャパン フレッシュアイペディアより)

  • ベニート・フアレス

    ベニート・フアレスから見たメキシコ・ペソメキシコ・ペソ

    保守派と自由主義派による内戦(レフォルマ戦争)における、自由主義派の指導者。1858年に保守派に対抗する臨時政府大統領に就任。レフォルマ戦争で自由主義派が勝利をおさめた1861年、選挙によって大統領に選出されるが、在任中にフランス(フランス第二帝政)の介入を受ける。フアレスはフランスと傀儡政権メキシコ帝国(メキシコ第二帝政)に対する徹底抗戦を貫き、フランスの撤退後に共和制の復活を達成、1867年に大統領に再選された。自由主義的改革を推進するが、在任中に死去。フアレスは最も偉大で敬愛されるメキシコの指導者であり、「建国の父」とたたえられている。20ペソ紙幣に肖像が使用されている。ベニート・フアレス フレッシュアイペディアより)

  • エルチチョン

    エルチチョンから見たメキシコ・ペソメキシコ・ペソ

    この噴火による被害総額は55,000,000メキシコ・ペソ、破壊された耕地面積は24,000平方キロに達した。エルチチョン フレッシュアイペディアより)

  • マタモロス

    マタモロスから見たメキシコ・ペソメキシコ・ペソ

    アメリカ合衆国のテキサス州からリオグランデ川を渡った、に位置する。メキシコシティからは約 1,000 キロメートル、テキサス州ヒューストンからは 571 キロメートルに位置する。市街地は19世紀のメキシコ独立戦争の英雄のマリアーノ・マタモロスから名付けられた。マタモロスは重要な地理的位置にあり、テキサス州ブラウンズヴィルとリオグランデ川対岸のアメリカ=メキシコ国境の町として機能している。リオグランデ川を渡ってアメリカ合衆国に入るいくつかの国際的な橋があるが、それぞれの橋にはおよそ 2 USドルか 20 MXN の料金がかかる。マタモロス フレッシュアイペディアより)

  • エミリアーノ・サパタ

    エミリアーノ・サパタから見たメキシコ・ペソメキシコ・ペソ

    メキシコの国民的英雄の一人と見なされており、20世紀の終わり頃にチアパス州で始まった革命運動サパティスタは彼の名にちなむ。1994年から発行されていた10ペソ紙幣に肖像が使用されていた。エミリアーノ・サパタ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ大陸史

    アメリカ大陸史から見たメキシコ・ペソメキシコ・ペソ

    カナダの後継者ブライアン・マルルーニーはアメリカ合衆国と類似した綱領を採っただけでなく、同国と密接な貿易関係を望んだ。このことで1989年のカナダ・アメリカ自由貿易協定が結ばれた。メキシコは1980年代前半のミゲル・デ・ラ・マドリ・ウルタードと1980年代後半のカルロス・サリナス・デ・ゴルタリ両大統領が自由経済戦略を進め始め、これが良い動きと見られた。しかし、メキシコは1982年に強い不況を経験し、メキシコ・ペソは切り下げられた。1988年に行われた大統領選挙は大変な接戦が予測された。メキシコで最も愛された大統領と言われるラサロ・カルデナスの息子、左翼系候補のクアウテモク・カルデナスが優勢に選挙運動を進め、幾度かの世論調査でもリードしていると報じられた。1988年7月6日の投票日、おそらくは事故によって、政府が投票を数えるために準備したコンピュータIBM AS/400にシステム・シャットダウンが起こった。その事故についてメキシコ政府は単に「システムがクラッシュした」と述べただけだった。システムが回復したとき、制度的革命党の候補者カルロス・サリナスが公式の勝利宣言を行った。非制度的革命党候補者がそこまで大統領の席に近付いたことは無かった。アメリカ合衆国ではロナルド・レーガン大統領が対外政策では反共に向けて国を戻そうと試み、その支持者達は世界で(ソビエト連邦に比べて)道徳的指導力を主張するものとして受け止めた。国内では経済を刺激するために民営化と規制強化を抱き合わせでもたらそうとした。アメリカ大陸史 フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・マリア・モレーロス

    ホセ・マリア・モレーロスから見たメキシコ・ペソメキシコ・ペソ

    現在まで、モレーロスはメキシコの国民的英雄と見なされ続けている。モレーロス州やモレリアという都市名は、彼に因んで命名された。また、50ペソ紙幣には1997年から彼の肖像画が描かれており、かつては1ペソ硬貨(発行年:1957年?1967年。銀100/1000)などにもデザインされていた。その他、モレーロス・スタジアム(モレリア市)、モレーロス港(キンタナ・ロー州)、モレーロス駅(メキシコシティ地下鉄)、「通信衛星モレーロス」(Satmex社が1985年-1998年に運用)などにもその名を留めている。ホセ・マリア・モレーロス フレッシュアイペディアより)

35件中 11 - 20件表示

「メキシコペソ相場」のニューストピックワード