4703件中 61 - 70件表示
  • Total Overdose

    Total Overdoseから見たメキシコメキシコ

    舞台はメキシコ。砂漠、市街地、港、スクラップ工場、アメリカ=メキシコ国境が存在する。Total Overdose フレッシュアイペディアより)

  • サミー・グティエレス

    サミー・グティエレスから見たメキシコメキシコ

    サミー・グティエレス(Sammy Gutierrez、男性、1985年12月31日 - )は、メキシコのプロボクサー。プエブラ州出身。元WBCシルバー・ライトフライ級王者。元WBA世界ミニマム級暫定王者。サミー・グティエレス フレッシュアイペディアより)

  • ジュニア・ジョーンズ

    ジュニア・ジョーンズから見たメキシコメキシコ

    メキシコの英雄マルコ・アントニオ・バレラに初黒星を含む2度の黒星を付けたことで知られる。ジュニア・ジョーンズ フレッシュアイペディアより)

  • ダビッド・アルファロ・シケイロス

    ダビッド・アルファロ・シケイロスから見たメキシコメキシコ

    ダビッド・アルファロ・シケイロス(David Alfaro Siqueiros, 1896年12月29日 メキシコ・チワワ州カマルゴ - 1974年1月6日 メキシコ・モレロス州クエルナバカ)は、メキシコの社会主義リアリズムの画家(壁画家)、スターリン主義者。ディエゴ・リベラ、ホセ・クレメンテ・オロスコらとともにメキシコ壁画運動(メキシコ・ルネサンス)を立ち上げた、巨大なフレスコ壁画作品で知られている。ダビッド・アルファロ・シケイロス フレッシュアイペディアより)

  • ジェームス・カークランド

    ジェームス・カークランドから見たメキシコメキシコ

    再起2連勝のあと、2011年11月5日、メキシコに乗り込み、元WBO世界スーパーウェルター級暫定王者アルフレド・アングロ(メキシコ)とWBCアメリカ大陸スーパーウェルター級王者を賭け対戦。激しい打ち合いの末、6回TKO勝ち。王座獲得に成功。ジェームス・カークランド フレッシュアイペディアより)

  • ロデル・マヨール

    ロデル・マヨールから見たメキシコメキシコ

    2006年1月28日、メキシコ・カンクンで行われたWBC世界ミニマム級王座挑戦者決定戦でロレンソ・トレホと対戦し、4回KO勝ちで王座挑戦権を獲得した。ロデル・マヨール フレッシュアイペディアより)

  • マイ・ボディガード

    マイ・ボディガードから見たメキシコメキシコ

    政情の不安定なメキシコでは、誘拐は立派なビジネスとして成立していた。裕福な家族はそんな不法ビジネスのターゲットにされており、ボディーガードを雇うことがメキシコでは常識であり誘拐保険に加入するための条件だった。会社を経営しているサミュエル・ラモスは誘拐保険更新のためにその場しのぎで新しいボディーガードを雇わなければならなかった。マイ・ボディガード フレッシュアイペディアより)

  • マーティン・カスティーリョ

    マーティン・カスティーリョから見たメキシコメキシコ

    マーティン・カスティーリョ(Martín Castillo、男性、1977年1月13日 - )は、メキシコのプロボクサー。メキシコシティ出身、アメリカ合衆国・ロサンゼルス在住。元WBA世界スーパーフライ級王者。マーティン・カスティーリョ フレッシュアイペディアより)

  • トウヒ属

    トウヒ属から見たメキシコメキシコ

    北半球の温帯から亜寒帯にかけて広い範囲に30種以上が分布する。分布の北限はシベリア・アラスカ・カナダの北極圏、南限はユーラシアではビルマとヒマラヤ、北米ではメキシコ北部の高山地帯に達する。タイガや中緯度山岳地帯の亜高山帯における重要樹種のひとつである。日本では、北海道と本州中部山岳地帯の山地帯上部から亜高山帯を中心に分布し、一部の種は九州の山地まで分布する。トウヒ属 フレッシュアイペディアより)

  • コスタリカ料理

    コスタリカ料理から見たメキシコメキシコ

    コスタリカはかつてスペイン領であったほか、ヨーロッパやアジアなど世界各地からの移民が住んでいるため料理も多種多様であり、スペイン料理やイタリア料理、中華料理など、それぞれの国・地域の本格的な料理が楽しめるレストランが多数ある。地元の郷土料理はティコ(Tico)料理またはコミーダ・ティピカ(comida tipica)と呼ばれており、他の中米諸国の郷土料理同様、黒インゲン豆・赤インゲン豆などの豆類や肉類、バナナなどが食材として使われているのが特徴である。標高差のある国土を利用して、キャベツやブラックベリーなど温帯の作物も周年収穫することができるため、食材の種類は豊富である。コスタリカにおける食の中心は肉類や豆類であり、また米も主食として日常的によく食べられる。その他魚介類も食べられており、代表的な料理の中にはセビチェのように魚を使ったものもあるが、通常は魚介類よりも肉類の方がポピュラーである。豚肉は比較的値段が高く、牛肉や鶏肉ほどには使われない。また、家庭料理ではジャガイモやニンジンをトマトソースで煮込んだものなど、トマト風味の煮込み料理が多い。味付けの基本としてはピーマン、セロリ、タマネギなどの野菜が使われるほか、香辛料としてコリアンダーやクミンがよく使われる。その他、メキシコ、グアテマラやニカラグアなど他の中米諸国同様、トウモロコシの粉でつくった薄いクレープ状のトルティーヤも、いろいろな料理と共に食べられる。コスタリカ料理 フレッシュアイペディアより)

4703件中 61 - 70件表示

「メキシコ」のニューストピックワード