24件中 11 - 20件表示
  • ホセ・ロペス・ポルティーヨ

    ホセ・ロペス・ポルティーヨから見たメキシコ・ペソメキシコ・ペソ

    ポルティーヨ政権は前エチェベリア政権の政策を基本的に踏襲したものの、1976年の財政危機後にモンテレー・グループと呼ばれる企業家層との関係を改善した。しかし歴代政権のつづけた国営企業重視の姿勢は変更せず、さらにメキシコの国営企業の中核であるペメックスの経営はオイルショックによって好転したため、当座の危機を免れることができた。石油価格の上昇はメキシコ経済を成長させ、さらにタバスコ州とチアパス州において新油田が発見されたこともあり、メキシコ経済は成長を続けた。この石油収益を基本に、ロペス・ポルティーヨ政権は野心的な経済開発を進めたが、これにより政府借款が急速に増大していった。1981年に石油価格が暴落するとメキシコの財政はたちまち行き詰まり、通貨メキシコ・ペソの暴落によって借款の主な引き受け先であった外国銀行は融資を拒否するようになった。これに対し、ロペス・ポルティーヨは1982年9月1日に銀行の国有化を発表したが、根本的な解決とはならなかった。ロペス・ポルティーヨは後任に同政権の企画予算大臣だったミゲル・デ・ラ・マドリを指名し、デ・ラ・マドリが当選すると退任した。ホセ・ロペス・ポルティーヨ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ大陸史

    アメリカ大陸史から見たメキシコ・ペソメキシコ・ペソ

    カナダの後継者ブライアン・マルルーニーはアメリカ合衆国と類似した綱領を採っただけでなく、同国と密接な貿易関係を望んだ。このことで1989年のカナダ・アメリカ自由貿易協定が結ばれた。メキシコは1980年代前半のミゲル・デ・ラ・マドリード・ウルタードと1980年代後半のカルロス・サリナス・デ・ゴルタリ両大統領が自由経済戦略を進め始め、これが良い動きと見られた。しかし、メキシコは1982年に強い不況を経験し、メキシコ・ペソは切り下げられた。1988年に行われた大統領選挙は大変な接戦が予測された。メキシコで最も愛された大統領と言われるラサロ・カルデナスの息子、左翼系候補のクアウテモク・カルデナスが優勢に選挙運動を進め、幾度かの世論調査でもリードしていると報じられた。1988年7月6日の投票日、おそらくは事故によって、政府が投票を数えるために準備したコンピュータIBM AS/400にシステム・シャットダウンが起こった。その事故についてメキシコ政府は単に「システムがクラッシュした」と述べただけだった。システムが回復したとき、制度的革命党の候補者カルロス・サリナスが公式の勝利宣言を行った。非制度的革命党候補者がそこまで大統領の席に近付いたことは無かった。アメリカ合衆国ではロナルド・レーガン大統領が対外政策では反共に向けて国を戻そうと試み、その支持者達は世界で(ソビエト連邦に比べて)道徳的指導力を主張するものとして受け止めた。国内では経済を刺激するために民営化と規制強化を抱き合わせでもたらそうとした。アメリカ大陸史 フレッシュアイペディアより)

  • ラサロ・カルデナス

    ラサロ・カルデナスから見たメキシコ・ペソメキシコ・ペソ

    ポピュリズムの先駆けとされる。1992年に発行された10新ペソ紙幣に肖像が使用されていた。ラサロ・カルデナス フレッシュアイペディアより)

  • ミゲル・イダルゴ

    ミゲル・イダルゴから見たメキシコ・ペソメキシコ・ペソ

    メキシコの1000ペソ紙幣に肖像が採用されている。ミゲル・イダルゴ フレッシュアイペディアより)

  • クアウテモック

    クアウテモックから見たメキシコ・ペソメキシコ・ペソ

    現在のメキシコでは国民的英雄であり、メキシコシティにはクアウテモックの銅像が建っている。1977年に発行された1000ペソ紙幣や1990年に発行された5万ペソ紙幣に肖像が使用されていた。クアウテモック フレッシュアイペディアより)

  • 東洋水産

    東洋水産から見たメキシコ・ペソメキシコ・ペソ

    また1986年(昭和61年)頃からはメキシコにもMaruchan Inc.から即席麺の輸出を開始し、1994年(平成6年)に発生したメキシコ・ペソの大暴落によりライバル企業が撤退する中で販売を継続したことから、同地で大きなシェアを獲得するに至った。2006年(平成18年)現在、メキシコでの即席麺に占める同社のシェアは約85%となり、更に「『マルちゃん』が『早くに?する』と言った動詞とまでなっている」とロサンゼルス・タイムズが一面で伝えるほど、現地では知名度の高いブランドとなっている。また即席めんの通称名ともなっている。東洋水産 フレッシュアイペディアより)

  • フランシスコ・マデロ

    フランシスコ・マデロから見たメキシコ・ペソメキシコ・ペソ

    1982年に発行された500ペソ紙幣に肖像が使用されていた。フランシスコ・マデロ フレッシュアイペディアより)

  • ベヌスティアーノ・カランサ

    ベヌスティアーノ・カランサから見たメキシコ・ペソメキシコ・ペソ

    1981年に発行された100ペソ紙幣に肖像が使用されていた。ベヌスティアーノ・カランサ フレッシュアイペディアより)

  • エミリアーノ・サパタ

    エミリアーノ・サパタから見たメキシコ・ペソメキシコ・ペソ

    メキシコの国民的英雄の一人と見なされており、20世紀の終わり頃にチアパス州で始まった革命運動サパティスタは彼の名にちなむ。1994年から発行されていた10ペソ紙幣に肖像が使用されていた。エミリアーノ・サパタ フレッシュアイペディアより)

  • ペソ

    ペソから見たメキシコ・ペソメキシコ・ペソ

    同じペソ採用国であっても、為替レート(例:対アメリカ・ドルなど)は国によって大きく異なる。加えて、置かれている経済的な立ち位置や為替管理の有無などにより、ハードカレンシー(対外的な交換性が保証された通貨)からのペソへの交換は自由であっても、ペソを売ってそれらの通貨を購入する際には厳しい制限を設けている国もある。しかし「メルカード・ネグロ」と呼ばれる個人間取引では実勢レートを基準とした売買が自由に行われており、公的な為替管理はいずれの場合もほとんど機能していないのが実情である。また、キューバでは、通常のペソ(人民ペソ)とは別に「兌換ペソ」と呼ばれるもう一つの通貨が存在する。「1兌換ペソ=24人民ペソ」のレートで兌換ペソを入手すれば、人民ペソの受け取りを一切認めない外貨商店でも「1兌換ペソ=1アメリカ・ドル」のレートで国産品より高品質な輸入雑貨・耐久消費財などを自由に買えるだけでなく、手数料による若干の目減りは伴うもののアメリカ・ドルなどハードカレンシーへの再交換も可能である為、一般のキューバ人の間では使い勝手の悪い人民ペソより必然的に人気が高い。もっとも、この兌換ペソも物品・サービスの自由購入・外国通貨への交換が約束されているのはあくまでもキューバ国内に限ってのみであり、国外では人民ペソ同様一切の通用力を持たない。なお、国際的に最も流通量が多いペソはメキシコ・ペソ(2013年2月現在、1ペソ = 約7円)である。ペソ フレッシュアイペディアより)

24件中 11 - 20件表示

「メキシコペソ相場」のニューストピックワード