前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
6593件中 1 - 10件表示
  • 西海岸

    西海岸から見たメキシコメキシコ

    それに対して、19世紀にメキシコから割譲させた西海岸は、大陸西岸で熱帯気団が吹き上げ、緯度の割には気候が温暖だった。また一年を通じて気候の変化が小さい。西海岸 フレッシュアイペディアより)

  • M.C.BOO

    M.C.BOOから見たメキシコメキシコ

    在日メキシコ大使館、チェコ大使館、スウェーデン大使館の施設を利用した映画試写会や商品発表会、コンサートを計画準備中M.C.BOO フレッシュアイペディアより)

  • 1970 FIFAワールドカップのテンプレート

    1970 FIFAワールドカップのテンプレートから見たメキシコメキシコ

    1970年、メキシコで開催された1970 FIFAワールドカップに関するカテゴリ。1970 FIFAワールドカップのテンプレート フレッシュアイペディアより)

  • 1986 FIFAワールドカップのテンプレート

    1986 FIFAワールドカップのテンプレートから見たメキシコメキシコ

    1986年、メキシコで開催された1986 FIFAワールドカップに関するカテゴリ。1986 FIFAワールドカップのテンプレート フレッシュアイペディアより)

  • リゴベルト・アルバレス

    リゴベルト・アルバレスから見たメキシコメキシコ

    リゴベルト・アルバレス ( 本名Rigoberto Álvarez Barragán、男性、1978年1月20日 -は、メキシコのプロボクサー。ハリスコ州グアダラハラ出身。第45代WBA世界スーパーウェルター級王者。元WBA・WBC世界スーパーウェルター級スーパー王者のサウル・アルバレスは弟である。リゴベルト・アルバレス フレッシュアイペディアより)

  • エルパソ (テキサス州)

    エルパソ (テキサス州)から見たメキシコメキシコ

    エルパソ(El Paso 、スペイン語で「峠」の意)は、アメリカ合衆国テキサス州最西端に位置する都市。メキシコとの国境となっているリオグランデ川の北東岸、シウダー・フアレスの対岸に立地し、市の西と北はニューメキシコ州との州境に接する。ヒューストンとロサンゼルスのほぼ中間にあり、そのいずれからも1,100km前後の距離である。また、州都オースティンやダラス・フォートワースよりもアルバカーキやフェニックスに近く、等時帯も山岳部標準時/夏時間に属している。人口は649,121人(2010年国勢調査)で、テキサス州ではヒューストン、サンアントニオ、ダラス、オースティン、フォートワースに次いで第6、全米では第19位である。市の人口の約8割がヒスパニックまたはラテン系である。エルパソに郡庁を置くエルパソ郡、およびハズペス郡の2郡にまたがる都市圏は804,123人、ニューメキシコ州ラスクルーセス、およびニューメキシコ州内の郊外都市を含む広域都市圏は1,013,356人の人口を抱えている(いずれも2010年国勢調査)。エルパソ (テキサス州) フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の地震

    2012年の地震から見たメキシコメキシコ

    マグニチュード 6.3 メキシコ・チアパス州沖 1月21日、震源の深さ79.5 km.2012年の地震 フレッシュアイペディアより)

