4703件中 71 - 80件表示
  • 名城信男

    名城信男から見たメキシコメキシコ

    2006年7月22日、8戦目にして世界初挑戦。指名挑戦者としてWBA世界スーパーフライ級王者マーティン・カスティーリョ(メキシコ)に挑む。迎えた10回、1分を回ったところで王者の左目尻から出血がありレフェリーストップ。この瞬間、辰吉丈一郎(元WBC世界バンタム級王者)と並ぶ8戦目での世界王座奪取を果たした(なお、JBC非公認であるが、新垣諭も8戦目でIBFバンタム級王座を獲得している)。12月2日にはエデュアルド・ガルシア(メキシコ)を12回判定に降し、初防衛に成功。名城信男 フレッシュアイペディアより)

  • ポール・ウィリアムス (ボクサー)

    ポール・ウィリアムス (ボクサー)から見たメキシコメキシコ

    2006年4月12日、セルジオ・リオス(メキシコ)を2回KO勝利で下しUSNBCウェルター級王座を獲得。同年5月27日、当時25戦全勝(25KO)のアルゼンチンのホープ、ワルテル・マティセーと全勝同士で空位のNABO北米ウェルター級のタイトルを争い、激しい打ち合いの末、10回TKO勝ちでタイトルを獲得した。8月19日の初防衛戦では元世界チャンピオンのシャンバ・ミッチェル(アメリカ)を4回KOで倒してUSNBCウェルター級王座&NABO北米ウェルター級王座の初防衛に成功する。この試合でウィリアムスはその人気とともにその実力を大いに全国のボクシングファンにアピールした。ポール・ウィリアムス (ボクサー) フレッシュアイペディアより)

  • コンゴウインコ (種名)

    コンゴウインコ (種名)から見たメキシコメキシコ

    アメリカ大陸のメキシコ最東端の一部からペルーとブラジルのアマゾン川流域にいたる湿潤な熱帯常緑樹林の500m以下の低地(かつては少なくとも1,000m以下)に生息する。ペット売買のための捕獲と居住地の破壊により広範囲にわたって絶滅に追いやられつつある。かつては北はタマウリパス州南部にまで分布していた。現在でもコイバ島で見ることができる。ホンジュラスの国鳥でもある。コンゴウインコ (種名) フレッシュアイペディアより)

  • オセロット

    オセロットから見たメキシコメキシコ

    L. p. albescens - メキシコ、アメリカ合衆国(テキサス州)オセロット フレッシュアイペディアより)

  • 荒野の七人

    荒野の七人から見たメキシコメキシコ

    黒澤明監督の日本映画『七人の侍』(1954年)の舞台を西部開拓時代のメキシコに移して描いたリメイク映画である。後に第二作『続・荒野の七人(1966)』(:en:Return_of_the_Seven)、第三作『新・荒野の七人 馬上の決闘(1969)』(:en:Guns_of_the_Magnificent_Seven)、第四作『荒野の七人・真昼の決闘(1972)』(:en:The_Magnificent_Seven_Ride)などの続編が制作された。荒野の七人 フレッシュアイペディアより)

  • LSD (薬物)

    LSD (薬物)から見たメキシコメキシコ

    メキシコ北部ではメスカリンを含むペヨーテが、メキシコ南部ではリゼルグ酸アルカロイドが含まれるバドーネグロやオロリウキ等、アサガオとその近縁種は神聖の植物とされ、シャーマンに用いられていた。LSD (薬物) フレッシュアイペディアより)

  • ペルー

    ペルーから見たメキシコメキシコ

    太平洋戦争が終わった後もペルーの政治は原則としては軍人統治だったが、1895年に文民のニコラス・デ・ピエロラが政権を握り、ペルーは「貴族共和国」時代を迎えた。これ以降ペルーでも文民が政治を握るようになったのである。1908年には寡頭支配層の分裂の間隙をぬってアウグスト・レギーア政権が誕生。20年にわたる独裁を敷いた。1919年から11年間続く第二次レギーア時代に交通が充実し、結果的にシエラがペルー国家に統合されることになる。その一方で帝国主義や白人支配に反発して アヤ・デ・ラ・トーレによって、1924年に亡命先のメキシコで「アメリカ人民革命同盟」(アプラ党)が設立された。また、ホセ・マリアテギらのインディヘナ知識人層によってインディヘニスモ運動が盛んになるのもこの頃である。ペルー フレッシュアイペディアより)

  • スペイン語

    スペイン語から見たメキシコメキシコ

    日本では、一般的にスペイン語と呼ばれることが多いが、イスパニア語と呼ばれることもある。日本におけるスペイン語の漢字表記は「西班牙語」。漢字表記を略して西語と表記されることもある。スペイン語において「スペイン語」を意味する名詞は、“”(カステリャーノ、もしくはカステジャーノ) または“”(エスパニョール)。エスパニョールはスペイン () の言葉という意味。カステリャーノはカスティーリャ地方の言語という意味。南米ではカステジャーノということが多く、メキシコなど中米諸国とカリブ海諸国ではエスパニョールしか使われない。カステリャーノという名称は、スペイン国内で地方言語を使う地域においては「自分たちの言葉ではない他所者の言葉」という意味で使われる。南米では逆に「本場カスティーリャから受け継いだ正しいスペイン語」という意味で用いられる。スペイン語 フレッシュアイペディアより)

  • カナダ

    カナダから見たメキシコメキシコ

    立憲君主制で、連邦政府の運営は議会制民主主義で行われている。世界の先進8ヶ国(G8)の一国。旧来よりアメリカ合衆国の影響が強く、国際政治で立場を異にすることが多い複雑な関係ながら、隣国のアメリカ合衆国との交流が盛ん。また、1992年、北米自由貿易協定(NAFTA)に加盟し、メキシコを含む北米3国間での交流も促進された。経済面では多様な産業構造を保有しているが、貿易と豊富な天然資源に大きく依存している。カナダ フレッシュアイペディアより)

  • テキサス州

    テキサス州から見たメキシコメキシコ

    16世紀以来、スペイン帝国領ヌエバ・エスパーニャ副王領(「新しいスペイン」)に属し、1821年メキシコがスペインから独立すると、メキシコ領コアウイラ・イ・テハス州の一部となった。メキシコ政府はこの地方の開発を進めるため、アメリカ合衆国人移民を認め、アメリカ合衆国人人口が増加したテハス各地でのアメリカ合衆国人入植者たちの発展が進むにつれてアメリカ合衆国人入植者とメキシコ政府との摩擦が起り、その為1830年にメキシコ政府はアメリカ合衆国人入植者がアメリカからテキサスへ来るのを禁止した。。テキサス州 フレッシュアイペディアより)

4703件中 71 - 80件表示