  • メキシコ陸軍

    メキシコ陸軍から見たメキシコ合衆国メキシコ

    連邦国家であり、ヌエバ・エスパーニャの後継国家であるメキシコ合衆国の国土と都市部を国防する陸軍組織である。隊内では主にスペイン語が共通語とされ、一部では先住民の入隊も認められている。メキシコ合衆国全土の成年男子への1年間の選抜的徴兵制を実行する国民軍である。同国のメキシコ・シティー(首都)及び1億人2千万人を超えるメキシコ合衆国国籍を持つ国民の生命財産及び国家の国益を保護する為に、防空任務を受け持つメキシコ空軍やメキシコ海軍と共に、徴兵制と士官学校出身の職業軍人で編成されるメキシコ合衆国の正規軍である。人員数はメキシコ陸軍全体で常備軍約「223,000名」(大都市やその他地域での治安維持部隊を含む定数)、有事の際に備える予備役約「582,000名」を有しており、スペイン語圏では最大級の常備軍定員を持つ。陸軍内では各地の高級将校担当司令部と、国境など警備部隊、独立部隊に編成されている。警備部隊の担任区域は、12個軍管区の下で45個軍区に割り振られている。アルタ・カリフォルニア地域(現在のロサンゼルス及びサンフランシスコ含む地域)はヌエバ・エスパーニャ時代に領有しており、この時期1613年に、日本での江戸時代初期に仙台藩主伊達正宗が派遣したフランシスコ会宣教師ルイス・ソテロを正使、支倉常長を副使とした慶長遣欧使節団は、途中で経由したヌエバ・エスパーニャ国にて、日本人初の北米大陸上陸経験者となったが、この時点で上陸したアカプルコの港からアルタ・カリフォルニア地域までは、現在のメキシコ陸軍前身組織にあたるヌエバ・エスパーニャ国境管理軍が国防を担当しており、当人たちの認識ではスペイン領内と記されてるが、実際にはこの地域であり、現在のメキシコ海軍及びメキシコ陸軍によって防備されているアカプルコが、北米大陸(中米含む)初上陸となった。その後使節団はキューバや大西洋を渡り首都マドリードに到着、最終目的地であったローマに到着した時点で1615年に入っており、母国日本では大阪夏の陣が起きている時期に常長はローマ法王との謁見とローマ市民権証書を受け取り、インド洋経由で同じくスペイン領フィリピンマニラまでの世界一周を達成した。この時点でメキシコ海軍の前身であるメキシコ海軍の先進的な技術や航海法を観察し、現在のメキシコ陸軍となるメキシコ・シティでのヌエバ・エスパーニャ兵士のパレードも見学したとされるが、当時の一般的な認識として「スペイン国内」として日記などにも記している為に、当時のメキシコ陸軍の詳しい装備内容などはわかっていないが、その後米墨戦争を経て、独立後のメキシコ帝国(第一帝政)はアルタ・カリフォルニア地域を失い、大都市ロサンゼルスはスペイン語風の都市名を持ちながら、英語圏(アメリカ合衆国領カリフォルニア州)に新たに組み込まれた。日本国内で幕末の時代に相当する時期の出来事であり、ペリー(黒船浦賀来航)提督がアメリカ合衆国海軍を率いて日本に到着した時点では、彼らが出立した北米大陸西海岸沿岸は、アメリカ合衆国の領土になったばかりであった。ゴールド・ラッシュをアメリカ合衆国に割譲した直後にこの地域で迎え、メキシコ国民は大いに同地域の奪還をメキシコ陸軍に対して期待していたが、圧倒的な英語圏のカナダを含む軍事力は覆せず、19世紀末期には内戦が勃発し、ナポレオンの後押しを受けたメキシコ第二帝政時期を経て、現在に至る。本来のメキシコ領カリフォルニア地域において、ほぼ南半分のみとなるバハ・カリフォルニア半島と隣接する港湾都市のみが、以後の20世紀初頭からメキシコ陸軍の国防担当地域となった。メキシコ陸軍 フレッシュアイペディアより)

  • さんま・玉緒・美代子のいきあたりばったり珍道中

    さんま・玉緒・美代子のいきあたりばったり珍道中から見たメキシコメキシコ

    2005年度はこの金曜エンタテイメント枠の『いきあたりばったり珍道中』ではなく、『さんま・玉緒・美代子の知ってた?!こんなメキシコの旅』と題し、別時間帯(火曜22:00?23:24)での放送となった。旅の場所はタイトルどおり、「メキシコ」。メキシコ人ハーフの政井マヤ(当時フジテレビアナウンサー)も登場した。さんま・玉緒・美代子のいきあたりばったり珍道中 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田興毅

    亀田興毅から見たメキシコメキシコ

    10戦目(2006年3月8日):カルロス・ボウチャン(メキシコ 21戦16勝5敗/当時WBC傘下地域団体のフライ級ラテン王者&WBC同級世界ランカー)亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
6593件中 1 - 10件表示

「メキシコ」のニューストピックワード